ライカ d-lux 7 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥166,210
ライカ D-LUX7の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ライカ D-LUX7がどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

スタイリッシュなシルバーモデルと「LEICA」の赤バッジが似合う高級コンパクトカメラ

パナソニックのDC-LX100M2とカメラの仕様はそっくりですが、高級カメラメーカーのライカならではのシャレたデザインに仕上げられています。ボディカラーはシルバーとブラックのツートンに仕上げられています。カメラ前面に配置された赤い「LEICA」のバッジが目立ってカッコよく、ライカファンはこれを見ただけでくらっとしてしまいます。イメージセンサーは有効1700万画素の4/3型です。APS-C判センサーに近い大きさで高感度での画質の良さと広いダイナミックレンジのある優れた画像が得られます。内蔵レンズは24~75mm相当の画角をカバーする「ライカDCバリオズミルックスレンズ」で開放F値は24mm広角側でF1.7の大口径ズームレンズです。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

F値

絞り値とも呼ばれる、レンズの明るさを表す指標。焦点距離÷レンズの有効口径で計算される。f値が小さいほど光がたくさん入る。レンズをもっとも開いた時(=f値がもっとも小さいとき)が、もっとも集光力が大きく、その時のF値のことを「開放F値」と呼ぶ。写真の「ボカし」に大きく影響する値。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

APS-C判イメージセンサー

センサーサイズの一つ。フルサイズのイメージセンサーより1段階小さいイメージセンサー。APS-C判のイメージセンサー搭載カメラの「焦点距離×1.5=35mm換算した時の焦点距離」という公式が成り立つ。ちなみにCanon製のAPS-C判は他社と比べて若干小さく作られているがほとんど差はない。

d-lux 7のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

ライカブランドにこだわらない、安くて性能も機能も同じであればイイと割り切った人に

Panasonic
dc-lx100m2
94,520円〜

スペック性能はD-LUX 7にやや劣るがそのぶん低価格が魅力、ブラックボディの好きな人に

ライカ
D-LUX6
46,000円〜

ライカ D-LUX7の基本スペック

ライカ

ライカ D-LUX7

価格:166,210円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ライカ(Leica) 商品名 D-LUX7
撮像素子 4/3型(フォーサーズ)MOS F値 F1.7~F2.8
有効画素数 1700万画素 光学ズーム 3.1倍
焦点距離 24mm~75mm 撮影感度 通常:ISO200~25000 拡張:ISO100
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) コントラストAF
連写速度 11コマ/秒 動画 3840x2160(4K)
サイズ 118x66x64 mm 重量 本体:361g 総重量:403g
その他機能 Wi-Fi対応、Bluetooth対応

ライカ D-LUX7のケース

Koowl

Leica ライカ PEN D-lux7 D lux7 カメラケース カメラカバー カメラバッグ カメラホルダー、【KOOWL】ハンドメイドのPUレザーカメラベース保護カバー、付属品:ハンドストラップ、スタイリッシュ、コンパクト、防水、防振 (ブラウン)

価格:2,099円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質なレザーケースはライカD-LUX7をしっかり保護しながら、かつグリップがなくてもカメラが手に馴染み安定した撮影をすることができます。いくつかカラーバリエーションをもつ商品が多く、ファッション性が高いです。

ライカ D-LUX7のバッテリー

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)

ライカ C-LUX/D-LUX用リチウムイオンバッテリー BP-DC15-U[DLUXヨウリチウムイオンバッテリーB]

価格:10,800円 (税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライカD-LUX7ではライカD-LUXシリーズに対応しているリチウムイオンバッテリーを用いて使うことができます。充電することで繰り返し使うことができます。

ライカ D-LUX7のおすすめポイント

コンパクトで持ち運びしやすい

カメラ本体は361g程度、メモリカードやバッテリーを含めても403g程度と非常に軽いため持ち運びがしやすく、ちょっとしたお出かけや旅行で美しい風景や思い出を写真に残すことができます。

初心者に使いやすい

「ライカ DCバリオ・ズミルックス f1.7-2.8/10.9-34mm ASPH.」という高性能なレンズを搭載しています。目にした風景を明るく且つ自然な色合いで再現することで美しい描写を実現します。

 

 

また高速のオートフォーカス機能が最高11コマ/秒の高速連写を可能にし、新機能「フォーカス合成」によって撮影後にフォーカスポイントを編集することができます。一瞬のシャッターチャンスを逃さず、くっきりと強調したり、ぼやかして雰囲気を出したりと幅広く活躍します。

スマホと連携する

「Leica FOTOS」というアプリに対応しており、スマートフォンからカメラのシャッタを押したり、撮った写真をワイヤレスでスマホに転送することができます。またアプリを使わなくてもBluetooth接続によって転送することもできます。

 

 

旅行の出先で撮影後すぐにスマホに転送、自分好みに写真を編集したらSNSでほぼリアルタイムで友達と美しい風景をシェアできますね。

ライカ D-LUX7の悪い点をレビュー

ダイヤルが軽過ぎる

光量を調節するために絞りや露出補正をダイアルを操作するですが、そのダイヤルの動きが軽いため設定がずれていることがあるようです。

 

 

写真において、撮影時の設定は非常に重要なものです。こだわり抜いた微妙な設定を時間をかけてしたとしても撮影時にずれてしまうのは大きなデメリットかもしれません。

アプリ「Leica FOTOS」が残念

Wi-Fi のペアリングしても日時の自動調整がなかったり、写真データに撮った位置情報を追加するジオタグに対応していなかったりと不便に感じている方もいるようです。

 

 

iPhoneかAndroidかといったスマホの機種やOSによってアプリとの相性が悪かったり、良かったりと一様ではないかと思われるので期待せず試してみるぐらいがよさそうです。

安定性が悪い

グリップがないため固定されている感覚が得られず不安定に感じるという声があります。カメラは精密機械かつ決して安いものではないです。撮影しようとしたら手から落ちるなんて考えたくもないですね。

 

 

アクセサリーとしてカメラ本体に底から被せるようなタイプなど様々なケースが販売されているため、追加で購入することでそんな弱点を克服して安定性を向上することができそうです。

ライカ D-LUX7の良い点をレビュー

操作しやすい

撮影時にタッチパネルを操作して写真の設定などを行うことができます。直感的な操作がしやすく、感覚的に風景などを撮影することができます。

 

 

カメラや写真についての知識がまったくない初心者でも撮影を楽しむことができ、手探りながらも写真の枚数を重ねるごとにより自分好みの写真が撮影できるようになっていくことでしょう。

持ち運びがしやすい

コンパクトさや軽量であることから持ち運びがしやすいといった声が多くあがっています。旅行用のカメラとして購入したり、普段使いカメラに加えの使いやすい2台目として購入されている方もいました。

おしゃれ

カメラ本体のトップ部分はシルバーでボディはブラックが基調となっています。質感があり、どこか伝統を感じる様な外観からデザイン性が好評なようです。

 

 

またカメラカバーや持ち運びを便利にしてくれるアクセサリー類が豊富で、革製で色合いが良い商品が多いため、ファッションとしての楽しみかたもできるようになっています。

ライカ D-LUX7の口コミを集めました

絞りも露出補正もダイアルが軽すぎて意図せずずれていることが多いので何とかして欲しい。

出典:https://review.kakaku.com

目に映る風景とは違った表現をすることができる写真において、時間をかけた設定がずれてしまうのは腹立たしいですね。裏を返せば意図しない「奇跡の一枚」を撮ることができるかもしれません。

AFターゲットはタッチパネルありきで、ボタンで操作をするのはステップが多くていまいち。

出典:https://review.kakaku.com

操作が面倒だとせっかく買ったカメラも持ち出すのが億劫になりホコリを被っていきそうです。設定が簡単に行えるようタッチパネルの項目ごとの使い方を確認していった方がいいのかもしれません。

スマホアプリのLEICA FOTOSはいまいち

出典:https://review.kakaku.com

専用アプリの評判はあまりよくないようです。Bluetooth接続でスマホへの転送はできるので最初からアプリはないものと考えて使った方がアプリのインストールを含めた面倒も解消できていいのかもしれません。

同梱でバッテリチャージャーが無いのは・・・まあコストの兼ね合いでしょうね。

出典:https://review.kakaku.com

バッテリーを充電できる機器が同封されていないのは地味に痛いですね。どんなものを追加で買い足すか調べたいところ、電源が落ちてから使えない期間ができないようあらかじめ知っておきたい情報です。

この辺はライカの・・・と言うよりアクセサリー関係のデザイナーが優秀だったのでしょう。

出典:https://review.kakaku.com

最近街中でよくカメラを首から下げている女性を見かけます。一眼カメラはどこか無骨でおじさんのイメージがあるため、女性がもっているとそのギャップをおしゃれに感じます。アクセサリーで見た目をより自分好みにカスタマイズできるのは嬉しいですね。

カメラでとても重要な操作性が、とても秀逸に仕上がっているのが良い点です。

出典:https://review.kakaku.com

一眼カメラというとどこか難しそうな、敷居の高いイメージがありますが初心者としてはまず使いやすいものから手を出したいところ。タッチパネルもあるため趣味として始める1台目としてはいいのかもしれません。

気楽に持ち歩け、セカンドカメラとして重宝します。 撮る楽しさも満喫してます。

出典:https://www.biccamera.com

ふとカメラをもって普段何気なく通っている道や見かけている景色を写真に残していくのも楽しそうですね。新たな発見があったり、違った見え方がしたりと自分の視野が広がっていきそうで充実した時間が味わえそうです。

今回初めてライカのカメラを購入しました、やはり国産メーカーとは一味違う感じがします、これからシャッターを押すのが楽しくなりそうです。

出典:https://review.kakaku.com

趣味としてカメラを始めるにあたって、安くない買い物であったり精密機械で操作が難しそうなイメージがあって踏み切れない人は多いかと思います。1台目はもっとシャッターをおしたいと思わせてくれるような操作性やデザインのあるカメラを購入したいですね。

ライカ D-LUX7とライカ D-LUX6の違い

ライカ

Leica デジタルカメラ ライカD-LUX6 1010万画素 光学3.8倍ズーム 18461

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2012年にライカD-LUX6が発売され、その6年後に発売された上位モデルがライカD-LUX7です。外観はまさにライカといわんばかりの長方形でシンプルなデザインを受け継いでいますが機能は大きくパワーアップしています。

 

 

まず撮影素子についてライカD-LUX6は総合画素数1270万画素、有効画素数1010万画素でしたがライカD-LUX7については総合画素数2177万画素、有効画素数1700万画素とより綺麗で鮮明な写真が撮影できるようになっています。

 

 

またライカLUX-7はライカLUX-6の持ち合わせていなかったタッチパネルやWi-Fi対応、Bluetooth対応といった機能も持ち合わせているため、より操作しやすく、旅行や出先でもスマホと連動することで写真を友達よシェアしたりと楽しみの幅が広がっています。

 

ライカ D-LUX7とライカ D-LUX Type109の違い

ライカ

Leica デジタルカメラ ライカD-LUX Typ 109 1280万画素 光学3.1倍ズーム ブラック 18471

価格:151,200円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライカD-LUX Type109とライカD-LUX7の違いとして、先と同様に写真の綺麗さがあげられます。ライカD-LUX Type109は総画素数1680万画素、有効画素数1280万画素ですがライカD-LUX7は総合画素数2177万画素、有効画素数1700万画素と同じD-LUXのモデルの中では最高のスペックをもっています。

 

 

またライカD-LUX Type109はD-LUX7と同様にWi-Fi接続に対応はしているのですがBluetooth接続には対応していません。デザインやサイズ、重さがほぼ同じであるためライカD-LUX7の方が便利に使いやすいモデルと言えるでしょう。

ライカ D-LUX7とLUMIX DC-LX100M2の違い

パナソニック(Panasonic)

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX100M2 4/3型センサー搭載 4K動画対応 DC-LX100M2

価格:81,540円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライカD-LUX7とLX100M2は色合いを除けはサイズや外観、また画素数やF値といったスペックまでもがほぼ同じ仕様になっています。大きく異なるのは発売当初からある金額差です。

 

 

ライカD-LUX7は2018年12月15日に発売された当初は16万円台でしたが、LX100M2は2018年10月18日の発売時12万円で販売されていました。2019年8月段階でライカD-LUX7は16万円台ですがLX100M2は8万円台と差は大きくなっているようです。

 

 

そのほか小さな違いとしてグリップの有無やボタンが四角か丸型の形状をしているかといったデザインのディテイルが異なっています。

ライカ

ライカ D-LUX7

価格:162,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライカ D-LUX7 デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

かわいらしいデザインと高画質、高性能を持ち合わせるライカD-LUX7

その見た目と撮れる写真の味わいは他にはない良さがあります。

 

大事な思い出をスマホと違った綺麗な写真で残したい。趣味で写真を始めたいけど重たくて野暮ったいカメラは嫌だな。初めてだし使いやすいカメラから始めたい。そう考える人、特に女性が多いかとおもいます。

 

 

そんな方にこそ今回紹介したライカD-LUX7はおすすめできます。軽くても運びがしやすく、機能性も申し分ないです。こだわったファッションにもユニークなデザインでアクセントを与えてくれるようなカメラです。

 

 

特別な旅行だけではなく、普段歩き慣れたような道もカメラをもって写真にしてください。より思い出深くなったり、違った見え方するでしょう。是非そんな経験をするきっかけとして手にとってみてはいかがでしょうか。