SONY  dsc-tx30 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥53,800
SONY  サイバーショット DSC-TX30  デジタルカメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ、レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、サイバーショット DSC-TX30 がどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

カメラ前面の大型レンズカバーを下にスライドすると電源ONになる薄型タフネスカメラ

カメラボディの厚みが約1.5センチという薄型で横幅も10センチに満たないカメラで、そのボディ前部を覆うレンズカバーを下方にスライドすると自動的にメインスイッチがオンになり撮影スタンバイ状態になる。とてもスタイリッシュなカメラデザインにもかかわらず、水深10メートルまでの耐水性や1.5メートル耐衝撃性、防塵性、マイナス10度Cの耐低温性などのタフネスな性能を備えています。内蔵レンズは屈曲式で電源ONにしてもズーミングしてもカメラボディ内に収まったままで、広角26mm相当から望遠130mm相当の画角までカバーします。手ぶれ補正の機能も内蔵。連写性能は最高10コマ/秒で最大10コマまで連続撮影することが可能です。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

dsc-tx30のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

TX30からタフネス性能を省略したようなモデル、より軽量な薄型カメラを望む人に

SONY
Cyber-Shot DSC-TX66
29,800円〜

レンズバリアーのない薄型カメラでTX30と同じくタフネス性能を備える

SONY
DSC-TF1
5,800円〜

SONY サイバーショット DSC-TX30の基本スペック

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30 光学5倍 シルバー DSC-TX30-S

価格:29,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ソニー(sony) 商品名 サイバーショット DSC-TX(30・(s)シルバー・(d)オレンジ
撮影感度 通常:ISO80~12800 AF(オートフォーカス) マルチポイントAF(9点自動測距)、中央重点AF、スポットAF、フレキシブルスポットAF、フレキシブルスポットAF(追尾)、フレキシブルスポットAF(顔追尾)
連写速度 10コマ/秒 動画 1920×1080(フルHD)
サイズ 96.4×59.3×15.4mm 重量 本体:125g・総重量:140g
その他機能 AF自動追尾機能・顔認識・3D撮影・手ブレ補正機構・セルフタイマー

ソニー dsc-tx30 おすすめポイント

防水性抜群、水深10mまで撮影可能

水深10m、60分までの撮影が可能 川遊び、釣り、ビーチやダイビング、水辺、海水でも撮影可能、 十分な防水機能。 他にも防塵、耐衝撃性、低温機能なども搭載。

色んなシーンで使える。 広角26mm×光学5倍ズーム

カールツァイスレンズを搭載。広角26mm、広角5倍ズームで集合写真や風景など 色々なサイズで撮影が出来ます。 しかも10倍くらいの全画素超解像ズームが出来ます。 ソニーが独自が開発した全画素超解像技術を使った超解像を搭載。 一般的なデジタルズームのような画像劣化もなく、解像感を保ったまま約10倍まで 拡大が出来るようになり、より綺麗な撮影が可能になりました。

ブレを抑えて、しっかり撮れる「光学手ブレ補正」

「光学式手ブレ補正」を搭載でわずかなブレも高精度に補正でき、手ブレが起きやすい 光学ズーム時やマクロ撮影でも、ブレを抑えて撮影出来ます。さらに「アクティブモード」も搭載しているので動画ズーム撮影時でも手ブレを補正してくれます。

SONY サイバーショット DSC-TX30の悪い点をレビュー

本体がコンパクトなので操作性が悪い

本体がコンパクトでポケットに入ってとても持ち運びには良く、 普段の撮影時はいいようなのですが全体がコンパクトなので少し厳しい角度でのシャッターを押すときなどは圧しずらいようです。 あとは少数ですが落としそうになるという口コミもありました。 このサイズが気になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

バッテリーの持ちが悪い

やはりコンパクトな分バッテリーの持ちが悪くなるのはしょうがないかなっという 口コミも多かったような気がします。特に気にならないと言う口コミの方・レビューも多かったのですがやはり写真、動画を多く撮った時などはバッテリーの減りが気になるよです。 一回の使用で撮る枚数などが多い人は気にするポイントかもしれんせんね。 もしバッテリーに不安に感じる方は予備バッテリーも別売りでありますので 予備バッテリーの購入も検討をおすすめします。

レンズカバーや電池蓋などの強度にやや不安がある

こちらもごく少数だったのですがコンパクトだからなのかレンズカバーや電池蓋を 動かす時に壊れてしまうのではないかと気になる方がいらっしゃいました。 また初期不良などが考えられる場合はメーカに問い合わせてみてください。

SONY サイバーショット DSC-TX30の良い点をレビュー・

携帯性が良い

コンパクトだから携帯性がとても良いと言う口コミがとても多かったです。 自転車などのられる方はズボンのポケット、カバンにも入れられてどこにでも持っていけてとても便利だそうです。 持ち運びが便利だと色んなタイミングで良い写真が撮れるので良いですよね。

外装の質感、色などスタイリッシュ

本体の色がシルバーとオレンジの2種類が販売されているのですがどちらとも 色合いがとてもきれいでアルミパネルの外装で質感もよくスタイリッシュです。 色合い、持っている質感が良いとオシャレとして持っていてもいいですね。

拡大鏡が良い、高画質の動画が撮れる

広角26mm×光学5倍ズーム、約1cmまで接写可能な「拡大鏡プラス機能」搭載されているので1㎝の接写から最大倍率15倍まで拡大でき、肉眼では体験できます。 口コミではとても高画質な液晶動画、写真が撮れてとても満足という口コミが多くありました。 よりリアルな写真が撮れる実感が出来るでしょう。

SONY サイバーショット DSC-TX30の口コミを集めました

欠点が補えるほど携帯性が良く、防水でカヌーや登山に気軽に持ち出せるカメラ なので満足です。

出典:https://review.kakaku.com

アウトドアなどする時は大きすぎるカメラだと持ち運びしづらいですのね。 持ち運びしている時気軽に出せるとストレスも少なく たくさん写真を撮りたくなりますよね。

【ホールド感】この形状ですから、何度か落としましたが、トラブルは起きていませんでした、しかし滑りやすい。

出典:https://review.kakaku.com

床や、地面に落としても耐衝撃性に優れているのでトラブルには起きずらそうですね。 ただコンパクトなので、ホールド感は望めないようです。

泳げる深さ海中やプールでも、水中の動画可能の防水機能。

出典:https://review.kakaku.com

水深10mまで耐えられる防水機能、海中やプールでも大分活躍が期待できそうですね。

お店で食事をする際の料理の撮影に主に使用しています。

出典:https://review.kakaku.com

食事が出てきてポケットからすぐ出せる直観的な動きをしてすぐ取りたい時など効率よく写真が撮れそうですね。 とても機動性にすぐれているようです。

夜間撮影、暗所撮影に強いと思います。

出典:https://review.kakaku.com

夜景モードという機能があるのでそちらをお使い頂くと夜間撮影が綺麗に撮れて満足度が上がりそうですね。

【バッテリー】体感的には減りが早い。

出典:https://review.kakaku.com

普段の写真撮影では特にバッテリーの減りは感じないようなのですが動画などを撮影する時には若干体感的に減りが早さが気になる方もようです。 撮影が多い日には予備バッテリーを用意しておくといいかもしれませんね。

起動も早くて気軽に撮れる

出典:https://review.kakaku.com

スライドして電源が入る機構なのでポケットからすぐに出せてストレスをあまり感じず サクサク撮影出来そうですね。

【液晶が】大変きれいで、見やすい。

出典:https://review.kakaku.com

液晶が綺麗という口コミも多かったです。他にもタッチパネルなのでスイッチが少なく とてもシンプルに使えますね。

SONY DSC-TX30とHX-50Vの違い

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX50V 2040万画素 光学30倍 ブラック DSC-HX50V-B

価格:31,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-TX30の次に発売されたのがDSC-HX50V幅x高さx奥行きは108.1 x 63.6 x 38.3 mm DSC-TX30は96.4x59.3x15.4 mmです。 サイズの比較をしてみるとDSC-TX30の方がコンパクトです。 カラーバリエーションは「ブラック」、「シルバー」の2種類です。 基本的な使用はDSC-TX30は同一になります。 機能面ではDSC-HX50Vは「30倍ズーム機能」が搭載されています。DSC-TX30は 5倍です。やはり高倍率ズームがついているのでより遠くの被写体を撮れます。 DSC-HX50VはWi-Fi機能がついています。 WI-Fi機能がつい、ているのでスマートフォンを使い「リモート撮影」も出来る。 他にはスマートフォン、パソコンなどにも転送して管理が出来たり、見ることが可能です。 但しDSC-TX30とは違う点はタッチパネル、防水、防塵、耐衝撃、低体温機能などは ついてないようです。 以上をまとめると、DSC-HX50Vはズーム機能が搭載されてより遠くの被写体を撮れ、 Wi-Fi機能を使い管理がしやすいのでより管理、遠くの被写体を撮りたい方はDSC-HX50V。 DSC-TX30はコンパクト性、防水、防塵、耐衝撃、低低温機能を持ち持ち運びが楽で気軽に持ち歩ける便利さを求める方はDSC-TX30を選ばれても良いかと思います。

SONY DSC-TX30 DSC-WX300の違い

セレクト雑貨の百貨店PITATTO

ソニー Cyber-shot DSC-WX300(T) ブラウン 中古 良品

価格:18,174円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-WX300は2013年3月15日に販売されました。サイズは幅x高さx奥行き96x54.9x25.7 mm、重量は本体:139g総重量:166g、DSC-TX30は本体:125g総重量:140gです。 サイズ、重量をDSC-TX30と比較してみるとサイズは幅、高さは同じくらいなのですが 奥行きと重さがあるようです。 カラーバリエーションは、「ブラック」、「ホワイト」、「ブラウン」、「レッド」、「ブルー」の5色です。 基本的な使用はDSC-TX30と同一です。 機能面はDSC-WX300は光学ズーム20倍が搭載されていてズーム時の撮影も 手ブレなど少なく口コミ・レビューでも満足したという評価が高かったです。 撮影枚数ですとDSC-WX300は500枚、DSC-TX30は250枚とDSC-WX300は2倍撮影可能、他はWi-Fi機能搭載でインターネットに簡単にアップロード可能です。 ただDSC-WX300は防水、防塵、耐衝撃、低体温機能などはついてないようです。 以上をまとめますと、DSC-WX300には防水、防塵、耐衝撃、低体温機能などがついていなく、DSC-TX30よりかはサイズ、重量がありますが、カラーバリエーションも豊富で光学ズーム20倍も搭載してもおり遠方の撮影もでき、Wi-Fi機能付き、撮影枚数も倍なので管理などもしやすそうです。 防水、防塵、耐衝撃、低体温機能などついていなく、サイズ、重量などが気にならないようでしたらおすすめします。

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30 光学5倍 シルバー DSC-TX30-S

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY サイバーショット DSC-TX30について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 SONY サイバーショット DSC-TX30はコンパクト過ぎて落としそうで不安という思う方もいらっしゃるとは思うのですが、口コミ、レビュー等を見てみると購入されたユーザーはコンパクト性があり、とてもスタイリッシュで満足されているようです。 他にもいろいろな機能性が高くユーザーは満足されているようです。 ※コンパクトでタフなカメラが欲しい方 ※海、山が好きなアウトドア好きな方 ※小さなものを拡大したり、接写されることが多い方 このような用途にはとてもぴったりな商品だと思います。 カメラ選びに困ったら、SONY サイバーショット DSC-TX30をご検討してみてはいかがでしょうか?