使わなくなった冷蔵庫は買取がおすすめ!相場や買取方法もご紹介!

冷蔵庫を手放す方法にはさまざまな方法があるので、迷ってしまいますよね。そこで今回は、冷蔵庫を買取に出すときの相場や便利な買取方法について解説します。さらに、冷蔵庫の買取におすすめな時期やより高く買い取ってもらう方法もご紹介するのでお見逃しなく!

2020/12/26 更新

使わなくなった冷蔵庫は粗大ごみなどで捨てることはできず、必ずリサイクルしなくてはなりません。しかし、買取や下取りなどさまざまな方法があり、どうやって処分するのが一番いいのか迷ってしまいますよね。

 

そんな冷蔵庫の処分には買取がおすすめです。また、買取とひとことで言っても、家電量販店やハードオフなどのリサイクルショップ、出張買取サービスのように方法はさまざまです。

 

 そこで今回は、冷蔵庫を買取に出すときの相場や便利な買取方法についてご紹介します。さらに、冷蔵庫の買取におすすめな時期や、高く買い取ってもらいやすくなる方法についても解説するのでお見逃しなく。

冷蔵庫は処分するよりも買取の方が断然おすすめです。なぜなら、冷蔵庫の処分には家電リサイクル法で定められているリサイクル料金がかかってしまうからです。処分にお金がかかるからといって、不法投棄は重い罰則が科せられてしまうので絶対にしてはいけません。

 

お金をかけずに手放すには買取が1番おすすめです。買取査定をしてもらうことで、状態によってはお金を得ることもできます。買取で得たお金を使って新しい冷蔵庫を買うこともできるので、メリットしかありません。

 下取りとは、新しい商品を購入することを条件として、それまでに使っていた家電製品を買い取ってもらうというものです。もちろん、気に入った商品があって、それに下取りして買い替えたという場合は別ですが、安くなるからという理由で買うのはおすすめしません。

 

買取価格にもよりますが、買取ならお金を得ることができるので、それで新たな自分好みの冷蔵庫を新しく買うことができます。下取りセールは値引きの口実のようなものなので、年数がたっていない冷蔵庫なら、買取の方が断然おすすめです。

使っていた冷蔵庫でも買い取ってもらえるなら、できるだけ高い価格で買い取ってもらいたいですよね。そこで、冷蔵庫を高く買い取ってもらうコツを解説します。ぜひ、買取に出す際の参考にしてください。

付属品や長期保証書をとっておく

冷蔵庫を購入したときの保証書を取っておくことによって、冷蔵庫の買取価格は高くなりやすいです。さらに、冷蔵庫を購入したときについてきた付属品があると買取価格も上がります。卵ケースや製氷皿などが付属品としてついていたなら、取っておきましょう。

きれいに掃除しておく

冷蔵庫はきれいに使っているつもりでも、細かい汚れや臭いが付着していることが多いです。そのため、冷蔵庫を買い取ってもらう際には、事前にふき掃除をしておきましょう。それでも冷蔵庫の匂いが気になるときは、冷蔵庫の中に炭を置いておくのがおすすめです。

売りたいものがあったらまとめて売る

 冷蔵庫のほかにも、何か売りたいものがあるときには、それらもまとめて買い取ってもらいましょう。ほかの家電製品もまとめて一緒に買取ってもらうことによって、買取査定額が上がるケースもあるので、とてもおすすめの方法です。

冷蔵庫の買取金額の相場は、容量や年式、メーカー、使用感などによって変わってきます。さらに、冷蔵庫を買ったときについてきた卵ケースや製氷皿などの有無でも査定価格は変わります。こうした小さなポイントも以下で解説します。

容量によって変わる

冷蔵庫の買取価格は、冷蔵庫の容量によって異なります。そのため、自分が持っている冷蔵庫がどの容量のものなのかをチェックしておくことが重要です。ぜひ下の表を参考にして、価格の目安を確認してみてください。

  価格(1年落ち) 備考
〜200L 3000円~8000円前後 一人暮らしやサブ的に使っている方が多い冷蔵庫
300〜400L 10000円~15000円前後 一人暮らしで使うとしては少し大きめの冷蔵庫のサイズ
400〜500L 25000円~30000円前後 中型冷蔵庫~ファミリー用冷蔵庫の中間くらいの大きさ
500L〜 40000円~70000円前後 4ドアや5ドアの冷蔵庫が主流のサイズ

年式によって変わる

冷蔵庫の買取価格は、年式によっても変わってきます。そのため、自分の持っている冷蔵庫はどのくらい使っているのかを確認しておく必要があるでしょう。ぜひ、下の表を参考にしてください。

  価格(ファミリーサイズの場合)
1年落ち 20000円~50000円前後
2年落ち 15000円~35000円前後
3年落ち 5000円~25000円前後
4年落ち 5000円~15000円前後
5年落ち 0円~10000円前後

メーカー

最近は、価格が手ごろであることから中国や韓国などの国外メーカーの冷蔵庫も人気があります。しかし、買取に出した場合、国外メーカーと同じようなスペックや年式であったとしても、国内メーカーの方が値段が高くなる傾向があります。

 

そのため、自分の持っている冷蔵庫がどこのメーカーで作られたものなのかを知っておくことが重要になります。もし、持っている冷蔵庫が国内メーカーで製造された冷蔵庫であるならば、高値で買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。

使用感

 買取価格には、冷蔵庫の使用感も関係してきます。使い古されている様子が見える冷蔵庫だと、買取のときの印象があまりよくありません。さらに、調味料がこぼれたようなちょっとした汚れがついているものも、買取業者の方で清掃の工数がかかってしまうのでその分買取価格が低くなります。

 

そのため、冷蔵庫は外見、内部ともにできる限り使用感のない状態が望ましいでしょう。できるだけ新品に近い状態であればあるほど、買取価格は高くなるので、冷蔵庫を買い取ってもらう際には、しっかりと磨いておきましょう。

新たな冷蔵庫を買うための資金にするには、できるだけ高い値段で買い取ってもらいたいですよね。そこで、冷蔵庫を高く買い取ってもらいやすい時期を解説します。

春の引っ越しのシーズン

春の引っ越しシーズンは、新生活で冷蔵庫が必要になる人や転勤をする人がいるので、冷蔵庫を買い替える人が多くなります。この時期に買取に出すことによって、買取価格が上がりやすいのでとてもおすすめです。ぜひ、この時期を狙って買取に出しましょう。

6月~7月

6月から7月くらいの梅雨から夏にかけての時期は、冷蔵庫の故障による買い替えが多いです。そのため、この時期に買取に出すことによって買取価格が上がりやすくなるので、とてもおすすめです。冷蔵庫の買取を考えているのなら、梅雨から夏の時期もおすすめです。

冷蔵庫を買い取ってもらう方法としては、リサイクルショップなどの店頭に自分で運んでいく方法や家電量販店に持ってく方法、出張買取サービスなどがあります。それぞれ買取の価格も違うので、確認しておく必要があるでしょう。

リサイクルショップ

冷蔵庫を手放したいなと思ったら、リサイクルショップで買い取ってもらうのもおすすめです。ハードオフやオフハウスなどのリサイクルショップなら、予約をすることで、出張買取も行ってくれるので、自分で運ぶ重労働がなくてとても便利です。

 

リサイクルショップなら、冷蔵庫は中古品として再販されることが多いです。そのため、冷蔵庫を買ったときについてきた、たまごケースや製氷皿は必ず合わせて買い取ってもらうようにしましょう。買取価格が上がりやすくなります。

家電量販店

冷蔵庫は家電量販店の買取もおすすめ。ヤマダ電機やケーズデンキなど、さまざまな家電量販店で買い取ってもらえるでしょう。ヤマダ電機は訪問買取も行っていますので、重くて運べない場合も安心です。

 

ヤマダ電気でなくとも、別途料金を払うことで訪問買取を行ってくれる家電量販店もあります。さらに、店頭で冷蔵庫を購入した方は、購入した冷蔵庫を家に届けたときに、使っていた冷蔵庫を引き取ってくれるサービスもあります。

出張買取サービス

 冷蔵庫はかなり重量があるので、一人暮らしの方などは出張買取がおすすめです。出張買取なら、スケジュールを合わせて予約することで家まで買取に来てくれるので、自力で運び出す必要はありません。

 

さらに、高層のマンションやアパートに住んでいる方は、重い冷蔵庫を運び出すのがとても大変ですよね。しかし、住んでいるところが高層マンションやアパートなら、業者の方が共用部分の養生も行ってくれるので、出張買取サービスはとてもおすすめです。

今回は、使わなくなった冷蔵庫を買い取ってもらう方法や、できるだけ高い価格で買い取ってもらうコツなどについてご紹介しました。高い価格で買い取ってもらうためには、付属品も合わせて売るのがとても有効的です。使わなくなった冷蔵庫をお得に買い取ってもらいましょう。