【2021版】おすすめ冷蔵庫の容量別20選|買うならこのメーカー!

冷蔵庫はキッチン家電の中でも重要なアイテムで、買い替えは絶対に失敗したくないですよね。しかし違いがわかりにくく選びにくいのも事実。この記事ではそんな冷蔵庫の選び方を簡潔にご紹介し、メーカーの違いもしっかりご解説します。冷蔵庫選びに迷っている人は必読です。

2021/06/28 更新

冷蔵庫は一家に1台欠かせない大型電化製品ですが、買い替えは10年ごとの大仕事になりがちです。10年はしっかり使うものだから失敗したくないし、高価なものだから慎重になる…そんな気持ちは当然ですが、冷蔵庫は形が似ていて違いがわかりにくいのが難点です。

 

しかも最近の冷蔵庫は「真ん中野菜室」と「真ん中冷凍室」が混在しており、購入前の事前調査は必須。パンフレットを眺めているだけで、選ぶ前からへとへとになってしまいます。

 

そこでこの記事では、わかりやすい冷蔵庫の選び方&おすすめの商品を容量別でご紹介します。じっくり選びたい人も、時間がなく忙しい人も必見です!

今すぐ見る!容量別おすすめの冷蔵庫20選

冷蔵庫は10年以上前に性能自体は完成しており、進化の少ない電化製品の代表でもあります。しかし最近はIoT化・スマートホームの流れでスマホ連携する冷蔵庫が増加傾向に。しかし使い方は「重量・ストック残量検知」「省エネアドバイス」「開閉状況チェック」と実用性は疑問と思えるものも多いです。

 

そんな中でやはり注目したいのは、冷蔵庫自体の性能です。約10年前は冷凍重視の冷蔵庫が優勢だったものの、今は健康志向の高まりから野菜室重視の冷蔵庫も増えています。鮮度長持ちはもちろん、ビタミンCを増やすものまであり、購入時の大きなポイントです。

冷蔵庫は10年使用する前提で購入される方が多いので、絶対に失敗なく慎重に選びたい電化製品の一つ。そのためにどのように選んでいくべきかを、順番にわかりやすくご紹介します。ここでは、以下の項目について説明しますので、先に読みたい項目がある人は直接下の目次から飛んでくださいね。

 

  1. 家族人数と容量
  2. 本体の幅と高さ(設置スペースと搬入)
  3. ドアの開閉タイプを選ぶ
  4. 野菜室重視か冷凍室重視か
  5. その他チェックすべき機能

①家族人数と容量

容量は冷蔵庫選びでもっとも大切なポイントですが、実際の商品を前にして迷う人も多いです。しかし適切に見極めなければ、「失敗した…」とあとで後悔してしまうことも。冷蔵庫の容量の目安は以下の式で算出することができます

 

  • 使用人数×1人あたりの容量(70L)+常備品の容量(100L)+予備の容量(70L)

 

例えば2人で使用する場合は「2×70L+100L+70L」で310Lが容量の目安となります。以下、わかりやすく一覧をまとめましたのでご参考にしてくださいね。

 

サブ用
(寝室用等)

〜100L
  • 1ドアの冷蔵庫がほとんど
  • 自動霜取りの有無がポイント
  • 小容量であれば冷温庫という選択肢も
1人用 100〜200L
  • 150L/180L前後のラインナップが多いが、野菜室orチルド室のどちらかがないものがほとんど
  • しっかり自炊するなら最低限機能がそろった200L台も視野に
2人用 200〜300L
  • 冷蔵・野菜・チルド・冷凍庫と一通りの機能はOK
  • 価格が安い分、各社目玉機能は割愛されている場合が多い
  • 将来家族が増えるなら400L台も視野に
3〜4人用 400L〜500L
  • 各社のメインラインナップで機能も多彩
  • 野菜メインか冷凍メインかをあらかじめ選択しましょう
5人以上 500L〜
  • 同上

 

ちなみに、最近はまとめ買い&冷凍の需要が年々上がり続けており、新しい冷蔵庫は今よりワンサイズ以上アップするという人が圧倒的に多いです。

②本体の幅と高さ(設置スペースと搬入)

容量の目星がついたら、次は「設置」と「搬入」についてです。ここがクリアできなければ、最悪の場合商品選び直しになってしまいますので、しっかり確認してくださいね。

搬入には余裕が必要

冷蔵庫を選ぶときには、搬入路が狭く欲しいサイズを諦めざるを得ない…ということも実際に起こります。とくに気をつけて欲しいのは、集合住宅にお住いの方です。

 

搬入で気をつけるポイント
  • 玄関のドアの幅と高さ
  • 廊下の幅(手すりなども)
  • 曲がり角で曲がれる余裕があるか(階段含む)

 

このようなポイントで、「実際の搬入中に泣く泣く商品キャンセルをした」という事例も実は少なくありません。基本的に、搬入には冷蔵庫の幅+10cm程度が必要になります。心配な人は、あらかじめ下見してもらえる場合もありますので、販売店にお問い合わせください。ちなみに、搬入には別料金がかかる場合もあります。

 

搬入に別料金がかかる場合
  • 作業員追加
  • 内階段
  • 3階以上の外階段
  • クレーン車利用など

放熱スペースは左右1cm程度あればOKが多い

最近の冷蔵庫は放熱スペースに関して左右5mmずつ、合計1cm以上あればOKのものがほとんどです。昔は5cm・10cmなど開ける必要がありましたが、今はさほど必要ありません。搬入路の問題さえクリアできれば、安心して大型の冷蔵庫でも選ぶことができますね。

③ドアの開閉タイプを選ぶ

ドアの開き方も冷蔵庫を選ぶ上で重要なポイントです。想定している設置場所で冷蔵庫のドアがスムーズに開閉できるかどうか、事前にシミュレーションしておきましょう。また動線のチェックも必要です。

 

右開きの冷蔵庫は右利きの人向けです。また冷蔵庫の左側に壁がある場合は右開きがおすすめです。左開きの場合はその逆となります。ドアがセンターで分かれているフレンチドアタイプは今年のトレンドです。冷蔵庫前のスペースが狭い場合は、このタイプを検討しましょう。

 

また、両開きの冷蔵庫もリリースされています。左右どちらからでも開けられるので、壁の位置を気にせずに使えます。

④野菜室重視か冷凍室重視か

この「野菜室」か「冷凍室か」は冷蔵庫の差別化のポイントで、実際に発売されている冷蔵庫もどちらかの性能を重視しているタイプが多いです。実生活では冷凍重視なのに野菜室が使いやすい冷蔵庫を選んでしまった…となると、後悔の元になってしまいます。

 

実際に冷蔵庫を選ぶときにも、

 

  • 真ん中野菜室
  • 真ん中冷凍室

 

この2パターンがあるため、自分にあった冷蔵庫を選ぶようにしましょう。ちなみに「切り替え式」冷蔵庫もありますが、これは「チルド(パーシャル)と冷凍の切り替え」で野菜室との切り替えではないためご注意ください。

コラム|販売シェアと省エネ性能に差はあるか

この2タイプでどちらがより多く選ばれているか、気になる人もいるかと思います。実は同メーカー内での販売台数は拮抗しているのが事実。ご家庭での出し入れ頻度に合わせて選ぶ形が正解です。

 

それでは、省エネ性能に関してはどうでしょうか。実は、真ん中冷凍室の方が冷却効率はよく、省エネ性能自体は高いという結果に。

 

商品 タイプ 年間消費電力量 備考
NR-F516MEX 真ん中野菜室 283kWh/年 2020年 10月発売
NR-F556WPX 真ん中冷凍室 266kWh/年 2020年 2月発売
NR-F507HPX 真ん中冷凍室 256kWh/年 2021年 3月下旬発売

例)Panasonic製 2020・2021年発売モデル

 

少しでも省エネ・電気代を気にするという人は、真ん中冷凍室を選ぶのもいいですね。

⑤その他チェックすべき機能

省エネ性能

省エネ性能は大容量の冷蔵庫ほど高くなります。一般的に400L台以上の商品から各社機能に力を入れており、省エネ性能もそれにしたがって400L台以上がお得になっています。ただし、本体が大きいということは、冷やすためにパワーがいることは確か。400L台以上の商品でしたらどれでもいい訳ではなく、しっかり確認も必要です。

 

例)三菱製冷蔵庫の容量別電気代

商品 容量 年間消費電力量 年間電気代目安
MR-P17F 168L 308kWh/年 8316 円
MR-MB45GL 451 L 255 kWh 6885 円
MR-MX57G 572 L 290 kWh 7830 円

 

例えばこちらの例に挙げた三菱の2021年モデルの大容量冷蔵庫ですと、451Lタイプの方がお得という結果に。572Lモデルと比較しなんと年間1000円以上も安いので、商品ごとにしっかり確認しましょう。

独立製氷室

独立した製氷室は400L以上の冷蔵庫にはほぼ標準で搭載されています。逆を言えば、300L台の冷蔵庫にはほとんどなし。製氷室が欲しい場合は必然的に大型冷蔵庫になってきます。ちなみに、衛生面が気になるという理由で搭載されていてもあえて使用しない人も

 

ちなみに三菱製冷蔵庫は、水道水が製氷室に行きつくまでのタンク・パイプ・ポンプまですべて丸洗い可能なので、上旬のクリーニング機能では心配という人はこちらをご検討くださいね。

熱いまま冷凍

忙しいご家庭におすすめなのが、ほかほかの食材を冷まさずに冷凍できる機能です。通常、粗熱が取れるまで冷蔵庫の外で冷ます必要がありますが、この機能があればラップに包んでそのまま冷凍庫へ入れるだけ。家事がパッと済むのがいいですね。

 

もっともこの熱いまま冷凍は、冷凍室全体でなく冷凍室の一部でのみ可能な商品が多いため、使い始める前に確認は必須です。

今すぐ見る!容量別おすすめの冷蔵庫20選

冷蔵庫の主要メーカーといえば、日立・三菱・パナソニック・東芝・SHARPの5メーカーで、大容量冷蔵庫のシェアもほとんどがこの5メーカーで構成されています。しかし、それぞれどんな違いがあるのかはわかりにくいもの。ここでは、それぞれの特徴を徹底比較します!

①各メーカーの特徴を比較

それでは、どのメーカーの冷蔵庫がどんな人に合っているかの前に、各メーカーごとの冷蔵庫の特徴に触れていきます。特徴をご解説したあとで、「結局どこがおすすめなのか?」もご紹介しますね。ちなみに、最近特に進化していると言われているのは、「東芝製」の冷蔵庫です。

 

先にお目当のメーカー特徴だけを見たい人は、下の目次から直接ご覧くださいね。

 

三菱製冷蔵庫の特徴

三菱電機の冷蔵庫は、「真ん中野菜シリーズ」と「真ん中冷凍室シリーズ」に大きく別れています。人気なのは真ん中野菜シリーズで、野菜を重視したい人から大人気。他にも、「切れちゃう瞬冷凍」という食材を冷凍庫から出した後すぐに調理可能な機能を搭載しています。

 

また、目立つポイントではないのですが、三菱の冷蔵庫は冷凍室の開け閉めが非常に楽です。ドアにローラーが仕込まれており、するする気持ちよく閉まります。毎日使用していると実感するポイントですよ。

 

三菱製冷蔵庫のポイント
  • 真ん中野菜室機種あり
  • 「切れちゃう瞬冷凍」で冷凍した食材をすぐに調理、ただし保存期間は短め
  • 「氷点下ストッカー」は瞬冷凍技術を応用!氷点下なのに凍らない
  • 「クリーン朝どれ野菜室」は野菜の潤いを保つ&底にトレイつきで掃除が簡単
  • 製氷室はタンク・ポンプ・パイプまで丸ごと全洗い可能!

パナソニック製冷蔵庫の特徴

パナソニックの冷蔵庫は「野菜より冷凍」というご家庭におすすめ。冷凍周りに使いやすい機能(はやうま冷却)&食材を劣化させない機能(はやうま冷凍)が集まっているため、まとめ買い・まとめて冷凍するご家庭の食生活をワンランクアップさせます。

 

ちなみに真ん中野菜室機種もあるため、どうしても野菜が多いという人も一考の価値ありです。ちなみにデザイン性では流石のパナソニックで、ユーザーが使いやすい形には定評があります。

 

 

パナソニック製冷蔵庫のポイント
  • 「はやうま冷凍」は業務用冷凍庫レベルの急速冷凍で旨味を逃さない
  • 「はやうま冷却」は粗熱取りもOK
  • 「ワンダフルオープン」で冷凍室が奥まで引き出せる
  • 冷蔵室最上段の奥行きが浅く、背の低い女性でも使いやすい
  • 真ん中野菜室機種もあるが、冷凍をよく使う人にこそおすすめ

日立製冷蔵庫の特徴

日立の冷蔵庫といえば「真空チルド」が有名でしたが、今はさらに進化した「まるごとチルド」に。今までの真空チルドの「狭い」という弱点を克服し、広く使いやすい「特鮮氷温ルーム」になりました。

 

日立の冷蔵庫は基本性能がいいことは疑いようがないのですが、ドアポケットや冷凍室の3段トレイなど使い勝手を特に考えられているところが大きなポイント。大人気なのも頷けます。

 

日立製冷蔵庫のポイント
  • 「真空チルド」→「まるごとチルド」として生まれ変わり性能アップ!
  • 今までのチルドルームに当たる「特鮮氷温ルーム」は間口が広くなり取り出しやすい
  • ドアポケットが大容量!上下3段の前後2段構成で2LペットボトルもOK
  • 冷凍室も3段トレイで仕分けが簡単
  • 「デリシャス冷凍」は熱いご飯も自動検知で冷却方法を自動変更
  • 全体的にバランスが良く使いやすい

シャープ製冷蔵庫の特徴

シャープの冷蔵庫の一番のポイントは大容量の「メガフリーザー」(冷凍室)で、共働きのご家庭に主に支持されています。他にも「どっちもドア(左右開き)」はシャープだけの特許。転勤が多いご家庭からは根強い人気があります。

 

またシャープの冷蔵庫は価格が下がりやすく値引き幅が大きいというのもポイント。三菱や日立・パナソニック製の同容量と比べて3〜4万円違うということも珍しくありません。予算を限定している人にもおすすめです。

 

 

シャープ製冷蔵庫のポイント
  • 価格が安い、値下がり幅が大きい
  • 「メガーフリーザー」で冷凍室が大容量
  • 野菜室は割り切って小さくてもいいご家庭に
  • 冷蔵室のポケットの高さが変更可能で使いやすい

東芝製冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫といえば「野菜」です。ここ数年真ん中冷凍室が標準だった時代にも、「真ん中野菜室」を貫き通したのは東芝のみ。それほど野菜へのこだわりは強く、「野菜の新鮮さを保ちたい」なら東芝一択と言ってもいいほどです。

 

その上、実は東芝は冷凍性能もすごいです。「急冷で旨味を閉じ込める」「30分で解凍モード」他社と同等以上の性能。またタッチオープン機構を搭載で、両手がふさがっている時でも肘でドアの開閉ができると、使い勝手も考えられています。

 

東芝製冷蔵庫のポイント
  • 野菜重視の人におすすめ。野菜室には野菜くずの掃き出し口つき
  • 実は野菜だけでなく冷凍室もすごい
  • 「氷結晶チルド」で旨味を閉じ込め、急速冷凍機能もあり
  • 「解凍モード」で30分で美味しいまま解凍可能
  • タッチオープンも使いやすく、USB
  • スマホ生活に対応!充電用USBポート付き機種もあり
  • ここ数年で一番進化しているメーカー
  • 下位モデルは値引きも大きい

どのメーカーがどんな家庭に合っているか

それでは、ここまでのメーカー特徴を加味してどのメーカーがどのようなご家庭に合っているかを考えてみましょう。ただし、冷蔵庫は毎年新商品が発売されるため、この一覧は2020年・2021年モデルでの分析になります。

 

冷凍性能を重視
  • 基本全メーカー力を入れている
  • 急冷は上位機種に標準搭載
  • 解凍モード→ 東芝
  • 業務用匹敵の冷凍性能→ パナソニック
  • 切れちゃう瞬冷凍→ 三菱
野菜を重視
  • 東芝(真ん中野菜室/野菜くず掃き出し口あり)
  • 三菱(真ん中野菜室/野菜くずは外せるトレイで受ける)
チルド性能を重視
  • パナソニック、三菱、日立、東芝
価格を重視
  • シャープ、東芝
  • その他メーカーの下位モデル

 

これ以外に、ポケットや棚の位置などの使い勝手は実際に商品を見てみないとわからないところも大きいです。あくまでメーカー選びの目安としてご覧くださいね。

真ん中冷凍室タイプ

パナソニック(Panasonic)

NR-F506HPX-W

価格:208,800円 (税込)

「はやうま冷凍」でうまみを壊さず急速冷凍

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのNR-F506HPX-Wは業務用レベルの急速冷凍を可能とする「はやうま冷凍」を搭載した冷蔵庫です。急速冷凍することで食材のうまみが壊れずに、解凍・加熱後の美味しさが大きくアップします。加えて急冷機能である「はやうま冷却」も備えました。朝のお弁当作りも「はやうま冷却」で時短できます。本体は大容量なのにすっきりとスリムになっており、設置場所に困ることもありません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック 商品名 NR-F506HPX-W
寸法・サイズ 幅650x高さ1828x奥行699 mm 庫内容量 500 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★★
年間消費電力 274 kWh 年間電気代 7398 円
その他機能 脱臭 除菌 ガラスドア
日立

R-HX52NX

価格:244,800円 (税込)

食材の鮮度を保つ工夫が凝らされた冷蔵庫

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のR-HX52NXは冷蔵室のどこでも鮮度が長持ちする「まるごとチルド」を採用した冷蔵庫です。また急いでおかずを冷やしたいときには「クイック冷却」が活躍します。お弁当作りや調理で粗熱を取る場合などにとても便利です。野菜を眠らせるように保存できる「新鮮スリープ野菜室」や、凍らせずに保存する「特鮮氷温ルーム」など、食材の鮮度を保つ工夫が随所に凝らされています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 日立 商品名 R-HX52NX
寸法・サイズ 幅650x高さ1833x奥行699(ハンドル・脚カバー含む:701) mm 庫内容量 520 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 -
年間消費電力 234 kWh 年間電気代 6318 円
その他機能 脱臭 ガラスドア
シャープ

SJ-F502F-S

価格:159,800円 (税込)

大容量冷凍室「メガフリーザー」搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-F502F-Sは大容量の冷凍室「メガフリーザー」を備えた冷蔵庫です。冷凍室にたっぷりと保存できるので、安心して食材の買い置きができます。冷蔵室はフレンチドアになっており、冷蔵庫前にスペースがなくても設置可能です。「雪下シャキット野菜室」は低温高湿コントロールで野菜の鮮度を長く保たせ、加えて甘み成分もアップさせます。「プラズマクラスターイオン」で除菌や脱臭して、庫内を常に清潔に保ちます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シャープ 商品名 SJ-F502F-S
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行699(ハンドル・調節脚部含む:704) mm 庫内容量 502 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★
年間消費電力 400 kWh 年間電気代 10800 円
その他機能 脱臭 除菌

真ん中野菜室タイプ

三菱

MR-MX50F-ZT

価格:205,722円 (税込)

瞬冷凍で肉や魚の解凍不要

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱のMR-MX50F-ZTは解凍不要で肉や魚を切ることのできる「瞬冷凍」を搭載しており、肉・魚・野菜を自動で美味しく冷凍します。解凍の必要もなく、料理の下ごしらえの時短になります。レイアウトは野菜室を真ん中にしており、出し入れが簡単で負担を軽減します。「朝どれ野菜室」は野菜の鮮度を保ったまま保存可能です。薄型断熱構造で大容量とコンパクトを両立しており、設置場所にも困りません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 三菱 商品名 MR-MX50F-ZT
寸法・サイズ 幅650x高さ1826x奥行699(脚カバー含む:709) mm 庫内容量 503 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★★★
年間消費電力 250 kWh 年間電気代 6750 円
その他機能 脱臭 除菌 ガラスドア
東芝

GR-S550FZ-ZH

価格:233,760円 (税込)

「氷結晶チルド」で肉や魚を美味しく保存

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のGR-S550FZ-ZHは氷のラップで美味しさをそのままキープする「氷結晶チルド」を搭載した冷蔵庫です。「氷結晶チルド」で肉や魚を生のまま、美味しく長期保存することができます。冷蔵室の扉には給電用のUSBポートを搭載しており、スマートフォンのバッテリーを気にせずにレシピ動画やレシピサイトをチェックできます。「選べる4つの切り替えチルド」で通常・氷結晶・速鮮・解凍モードをシーンに合わせて選べます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 GR-S550FZ-ZH
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行699(ハンドル部・脚カバー含む:702) mm 庫内容量 551 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★★★★
年間消費電力 243 kWh 年間電気代 6561 円
その他機能 脱臭 除菌 ガラスドア

真ん中冷凍室タイプ

シャープ(SHARP)

SJ-W412E-S

価格:110,000円 (税込)

シャープ独自の「どっちもドア」で左右両開き

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-W412E-Sはプラズマクラスターで除菌・脱臭して食材の清潔さを保てる冷蔵庫です。ボディはスリムタイプを採用しており、ドアは左右どちらにも開くシャープ独自の「どっちもドア」です。女性の身長に合わせたローウエスト設計により、小柄な女性でも重いペットボトルを楽に出し入れできます。「新鮮冷凍」「おいそぎ冷凍」を採用しており、食材の霜付きを抑えながら鮮度を保てます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー シャープ 商品名 SJ-W412E-S
寸法・サイズ 幅600x高さ1820x奥行698(ハンドル・調節脚部含む:705) mm 庫内容量 412 L
ドアの開き方 左右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 340 kWh 年間電気代 9180 円
その他機能 脱臭 除菌
シャープ

SJ-GW41F

価格:139,800円 (税込)

どっちもドアかつ大容量フリーザー搭載

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-GW41Fはプラズマクラスターで除菌・脱臭して食材の清潔さを保てる冷蔵庫です。ボディはスリムタイプを採用しており、ドアは左右どちらにも開くシャープ独自の「どっちもドア」です。女性の身長に合わせたローウエスト設計により、小柄な女性でも重いペットボトルを楽に出し入れできます。「新鮮冷凍」「おいそぎ冷凍」を採用しており、食材の霜付きを抑えながら鮮度を保てます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 SJ-GW41F
寸法・サイズ 幅600x高さ1820x奥行698(ハンドル・調節脚部含む:705) mm 庫内容量 412 L
ドアの開き方 左右開き 省エネ性能 ★★★★
年間消費電力 252 kWh 年間電気代 6804 円
その他機能 脱臭 除菌
パナソニック(Panasonic)

NR-FV45S6

価格:132,800円 (税込)

「ワンダフルオープン」で奥の食材も見つけやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのNR-FV45S6は「ワンダフルオープン」を採用して野菜室や冷凍室が100%全開できるので、奥の食品が取り出しやすく見つけやすい冷蔵庫です。「エコナビ」は生活に合わせて3つのエコ機能が自動で節電し、消費電力を抑えます。自動製氷にも対応しており、吸水すると最速80分できれいな氷が作れます。冷蔵室のドアがフレンチドアになっていますので、前面のスペースが狭くても設置可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック 商品名 NR-FV45S6
寸法・サイズ 幅685x高さ1828x奥行633(脚カバー含む:665) mm 庫内容量 451 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★
年間消費電力 390 kWh 年間電気代 10530 円
その他機能 脱臭
日立

R-HW48N

価格:202,800円 (税込)

「特鮮氷温ルーム」で肉や魚を美味しく保存

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のR-HW48Nは「まるごとチルド」を採用しており、冷蔵室のどこの棚に食材を置いても鮮度が長持ちします。作り置きした料理も美味しく冷蔵可能です。「クイック冷却」を備えていますから、調理したものの粗熱を取りたいときにもさっと冷ませて時短につながります。「特鮮氷温ルーム」は乾燥を抑えて凍らせずに肉や魚を美味しく保存できます。冷凍させないのでカットするときも回答が必要ありません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 日立 商品名 R-HW48N
寸法・サイズ 幅650x高さ1833x奥行649(ハンドル・脚カバー含む:651) mm 庫内容量 475 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能 ★★★★
年間消費電力 274 kWh 年間電気代 7398 円
その他機能 脱臭 ガラスドア

真ん中野菜室タイプ

三菱

MR-MB45F-ZT

価格:175,000円 (税込)

毎日の調理の手間を軽減

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱のMR-MB45F-ZTは「切れちゃう瞬冷凍」搭載で、冷凍した肉や魚を解凍不要でカット可能。調理時間を短縮できます。「氷点下ストッカーD」は冷蔵室やチルド室より低い温度で食材を凍らせずに保存できるため、取り出したあとですぐに調理に入れるのもポイント。バランスのいい機種をお探しの方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 三菱 商品名 MR-MB45F-ZT
寸法・サイズ 幅600x高さ1826x奥行699(脚カバー含む:709) mm 庫内容量 451 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★★★
年間消費電力 255 kWh 年間電気代 6885 円
その他機能 脱臭 除菌 ガラスドア
東芝

GR-S470GZ

価格:154,800円 (税込)

食材を美味しく保存できる冷蔵庫

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のGR-S470GZは「氷結晶チルド」を搭載した5ドアの右開き冷蔵庫です。「氷結晶チルド」は肉や魚を凍らせずに氷でラップして、生のまま美味しく長期保存できます。解凍の手間やドリップの発生も抑えられて、しっかりと食材のうまみをキープします。「摘みたて野菜室」はまるで野菜を摘みたてのようにみずみずしく保存可能です。保存することで野菜の甘みもアップして、1週間経っても美味しく食べられます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 GR-S470GZ
寸法・サイズ 幅600x高さ1833x奥行704(ハンドル部・脚カバー含む:707) mm 庫内容量 465 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★★★
年間消費電力 235 kWh 年間電気代 6345 円
その他機能 脱臭 除菌 ガラスドア
SHARP

SJ-W353G-N

価格:78,991円 (税込)

手頃な容量&価格のどっちもドア

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-W352Fは3ドアで冷蔵室が左右両開きの「どっちもドア」になっている冷蔵庫です。女性の身長に合わせたローウエスト設計で、重い食材やペットボトルも楽に出し入れできます。庫内は明るくて見やすいLED照明が照らし、食材の自然な色そのままを見せます。一点、省エネ性能は高くないため、電気代を気にする人はご注意ください。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 SJ-W353G
寸法・サイズ 幅600x高さ1690x奥行665(ハンドル・調節脚部含む:672) mm 庫内容量 350 L
ドアの開き方 左右開き 省エネ性能
年間消費電力 420 kWh 年間電気代 11340 円
その他機能 脱臭
日立(HITACHI)

R-V32KV

価格:113,269円 (税込)

「うるおい野菜室」で野菜がみずみずしい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のR-V32KVはスリムで幅60cmの片開き冷蔵庫です。野菜室真ん中を採用しており野菜の出し入れが楽で、調理の動線をすっきりさせます。食品に直接冷気を当てず乾燥を抑える「うるおいチルド」で食材の鮮度を落としません。他にも野菜から出る水分を抑えて閉じ込める「うるおい野菜室」など、食材の鮮度を味を守るための工夫が随所に凝らされています

 

スペック詳細はこちら

メーカー 日立 商品名 R-V32KV
寸法・サイズ 幅540x高さ1735x奥行655 mm 庫内容量 315 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 330 kWh 年間電気代 8910 円
その他機能 脱臭
東芝(TOSHIBA)

GR-S33SC-KZ

価格:114,400円 (税込)

マットチャコールでスタイリッシュなカラー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のGR-K33Sはインバーター+エコモードを搭載しており、省エネを実現しています。機密性を高めた構造により湿度を逃さず、野菜を乾燥から守る「うるおいラップ野菜室」を搭載しています。幅が60cmとスリムタイプで手狭なスペースでも設置しやすく、設置場所を選びません。前年度の同ラインナップより省エネ性能が大幅にアップも嬉しいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー名 東芝 商品名 GR-S33SC
寸法・サイズ 幅600x高さ1643x奥行665(ハンドル部・脚カバー含む:681) mm 庫内容量 326 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★★
年間消費電力 325 kWh 年間電気代 8775 円
その他機能 脱臭
三菱

MR-CX33E

価格:134,700円 (税込)

「ビッグフリーザー」搭載でたっぷり冷凍

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱のMR-CX33Eはコンパクトで出し入れのしやすいロータイプの3ドア冷蔵庫です。冷凍食品がたっぷりと収納できる「ビッグフリーザー」を備えており、数日分の買い置きも十分に冷凍できます。「氷点下ストッカー」は肉や野菜を氷点下で生のまま凍らせずに保存することで、鮮度やうまみを落としません。汚れを簡単に拭き取ることのできる「全段ガラスシェルフ」で掃除の手間を軽減しました。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 三菱 商品名 MR-CX33E
寸法・サイズ 幅600x高さ1698x奥行656(脚カバー含む:660) mm 庫内容量 330 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 328 kWh 年間電気代 8856 円
その他機能 脱臭
パナソニック(Panasonic)

NR-C341C

価格:109,500円 (税込)

野菜室真ん中で野菜の出し入れ楽々

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのNR-C341Cは全長が少し低めの168cmで、野菜室が真ん中にレイアウトされいている冷蔵庫です。重い野菜も「野菜室が真ん中」なら楽に出し入れできます。「エコナビ」を採用しており使わない時間帯は自動で節電し、電力を浪費しません。「全棚ガラストレイ」と「天面LED照明」を備えており、庫内が清潔で見やすく工夫されています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック 商品名 NR-C341C
寸法・サイズ 幅590x高さ1678x奥行633(ハンドル含む:645) mm 庫内容量 335 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 330 kWh 年間電気代 8910 円
その他機能 脱臭
三菱

MF-U12D

価格:64,800円 (税込)

幅48cmのコンパクトな冷蔵庫

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱のMF-U12Dは幅48cmのコンパクトな設計で設置場所を選ばない冷蔵庫です。小さな冷蔵庫にありがちなうるさい運転音も、静音設計でしっかりと抑えて静かです。面倒な霜取りを不要にする「ファン式自動霜取」を備えており、庫内の掃除の手間が省けます。天面には耐熱トップテーブルを採用しておりオーブンやレンジ、炊飯器などを設置できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 三菱 商品名 MF-U12D
寸法・サイズ 幅480x高さ1126x奥行586 mm 庫内容量 121 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 405 kWh 年間電気代 10935 円
その他機能 耐熱トップテーブル
SHARP(シャープ)

SJ−GD15G−B

価格:64,150円 (税込)

スタイリッシュなデザインがおしゃれ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ−GD15Gはドアの開閉方向を自由に付け替えられる「つけかえどっちもドア」を採用しており、設置場所を選ばないことが特徴です。引っ越しで冷蔵庫の配置が換わってもドアの左右を選んで付け替えられます。「プラズマクラスター」を採用しており除菌されたクリーンな冷気が循環します。庫内は明るく見やすいLED照明が食材を自然な色のまま見せます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SHARP(シャープ) 商品名 SJ−GD15G
寸法・サイズ 幅495x高さ1203x奥行598(ハンドル・調節脚部カバー含まず) mm 庫内容量 152 L
ドアの開き方 右(付け替え可能) 省エネ性能 ★★★
年間消費電力 290 kWh 年間電気代 7830 円
その他機能 脱臭
東芝

GR-R15BS

価格:61,201円 (税込)

一人暮らし向けの2ドア冷蔵庫

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のGR-R15BSは一人暮らし向けの2ドア冷蔵庫です。天面に設置されたブライト照明で庫内が明るく、見やすいことが特徴です。天面は耐熱温度100℃のテーブルボードになっており、冷蔵庫上部のスペースを無駄なく活用できます。電子レンジやオーブン、炊飯器などのキッチン家電を設置可能です。「全段ガラス棚」で汚れもさっと拭くだけOK。掃除の負担も軽減されます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー 東芝 商品名 GR-R15BS
寸法・サイズ 幅479x高さ1269x奥行582(ハンドル部含む:642) mm 庫内容量 153 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 298 kWh 年間電気代 8046 円
その他機能 耐熱トップテーブル
パナソニック(Panasonic)

NR-B17CW

価格:49,800円 (税込)

空間に調和する上質なデザイン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのNR-B17CWは買い置きや作り置き、食材やおかずの保存に便利な大きめの冷凍室を備えた冷蔵庫です。拭くだけで汚れが落ちる手入れが簡単なガラストレイを採用しており、掃除の手間を軽減します。空間に調和する上質なデザインで設置した部屋の雰囲気を壊しません。耐熱トップテーブルを備えており、冷蔵庫上部スペースには電子レンジやオーブンなどが設置できます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック 商品名 NR-B17CW
寸法・サイズ 幅480x高さ1293x奥行586 mm 庫内容量 168 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 ★★
年間消費電力 308 kWh 年間電気代 8316 円
その他機能 耐熱トップテーブル
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

IRSD-14A

価格:22,800円 (税込)

52Lの「ビッグサイズフリーザー」で大量冷凍

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマのIRSD-14Aは一人暮らしに最適なコンパクトサイズの冷蔵庫です。冷蔵室には高さを変えられるガラス棚とクリアケースを備えており、掃除もしやすく使い勝手抜群です。コンパクトなのに142Lの大容量で、自炊する人にもおすすめします。52Lの「ビッグサイズフリーザー」にはたくさんの食材を冷凍保存可能です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー アイリスオーヤマ 商品名 IRSD-14A
寸法・サイズ 幅500x高さ1215x奥行549 mm 庫内容量 142 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能 -
年間消費電力 259 kWh 年間電気代 6993 円
その他機能 -

冷蔵庫は大容量になるほど価格が高く、気軽に購入できる製品ではありませんよね。そんな冷蔵庫を少しでも安く購入するなら型落ちのモデルがおすすめです。1年から数年程度の型落ちモデルなら、新製品とそこまで技術的な差もありません。

 

冷蔵庫のモデルチェンジの時期は毎年10~11月くらいです。1年でもっとも冷蔵庫が安くなるのはその前の8~9月あたりになります。型落ちのモデルや購入時期を見定めて賢く購入してください

それぞれの違いがわかりにくい冷蔵庫も、それぞれの特徴を押さえておけばご家庭に合ったものを選ぶことができます。ぜひ使いやすい冷蔵庫を選んで、難しい買い替えを成功させてくださいね!