ニコン COOLPIX P7700 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥18,680
ニコン COOLPIX P7700 カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ニコン COOLPIX P7700 カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

広角28mm相当からの光学7.1倍大口径なズームレンズを内蔵した高級コンパクトカメラ

2011年発売のP7100の後継機種として、2012年に発売されたのがP7700です。P7100から画素数が1010万画素から1219万画素に少し高画素化したこと(センサーサイズ1/1.7型は同じ)、連写性能が最高8コマ/秒に高速化したこと、そしてP7100にはズーム連動の実像式光学ファインダーが内蔵されていたのに、なぜかP7700ではそれが非搭載になっています。液晶モニターはバリアングル式。内蔵レンズは広角28mm相当から望遠200mm相当の画角をカバーします。開放F値がF2.0~F4.0の光学7.1倍ズームで、デジタルズームを利用すれば800mm相当の望遠撮影も可能です。レンズシフト方式の手ぶれ補正の機能を内蔵しています。内蔵ストロボはポップアップ式になりました。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

光学式手振れ補正(レンズシフト方式/センサーシフト方式)

手振れ補正の方式でレンズシフト方式とセンサーシフト方式がある。レンズシフト方式は内蔵された補正レンズが動くことで手振れ補正ができる。補正効果は大きいが補正レンズが搭載されたレンズ以外で使用できない。センサーシフト方式は、ブレた光に合わせてイメージセンサー自体が動くため、補正レンズを組み込む必要がない。そのため、小型化やレンズ交換にも対応している。

COOLPIX P7700のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

P7700の後継機種、カメラの基本性能はほぼ同じだが電子ビューファインダーが内蔵

NIKON
COOLPIX P7800
28,800円〜

約1200万画素の1/1.7型センサー、開放F値F1.8~F2.8の28~140mm相当のズーム内蔵

Canon
PowerShot G16
22,800円〜

ニコン COOLPIX P7700の基本スペック

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7700 大口径レンズ バリアングル液晶 ブラック P7700BK

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ニコン(Nikon) 商品名 P7700
撮像素子 1/1.7型CMOS (裏面照射型) F値 F2~F4
有効画素数 1219万画素 光学ズーム 7.1倍
焦点距離 28mm~200mm 撮影感度 通常:ISO80~1600 拡張:ISO3200・6400相当・12800相当
手ぶれ補正 レンズシフト方式 AF(オートフォーカス) 顔認識オート・オート(9点)・中央(ワイド、標準)・マニュアル(99点)・ターゲット追尾・ターゲットファインドAF
連写速度 8コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 118.5x72.5x50.4 mm 重量 392g
その他機能 PictBridge対応

ニコン COOLPIX P7700のケース

プラタ

PLATA Nikon COOLPIX (ニコン クールピクス) P7700 カメラケース & ストラップ セット WM-628E6-C0BK

価格:1,830円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバーとしての役割をしっかり果たしていて、本体を衝撃や傷からしっかりと守ることができるようです。しかし、レンズ部分の取り外しに思いの他時間がかかりシャッターチャンスを逃してしまうとありました。

ニコン COOLPIX P7700のACアダプター

Nikon

Nikon ACアダプター EH-5d

価格:10,472円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

COOLPIX P7700を使って長時間撮影する方に重宝されるようです。元々の専用ACアダプターはEH-5bでありましたがメーカー在庫が品切れになってしまった為、2019年4月19日から後継品としてEH-5dが発売されています。

ニコン COOLPIX P7700のバッテリー

Nikon

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

価格:4,014円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正品バッテリーとあってバッテリー持ちも長く安心して使うことができるようです。メーカーHPや大手インターネットショッピングサイトなどで販売されているので入手しやすいです。しかし、インターネットショッピングサイトには純正品でない物が販売されていることがあるので販売元に注意が必要です。

ニコン COOLPIX P7700のおすすめポイント

NIKKORレンズによる美しい描写

画質を大きく左右するレンズに、NIKKORレンズを採用したことで高解像の写真を撮ることができます。このNIKKORレンズでレンズによって像をつくる際に起きるズレを抑えることができます。なので、ハッキリと美しく描写された写真を残すことができます。

好みの設定をすぐに使える

素早く自分好みの表現を残すことができます。4つの露出モードの選択、ユーザーセッティングモードを使い使用回数が多いカメラ設定を登録することでよく使うカメラ設定を3つまで登録することができます。理想的な写真を撮影をするのに最適なカメラです。

暗い場所でも問題なく撮影できる

光が少ない暗い場所でも力強い描写力を発揮し写真を残すことができます。それは、大口径のNIKKORレンズを搭載しているからです。大口径レンズは明るいので暗がりで心配いらないだけでなく、F値が小さいレンズになっているので手ブレやノイズを抑え美しい画質を実現しています。

ニコン COOLPIX P7700の悪い点をレビュ―

操作に慣れるまで時間が掛かる

操作ボタンがカメラ背面に集められているので操作に慣れるまで時間がかかるようです。写真を撮るなどの基本操作は使いやすいとありましたが詳細設定をする為にボタンを押すとミスすることが多々あるとありました。ボタンの押し間違いで起こるトラブルが心配ですね。

サイズがデカい

サイズについてのレビューは多くあり、思っていたより大きく感じたとありました。中には家電量販店で確かめたが家に帰ると大きく感じることもあったようです。家電量販店の空間が大きい事と周りに大きなカメラが多く置かれているので錯覚しやすいのかもしれません。

起動に時間がかかる

起動に時間がとられすぐにシャッターを切ることができないとありました。メーカがモニター画面を傷つけない為の備えが裏目に出てしまったようです。COOLPIX P7700では起動するにはモニター画面を開くか表向きにしまう必要があり画面が傷がつかないようにされているからです。

レンズにゴミがたまる

特徴である大口径レンズにゴミが溜まりやすく手入れが大変だとありました。これは、レンズが取り外しできない固定式のカメラに共通してみられることだそうですが、COOLPIX P7700はレンズが重く大きくなった分巻き込まれるゴミが多く注意が必要なようです。

ニコン COOLPIX P7700の良い点をレビュ―

作品レベルの写真が撮れる

画質が綺麗で素晴らしいと多くのレビューがありました。COOLPIX P7700は一眼レフに負けないくらい良く作品と呼べる写真を撮ることができるとありました。。それは、背景ボカシやマクロ撮影時に絶妙なピント合わせを行うことができるからだそうです。

値段以上に楽しめるカメラ

コストパフォーマンスに優れて長く愛用できるコンパクトデジタルカメラとありました。なぜなら、暗がりでの撮影に対応していることや連写機能を使って動きが早い物も的確に撮影することができるなど非の打ちどころがないカメラに仕上がっているからです。

バリアングル液晶が便利

横開きをすることができるバリアングル液晶が良いと好評でした。これのおかげで自由にカメラの向きを変えることができるだけでなく、日差しの強い時でも角度を調節することで画面が見やすくなるからです。撮影の幅が広がるのでシャッターチャンスを逃す心配が減りますね。

ニコン COOLPIX P7700の口コミを集めました

起動時間が遅いのとオートフォーカスが遅いのが難点です。

出典:https://www.yodobashi.com

動物の生態写真や旅行先での風景写真は偶然の積み重ねで生まれることがあります。その時に起動が遅いとシャッターチャンスを逃し撮ることができず後悔してしまいます。

最近の機種の中では大きく重い部類に入ると思います

出典:https://www.yodobashi.com

サイズが大きくて重いとカメラをドッシリと構えられて良いという意見もありました。しかし、多くの方はコンパクトデジタルカメラとして販売さていることからサイズが気になるようです。

難を言えば、オートフォーカスが少し遅いかな。

出典:https://review.kakaku.com

被写体がボケることなくハッキリと撮影する手助けとしてAFがあります。ピント合わせが遅いと撮影するカメラマン、される被写体と共にストレスを感じてしまいますね。

機能も豊富で、それらのボタン類がカメラ裏面に集約されているので、知らぬ間にミスタッチしていることが起こりますが、もう少しなれればと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

詳細設定や画像を確認するうえで操作性は大切になります。それは、誤った操作をすることで撮影したデータが消えてしまう可能性があるからです。操作が難しいと心配になりますね。

クラッシックなスタイルと、手に持ったときの感覚で決めた。画質は申し分なくお気に入りの一台。Å3まで伸ばしても破綻無く画質の良さに驚いた。

出典:https://www.yodobashi.com

画質について多くの方が高品質な仕上がりだ満足していました。A3まで伸ばしても破綻がないとあるので写真の解像度が高い良いコンパクトデジタルカメラであると伝わりますね。

本日から使い出したのですが、持ち易さ、バリアングルの使い勝手の良さ、写真の美しさ、写真を撮る楽しさを再認識させられる一台になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

バリアングル液晶が購入の決め手になった方が多く見られました。液晶が横開きし角度調整できるとカメラアングルの幅が広がるので重宝される機能になっているようです。

皆さん仰るように、レンズの解像度の高さは特筆もので、ワンランクアップした写真が撮れるようになったと思います。

出典:https://review.kakaku.com

ニコンが開発したNIKKORレンズを使うと使わないでは写真の出来が大きく左右されるようです。特にNIKKORレンズの明るさに惹かれる方が多く見られました。

先日写真に詳しい友人に見せたところいろいろ使い方を教えてくれました。こんなに楽しめるカメラが安く手に入ったなんて大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

撮影機能が多彩である事や高画質の写真が撮れるので多くの方がコストパフォーマンスが良いと声がありました。カメラは長年愛用することが多いのでコストパフォーマンスは重要ですね。

ニコン COOLPIX P7700とCOOLPIX P7800の違い

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7800 大口径レンズ バリアングル液晶 ブラック P7800BK

価格:57,980円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

COOLPIX P7800は2013年に発売されたコンパクトデジタルカメラでCOOLPIX P7700の上位モデルになります。主な違いは光学ファインダーが搭載されたことと野外で液晶モニターが見やすくなったことです。

 

光学ファインダーを搭載することで撮影時の心配が減るようです。液晶モニターは太陽が出ている時に見えにくくなることが多々あるようですが、光学ファインダーを覗けば太陽の光で左右されないので心配なく撮影することができるとありました。

 

液晶モニターは明るさを調節できるようになりました。また液晶モニター自体も明るくなっています。なので、外での撮影でも液晶モニターが見えやすくなったので困る事なく撮影することができるそうです。

 

p7800はp7700から撮影機能が大幅に向上しています。特に日中の撮影がしやすくなりました。それは光学ファインダーが搭載されたことと液晶モニターが明るくなったからです。なので、新しく本格派デジタルカメラの購入を考えている方におすすめします。

ニコン COOLPIX P7700とCOOLPIX P7100の違い

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P7100 ブラック P7100BK

価格:29,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

COOLPIX P7100は2011年に発売されたコンパクトデジタルカメラでCOOLPIX P7700の下位モデルになります。主な違いはレンズ機能と液晶モニターが垂直方向に動くチルト式になっていることです。また、光学ファインダーがついている点もあります。

 

P7100ではレンズがP7700と比べると暗くなっているので暗所での撮影が劣ります。また、VR機能も低下しているので、手ぶれ軽減効果も弱くなっているようなので、P7700より画質面でも負けているようです。

 

液晶モニターは垂直方向に動くチルト式を採用しているので、自撮り撮影や撮影範囲が広く使いやすいようです。しかし、バリアングル式と違いカメラを横にした時の撮影を苦手とするので高さに注目した撮影をするには向いていないようです。

 

結果として、P7100は光学ファインダーがついているので、明るい場所での撮影は困りません。また、チルト式モニターで撮影範囲が広くなっています。しかし、P7700と比べると撮影機能で劣っている点が多くあるのでおすすめしません。

Nikon

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7700 大口径レンズ バリアングル液晶 ブラック P7700BK

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコン COOLPIX P7700について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

COOLPIXのPシリーズは撮影機能と操作性を追求し、本格的なコンパクトデジタルカメラになっています。なので、COOLPIX P7700は一眼レフに引けを取らない高画質と暗所で被写体にピントを合わせることができる撮影性能を持っています。

 

しかし、撮影機能は充実しているようですが操作性・外観に関しては厳しい意見が多くありました。ボタンが密集している為ミスタッチが起こる、予想以上にサイズが大きくコンパクトデジタルカメラに思えないようです。

 

COOLPIX P7700は一眼レフと同じようなデジタルカメラを求めてる方におすすめします。デジタルカメラは価格によって性能に差が出てくる商品です。ぜひ、自分に合った商品を見つけ出して下さい。