SONY DSC-HX50V デジタルカメラ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥31,800
SONY DSC-HX50V カメラの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、SONY DSC-HX50V カメラがどんな人におすすめなのかを評価しました。

写真家、カメラ評論家

田中希美男

小型で軽量なカメラボディに光学30倍ズームを内蔵した拡張性のあるコンパクトカメラ

約2000万画素の1/2.3型CMOSセンサーを採用し、最高感度はISO12800の高感度で撮影することもできます。内蔵レンズはフル判換算で広角24mm相当から望遠720mm相当までカバーする手ぶれ補正機能付きの光学30倍ズームです。連写性能は最高10コマ/秒、動画はフルHDの撮影が可能、パノラマ撮影機能も備えています。専用の別売アクセサリーとして角度が上下に可変できる外付けタイプの電子ビューファインダー・FDA-EV1MKや、本格的な動画撮影に活用できるステレオマイク・ECM-XYST1Mやバッテリービデオライトなどが用意されています。いずれもカメラ上部のアクセサリーシューに取り付けて使用できます。

ISO感度

光を電気信号に変換して記録する際の感度。高感度に設定して撮影することで、夜間の撮影でもカメラに届く光を増幅し適切な明るさで写真に残すことが可能。撮影時の状況に適した値を設定することが重要。

CMOSセンサー

カメラの撮像素子の一種。CCDセンサーと比較し、消費電力が小さく、処理スピードが速いと言う特徴を持つ。技術の進歩により、CCDセンサーとの画質差も解消されているため、現在はほとんどのカメラがCMOSセンサーを搭載している。

センサーサイズ(撮像素子サイズ)

光を受けて画像を作り出すイメージセンサーの大きさのこと。基本的に、イメージセンサーが大きければ大きいほど画質はよくなり、また同時に価格も高くなる。一般に普及していセンサーサイズは大きい順に、フルサイズ(=35mm)、APS-C、マイクロフォーサーズ、1.0型など。コンデジだとさらに小さいサイズもある。◯型センサーと書かれていたら、基本的にセンサーサイズの話をしていると思えば良い。

35mm換算(フルサイズ判換算)

初心者が非常につまづきやすいポイント。 同じレンズを用いても、カメラのセンサーサイズが異なると画角がかわる(=写る範囲が変わる)。そのため、「仮にセンサーサイズが35mm判だったらどれくらいの画角なのか?」と計算したものを35mm換算と言う。カメラレンズの画角性能を比較する時に、全てのレンズを統一した基準で比較することが可能になるため、換算された数値同士の比較で欲しいカメラを決めるとわかりやすい(初心者の方は35mm換算された画角を比べて商品を選ぶと良い)。

DSC-HX50Vのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

写真家、カメラ評論家

田中希美男

HX50Vの後継機種で基本性能はほぼ同じだがメニューがαシリーズふうに、αユーザーにおすすめ

SONY
dsc-hx60v
26,990円〜

HX50Vの外観デザインをさらにスマートに仕上げたカメラ、カッコいいカメラを選ぶ人に

SONY
DSC-WX800
47,960円〜

SONY DSC-HX50Vの基本スペック

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX50V 2040万画素 光学30倍 ブラック DSC-HX50V-B

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ソニー 商品名 DSC-HX50V
撮像素子 1/2.3型 裏面照射型CMOSセンサー F値 F3.5(ワイド端時) -6.3(テレ端時)
有効画素数 2040万画素 光学ズーム 30倍(動画記録中光学ズーム対応)
焦点距離 5cm(広角端) 2m(望遠端) 撮影感度 ISO80〜1000
手ぶれ補正 光学式 AF (オートフォーカス) マルチポイントAF(9点自動測距)、中央重点AF、スポットAF、フレキシブルスポットAF
連写速度 約10コマ/秒(10枚まで) 動画 AVCHD(1,920×1,080・60p
サイズ 108.1 x 63.6 x 38.3 mm 重量 約246g(本体) 約272g(バッテリー、メモリーカード含む)
その他の機能 顔検出、動画撮影時静止画記録、スマイルシャッター、グリッドライン、メモリーリコール、オートブラケット

SONY DSC-HX50Vのおすすめポイント

光学30倍ズームなのに、高感度の手振れ補正

光学30倍ズームで遠隔撮影はバッチリです。さらに従来品の約2倍、改良された手振れ補正機能のおかげで美しいズーム撮影が可能になりました。 手振れ補正は常に作動しているので、取りたいその瞬間を逃さずに確実に残したい景色をカメラに収めることが出来ます。そして歩きながらの動画撮影でも、滑らかな映像に仕上がります。

大容量バッテリーで、残量を気にせず約400枚の連続撮影が可能

Xバッテリー採用により、バッテリーの容量がさらに25%アップしました。Wi-Fi機能やGPS機能使用時でも、バッテリーを気にすることなく約400枚の撮影が可能になったのです。これで旅行中でも存分に、楽しい思い出を撮影し続けることが出来ます。

どんなシーンでもおまかせな高画質

高感度のレンズと再現性の高さで、暗い場所でも問題なくキレイに撮影が可能です。あらゆるシーンで精密な画像・映像を残すことが出来ます。さらに再現の難しい色合いでも、美しい色彩に仕上がるため景色の撮影にも最適です。

SONY DSC-HX50Vの悪い点をレビュー

安っぽい質感

重厚感のあるデザインとは対照的に、実際に触ってみるとプラスチックのような安い素材で作られたように感じてしまうようです。 軽量化を意識しすぎたためか、グリップやバッテリーの内蔵部の蓋や固定するツメも小さく軽い素材で、バッテリーの出し入れをする際に不安を感じるかもしれません。

フラッシュは先に手動で上げておかなければならない

自動でフラッシュが作動するカメラが多いですが、ソニー DSC-HX50Vでは手動であらかじめフラッシュを上げておかなければいけません。お任せで必要な時にフラッシュを使用するということが出来ないので、不満に感じるユーザーは多いようです。

レスポンスが遅い

電源を入れてからシャッターを切れるようになるまで、ワンテンポ挟む傾向があるようです。また撮影後にプレビュー画面が表示するのにも、少し時間を要するため、すぐ次のショットを撮影するのは残念ながら難しいと言えます。

SONY DSC-HX50Vの良い点をレビュー

光学30倍ズームで、納得の望遠撮影が可能

このカメラの最大の特徴の1つでしょう。肉眼ではぼんやりとしか見えない被写体も、光学30倍のカメラを使うと、まるで目の前で撮影したかのようにはっきりと見えます。 撮影したい物や人物まで距離があったとしても、しっかりとその表情や躍動感、迫力を写し出すことが出来るのです。

とにかくブレない

写真やビデオの撮影で重要なポイントとして、ブレないことが挙げられるでしょう。撮影モードでは常時、補正モードが作動するため急いでシャッターを切っても、歩きながらの動画撮影でも満足のいく仕上がりになります。 さらに動く被写体でも、鮮明かつ躍動感を逃さず捉えることが可能です。

高画質で鮮やかな作品になる

楽しい思い出のためにたくさん撮影した写真やビデオの画質が粗かったり、色合いが悪いとがっかりします。SONY DSC-HX50Vを使えば、そんな悩みから解放されます。 撮影後の修正なしに、最初から鮮やかな色彩になるのです。さらに夜間や暗い場所で撮影した場合でも、はっきりと被写体を写し出すことが出来ます。

SONY DSC-HX50Vの口コミを集めました

HX50Vは最軽量で光学30倍、を謳っている為、実際に触れると質感は安っぽいプラスチック感が ありありとしています。グリップ部も素材が替わっておりホールド感はいま一つ。 バッテリー蓋の開け閉めにすら安物感を感じます。そのバッテリーを固定するツメも 明らかに細く軽量化されていて、とても不安になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

常に携帯するカメラは軽くあって欲しいものの、あまりに軽いと逆に心配になってしまいます。特にバッテリーの蓋や固定する部品は、故障にもつながる可能性があるので安価な素材だと不安要素になり得ます。

起動が遅い、レスポンスが悪い 特に動画を撮るときに、起動して録画開始するまでのレスポンスが明らかに遅い。 HX-30vでは軽快にチャンスを捉えていたのに、HX-50vでは撮り逃したり、遅れたり。

出典:https://review.kakaku.com

決定的瞬間はいつやってくるかわかりません。だからこそ、電源を入れてから起動までの反応時間は可能な限り短くしてほしいです。シャッターチャンスを逃さないためには、あらかじめ電源を入れておかないといけないかもしれません。

お任せで良い写真が撮れると良いのだが、ストロボはあらかじめ上げておかなければならないのが難点。

出典:https://review.kakaku.com

フラッシュを準備しておかなかったために、もう一度撮影しなければならないのは少しがっかりです。ストロボ自体はスムーズに上げられるので、この機能に魅力を感じる人がいる一方、やはり面倒に感じてしまう人が多いようです。

散歩&野鳥撮影用に購入しました。望遠は確かに凄いです。 しかし撮影後のプレビュー画面の表示がひじょうに遅く待たされます。次のショットを逃しますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

撮影した画像はすぐに確認したいものです。そして間髪入れずに、次々と移り変わるショットを撮影したい時には少しフラストレーションを感じてしまうかしれません。

カラーもナチュラルで、再現のむつかしい青紫色の花なども 完璧な色で再現されます。画像の取入れも軽くてWi-Fiで簡単にレグザで鑑賞できます。  パソコンで見るよりもっぱらテレビで映像の確認をしてプリントするかどうか、修正を加えたほうが良いかを決めています。 2000万画素はだてではありません。いい仕上がりで、一眼にも引けを取らない絵がとれます。レンズによるゆがみもありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

どんな色やシーンにも対応出来る、一眼レフにも負けない再現性の高さには多くの高評価がつけられています。肉眼で見たままの美しい風景を残せるのはやはり大きなポイントです。

とにかく、これ一台ですべて撮影可能かと思います。 とくに、暗い処のピント合わせは楽です。 デザインも良く、長く付き合えるデジカメです。

出典:https://review.kakaku.com

すべての撮影機能が搭載されている万能カメラです。購入理由にデザイン性の高さを上げる人も多く、機能面だけでなくファッションを重視する若者世代にもおすすめです。

すっごい使いやすいし、なにしろブレないのがすごい! かってよかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラ初心者にはとにかく使い勝手が重要です。誰にでも使いやすい設計だけではなく、カメラの扱いに慣れていなくても、ブレずに満足出来る撮影が出来るのは大きなポイントです。

機能・操作性はとても良く、マニュアルを読む必要が有りませんでした。 また、当機の特徴の一つである30倍光学ズームでも手ぶれ補正が十分効いていて、とても良い写真(子供の運動会の写真<連写も含む・動画)を取ることが出来とても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

意外に多くの人は、マニュアルを読むのを面倒に感じているのではないでしょうか。購入した時からすぐに操作が出来るのは安心です。 高い手ブレ補正機能は、運動会や結婚式などの見逃せない瞬間を万全にサポートしてくれます。

超望遠を3脚を使わず、何かに体、肘を固定して手持ちで撮ろうと考えると、手振れ補正機能が優秀でないとフレーム自体に目標物が収まらないし、シャッターを押すことで又ブレるので高速連写機能が不可欠となる。 約3週間使った印象を。 結論は簡単で、上述した姿勢で、ピントが合って、そこそこのブレで1400mmと言う超々望遠の写真を撮ることができる。これは驚異としか言いようがない。

出典:https://review.kakaku.com

望遠撮影で気になるのはブレやすくなってしまうことです。 そのため多くの人が三脚や何かにしっかり固定して、望遠撮影をしますが、ソニー DSC-HX50Vでは多くの人が特別な機材なしで、ブレることなく離れた被写体の撮影に成功しています。

DSC-HX50VとDSC-HX60Vの違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX60V 2110万画素 光学30倍 DSC-HX60V

価格:27,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー DSC-HX50Vの発売から1年足らずで発売されたのが、DSC-HX60Vです。DSC-HX50Vの特徴である高機能のイメージセンサーやレンズなどの基本部分は残したまま、さらに画像処理能力を3倍まで高めることによって、圧倒的な質感の再現と解像度が新たに加わっています。 カメラ本体の形やサイズ、重量はほぼ同じです。また液晶パネルも3型92万ドットのものなので、変化なしです。しかしDSC-HX60VではNFCが新搭載されたので、液晶モニターの左側にアンテナ表示があります。このNFCのおかげで、さらにリモートコントロールが強化されたのです。 またフルHDでの24pも可能です。DSC-HX50Vの強いポイントの手ブレ補正ですが、DSC-HX60Vはさらに高度化され、動画撮影時にはなんと5軸の手ぶれ補正が稼働します。 しかし、その一方でDSC-HX50Vにはあり、反対にDSC-HX60Vにはなくなってしまった機能もあります。動画と静止画の同時撮影はDSC-HX60Vでは不可能になりました。つまり動画の撮影中に、静止画の撮影は出来ないのです。また3D撮影機能も削除されています。 DSC-HX50VとDSC-HX60Vでは、カメラとしての基本機能に実際大きな変わりはないとようです。しかし、新しく搭載されたNFCや進化した画像処理エンジンなどで、さらに洗練されたアイテムとなったのがDSC-HX60Vです。

DSC-HX50VとDSC-HX30Vの違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX30V 1820万画素CMOS 光学20倍 ブラック DSC-HX30V/B

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DSC-HX50Vの以前に発売された機種がDSC-HX30Vです。 DSC-HX50Vの大きな特徴は30倍の光学ズームですが、DSC-HX30Vでは20倍ですので望遠撮影には少し不安を感じるかもしれません。 また画素数もDSC-HX50Vが2040万画素に対し、DSC-HX30Vは1820万画素です。それでも十分美しい静止画に仕上がりますが、やはり少しでも高品質のものが欲しくなるかもしれません。 撮影機能面ではやはりDSC-HX50Vに軍配が上がると言えますが、DSC-HX30Vでも十分な機能は備わっていますし、コンパクトかつ軽量です。特に旅行中など、長時間常に携帯する方には、DSC-HX30Vの持ち運びやすさは魅力ではないでしょうか。

ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot HX50V 2040万画素 光学30倍 ブラック DSC-HX50V-B

価格:31,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY DSC-HX50V デジタルカメラの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 光学30倍でさらに望遠撮影を可能にし、2040万画素という画素素数の高さ・かつ再現性の高さで静止画も動画の撮影も存分に楽しめるでしょう。 その反面、軽量化を重視した結果、素材の重厚感が失われてしまったようです。またあらかじめストロボを上げないと、フラッシュがたかれないという不便な点もあります。 評価としては、少々気になる点はあるものの、ソニー DSC-HX50Vは優れたな撮影・再現機能を兼ね備えており、初心者から本格的に写真を楽しまれる方にもおすすめ出来ます。 デジタルカメラの機能はさらに多機能・高度化されているので、ご自身に一番最適な性能を持ち、かつ価格も納得できる製品を見つけることが大切なポイントでしょう。 ぜひ、ご自身にあった製品を見つけて、楽しい思い出をたくさん残してください!