ニコン COOLPIX A デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥29,875
Nikon COOLPIX A カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Nikon COOLPIX A カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/04/15 更新

写真家、カメラ評論家

田中希美男

ニコンが満を持して発表し発売をした"大人の男性"向き高級コンパクトカメラ

2013年に発売されたニコン初の高性能な単焦点レンズを内蔵した高級コンパクトカメラです。その後ニコンからこのようなスタイルのデジタルカメラは発売されていないので、いまとなっては「貴重品」といえます。大変にすっきりとした"大人向け"デザインのカメラで、カラーモデルはブラックとシルバーがありますが、どちらのモデルもとても魅力的。カメラ外装はアルミ合金とマグネ合金を使っています。約1600万画素のAPS-C判イメージセンサーを採用していますが、解像力描写を優先してローパスフィルターを省略しています。開放F値がF2.8の描写性能に優れた28mm相当の単焦点レンズを内蔵し、最短撮影距離は10センチ。ニコンファンで高級コンパクトカメラが欲しい人にはイチ押しです。

最短撮影距離

被写体にピントが合わせられる最短の距離のこと。レンズの先からではなく、カメラについている「距離基準マーク」からの距離で計算される。接写目的で買うのか、望遠撮影を目的で買うのかでこちらの値に注意が必要。大抵の場合は、カメラのレンズにメートルおよびフィート表記で最短撮影距離が示されている。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

APS-C判イメージセンサー

センサーサイズの一つ。フルサイズのイメージセンサーより1段階小さいイメージセンサー。APS-C判のイメージセンサー搭載カメラの「焦点距離×1.5=35mm換算した時の焦点距離」という公式が成り立つ。ちなみにCanon製のAPS-C判は他社と比べて若干小さく作られているがほとんど差はない。

ローパスフィルター

画像情報として不必要な波長の光をカットすることでモアレや偽色を防ぐフィルター。モアレとは本来写るはずのない幾何学模様、偽色とは被写体にはない色が出てしまうことを意味する。ただし、光を一部カットすることにより、解像度が落ちてしまう副作用もある。

COOLPIX Aのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

28mm相当の画角ではなく35mm相当画角の高級カメラを望んでいる人におすすめ

富士フイルム
X100T
46,000円〜

手ぶれ補正を内蔵、暗いシーンでも38mm画角で気軽にシャープな写真が撮りたい人に最適なカメラ

リコー
GR III
5,530円〜

Nikon COOLPIX A の基本スペック

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載 18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

価格:89,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Nikon 商品名 COOLPIX A
撮像素子 23.6×15.6mmCMOS F値 f/2.8
有効画素数 1616万画素 光学ズーム -
焦点距離 28mm 撮影感度 ISO3200
手ぶれ補正 - AF(オートフォーカス) コントラスト検出方式
連写速度 約4コマ/秒 動画 1920×1080(フルHD)
サイズ 約111.0×64.3×40.3mm 重量 約299g
その他機能 顔認識

Nikon COOLPIX A のケース

Nikon

Nikon デジタルカメラケース ブラウン CS-CP4-1BR

価格:2,300円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A のレザーケースです。革なので高級感もあり、同時にカメラの破損リスクも軽減してくれます。

Nikon COOLPIX A のバッテリー

Nikon

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL20

価格:4,231円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A のリチャージャブルバッテリーです。

 

本体同梱物として1つ同梱されてはいますが、撮影中にバッテリー切れを起こしたときのために予備は持っておきたいところです。

Nikon COOLPIX A の充電器

Nikon

Nikon バッテリーチャージャー MH-27

価格:2,307円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A の充電器です。

 

カメラの使用頻度が高いひとは自宅とは別に職場などにもう一つ予備を置いておきたいところです。

Nikon COOLPIX A のおすすめポイント

数少ない単焦点レンズのコンパクトデジタルカメラ

光学ズームやデジタルズームを搭載したモデルがほとんどであるコンパクトデジタルカメラの中で、Nikon COOLPIX Aは28mmの単焦点レンズを搭載しています。これによって、ズームレンズを搭載しているカメラでは細かな設定が必要だと言われている、背景を絶妙にぼかした写真を簡単に撮影することができると言われています。

 

 

明るすぎず暗くない解放F値

Nikon COOLPIX A の解放F値はf2.8と明るい部類に区分されています。前述した28mmの単焦点レンスと、f2.8の明るさのバランスがちょうどよく絶妙なバランスの写真が取れるという意見があります。

APS-Cサイズでありながらポケットサイズ

f2.8の28mm単焦点レンズにAPS-Cサイズのイメージセンサーと言うことだけ聞くと小型の一眼レフカメラを連想する人も少なくはないでしょう。ですが、Nikon COOLPIX Aはこれだけの性能を持ったデジタルカメラをコンパクトサイズのボディーに詰め込むことができました。まるで一眼レフカメラをポケトに入れているようだという意見もあるほどです。

Nikon COOLPIX A の悪い点をレビュー

28mm以外の焦点距離が欲しい時に使えない

Nikon COOLPIX Aはあくまでも28mmの単焦点カメラですので、もう少し焦点距離が欲しい時や、絞り込んで被写界深度を深くしたい時などにはどうしようもありません。スナップショット用として持ち運ぶ撮影シーンには大きな力となるカメラですが、ズームレンズを持つカメラのサブ機であるという意見もありました。

手ぶれ補正機構がついていない

28mmの広角レンズでf2.8であればシャッタスピードが落ちにくい構成ではありますが、室内や薄暗い環境光での撮影に関しては手ぶれや被写体ぶれが発生することもあるようです。室内での撮影時においては三脚が必要であるという意見もありました。

連写速度が遅い

Nikon COOLPIX Aの連写速度は約4コマ/秒と決して早くはありません。どちらかといえば遅い部類に区分されています。Nikon COOLPIX Aは素早く動く被写体や、スポーツ撮影には向いていないという意見があります。

Nikon COOLPIX A の良い点をレビュー

マクロモードが搭載されている

通常の最短撮影距離は約50cmとされていますが、Nikon COOLPIX Aにはマクロモードが搭載されており、約10cmまで被写体によって撮影を行うことができます。このマクロモードの搭載によって28mmの単焦点レンズでありながらもテーブルフォトの撮影が可能になったと言われています。

わかりやすいインターフェースの配置

コンパクトデジタルカメラには様々な設定項目があり、その項目に応じたボタンが搭載されています。ボタンの数を減らしてボディーの構成をシンプルにすることが通例と言われていますが、Nikon COOLPIX Aはその限られた機能性ゆえにいくつかのボタンを独立させることができたと言われています。

 

これによって、1つの機能に1つのボタンが割り振られたため取扱説明書を読まずとも直感的に設定の変更や調整ができるという意見があります。

2つのファンクションボタンが用意されている

普通は一眼レフカメラにしか搭載されていないファンクションボタンが、前面に1つと背面に1つ設定されています。前面のファンクションボタンが特に便利だという意見が多く、AEロックや、オートフォーカスの開始を設定することができます。背面のファンクションボタンにはISO感度の設定や、ホワイトバランスの設定を割り振ることができます。

Nikon COOLPIX A の口コミを集めました

単焦点でAPS=C、28mm相当で他機種比較しても、小さい。ポケットに入れることができる。

出典:https://review.kakaku.com

サイズ感は満足であるという意見が多くありました。APS-Cセンサーであるというだけでボディーが大柄なイメージがありますが、コンパクトサイズに収まっているということは非常に使いやすいと言われています。

電源をまめに切らないとあっという間に消耗してしまいますけど、撮影行であればサブ機扱いですし、通勤・出張のお供が主用途ですので一日でバッテリー切れになったことはありません。

出典:https://review.kakaku.com

28mm以外の焦点距離に対応できないあたりからサブ機と扱い方をしている人が多いようです。メインとサブをうまく使い分けることでいずれのカメラもバッテリー切れになるのを防ぐことができるという意見がありました。

ニコンのデジ一のサブとしては最高のコンデジです。今までP7000やP7800を使ってきましたが、このカメラはまったく別物です。動き物は広角単焦点レンズ故、ダメですが風景やスナッブはD3300やD5300にキットレンズを使って撮影したときよりメリハリがきいた写真が簡単にとれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

この口コミはNikon COOLPIX Aの特徴を端的に表しているクチコミと言えます。広角単焦点なので、背景のボケ味やそれによって起こるメリハリの良さについて良い印象を持っている人は多いようです。

ブレが画像に出やすい(手振れ補正が無いので)暗めの被写体は気を使います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Nikon COOLPIX Aには手ぶれ補正機構が搭載されていません。よって、明るい環境下での撮影には問題はありませんが暗所では弱さが現れてくるようです。小さめの三脚の用意はあった方が良いかもしれません。

WIFI は内蔵すべき。このカメラは 無線LAN(WIFI) と GPS は外付けになります。GPS はともかく WIFI は内蔵して スマホ や タブレット のセンサーを GPS や 高度計 として使うべきです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Wi-Fiを内蔵していないことへの不満の意見は少なくはありませんでした。撮影してすぐにSNSで共有するといったシーンが多くなってきているようですので、やはり内蔵Wi-Fiは欲しかったという意見がありました。

本体が軽いため一眼レフよりも手ブレを起こす可能性があります。撮影する時は、しっかり構えるか三脚を立てた方がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボディーを軽量コンパクトにしたために現れた弊害だと言えます。環境光が暗い場所ではやはり三脚はあった方が良いかもしれません。

水準器は絶対に常時表示しますが、ちょっと大きくて邪魔。

出典:https://review.kakaku.com

クチコミのとおり、電子水準器は消すことができないようです。慣れて仕舞えば良いのでしょいうが、慣れるまでは邪魔だという意見が多くありました。

携帯性を重視したのは分かりますが,もう少し滑りにくい(特にシルバー)素材は考えられなかったのでしょうか?

出典:https://review.kakaku.com

ボディー本体のグリップの悪さを指摘する声は少なくはありませんでした。デザイン性は高いのですが、実用性とのバランスが取れていないという意見があります。

Nikon COOLPIX A と RICOH GR の違い

リコー

RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175740

価格:85,778円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A と RICOH GR の違いをまとめます。

 

Nikon COOLPIX AとRICOH GR は同じ28mm単焦点レンズを装備したコンパクトデジタルです。有効画素数や画像処理能力等に関して、両者に大きなスペックの違いはありませんが一部動作の仕方に違いがあるようです。

 

まず、Nikon COOLPIX AはRICOH GRと比べてオートフォーカスを使用した際の合焦速度が遅いという意見があります。一見両者ともスナップ撮影に適しているように見えますが、Nikon COOLPIX Aをスナップ撮影に使用する際にしっかりとピントが合わないことがあるようです。スナップショットについてはRICOH GRの方が適しているようです。

 

また、焦点距離が28mm以下のマクロ撮影に関してNikon COOLPIX Aはマクロモードに切り替えて撮影を行う必要があるのに対してRICOH GRは手動で切り替えることなくレンズの先端から10cmまで寄れるオートマクロ機能が用意されています。焦点距離に応じて撮影モードを切り替える必要長いことは非常に便利であると言えます。

 

このように、機械的に大きな違いは大きくはない両者ですが機能的な違いが若干あるようです。本体金額に関してもRICOH GRの方がわずかに高価な価格設定となっているようですが、予算に余裕があるのであればRICOH GRをおすすめします。

 

Nikon COOLPIX A と Nikon COOLPIX S01 の違い

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX S01 超小型ボディー タッチパネル液晶 ミラーシルバー S01SL

価格:6,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A と Nikon COOLPIX S01 の違いをまとめます。

 

Nikon COOLPIX AとNikon COOLPIX S01は同じ2013年に発売されたコンパクトデジタルカメラです。両者の大きな違いは、Nikon COOLPIX Aが28mmの単焦点レンズであるのに対して、Nikon COOLPIX S01は30-90mm光学3倍のズームレンズを搭載しているところです。

 

また、Nikon COOLPIX AはSDカードを記録メディアとしていますが、Nikon COOLPIX S01は約7.3GBの本体内蔵メモリのみです。時間をかけて多くの枚数を撮影する場合においては記録メディアの差し替えがきくNikon COOLPIX Aの方が便利であると言えるようです。メディアの差し替えを行うことができないとはいえ、USBを経由してパソコンなどにデータを移動することはできるようです。

 

Nikon COOLPIX S01には様々な撮影モードが用意されています。中でも撮影シーンを自動で判別して最適な設定を呼び出す「おまかせシーン」は非常に便利であるという意見があります。「おまかせシーン」だけでなく、事前に設定しておくことでイメージに合わせた撮影ができる「スペシャルエフェクト」や、撮影した画像のカメラの中だけで簡単に加工できる8種類のフィルタ効果が用意されています。

 

単焦点撮影に特化したNikon COOLPIX Aに対して、オールラウンドに撮影をこなすNikon COOLPIX S01といった住み分けがされているようです。光学ズームが必要な撮影シーンが想定されるのであればNikon COOLPIX S01をおすすめします。

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載 18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

価格:89,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikon COOLPIX A デジタルカメラの種類について、商品概要、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Nikon COOLPIX Aは28mmの単焦点レンズを搭載した、スナップ撮影や背景にぼかしを聞かせた写真の撮影に特化したコンパクトデジタルカメラです。解放F値についてはf2.8と明るすぎない設定になっており、総合的なバランスが非常に良いカメラに仕上がっていると言う意見が多くあります。

 

また、マクロモードに切り替えて撮影を行うことができるため、レンズの先端から約10cmの距離まで被写体に寄せた撮影を行うことができます。他社のコンパクトデジタルカメラに搭載されている、自動で被写体との距離を判別してマクロモードに切り替えるオートマクロ機能があった方が良いという意見もありますが、マクロ撮影よりも焦点距離が長いスナップ撮影を想定して設計されたカメラであるためマクロ機能自体必要ないと言う意見もありました。

 

スナップ撮影を想定してコンパクトデジタルカメラの購入を考えている人は、Nikon COOLPIX Aを是非選択肢に加えてみてください。