SONY dsc-rx100m2 デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥53,460
SONY DSC-RX100M2 カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SONY DSC-RX100M2 カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

約2000万画素の1.0型センサーとF値の明るい28~100mm相当ズームレンズ内蔵カメラ

初代モデルであるRX100の後継機種として2013年に発売されたのがこのRX100M2です。RX100シリーズの二代目にあたります。初代RX100からの進化ポイントはおもに2つです。1つは背面液晶モニターが固定式だったのがチルト式になったことで自由なカメラアングルでの撮影が可能になりました。もう1つはWi-FiとNFCに対応したことで、スマートフォンと連携して撮影を愉しめるようになりました。その他のカメラの基本性能は初代RX100とほとんど同じ。約2000万画素の1.0型CMOSセンサーを採用して、フル判換算で広角28mm相当から望遠100mm相当の画角をカバーする高性能な小型ズームレンズを内蔵しています。

画角

写真に映る範囲を角度に置き換えて表現したもので、一般的に言われる視野と近しい意味。焦点距離と密接な関係を持つ。焦点距離が長いほど画角は狭くなり、望遠レンズなどと呼ばれる。画角が46度前後、フルサイズ版換算で焦点距離50mm前後のレンズを標準レンズの目安にするといい。

チルト液晶

可動式モニターの一種。モニターを手前に引くことで上下に動かすことができる。バリアングル式と違い、左右に動かすことはできない。最近は、横方向に動かすことができる3軸チルト液晶も誕生している。

CMOSセンサー

カメラの撮像素子の一種。CCDセンサーと比較し、消費電力が小さく、処理スピードが速いと言う特徴を持つ。技術の進歩により、CCDセンサーとの画質差も解消されているため、現在はほとんどのカメラがCMOSセンサーを搭載している。

NFC

NFCは近距離無線通信規格の一つで、正式名称はNear Field Communication。簡単に言うと、「かざすように近づけるだけ」で、周辺機器とBluetooth接続ができる機能のこと。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

dsc-rx100m2のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

三代目RX100M3でEVFが内蔵されF1.8~F2.8の24~70mm相当ズームに変更、EVF内蔵が魅力

SONY
DSC-RX100M3
59,735円〜

初代のRX100で液晶モニターは固定式だがカメラ性能はM2と同じ、より価格が安いことが魅力

SONY
DSC-RX100
37,536円〜

SONY DSC-RX100M2の基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100M2 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100M2

価格:51,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー SONY 商品名 DSC-RX100M2
映像素子 裏面照射型 F値 F1.8~F4.9
有効画素数 2090万画素 光学ズーム 3.6 倍
焦点距離 28mm~100mm 撮影感度 160~12800倍
手ぶれ補正 光学式 AF(オートフォーカス) ファストインテリジェントAF
連写速度 10コマ/秒 動画 1920x1080(フルHD)
サイズ 101.6x58.1x38.3 mm 重量 254g
その他機能 Wi-Fi対応 NFC対応

SONY DSC-RX100M2のケース

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラケース ジャケットケース ブラック LCJ-RXF B

価格:7,299円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LCJ-RXFはDSC-RX100M2専用のカメラケースです。ハードタイプのケースなので、多少の衝撃にも対応しています。

SONY DSC-RX100M2の充電器

ソニー(SONY)

SONY アクセサリーキット ACC-TRBX

価格:6,505円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ACC-TRBXはDSC-RX100M2専用の充電器です。正規品なので過充電をせず、安全に使うことができます。

SONY DSC-RX100M2のバッテリー

ソニー(SONY)

SONY リチャージャブルバッテリパック Xタイプ NP-BX1

価格:4,652円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NP-BX1はDSC-RX100M2の専用バッテリーです。互換品ではないため、DSC-RX100M2とのトラブルも起きにくくなっています。

SONY DSC-RX100M2のおすすめポイント

1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー

DSC-RX100M2は1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載しています。このイメージセンサーはセンサー受光部の感度が非常に高いため、ノイズの少ない暗所での撮影を可能としています。

バリオ・ゾナーT*

DSC-RX100M2はバリオ・ゾナーT*という光学3.6倍ズームレンズを採用しています。バリオ・ゾナーT*は広角28mmで7枚羽根円形絞りと合わせ美しいぼけ味を再現することができます。

AAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)

DSC-RX100M2はAAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)を採用しています。AAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)は非常に薄いレンズで、DSC-RX100M2本体の小型化に大きく関与しています。

SONY DSC-RX100M2の悪い点をレビュー

操作性があまり良くない

DSC-RX100M2はタッチパネル機能を搭載していません。UIデザイン的にも決して良いとは言えません。口コミを見る限り、未経験者はもちろんのこと、初級者や中級者の方も慣れるまで時間がかかることもあるようです。

バッファー容量が少ない

DSC-RX100M2はバッファー容量が若干少ないです。高速カードであればRAW+JPEGでも1.5秒毎にカード容量一杯までの連写が可能なので、そこまで大きい問題ではありませんが、もう一息といったところです。

ノイズがかかりやすい

DSC-RX100M2は画質に優れた製品ではあるものの、コンパクトデジタルカメラの粋から飛び抜けるほどの性能ではありません。ズーム倍率によっては、写真にノイズがかかることがあります。

SONY DSC-RX100M2の良い点をレビュー

オートフォーカスの速度が早い

DSC-RX100M2はAAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)を採用しているため、本体サイズがかなり小さいです。小ささに対して、DSC-RX100M2のオートフォーカスは高速となっています。

高画質で動画が撮れる

DSC-RX100M2はカメラでありながら、高いクオリティで動画を撮影できます。DSC-RX100M2の動画撮影サイズは1920x1080(フルHDなので、多くのシチュエーションに対応することができます。

片手で操作できる軽さ

DSC-RX100M2のサイズは101.6x58.1x38.3 mm、重量は254gと非常に軽量なので、片手で操作することもあります。DSC-RX100M2は手ブレ補正も優秀なので、片手操作の相性は抜群です。

SONY DSC-RX100M2の口コミを集めてみました

コンパクトなサイズに対して非常に重量があるので、気軽にポケットへ入れる気にはなれない点が少し残念。スペック上はズーム倍率は低いが、驚くほど遠くの被写体に近づけるので、運動会での活躍に期待出来る。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方もおっしゃるとおり、今回紹介した製品は小型なデジタルカメラではあるものの、ポケットに入れるほどは軽量化されていません。あくまでカバンに入れることが前提ですね。

今までスマホカメラしか持ったことがなかったので違いにビックリした。ハッキリ言ってもうスマホのカメラは使えないww

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方は、使用感を高く評価されているようです。1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用しているので、スマホとは比べ物にならないくらいの暗所撮影能力を有しています。

買ってよかった。動画録らないから2で充分。夜もすごく綺麗に撮れる。使いこなしたら一眼の出番あんまり無くなりそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方も、1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーによる高い暗所撮影能力に関して、高く評価されているようです。DSC-RX100M2は夜でもノイズの少ない状態で撮影することができます。

このサイズで望遠がきく、交換レンズを取付出来たら最高だ

出典:https://www.yamada-denkiweb.com

こちらの口コミの方もおっしゃるとおり、今回紹介した製品は小型ながら望遠もある程度ききます。1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーにより暗所撮影が可能なので、夜空の撮影も問題なく行えます。

ネット上でも酷評を見たことがありませんが、自分で使ってみてそれが分かりました。この値段でこの性能、使い勝手の良さは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方もおっしゃるとおり、DSC-RX100M2のネットでの口コミはポジティブなものが多いです。それだけコストパフォーマンスに優れているということですね。1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーは価格以上の性能という声も多いです。

自転車ツーリングに携帯できるという条件で、頑丈で、最も綺麗に撮れる、という三つの条件を満たすカメラがこれでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

AAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)により、大幅な小型化に成功しているため、こちらの口コミの方のように、外出先での使用にも問題なく使用できます。アウトドア好きの方にもおすすめの製品です。

評価以前の前に電源入れ直してくださいがたくさん出て全く使えません。 メーカーに修理依頼出しますが無料保証されるのか?怒ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方のように、不具合が出る場合があります。発送状況にもよりますが、一応注意が必要となるでしょう。

タッチセンサーが欲しい。 m3以降のファインダーも考えましたが、小さすぎて無理があり、使わないと思い買い替えはやめました。

出典:https://review.kakaku.com

今回紹介した製品はタッチセンサーを搭載していないため、操作性に関しては若干、不便な部分があります。慣れていない方は操作が難しく感じるかもしれません。

SONY DSC-RX100M2とDSC-RX100M3の違い

ソニー(SONY)

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

価格:51,920円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-RX100M3はDSC-RX100M2と同じSONYから発売されているサイバーショットシリーズのコンパクトカメラです。

 

DSC-RX100M3とDSC-RX100M2は、「焦点距離」「望遠F値」「インカメラの有無」において違いがあります。

 

焦点距離については、DSC-RX100M2は焦点距離が28 mmであるのに対し、DSC-RX100M3の焦点距離は24 mmとなっています。

焦点距離は小さいほど画角が大きくなります。

 

望遠F値については、DSC-RX100M2はF値が4.9であるのに対し、DSC-RX100M3のF値は2.8となっています。

望遠F値は小さいほど、望遠性能が優れます。

 

インカメラの有無については、DSC-RX100M2はインカメラが搭載していないのに対し、DSC-RX100M3はインカメラが搭載しています。

 

DSC-RX100M3とDSC-RX100M2の違いに関する結論としては、スペックに関してはDSC-RX100M3の方が優秀で、コスパに関してはDSC-RX100M2の方が優秀です。より良い撮影性能を重視する方にはDSC-RX100M3を購入する方が得策だといえるでしょう。

SONY DSC-RX100M2とDSC-RX100の違い

ソニー(SONY)

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

価格:36,972円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-RX100はDSC-RX100M2と同じSONYから発売されているサイバーショットシリーズのコンパクトカメラで、DSC-RX100M2の下位モデルにあたる製品です。

 

DSC-RX100とDSC-RX100M2は、「撮影枚数」「撮像素子」「撮影時間」において違いがあります。

 

撮影枚数については、DSC-RX100M2は撮影枚数が350枚であるのに対し、DSC-RX100の撮影枚数は330枚となっています。

 

撮像素子については、DSC-RX100M2は撮像素子が裏面照射型の1型CMOSであるのに対し、DSC-RX100M3の撮像素子は通常の1型CMOSとなっています。

裏面照射型である、DSC-RX100M2の方が暗所での撮影性能が優れています。

 

撮影時間については、DSC-RX100M2は撮影時間が約45分であるのに対し、DSC-RX100M3の撮影時間はメモリ依存となっています。

DSC-RX100はメモリ容量が埋まれば埋まるほど、撮影時間が短くなります。

 

DSC-RX100とDSC-RX100M2の違いに関する結論としては、スペックに関してはDSC-RX100M2の方が優秀で、コストパフォーマンスに関してはDSC-RX100の方が優秀です。安価かつ、ある程度の撮影性能を重視する方にはDSC-RX100を購入する方が得策だといえるでしょう。

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100M2 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100M2

価格:51,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY サイバーショット DSC-RX100M2について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

DSC-RX100M2の商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの世帯にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、DSC-RX100M2のおすすめポイントについてですが、やはり、「1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー」と「バリオ・ゾナーT*」と「AAレンズ(Advanced Aspherical=高度非球面成型)」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー」に関しては、ノイズの少ない映像を重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、DSC-RX100M2の口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、DSC-RX100M2のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、DSC-RX100M2の総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。