【2022最新】大型冷蔵庫おすすめ10選|安い型落ちや500L以上の大容量も!

大型冷蔵庫はコストパフォーマンスに優れた高性能なモデルが多く、とても人気。今回はそんな大型冷蔵庫の魅力を機能面・使いやすさ・省エネ性能などを含めて詳しく解説します。また、より安い価格で購入するコツも紹介。安い型落ちや600L以上・700L以上のおすすめ大型冷蔵庫も必見です。

2022/07/28 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

冷蔵庫の大きさはどのように決めていますか?毎日使う冷蔵庫は、使う人数によって容量の目安はおおよそ決まっていますが、最近はより大きめの冷蔵庫に人気が集まっています。

 

なぜなら冷蔵室・野菜室の冷却性能が上がり、生鮮食品の保存期間が伸びて、買い置きやまとめ買いでやりくりするご家庭が増えたため。もちろん、冷凍食品のさらなる需要で冷凍室も大容量化しています。

 

今回はそんな大型冷蔵庫を600L以上の中からご紹介します。400・500L台に関しては以下の記事でご紹介しますので、そちらのサイズが見たい人はあわせてご覧ください。

冷蔵庫の流行りはその自体の生活スタイルによって変化します。たとえば、前回の買い替え時期である約10年前は、真ん中冷凍室の冷蔵庫が主流であり、東芝以外の全メーカーが真ん中冷凍室タイプのみを扱っていました。しかし最近は、健康志向の高まりから「真ん中野菜室」が急増しています。

 

さらに、2021年から世の中の状況で生活スタイルが「巣ごもり」へと変化し、買い出し回数を減らしたいご家庭が圧倒的に増えました。そうなると、冷蔵庫もさらなる大容量化へ向かいます。

 

このように、「まとめ買いが主流」という2022年の生活スタイルへ対応するため、さらなる大型化が冷蔵庫の流行となっています。

大型冷蔵庫のメリットは考えるまでもなく、たくさん入る点です。まとめ買い・作り置きと忙しい現代人向けであるのは疑いようがありません。しかしデメリットはあるのでしょうか?

 

デメリットは、本体サイズが大きい点です。設置スペースを取るので、配置によっては圧迫感を感じます。また、もともと想定された設置スペースに入りきらないので、扉が開きにくくなることもあります。

 

400〜500Lクラスの冷蔵庫とのサイズ感の違いについては、こちらでも詳しくご紹介します。ちなみに、多くの人が気にする電気代ですが、実は600Lでも700Lでも、4〜500Lクラスの冷蔵庫と大きな違いはありません

それでは先に大型冷蔵庫購入前の注意について解説します。いざ大型冷蔵庫が欲しい!と思っても、前準備なしでいきなり購入しては失敗してしまうことが多いです。特に注意すべきは、

 

  • 大型(600L以上)というサイズ感と搬入
  • 安い時期を狙わないと価格差が激しい

 

という2点です。順番にご説明します。

それでは最初にこのサイズ感についてのご解説です。大型冷蔵庫のデメリットにもなるこのサイズについて、

 

 

この4つに関して順番に説明していきます。すぐに気になる項目がある方は直接飛んでご覧になってください。

従来、600L以上の冷蔵庫は大きめなので、5人家族以上のご家庭用にとおすすめするのが一般的でした。しかし最近では、4人家族のご家庭でも600L以上を選ぶ方も増えてきています。理由はやはり、まとめ買いをするためであり冷蔵庫は大きいに越したことはない方が多いからです。

 

ちなみに、4人家族以上で成長期のお子さんがいらっしゃるご家庭も、やはりできるだけ大型がおすすめです。特に運動部のお子さんは一回食事量が多く、まだお子様が小さいご家庭も数年後には成長し食べる量も増えていきます。そこも見越して選ぶと後悔のない買い物ができます。

それでは、600L以上のサイズ感に関してご解説します。まず、一般的に使用者が多い400・500L台の冷蔵庫のサイズ感は「幅600〜685 x 高さ約1820 x 奥行約680mmです。

 

それでは、600L以上になるとどうなるでしょうか。2021年現在発売しているモデルを見比べると、「幅800 x 高さ1820 x 奥行約750mm」が一般的。要するに、

 

400・500L台 幅600〜685 x 高さ約1820 x 奥行約680mm
600L台以上 幅685〜800 x 高さ1820 x 奥行約750mm
違い 幅+0~20cm、奥行き+5~10cm

※おおよそのサイズ感目安。2020年モデル基準

 

このように、幅の違いが一番大きくなります。他にも、奥行きが大きく、より冷蔵庫が出っ張るのも忘れてはなりません。今お使いの冷蔵庫を基準に、サイズ感を確かめてみてください。

本体が大きい分、搬入の際にもさらに多くの注意が必要となります。一般的に搬入の際には、

 

  • 本体サイズ+10cmの余裕

 

を求められることが多いです。また、設置スペースだけでなく、搬入路にも注意が必要です。

 

  • 玄関のドアを入るか
  • 廊下を曲がれるか
  • 段差が通れるか

 

集合住宅の場合はこれらにさらに、

 

  • 階段の幅(手すりも)
  • 踊り場が曲がれるか
  • エレベーターに入るか

 

このように注意すべき項目が多いです。ちなみに、通常は二人作業での搬入となり、作業員追加は有料、クレーン車で天吊り・内階段なども有料となる場合が多いです。搬入の際の注意点は、以下の記事でも詳しく解説しています。

600Lの冷蔵庫は大型であるゆえ、無理やりスペースを捻出するご家庭も少なくはないかと思います。その際、放熱スペースとして左右5mmずつ(合計1cm)の余裕と、上部5cm、奥行き3mmの隙間が必要になります。

 

また一番失敗したと感じる人が多いのは、観音開きであるがゆえ、両側の扉を開くスペースを換算し忘れた場合です。両扉が90度開くだけでは、中全体が見にくいです。最低130度は開きたいので、壁・カップボード(食器棚)・シンクなどに扉がぶつからないかはしっかりチェックしましょう。

高機能でハイスペックモデルが多い大型冷蔵庫の場合、ネックとなるのがやはり価格です。発売直後~半年ほどは30万円を超えるのも珍しくなく、やや手が出にくいのも事実です。しかし発売から半年〜1年近くになると、25万〜22万程度まで値下がりする商品もあります。

 

ちなみに、従来冷蔵庫は秋発売の商品が多かったものの、最近は冬〜春発売の商品が増えてきています。「買い替えは秋!」とは決めつけず、柔軟に発売日をチェックした方がお得な冷蔵庫に出会えますよ。

 

【大型冷蔵庫を安く手に入れるコツ】

  • 発売日から半年~1年経過した時期に購入する
  • 格安の型落ち・アウトレットを購入する
  • 家電量販店のセール時期に購入する

購入前の注意がわかったところで、ここからは大型冷蔵庫の選び方をご紹介します。

 

 

これらの内容に関して順にご解説します。

600L以上の大型冷蔵庫は基本的に観音開き(フレンチドア)です。観音開き(フレンチドア)は、キッチンが狭いところに置けたり、より広いスペースでお料理を楽しんだりできます。また、片開きのドアの重さや開けにくさに比べて、ドアが軽く、開けたときに左右のものが取りやすい位置に立てます。

 

ただし、大きいものの出し入れはドアを両方開けなければいけません。そのほか、ドアポケットが意外に小さく収納しづらいタイプもあります。

最近の冷蔵庫の流行として「真ん中野菜室」が急増しているのは上述の通りですが、実は600L台以上の冷蔵庫で見ると、まだまだ「真ん中冷凍室」が圧倒的に多いです。「真ん中野菜室」で選ぶなら、メーカーは東芝のみとなります。

 

では真ん中野菜室だとデメリットがあるかというと、そうでもありません。真ん中野菜室機種も電気代の違いはなく、冷凍機能も素晴らしいです。そのため、使い勝手に合わせて決めてOKです。ご家庭での使用頻度を考えて、野菜室を多く使うか冷凍室を多く使うかを改めて考えてみるといいですね。

600L以上の大型冷蔵庫となると、各社ハイスペックな機能を搭載しています。たとえば、冷蔵室の場合ラップなしで保存・スポット急冷などがあり、冷凍室の場合食材の繊維を壊さず新鮮なまま冷凍する機能・急冷凍・あついまま冷凍などがあります。

 

各社機能名は違うものの、目指しているところは保存力の強さ&使い勝手であるため、それぞれのメーカーごとの機能の特色を理解して購入するのがいいです。ちなみに、メーカーごとの違いは「人気メーカーの特徴」でご紹介しています。

各メーカーのパンフレットを見ていると、「パーシャル」「氷温」という単語が出てくることに気づきませんか?昔は「チルド室」だったところが、「パーシャルルーム」「氷温ルーム」に変わっています。この違いに関しては、JIS規格で定義されています。

 

  • チルド・・・JIS規格は0℃付近で納豆・ヨーグルト・練り物などに最適。
  • 氷温・・・JIS規格は-1℃付近で凍り始める直前。
  • パーシャル・・・JIS規格は約-3℃で肉や魚介類の保存に最適。

 

要するに、よりお肉やお魚の長期保存を実現するために、冷蔵庫の機能が進化したのです。今からお買い替えの方は、このような違いもぜひ体感してみてください。

大型冷蔵庫の電気代は400・500L台冷蔵庫とさほど変わらないのは、先述の通りです。では、実際にどれほど違うかを確認してみましょう。

 

<三菱電気製冷蔵庫>

機種 容量 発売年 年間消費電力 年間電気代
MR-CX27F 272L 2020年 320 kWh 8640 円
MR-WX52F 517L 2020年 245 kWh 6615 円
MR-WX70E 700L 2019年 310 kWh 8370 円

 

この通り、あまり違いはない結果に。年間電気代である8300円を月で割っても、毎月の電気代は700円弱です。それほど気にする必要はありません。

ここからは、600L以上の大容量冷蔵庫を発売している、国内4社のメーカーの特徴をご紹介をします。各メーカーが独自の技術で鮮度を保つ工夫をしているところがポイントです。

 

<目次>

 

ちなみに、プラズマクラスターやどっちもドア(両開き)で有名なシャープは600L以上の冷蔵庫は発売していません。また、格安冷蔵庫で人気のAQUAも同様です。

日立の冷蔵庫は「まるごとチルド」で約2℃の温度に、湿度が高めの80%で冷蔵室のどこに置いても鮮度が長持ちします。その仕組みは、冷蔵室独立冷却システムにあり、冷却器とファンが冷蔵・冷凍・野菜室ごとに分けられている点にあります。

 

その他、急いで冷やす「クイック冷却」やプラチナ触媒を使った「新鮮スリープ野菜室」など便利な機能が満載です。食材が長持ちするので、まとめ買いするご家庭におすすめです。

パナソニックの冷蔵庫はカラーバリエーションが豊富で、洗練されたデザインと使いやすさが人気ですまた、コンプレッサーを本体上部に設置することで、野菜室や冷凍室を広めに取った「トップユニット方式」のモデルもあります。

 

機能面では業務用レベルの急速冷凍ができる「はやうま冷凍」、約-3℃の微凍結で鮮度を保つ「微凍結パーシャル」や適度な湿度で野菜も長持ちする「Wシャキシャキ野菜室」など充実しています。

三菱はエアコン・洗濯機・テレビなど、冷蔵庫以外も幅広く取り扱う総合家電メーカーです。冷蔵庫は「切れちゃう瞬冷凍」で、-7℃で凍らせて約3週間保存できますまた、解凍することなくサクッと切れるため、調理時間も短縮できる嬉しい機能です。

 

日々忙しく、少しでも速く調理したい方におすすめです。ラインナップも豊富で、自分に合った冷蔵庫をじっくり選べるメーカーです

「VEGETA」シリーズで人気の東芝は、鮮度を重視した工夫がなされています。潤いを含んだ冷気を野菜室に送りこんだり、Agフィルターとセラミック触媒フィルターでエチレンガスを分解したりなど。野菜は約1週間新鮮さを保ち、いつでも美味しく頂けます。

 

ほかにも、氷結晶チルド・野菜そのまま冷凍・一機冷凍など素材の鮮度を保つ工夫が冷蔵、冷凍にされています。また、これら冷凍した食材は、チルドルームで「解凍モード」を使うことで、30分で解凍可能。ここ数年で一番進化しているメーカーでもあります。

ここまで各社大型冷蔵庫の特徴に触れてきましたが、結局どんな家庭にはどの冷蔵庫がおすすめなのか分析してみましょう。

 

メーカー 冷蔵庫の真ん中 特徴 おすすめな人
日立 真ん中冷凍室 チルド・氷温ルームが広い 肉・魚の鮮度を保ちつつ冷蔵保存したい人
パナソニック 真ん中冷凍室 冷凍性能自体が高い 業務用並みの急速冷凍を行いたい人
三菱 真ん中冷凍室 瞬冷凍・解凍モードなど冷凍に技あり 食材を冷凍保存することが多い人
東芝 真ん中野菜室 野菜に関しては随一。冷凍室も優秀 野菜の鮮度にこだわりたい人

 

特徴はさまざまあり、どの冷蔵庫も性能は素晴らしいですが、中でも特徴で選ぶとこのようになります。

日立(HITACHI)

R-HW60N XW

価格:218,000円 (税込)

600L以上で低予算といえばこれ!

\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

600L以上を低予算で探している人はこちらの機種がおすすめです。日立のエントリークラスの冷蔵庫で、大容量モデルの中では価格が抑えられています。そうはいっても、「まるごとチルド」に魚やお肉をマイナス1度で保存する「特鮮氷温ルーム」、野菜をみずみずしく保存する「新鮮スリープ野菜室」は標準で搭載。スマホ連携などはありませんが、実用的な冷蔵庫です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
日立
型番
R-HW60N
庫内容量
602L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
288 kWh
年間電気代
7776円
サイズ
幅685x高さ1833x奥行738 mm
重量
117kg
パナソニック(Panasonic)

冷蔵庫 NR-F606HPX-N

価格:235,000円 (税込)

パナソニックの大型冷蔵庫

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの庫内容量が600Lの大型冷蔵庫です。業務用レベルの急速冷凍「はやうま冷凍」や素早く冷ます「はやうま冷却」などのほか、解凍せずにすぐに使える「微凍結パーシャル」など、美味しさをキープしながら時短料理に使える、パナソニックの独自技術を搭載した最新の大型冷蔵庫です。また「ナノイーX」効果で、庫内を常に清潔に保ち、特に汚れが気になる野菜室も安心して使えます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
パナソニック(Panasonic)
型番
NR-F606HPX-N
庫内容量
600L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
288kWh
年間電気代
7,776円
サイズ
幅685x高さ1828x奥行745 mm
重量
114kg
三菱電機三菱(MITUBISHI)

冷蔵庫 MR-WX60F-W

価格:235,140円 (税込)

時短調理はおまかせの三菱冷蔵庫

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱の観音開き(フレンチドア)タイプ、600Lの大型冷蔵庫です。解凍なしですぐに使える「瞬冷凍」やクリーンな「朝どれ野菜室」など、時短調理がしやすく使いやすい三菱ならではの冷蔵庫です。また、AIが家庭ごとの使い方を学習して、自動で最適運転をするので節電効果もあります。さらに、独自技術の薄型断熱材を採用していて、スリム化されたタイプなので省スペースです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
三菱電機(MITUBISHI)
型番
MR-WX60F-W
庫内容量
600L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
270kWh
年間電気代
7,290円
サイズ
幅685x高さ1821x奥行738(脚カバー含む:748) mm
重量
124kg
東芝

GR-S600FZ-ZC

価格:241,230円 (税込)

うるおい冷気で野菜の鮮度をキープ

\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝の庫内容量551L、観音開き(フレンチドア)タイプの冷蔵庫です。うるおい冷気で湿度を保ち、野菜の鮮度が約1週間キープする「摘みたて野菜室」が評判です。ほかにもスピード冷却の「氷結晶チルド」で肉や魚、刺身の美味しさを7~10日ほど保ちます。また、野菜室が真ん中なので、野菜を中心にお料理する方には「食材が取り出しやすい!」と好評です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
東芝(TOSHIBA)
型番
GR-S600FZ
庫内容量
601L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
251 kWh
年間電気代
6,777円
サイズ
幅685x高さ1833x奥行745 mm
重量
127kg
パナソニック(Panasonic)

NR-F656WPX-X

価格:327,000円 (税込)

はやうま冷凍で素早く新鮮冷凍

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの550L観音開き(フレンチドア)タイプの冷蔵庫です。「はやうま冷凍」は、業務用レベルの急速冷凍で、細胞破壊を押さえて素早く冷凍し鮮度を保ちます。また「はやうま冷却」では、熱いものをそのまま入れてもすぐに冷ますので、粗熱取りやお弁当を冷ますのにも役立ちます。さらに、専用アプリを使って運転状況や設定の確認もできる、最新の技術も搭載されていて、より使いやすくなっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー
パナソニック(Panasonic)
型番
NR-F656WPX
庫内容量
650L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
290 kWh
年間電気代
7,830円
サイズ
幅750x高さ1828x奥行745 mm
重量
120kg

【2022・型落ち】大型冷蔵庫の比較一覧

商品画像
メーカー
日立(HITACHI)
パナソニック(Panasonic)
三菱電機三菱(MITUBISHI)
東芝
パナソニック(Panasonic)
商品名
R-HW60N XW
冷蔵庫 NR-F606HPX-N
冷蔵庫 MR-WX60F-W
GR-S600FZ-ZC
NR-F656WPX-X
説明
600L以上で低予算といえばこれ!
パナソニックの大型冷蔵庫
時短調理はおまかせの三菱冷蔵庫
うるおい冷気で野菜の鮮度をキープ
はやうま冷凍で素早く新鮮冷凍
価格 218,000円 (税込) 235,000円 (税込) 235,140円 (税込) 241,230円 (税込) 327,000円 (税込)
リンク
メーカー
日立
パナソニック(Panasonic)
三菱電機(MITUBISHI)
東芝(TOSHIBA)
パナソニック(Panasonic)
型番
R-HW60N
NR-F606HPX-N
MR-WX60F-W
GR-S600FZ
NR-F656WPX
庫内容量
602L
600L
600L
601L
650L
ドアタイプ
観音開き(フレンチドア)
観音開き(フレンチドア)
観音開き(フレンチドア)
観音開き(フレンチドア)
観音開き(フレンチドア)
年間消費電力
288 kWh
288kWh
270kWh
251 kWh
290 kWh
年間電気代
7776円
7,776円
7,290円
6,777円
7,830円
サイズ
幅685x高さ1833x奥行738 mm
幅685x高さ1828x奥行745 mm
幅685x高さ1821x奥行738(脚カバー含む:748) mm
幅685x高さ1833x奥行745 mm
幅750x高さ1828x奥行745 mm
重量
117kg
114kg
124kg
127kg
120kg
1位
日立

R-HW60J

価格:195,290円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
冷却方式
-
定格内容積 【L】
602 L
冷凍室 【L】
156 L
冷蔵室 【L】
308 L
野菜室 【L】
114L
独立製氷室 【L】
24L
幅x高さx奥行き【mm】
幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
質量【kg】
126 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
6993 円
2位
日立

r-hw60k(XW)

価格:228,000円 (税込)

まるごとチルドでラップなし保存を叶えてくれる冷蔵庫

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、「まるごとチルド」を搭載している冷蔵庫です。チルドの鮮度を冷蔵室全体に広げて、食品の菌が増えることを抑えつつ、ラップをしなくても乾燥などを防いでくれます。また、「オート急冷却スペース」は食品の温度を検知して、自動センサーにより急冷却してくれる優れものです。「サッと急冷却」では、調理過程のあら熱取りができますよ。

さらに、600Lと超大容量ながらも静音性にも優れているので、子育て中の家族などにはぴったり!ガラストップのドアを採用している表面は、高級感を演出してくれるデザインです。冷蔵庫内の棚とポケットは高さ調節が可能なため、保存する物に合わせて整理しやすいですよ。
タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
冷却方式
間冷式(ファン式)
定格内容積 【L】
602 L
冷凍室 【L】
156 L
冷蔵室 【L】
308 L
野菜室 【L】
114L
独立製氷室 【L】
24L
幅x高さx奥行き【mm】
幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
質量【kg】
121 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
6858 円
3位
東芝

GR-R600FZ-UW

価格:140,000円 (税込)

たくさんのモードで食材に合わせられる!食材の鮮度を保ちたい方に!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は食材の鮮度に特化した冷蔵庫です。冷蔵室はうるおい冷気で乾燥を防ぎ食材の鮮度を保ち、チルド室は「氷結晶チルドモード」・「速鮮チルドモード」・「解凍モード」から、食材に合わせて選ぶことができます。野菜室は約一週間鮮度を保つことができ、お掃除口はフタを外して穴から野菜くずや泥を落とせるのでお手入れが簡単なのもポイント。

氷結晶チルドを搭載しているので、お肉やお魚を生のまま保存できます。生鮮食品を冷凍しないので、ドリップが出る心配がなく美味しさをキープ可能です。チルドは4種類から選ぶことができ、シーンに合わせて使い分られます。食品をできるだけ冷凍せずに保存したい方におすすめです。
タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
冷却方式
間冷式(ファン式)
定格内容積 【L】
601 L
冷凍室 【L】
142 L
冷蔵室 【L】
304 L
野菜室 【L】
133L
独立製氷室 【L】
22L
幅x高さx奥行き【mm】
幅685x高さ1833x奥行748(ハンドル・調節脚除く:745) mm
質量【kg】
128 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
6453 円
4位
日立

R-XG6200H

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高評価が多いトピックの口コミを見る

「機能」に関するユーザーの反応 まとめ

鮮度が長持ちすることが高く評価されているようです。ラップを使わなくても刺身をおいしく頂けたといったレビューが見られました。真空チルドを期待している方には、重宝されそうです。

実際の口コミ
真空チルドもプシューと圧がすごいです。電化製品の進化はすごいですね。買ってよかったです。

出典: https://www.biccamera.com

野菜室を重視して日立にしましたが、期待通り、鮮度が長持ちしています。 真空チルドも、真空氷温に設定していますが、 凍らず柔らかいまま鮮度が維持されています。 寿司職人と野菜ソムリエのステマは嘘ではないことを実感しました。

出典: https://s.kakaku.com

「大きさ」に関するユーザーの反応 まとめ
実際の口コミ
615Lでも小さいのではないかとも思いましたが、615Lにして正解でした。 買いだめしたものが余裕で収納できます。

出典: https://s.kakaku.com

低評価が多いトピックの口コミを見る

「チルド」に関するユーザーの反応 まとめ

両扉を開けないと、真空チルドの扉が開かないようで、この点を不便に感じるとの声が見られました。また、チルドルームがもう少し大きいと良かったといったコメントもありました。真空チルドの機能性を期待して購入を検討されている方は、使いやすさも考慮する必要がありそうです。

実際の口コミ
真空チルドを使おうとすると、両扉を開かないと、真空チルドの扉が開きません。

出典: https://s.kakaku.com

真空チルドルームの容量がもう少し多いといいですね。

出典: https://s.kakaku.com

タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
-人
冷却方式
-
定格内容積 【L】
615 L
冷凍室 【L】
152 L
冷蔵室 【L】
325 L
野菜室 【L】
117L
独立製氷室 【L】
21L
幅x高さx奥行き【mm】
幅750x高さ1818x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
質量【kg】
122 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
7695 円
5位
日立

R-XG6700H

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高評価が多いトピックの口コミを見る

「真空チルド」に関するユーザーの反応 まとめ

真空チルドの機能性が好評のようでした。なんと賞味期限を4日すぎたもやしでもシャキシャキ食べられたという口コミまでありました。賞味期限をすぎた食材を食べるのは推奨できませんが、肉や魚、野菜などを多く保存する方には向いていそうです。

実際の口コミ
真空チルド室で肉が長持ち。色によるかもしれないが、指紋が目立つ点でデザイン、使いやすさを減点。

出典: https://review.kakaku.com

もやしも賞味期限を4日過ぎててもシャキシャキで食べれましした。

出典: https://review.kakaku.com

もちろん真空チルドなどの機能は優秀です。

出典: https://review.kakaku.com

「容量」に関するユーザーの反応 まとめ

ボディの大きさにともなう、収納力が魅力的な冷蔵庫のようです。何を入れてもうまく収納できるという口コミもあるほどなので、鍋などの大きなものを冷蔵庫に入れることが多い方には向いているかもしれません。その分、ボディが大きいので設置場所の確認は事前にしておきましょう。

実際の口コミ
400リットルの横長の今までと同じ量を入れても冷蔵庫の中はスカスカでかなりの余裕。冷蔵庫を17年使っていて今回は500リットル程度の容量で検討していたが、余裕を持たせてヤマダ電機にあった一番大きいタイプを購入しました。

出典: https://review.kakaku.com

前の冷蔵庫が小さかったので買い換えです。置ける場所があるならば大きいにこしたことはないですね。

出典: https://review.kakaku.com

大きいサイズなので何を入れてもうまく収められるので、使いやすいですよ、やはり大は小を兼ねる。

出典: https://review.kakaku.com

「野菜室」に関するユーザーの反応 まとめ

野菜室で保存している野菜の鮮度が保たれるとの好意的な口コミが目立ちました。「新鮮スリープ野菜室」という機能を搭載しているようで、炭酸ガスを生成することで、野菜の呼吸を抑制し鮮度を保つようです。包丁を入れた野菜の切り口も黒ずみにくいなど、その効果は確かなようですね。

実際の口コミ
その他「新鮮スリープ野菜室」と呼ばれる野菜室も進化。チルド室同様、日立の冷蔵庫の野菜室は前年モデルからプラチナ触媒で内部に炭酸ガスを生成し、野菜の呼吸活動を抑えるっことで鮮度を保つことができるというのが特長だが、新モデルではこのガスの濃度を約1.2倍に増量。

出典: https://review.kakaku.com

野菜が長持ちします。 もやしも賞味期限を4日過ぎててもシャキシャキで食べれましした。 キャベツの切り口も黒くなりにくいです。葉物も傷みにくい。

出典: https://review.kakaku.com

低評価が多いトピックの口コミを見る

「扉」に関するユーザーの反応 まとめ

扉の開閉に関しては若干の不満が見受けられました。まず「開」に関しては、観音開きにするとかなりのスペースをとるようで、設置の際に両サイドに壁がないかを確認しないと、壁に当たって全開できないといった不便があるようです。「閉」に関しては、勢いよく閉めるか、手で押して閉めないと、しっかり閉まりきらないようです。

実際の口コミ
唯一の不満は冷蔵庫の扉を閉めるときにちょっと勢いがなければ閉まらない所かな。前のやつはすんなり閉まっただけに…

出典: https://review.kakaku.com

両開きの扉を開けると、両脇の壁に当たって全開できない。全開できないと棚の入れ替えができない。

出典: https://review.kakaku.com

「チルド室の使用感」に関するユーザーの反応 まとめ

機能自体は好評だったチルド室ですが、使用感としては、両扉を開かないとチルド室を使用できないことがマイナス評価を受けているようです。

実際の口コミ
チルト室の使用時に両側のドアを開けないと使用できない。

出典: https://review.kakaku.com

「磁石がつかない」に関するユーザーの反応 まとめ

扉に磁石を貼り付けることができないのが不便だという口コミが見受けられました。普段冷蔵庫の扉にマグネットで張り紙などをしている方は、購入の際に注意必要そうです。

実際の口コミ
表面が磁石が引っ付かないのは意外と不便である。台所のこまごまとしたメモは表ドアに磁石で貼り付けるのが日本の習慣だから、側面は放熱面で物が貼り付けられない。また壁に邪魔される。

出典: https://review.kakaku.com

タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
-人
冷却方式
-
定格内容積 【L】
670 L
冷凍室 【L】
170 L
冷蔵室 【L】
354 L
野菜室 【L】
125L
独立製氷室 【L】
21L
幅x高さx奥行き【mm】
幅825x高さ1818x奥行730(ハンドル・脚カバーを除く:728) mm
質量【kg】
131 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
8640 円

【600L以上・700L以上】新機能搭載!大型冷蔵庫の人気おすすめ商品|比較一覧表

商品画像
メーカー
日立
日立
東芝
日立
日立
商品名
R-HW60J
r-hw60k(XW)
GR-R600FZ-UW
R-XG6200H
R-XG6700H
説明
まるごとチルドでラップなし保存を叶えてくれる冷蔵庫
たくさんのモードで食材に合わせられる!食材の鮮度を保ちたい方に!
価格 195,290円 (税込) 228,000円 (税込) 140,000円 (税込)
リンク
タイプ 
冷凍冷蔵庫
冷凍冷蔵庫
冷凍冷蔵庫
冷凍冷蔵庫
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
フレンチドア(観音開き)
フレンチドア(観音開き)
フレンチドア(観音開き)
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
6 ドア
6 ドア
6 ドア
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
5 人
5 人
-人
-人
冷却方式
-
間冷式(ファン式)
間冷式(ファン式)
-
-
定格内容積 【L】
602 L
602 L
601 L
615 L
670 L
冷凍室 【L】
156 L
156 L
142 L
152 L
170 L
冷蔵室 【L】
308 L
308 L
304 L
325 L
354 L
野菜室 【L】
114L
114L
133L
117L
125L
独立製氷室 【L】
24L
24L
22L
21L
21L
幅x高さx奥行き【mm】
幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
幅685x高さ1833x奥行748(ハンドル・調節脚除く:745) mm
幅750x高さ1818x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
幅825x高さ1818x奥行730(ハンドル・脚カバーを除く:728) mm
質量【kg】
126 kg
121 kg
128 kg
122 kg
131 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
6993 円
6858 円
6453 円
7695 円
8640 円
1位
三菱

MR-WX70E

大容量冷蔵庫にこそAIを!食材に合わせておいしさアップ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

MR-WX70Eは薄型断熱構造SMART CUBEにより、大容量冷蔵庫のサイズ問題を一気に解消しました。700Lでも奥行き738mmで、後方にある食材も取り出しやすいのが特徴です。また、まとめ買い食材のおいしさをキープするための独自性能も優れています。

「クリーン朝どれ野菜室」は1週間経っても収穫したばかりのみずみずしさを失わず、壊れやすいビタミンCをアップできる高機能な野菜室です。さらに「切れちゃう瞬冷凍A.I.」は、AIによる学習機能を活用した冷凍技術です。肉・葉物野菜・根菜など、それぞれの食材に最適な凍らせ方で瞬間冷凍します。おいしさと家事効率をアップできる冷蔵庫です。
タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
冷却方式
間冷式(ファン式)
定格内容積 【L】
700 L
冷凍室 【L】
118 L
冷蔵室 【L】
378 L
野菜室 【L】
134L
独立製氷室 【L】
25L
幅x高さx奥行き【mm】
幅800x高さ1821x奥行738(脚カバー含む:748) mm
質量【kg】
139 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
8370 円
2位
日立

R-HW60N-XN

価格:218,000円 (税込)

冷蔵室にまるごとチルドを採用!食品の鮮度をしっかり守る6ドア冷蔵庫!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

ドアポケットを除いた冷蔵室の全段には「まるごとチルド」を採用しています。通常の冷蔵庫よりも低い温度と高い湿度を両立させているので、冷蔵室内のどこに置いても鮮度が長持ちするのが魅力です。また、クイック冷却機能を有効にすると、冷蔵室内の風量を増やして食品をより素早く冷却できます。

さらに、冷蔵室にはプラチナ触媒が採用されているため、野菜の水分を閉じ込めておいしさをキープすることが可能です。冷凍室は3段ケース仕様となっており、たくさんの食品をスッキリ整理しながら保存できます。優れた省エネ性能を持つのも魅力的なポイントです。
タイプ 
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方 
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数 【人】
5 人
冷却方式
間冷式(ファン式)
定格内容積 【L】
602 L
冷凍室 【L】
156 L
冷蔵室 【L】
308 L
野菜室 【L】
114L
独立製氷室 【L】
24L
幅x高さx奥行き【mm】
幅685x高さ1833x奥行738(ハンドル・脚カバー含む:740) mm
質量【kg】
117 kg
年間電気代(60Hz) 【円】
7776 円

冷蔵庫の寿命は10年以上と長く使うものです。家電量販店で値引き交渉の末、長期保証に入らずに安く買ったなんて人もいますが、冷蔵庫修理の実費代金は4~6万円と高額な傾向があります。

 

やはり長い目で見て安心して使う上では長期保証は必要です。ネットで購入する際も、販売価格の5~10%程で加入できます。ちなみに、販売店によって初めから10年保証が付帯しているなど違いありますので、しっかりご確認ください。

600L以上の大型冷蔵庫について解説してきましたが、選び方や商品を見て、もう少し小さい冷蔵庫が欲しいと思った方には400L・500Lの冷蔵庫がおすすめです。

 

以下の記事では、おすすめの400L・500L冷蔵庫をランキング形式で詳しく紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

冷蔵庫も大容量化の時代、600Lをご検討の方は着実に増えています。これから先の生活を見通して、大型冷蔵庫を生活に取り入れるのもいい判断ですね。ぜひご家庭にぴったりの冷蔵庫を見つけて、よりより食生活を送ってください。