【多機能】大人気の3ドアの冷蔵庫【10選】 | ライフスタイルに合わせた冷蔵庫を!

価格や電気代などコスパで選ぶなら3ドア冷蔵庫がおすすめ!しかも、製氷機能や左右開閉できる機能を備えた人気の3ドア冷蔵庫もたくさんあります。そこで価格・容量・機能など目的別に選べるおすすめ3ドア冷蔵庫12選をまとめてお届けします。お得なお買いものの参考に!

おすすめの記事

▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

3ドア冷蔵庫おすすめポイントを徹底解説

3ドア冷蔵庫の魅力は、大きすぎず小さすぎないサイズに加え、幅広い価格帯や機能から選べること。一般的な2ドアに比べると容量が大きい3ドア冷蔵庫ですが、縦長サイズが多いため狭いスペースに設置しやすいのが大きなメリットです。

 

また、2ドア冷蔵庫になかった独立した野菜室はもちろん、製氷機能やチルドルームなどの付加機能が搭載された機種も3ドア冷蔵庫には多数用意されています。価格面では、冷蔵室+冷凍室+野菜室という低価格のものから、上記のような付加機能の有無によって価格も様々です。

 

2ドア冷蔵庫では容量が足りない、でも置く場所が広くない……。そんな人には、機能面でも予算面でも幅広く対応できる3ドア冷蔵庫をおすすめします。

3ドア冷蔵庫はどんな人におすすめ?

一般的な家庭用3ドア冷蔵庫の容量は、200L前後~400L前後と幅広く用意されています。冷蔵庫選びは、まず家族人数に合わせて容量(大きさ)を決めましょう

 

ここでは家族の人数別に3ドア冷蔵庫のおすすめスペックを紹介します。

一人暮らしの方におすすめの3ドア冷蔵庫

単身者におすすめなのは、3ドア冷蔵庫のなかでも比較的小型で、容量が少なめなめ(200L~300L前後)のもの。一人暮らしで3ドア冷蔵庫が必要なのは、外食よりも自炊をする機会が多い人です。

 

朝晩の食事は自宅で手作り、昼もお弁当を持参する人であれば、3ドア冷蔵庫はとても重宝するでしょう。とはいえ一人暮らしであれば、冷蔵庫置き場もそう広くはない場合がほとんど。おのずと、冷蔵庫置き場のスペースに合ったサイズで選ぶことになるでしょう。

 

サイズが小さく付加機能も必要ないということであれば、価格は最安値に近いものを選ぶことも可能です。新しい冷蔵庫は古いタイプに比べて電気代も安くなることも多いので、買い換えるならぜひ、3ドア冷蔵庫を検討してください。

 

一人暮らしの冷蔵庫の他の選び方に関してはこちらをご覧ください。

【快適】一人暮らしに人気のおすすめの冷蔵庫は?

2~3人家族の方におすすめの3ドア冷蔵庫

2~3人家族におすすめの3ドア冷蔵庫は、容量350L以上ものがおすすめです。台所が広ければ冷蔵庫を設置するスペースも広がり、選べる3ドア冷蔵庫の種類も増えますね。また3ドア冷蔵庫の付加機能も家族がいれば活用シーンが増えるでしょう。

 

例えば共働きの夫婦世帯、小さなお子さんがいてこまめに買い物ができないご家庭なら、生鮮食品を長く保存できるチルドルームがあるととても便利です。冷凍とは違い、解凍せずに食材が切れるなど時短にもつながりますね。

 

ひんぱんに友達が遊びにきたり、人が集まる機会が多いなど、お付き合いの幅が広ければ、自動で氷を作ってくれる製氷機能付き冷蔵庫はとても重宝します。家族構成や日頃の付きあい、習慣に合った3ドア冷蔵庫を選んでくださいね。

 

二人暮らしの方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【満足度重視】二人暮らしに人気の冷蔵庫ランキングおすすめ10選

また、三人家族に関してはこちらの記事をご覧ください。

3人家族向け選び方のポイントは? | おすすめと人気の冷蔵庫は?

3ドア冷蔵庫のおすすめ最新機能

上に書いたとおり、冷蔵庫選びの基本は世帯人数にあわせること。それでもまだ、「冷蔵庫は種類がたくさんあって選ぶのが大変」という人のために、一般的な冷蔵庫に備わっている最新の付加機能を紹介します。

 

2ドア冷蔵庫に比べて、様々な付加機能が搭載されているのも3ドア冷蔵庫の特徴です。主な機能を紹介しながら、チェックポイントを解説します。最新機能はどのようなものがあるか?気になった方はこちらの記事もご覧ください。

最新機能を搭載した冷蔵庫まとめ | おすすめの最新冷蔵庫とその選び方は?

3ドアおすすめの機能①:食品の鮮度を長持ちさせる機能

庫内を0~-3℃程度に保つことで、肉や魚など食材の鮮度を維持できる「チルドルーム」。チルドルーム搭載と聞くと高価格帯の大容量冷蔵庫のイメージがありますが、10万円未満の3ドア冷蔵庫にも、チルドルームがついている商品がたくさんあります。

 

また食材を急速冷凍、急速解凍する機能や湿度を保てる野菜室など、「食材の鮮度と美味しさを逃がさない」さまざまな工夫がされた冷蔵庫が増えています。冷蔵庫えを選ぶ際には、こういった機能の有無を、ぜひ検討してください。

 

真空チルドについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

冷蔵庫のチルド室の役割や上手な使い方は?|おすすめの冷蔵庫も一挙紹介!

3ドアおすすめの機能②:自動製氷機能や脱臭・除菌機能

暑い季節や日常的に氷をよく使う人にぴったりなのが「自動製氷機能」。また、冷蔵庫にこもりがちな臭いを除去してくれる「脱臭・除菌機能」。これらの機能が搭載された3ドア冷蔵庫も、もちろんあります。

 

ついつい氷を作り忘れてしまう人や、気が付いたら冷蔵庫用脱臭剤の効果が切れていた、なんてことが多いなら、これらの機能が付いた3ドア冷蔵庫はおすすめです。

冷蔵庫(脱臭:有)の商品一覧

3ドアおすすめの機能③:節電モードや省エネセンサー付き

電気代を減らしたいなら「省エネ」できる冷蔵庫がおすすめです。1秒も休むことなく電気を消費し続ける冷蔵庫は、節電の効果がわかりやすい家電のひとつ。古い型の冷蔵庫を新しい型に買い換えたら、驚くほど電気代が安くなったという話もあるほどです。

 

節電モードもさまざまで、庫内の食材の量から自動で温度設定したり、外出時になどに自分で設定できるタイプなど好みに合わせて選ぶことができます。

 

現在発売中の冷蔵庫の多くは「省エネ」「節電」を謳っているので、本体の価格だけでなく、年間にかかる電気代の目安もチェックしてくださいね。

 

電気代を重視して冷蔵庫を選びたい方はこちらの記事もおすすめです。

冷蔵庫の電気代を節約する驚きの方法とは | 電気代の計算方法は?

話題の左開きの3ドア冷蔵庫がおすすめ

右利きが大多数の日本では、冷蔵庫ドアも右開けが主流です。そこで気をつけたいのが「左利き」の人の冷蔵庫選び

 

このように、左利きの方や右角に冷蔵庫を設置する方は、左開きの冷蔵庫をおすすめします。全体的に少ないと言われている左開きの冷蔵庫ですが、3ドアの冷蔵庫の場合左開きの冷蔵庫は比較的多く存在します。

 

また左右どちら側にも開くことができる「両開きドア」なら、引越しなどで冷蔵庫の設置場所が変わってもドアの開閉に不便はありません。転勤で引越しが多い人は「両開きドア」タイプの冷蔵庫を選んでおくと、設置場所が変わってもストレスにならずにすむでしょう。

 

左開きについての詳細はこちらのページをご覧ください。

左開き冷蔵庫の選び方とおすすめの冷蔵庫 | 左開き冷蔵庫のメリットとは?

一人暮らしに人気の3ドア冷蔵庫おすすめ3選

「特別な付加機能はいらない。コスパ重視で安い3ドア冷蔵庫が欲しい。でも中古はイヤ」

そんな一人暮らしの人にぴったりなのは、価格・容量・サイズともにコンパクトな冷蔵庫です。ここでは人気の「新品3ドア冷蔵庫」を価格順にカウントダウンで紹介します。

第3位Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 3ドア 冷凍冷蔵庫 右開き ダークブラウン 282LHR-G2801BR

価格:60,910円(税込)

お手入れが簡単で美しいガラスドア採用

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グローバルブランドの「ハイセンス」。その名前の通り、スタイリッシュで美しいガラスドアが特徴です。汚れが落ちやすくお手入れしやいのも助かりますね。高級感のあるダークブランの冷蔵庫は、どんな部屋にもマッチします。

 

容量も282Lと、一人暮らしには余裕のサイズ。お友達が集まる機会が多い人には最適です。自動霜取り機能やドアの締め忘れアラームなど、ちょっと嬉しい機能も搭載。

 

第2位ツインバード工業(Twinbird)

3ドア冷凍冷蔵庫 ハーフ&ハーフ+プラス 切替室 HR-E919PW

価格:59,210円(税込)

用途に合わせて温度を切り替えができる「切り替え室」搭載

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5万円台という低価格帯にもかかわらず、温度変更できる「切り替え室」が搭載されたツインバードの3ドア冷蔵庫。

 

温度の切り替えができるのは真ん中の引き出しで、 約7℃(野菜)、約4℃(冷蔵)約0℃(氷点)に切り替え可能。そのときの食材のストック量にあわせて、使用する庫内容量の調節ができます。

 

容量は199Lと3ドア冷蔵庫のなかでは小さいほうですが、上記の切り替え室を上手に活用することで、一人暮らしの食卓をまかなうには十分満足できる容量でしょう。

ツインバード hr-e919pw 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較
第1位AQUA

3ドア冷蔵庫  AQR-27H-W

価格:58,700円(税込)

節約ecoモード搭載で賢くお得に節電可能

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さで人気の「アクア(AQUA)」シリーズの3ドア冷蔵庫が、「一人暮らしにおすすめ3ドア冷蔵庫」の第1位に輝きました。価格の安さに加えて、搭載された「節約ecoモード」を使用すれば電気代が節約できて、ますますお得です。

 

また、どんなキッチンにも似合うシンプルなフォルムに加え、高さ約142cmと低めなので圧迫感を感じないデザインも大きな魅力。冷蔵庫上部は耐熱100℃テーブルなのでオーブンを置くことも可能です。

 

見た目だけでなく、容量が272Lもあるもの人気の理由です。価格・容量・サイズ面から一人暮らしの人におすすめできる1台です。

2~3人暮らしに人気の3ドア冷蔵庫おすすめ5選

「新品で、できるだけ容量が大きくて、でも高額過ぎない冷蔵庫が欲しい」

 

ここでは2~3人家族におすすめの「容量300L以上で、しかも安い」3ドア冷蔵庫を価格順にカウントダウンで紹介します。

 

なかには左利きの人に便利な「両開きドア」タイプのものや、製氷機能やチルドルームが搭載されているコスパのよい3ドア冷蔵庫もありますよ。お見逃しなく。

 

第5位三菱電機

3ドア右開き冷蔵庫 MR-CX33D-BR

価格:99,800円(税込)

ふたつのチルドルームを使いわけて食材長持ち

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約0℃の通常チルドルームと-3℃~0℃の「氷点下ルーム」が設置された、三菱の3ドア冷蔵庫です。通常の食品はチルドルームに。肉や魚は氷点下ルームに収納することで、凍らせずに鮮度を保つことができます。

 

自動製氷機能付きなので氷切れの心配はありません。また脱臭機能のあるフレッシュエアフィルターに加え、庫内は汚れがさっと拭き取れるガラスシェルフを採用。お手入れが楽でいつも清潔でいられます。

 

野菜室が真ん中の引き出しタイプなので、調理中でも野菜を取り出しやすくしまいやすい設計。程よい大きさで使い勝手のよい1台です。

三菱 mr-cx33d 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較
第4位日立(HITACHI)

3ドア冷蔵庫真空チルド R-S38JV XN

価格:89,800円(税込)

食材の乾燥と酸化を防ぐ真空チルドルーム搭載

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約0.8気圧の「真空チルドルーム」の採用で真空と密閉を可能にした、日立の3ドア冷蔵庫。食材が空気に触れないので酸化を防ぐとともに乾燥からも守るので鮮度が長持ちします。その効果は、刺身やハム・チーズのオードブルでもさえもラップなしでOK

 

食材に覆いをする必要がないので、盛り付け後の料理を崩さずに済みますね。また使い勝手を考えて野菜室は真ん中に配置し、さらに野菜の乾燥を防ぐ「間接冷却カバー」付き。とことん食材を乾燥から守ってくれる仕様です。

 

なお「もう少し小さくてもいいから安いのが欲しい」という人には、第2位にランクインした「日立 3ドア冷蔵庫うるおいチルド R-K32JV TD」をおすすめします。

第3位東芝

VEGETA 3ドア冷蔵庫 GR-R33S-S

価格:87,580円(税込)

使う人の利便性を考えた真ん中野菜室

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使う人の気持ちを考えた仕様が魅力の東芝VEGETA(ベジータ)冷蔵庫。冷蔵室に次いで出し入れの多い野菜室を真ん中に持ってきたことで調理の効率をアップ。さらに、野菜室の底部には「お掃除口」をつけたことで、お手入れもしやすくなりました。

 

さらに気密性を高めた野菜室は、庫内の湿度が保たれるので野菜の乾燥を防いで鮮度を保ってくれる効果があります。

 

また効率運転で節電できるセンサー「ecoモード」や、おでかけ機能といったオプション設定でさらに節電することも可能。容量も330Lあるので、家族が2~3人の家庭にぴったりです。

東芝 gr-r33s 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較
第2位日立(HITACHI)

3ドア 冷蔵庫うるおいチルド R-K32JV TD

価格:79,800円(税込)

チルドルーム・自動製氷機能付きでコスパ最高

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第4位にランクインした「日立3ドア冷蔵庫 真空チルド(R-S38JV XN)」との違いは、容量と「真空チルドルーム」の有無。これらが価格の違いに反映されています。とはいえ「食品の乾燥を防ぐ」ことに着目してるのは同様です。

 

こちらの3ドア冷蔵庫には「真空チルドルーム」の替わりに、冷気を直接入れない「うるおいチルドルーム」が搭載されています。それ以外ほぼ同様、野菜室には「間接冷却カバー」を設置、「急速製氷」可能の自動製氷機能付き。

 

また脱臭にも力を入れていて、冷蔵庫にこもりやすい「玉ねぎやニンニク、魚、味噌などの発酵臭」と3種の臭いを脱臭してくれます。ドアも右開けタイプと左開けタイプが用意されているので、左利きの人も安心です。

日立 r-k32jvl 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較
第1位シャープ(SHARP)

両開き 3ドア冷蔵庫 SJ-W352E-S

価格:79,313円(税込)

350Lの大容量。両開きドアで便利

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「2~3人向けにおすすめ3ドア冷蔵庫」の第1位は、お手頃価格でありながら両開きドアに加えて大容量を実現した、シャープの3ドア冷蔵庫です。350Lと容量が大きめなので、食品の買いだめや調理済料理の保存にも適しています。

 

両開きドアは、左利きの人はもちろん、引越しで置き場所が変わっても大丈夫というメリットも。「ナノ低温脱臭触媒フィルター」が搭載されているので、冷蔵庫のイヤな臭いや雑菌・カビを抑えてくれるのも嬉しい仕様です。

 

低価格と相まって飽きのこないシンプルなデザインも、多くの人に選ばれる人気の理由のひとつと言えそうですね。

シャープ SJ-W352D 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

多機能で使い勝手のよい3ドア冷蔵庫2選

ここでは付加機能搭載の3ドア冷蔵庫を紹介します。価格は少し高くなりますが、「あってよかった」「あったら嬉しい」機能を享受したい人におすすめです。

第2位パナソニック(panasonic)

冷蔵庫 3ドア NR-C340GC-W

価格:139,820円(税込)

電気代目安が安く、省エネモードでさらに節電

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このパナソニック3ドア冷蔵庫に搭載された節電機能「エコナビ」は、3週間分の冷蔵庫ドア開閉状況と収納量を記憶したうえで曜日・時間帯に合わせて分析・予想。その結果を当日の使用状況と比較して、実際の電力量を調整して省エネを実行しています。

 

庫内に設置されたLEDの「光」を当てることで、食品の増減によって変化する照度から運転を制御しています。庫内の収容量が少ないときには省エネモードで、たくさんある時は通常モードで運転するので電気代の無駄が解消される仕組みなので、知らずに節電できる嬉しい機能です。

 

そのほかにも冷蔵室が一般的な冷蔵庫よりも低い位置に設定されていたり、真ん中に野菜室を設置するなど、使いやすい工夫がされているのも特徴。またドアは右開け・左開けタイプが用意されているので、左利きの人にもおすすめです。

パナソニック nr-c340gc 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較
第1位シャープ(SHARP)

プラズマクラスター冷蔵庫 3ドア(両開き・どっちもドア)  SJ-GW36E-R

価格:125,900円(税込)

これ1台で大満足できる機能が満載

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「できるだけたくさんの付加機能がほしい」という人に強くおすすめしたいのが、このシャープのプラズマクラスター冷蔵庫です。

 

  • チルドルーム
  • 急速冷凍
  • Ag+イオン加工自動製氷
  • 高湿度野菜室
  • プラズマクラスターイオン除菌
  • 人工知能による節電モード
  • 両開きが可能なドア

 

以上のように冷蔵庫の付加機能のほとんどが装備されているすぐれもの。自動製氷機能には、ボタン一つでお手入れできる機能も搭載されています。

 

356Lと容量も大きく、加えて折り畳みトレーや高さ調節トレーによって庫内のスペースの調整も簡単。これだけの付加機能が搭載されてこの価格で購入できる冷蔵庫はほかにはありません。お買い得かつ、一度使ったら手放せなくなりそうです。

まとめ

3ドア冷蔵庫は、300L以下の容量なら一人暮らしの人に、それ以上なら2、3人の少人数家庭にぴったりの容量です。今回おすすめした3ドア冷蔵庫は、シンプルな機能のものから多機能なものまでさまざまでした。3ドア冷蔵庫購入する際の参考にしてくださいね。