RICOH WG-70 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥32,220
RICOH WG-70 デジタルカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、RICOH WG-70 デジタルカメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

独特のカメラデザインがアイデンティティのタフネスカメラWGシリーズ最新型

水深14メートルまでの防水性能、高さ1.6メートルからの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度Cの低温でも作動する耐寒性能、100キログラムの重さにも耐える耐荷重構造に加え防塵性能も備えたタフネスなコンパクトカメラです。画素数は約1600万画素、フル判換算で28~140mm相当のズーム内蔵で、超クローズアップ撮影可能な顕微鏡モードや撮影レンズ周囲に近接時に便利なLED照明ランプを配置するなど独自の撮影モードを備えています。前モデルのWG-60とカメラ性能はほとんど同じで、異なるのはカラーモデルの色。WG-60がレッドとブラックだったのに対してWG-70ではオレンジとブラックから選べるようになりました。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

WG-70のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

気になるレビューをピックアップ

高評価が多いトピック

「タフネスさ」に関するユーザーの反応 まとめ

現場作業従事者のようにハードな環境で使用する方にとって、カメラ本体を落としてしまったりぶつけてしまうことは少なくないようです。レビューでは衝撃に対して不具合や故障することなく安心して使うことができる、泥や埃にまみれることがよくあるけど問題なく使っているという声が多く、耐久性能が高いことが窺えます。

実際の口コミを見る

いろいろ持ち運んで使用するため、落っことしたりぶつけたりが日常茶飯事ですが、こいつはビクともしない。気兼ねなく使えていいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/

数あるデジカメの中でも、落下強度が2mと他機種と比較して優秀です。業務にて、よくデジカメを落下させてしまう人がいるのですが、このカメラは今のところ無事です

出典: https://www.amazon.co.jp/

とにかくタフです。4Mほどの位置からコンクリートの床に誤って落下させてしまいました。さすがにもうダメになったと覚悟して確認したところ、まったく問題無しでした.

出典: https://www.amazon.co.jp/

「画像管理」に関するユーザーの反応 まとめ

WG-70のレビューの大半は現場作業従事者で、工事現場での撮影・調査に良いといったレビューのように概ね高評価を得ていますが、その要素の一つは直感的に画像を管理できる仕組みにあるようです。日付設定が簡単で日付フォルダごとに画像を管理できる、CALSモードがあるのが良い、といったレビューのように、現場で仕事がしやすい仕様になっているようです。

実際の口コミを見る

日付の設定も簡単に出来る 直感的に操作が出来るために、現場仕事では 特に利用しやすく、日付別のフォルダーで記録出来るのため、管理もしやすい

出典: https://www.amazon.co.jp/

CALS対応なので、使い勝手が大変いいです

出典: https://www.amazon.co.jp/

「マクロ撮影」に関するユーザーの反応 まとめ

調査目的などで製品の傷をチェックするような精細さを必要とする撮影時の画質は良いようです。電子基板の半導体部品の撮影で部品の刻印までクッキリ撮影できる、レンジが広くて使いやすいというレビューのように、マクロ撮影時の画質を高く評価する声がよく見られます。

実際の口コミを見る

電子基板の半導体部品を撮影したりするので、接写機能が非常に使えます。部品の刻印等、クッキリ撮影できます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

仕事で使っていますが、顕微鏡モードがなかなか良いです。 修復作業や現場作業で使いますが、破断面の撮影に顕微鏡モードは重宝します。

出典: https://www.amazon.co.jp/

顕微鏡モードがあり、付属のアタッチメントを付けての接写は画質もよく、部品などの細かいキズを写したい場合は重宝してます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

低評価が多いトピック

「画質」に関するユーザーの反応 まとめ

レジャーでの使用では画質が良くないが工事写真としては良い、といったレビューが多く見られます。レビューの多くが現場作業従事者ですが、ダイビングなどのレジャー目的でのユーザーからは、水中写真・動画が白っぽくなるといったレビューのように、あまり評価が良くない傾向があるようです。

実際の口コミを見る

残念なところは画質です。 これ一台で釣り以外の写真もすべて撮る気が起きないレベルと個人的には感じます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

レジャーでの使用は画質が△なのでお勧めしません

出典: https://www.amazon.co.jp/

画素数は高いのですが、画質が悪い。携帯の画像よりも悪いので、いつもは携帯で写真をとり、雨の日や汚れるような時の撮影に使ってます。

出典: https://www.amazon.co.jp/

「ボタン」に関するユーザーの反応 まとめ

ボタンが小さい、シャッターが重くて手ぶれが心配など、ボタンの押しづらさに関するレビューがやや目立ちました。現場作業ではグローブをはめてカメラを操作する機会も多く、この点は少し使い勝手が良いとは言えないポイントかもしれません。

実際の口コミを見る

手にフィットしやすい形なのですが、普通のデジカメに比べると防水なので操作ボタンが小さく使いずらいところはあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

操作性はボタンが少し押しにくいですが、細かい部分かもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/

気になった点はシャッターが重く、押す際手振れにならないか心配です。

出典: https://www.amazon.co.jp/

「ライト」に関するユーザーの反応 まとめ

接写時のLEDライトについて、被写体に光源が映り込んでしまうというレビューがありました。また、AF補助光についても設定で使用しないようにすることができず手が隠さなきゃいけないというレビューもあり、ライトに関する不満をもつユーザーもいるようです。

実際の口コミを見る

使っているとAF補助光を消したい時にその設定がないので、手で隠ししかなく周りに迷惑になり結局使えないときがあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

接写用に付いているリング状のLEDライトは被写体に光源が写り込んでしまい、使い物にならない

出典: https://www.amazon.co.jp/

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

水深30メートルでの撮影も可能な24~120mm相当ズーム内蔵タフネスカメラ

Nikon
coolpix aw130
37,780円〜

近接撮影での多彩な撮影モードや充実したアクセサリー類が魅力のタフネスカメラ

オリンパス
stylus tg-630 tough
14,800円〜

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】デジカメの最強おすすめ特集【14選】選び方と最新情報を紹介 ▶︎【2020年最新】デジカメの選び方を分かり易く解説【コレさえ読めば失敗・後悔しない】