冷蔵庫のコンセントの疑問点を徹底解明 | 延長コード・高い場所にある目的ついて

生活の必需品だからこそ置き場所にもこだわりたいものです。電化製品において必須とも言える電気の供給。今回は冷蔵庫のコンセントについて気になる疑問や設置方法、延長コードを使用するときの注意点などをまとめてみました。ぜひ参考にどうぞ!

おすすめの記事

▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

なぜ冷蔵庫のコンセントは高い位置にあるのか

通常、冷蔵庫を置くべきスペースにあるコンセントの位置は高い場所にあります。最近の家だと170cmほどの高さに設置されているのが一般的だそうです。エアコンのコンセントが高い位置にあるのは当然ですが、冷蔵庫のコンセントが高い位置にあるのはどうしてなのでしょうか?

冷蔵庫のコンセントが高いのは安全対策のため

新築の住宅などに行くと冷蔵庫のスペースにはほぼ間違いなく大人の男性の身長くらいの高い位置にコンセントが設置してあります。

 

高いところにあるというのは普通に考えればとても使い勝手が悪いものですが、これにはもちろん意味があります。1番の理由は〝安全〟です。冷蔵庫といえば危険とは縁遠い家電のような気もしますが、使い方によっては大変危ないことになります。

 

そんな万が一が起こらないために冷蔵庫のコンセントについて知っておきましょう。

トラッキングによる火災防止のため

『トラッキング』という言葉をご存知の方も多いと思いますが、『トラッキング』とはコンセントと電源プラグの間にホコリがたまって、そのホコリが湿気を帯びた時に漏電することを言います。火災の原因の一つです。

 

特に冷蔵庫の電源プラグは一度差し込んだらその後触ることはほとんどないのでホコリがたまっても気付きにくいものです。また冷蔵庫はキッチンにありますから蒸気が発生して湿度が高くなる場所でもあります。

 

ですからすぐ目視できるように高い位置にコンセントを設置してあるのです。気にしすぎる必要はありませんが、時々見てホコリがないか確認しましょう。

漏電防止のため

キッチンにある冷蔵庫の周りには流し台があることも多いので、万が一の時に水がかからないようにするためコンセントは高い位置にあります。

 

また滅多にあることではありませんが、ペットがケーブルを噛んだことが原因で漏電につながることがあるようです。特にネコを飼ったことがある方ならご存知の方も多いと思いますが、狭いところが好きなネコちゃんは冷蔵庫の隙間に入ることがあります。

 

そんな時、口が届くところにコードがあれば噛んでしまうことがあるのです。

他の家電と一緒に使わないようにするため

通常一つのコンセントで使える電気は15アンペア(1500ワット)です。最近の冷蔵庫は格段に進歩しているので消費電力がかなり低くなってきています。

 

大型の冷蔵庫であっても300ワットくらいなので、コンセントの容量としてはさほど気にすることもありませんが、問題は他に何か別の家電を繋ぐことです。例えば電子レンジや食器洗い乾燥機のような1000ワットを超えるようなものと同じコンセントに繋ぐと最大容量を超えることがあるので同じコンセントに繋いではいけません。

 

基本的に冷蔵庫のコンセントは単独で使うことをおすすめします。

抜けかけた時にすぐにわかるため

冷蔵庫の電源プラグを最初に刺した時に最後まできっちり押し込まず中途半端な状態になっているととても危険ですが、目に付く場所にあればプラグのぐらつきに気がつく可能性が高まります。

 

また漏電のところでも紹介したようにネコが冷蔵庫の隙間に入って体が触れることによってもプラグがぐらつく可能性があるので高い位置にコンセントがあれば、その点は回避できます。しっかり差し込んでおけば通常抜けるようなことはありませんが、気をつけるに越したことはありません。

冷蔵庫のコンセントの悩み①:コードの長さ不足

引っ越して冷蔵庫を置こうと思ったとき、その場所の近くにコンセントがなくてコードが足りなかったらどうすればいいでしょうか?普通は考えにくいことですが、もしそうなった時は次のような方法があります。

冷蔵庫にコンセントに届くように延長コードを使う

簡単なのは延長コードを使うことです。でも冷蔵庫に延長コードを使ってもいいのでしょうか?答えはもちろんOKです。ただし100円ショップで売られているようなものではなく、電気店やホームセンターに売っている高ワット用の通常より太いタイプで長すぎないもの、さらに差込口は一つしか無いものを選んでください。

 

中には防水対策やホコリの侵入を防ぐタイプもあるので惜しみなくいいものを使うようにしましょう

冷蔵庫に延長コードは使える? | 使用の際の注意点とおすすめ延長コード
Amazonで「冷蔵庫 延長コード」についてみる

コンセントの位置を工事によって変える

思い切って工事をして冷蔵庫の近くにコンセントを設置するという方法があります。賃貸物件などでは難しいかもしれませんが、その家に長く住むことがわかっているなら工事してしまうのも一つの手です。

 

ただしいくら手先が器用だからといっても万が一を考えて自分で工事をするのはやめましょう。工事業者に頼むと5,000円〜10,000万円くらいが相場のようです。

冷蔵庫のコンセントの悩み②:アースを繋ぐ端子が無い

アースというのはご存知の方も多いと思いますが、電源コードと一緒についている緑色の電線です。これをコンセントの下部についているアース専用の端子に取り付けるのですが、コンセントによってはその端子がついていないときがあります。

 

アースをする意味は、漏電があった場合に感電や火災が起こらないようにするためのものです。でも最新の冷蔵庫だとアースがついてないものも多くなりつつあり絶対に繋がなければならないものではなくなってきているようです。

 

各電機メーカーでも昔ほど「必ずアースをしてください」とはいっていないようですが何かあったときは自己責任になりますから、万が一を考えてアースが繋げる状態にあるなら繋ぐようにしましょう。

冷蔵庫を置くスペースが狭い

置こうと思った場所より冷蔵庫の方が大きいときはどうしようもありませんが、ギリギリで入れることができても安心してはいけません。なぜなら冷蔵庫を置くときは決まった放熱スペース(隙間)をあけることが必要だからです。

 

といっても最近の冷蔵庫は放熱板が本体の上部についていることが多いので、両側面の隙間は5mm以上、上は50mm(5cm)以上の隙間を空けることが出来れば大丈夫です。ちなみに背面は壁にぴったりついていても構いませんが、コンセントの位置と冷蔵庫の背面がくっつくような場合は少し離す必要があります。

 

注意が必要なのは冷蔵庫の上にものを置かないことです。冷蔵庫はてっぺんから放熱していることを忘れないようにしましょう。(なお隙間に関しては必ず各冷蔵庫の取扱説明書を読んで確認してください)

 

そして大事なことがもう一つ、ドアがちゃんと開くか?です。本来は180度開くはずなのに壁に当たって90度も開かない、なんてことがないように確認しましょう。特に両開きの冷蔵庫を設置するときは左右ともに注意しましょう。

観音開き冷蔵庫のメリット・デメリット | おすすめの観音開きの冷蔵庫も一挙紹介

冷蔵庫を引越しするときのコンセントの抜き差しについて

引越しをするとき、一番面倒なものの一つが冷蔵庫です。大きいし、重いし、間違うと水浸しになったりするので、移動に関していえば一番大変な家電だと言えるでしょう。ではどうすればトラブルが起こらないようになるのか紹介していきます。

冷蔵庫のコンセントを抜くタイミング

引越しをするときの冷蔵庫の電源を切るタイミングは遅くとも移動する日の前日くらいが目安です。通常冷却器の霜が解けるのに15時間くらいかかるためです。霜が溶けずに残った状態で移動すると水がこぼれることがあるので注意しましょう。

 

そして引越しのタイミングでぜひやっておきたいのが庫内の掃除です。取り外せる部分は全て外して洗う、冷凍庫など氷が溶けて濡れているところはしっかりと拭き取るなど、普段は開けっ放しにできないものですから、このチャンスに綺麗にしておきましょう。

 

なお乾燥させるためにしばらくドアを開けたままにしておくことをお忘れなく。

冷蔵庫のコンセントをさすタイミング

コンセントをさすタイミングも最近10年以内に買った冷蔵庫であれば、すぐに繋いでも問題ないものが増えていますが、古いものや一部の機種では1〜2時間待ってからコンセントをさしたほうがいい場合があります。

 

その理由は冷やすための冷媒やオイルが安定するのを待ったほうがいいからです。特に運ぶ時、横にしてしまった場合はすぐに電源を入れないほうがいいようです。

 

引越し業者などにお願いする場合は、それをわかっているので横にすることはほとんどないので、移動後すぐに電源を入れても大丈夫だと言われています。業者に頼まない時は注意してください。

食品を入れるタイミングは?

電源を入れたからといってすぐに食材を入れてはいけません。庫内が冷えるまで待ってから入れるようにします。通常は4〜5時間程度待てば冷えると言われていますが、猛暑の時などは丸一日かかってしまう機種もあるようです。もちろん冷えるまでは扉の開閉はしないようにしましょう。

【徹底解説!】カビの冷蔵庫にできる原因は? | 食品への影響とその対策

停電のとき冷蔵庫のコンセントはどうする?

ここ最近の日本は様々な災害に見舞われることが多くなりました。特に今まではあまり無かった停電も各地で起こるようになりました。では停電の時、冷蔵庫はどうしたらいいのか考えてみましょう。

冷蔵庫のコンセントは抜いた方が良い?

台風の時など突然停電になった場合、コンセントを抜くか抜かないかですが、厳密に言うと抜いたほうが無難です。

 

その理由は、日本におけるほとんどの停電は数分で復旧することが多いので、電源プラグを抜いた後、もう一度差し込む時は7〜10分程度待たなければならないからです。冷蔵庫の電源は点けたり切ったりすると圧縮機に負担がかかり故障の原因となります。

 

ですので停電の時はコンセントを抜き、復旧したら10分以上経ったかを確認してから差し込んでください。その代わり絶対に抜いたことを忘れることのないようにしてくださいね。

中の食材を守る方法

通常3〜4時間程度は問題ないと言われていますが、最近の冷蔵庫は優秀なせいか、開閉さえしなければ10時間くらいでも大丈夫なことがあるようです。

 

特に冷凍庫は心配ですが、日頃から保冷剤を入れておいたり、詰め込みすぎ、と言うくらい隙間をなくしておくと相乗効果で食品が解けるのを遅らせることができます。大切なのは、停電になったら扉を開けないことです

最後に

冷蔵庫のコンセントが高い位置にあるのは安全のためということがご理解いただけたでしょうか?冷蔵庫のコンセントは普通に暮らしていたら抜き差しする必要はほとんどありません。

 

つまり一度差し込んだら引越しや買い替えがない限りそのままになっていることがほとんどです。だからこそホコリが溜まっていないか?抜けかけていないか?など年末の大掃除の時にでもいいので年に一度くらいは確認するようにしてみましょう。

 

一日も休まず働いている冷蔵庫のことを時には気にしてみてはいかがでしょうか?