冷蔵庫の幅ごとの特徴とおすすめ | 選び方のポイントとおすすめの幅で選ぶ冷蔵庫

冷蔵庫と言えば家庭内でも特に高い買い物の一つですよね。値段が高くずっと使いづつけるものだからこそ、冷蔵庫選びには失敗したくないものです。そこで今回は、冷蔵庫の幅が各家庭でピッタリ合うような冷蔵庫の選び方を紹介させていただきます。

こちらの記事もおすすめ

冷蔵庫選びのポイント

冷蔵庫選びには、メーカーが東芝・パナソニック・日立など様々あり、さらに容量・幅・扉の開き方などたくさんの選択肢があります。

 

冷蔵庫を選ぶ際にまず気をつけたいポイントは、何人で使うのか?ということです。1人なら小さいもので済みますし、4人なら大きいものでないと冷蔵庫に食品が入りきらなくなってしまいます。これを決めないと、大まかなサイズ感や機能を決めることができないので、まず最初に決めるようにしましょう。何人で使うのかが決まれば、冷蔵庫の全体の幅・冷凍庫の容量・左開きか右開きか・デザインなどから優先度を決めて冷蔵庫を選んでいくことになります。

 

今回は主に冷蔵庫の幅に焦点を当てて、冷蔵庫の幅を基に冷蔵庫の選び方をお話しさせていただきます。

冷蔵庫の幅を決める際に知っておきたいこと

「6人の家庭で使う冷蔵庫だからとりあえず一番大きな幅の冷蔵庫にしておく」というように、短絡的に広い幅の冷蔵庫を選んでしまうと後から後悔してしまう可能性があります。ここで冷蔵庫の幅を決めるにあたって、知っておいていただきたい重要な点を2つ紹介します。

設置場所に収まるか?

「冷蔵庫を置く場所を確保していたのに、いざ置こうとしたら幅が大きくて収まらなかった!」なんてことになると非常に困ります。設置場所を広げられればいいのですが、広げられない場合は返品や買い直しといったことになってしまいます。

 

そのため、あらかじめ設置場所の長さをメジャーなどで測っておく必要があります。この際気をつけていただきたいことは、冷蔵庫の放熱スペースを確保しておくことです。この放熱スペースを確保していない場合、熱がこもって冷却しづらくなることで異音や冷却不可といった故障を引き起こしてしまいます。

 

放熱スペースを確保するためには、上5cm・左右10cmほどのスペースが必要です。奥行きのスペースは必要ありませんが、コンセントを通す必要がある場合は確保した方がいいでしょう。

 

このように、まず設置予定場所はどのくらいの長さなのか測っておくことが重要です。

搬入経路で詰まらないか?

次に知っておいていただきたいことは、搬入経路で冷蔵庫がつっかえてしまって通らないようなことはないか?ということです。一軒家なら基本的に大丈夫なことが多いですが、問題はマンションです。

 

マンションの搬入経路は、エレベーター・廊下・階段・玄関扉といった経路が狭くなりそうな箇所がたくさんあります。特にエレベーターと玄関扉がネックになることが多いです。冷蔵庫が搬入経路を通れないのはどうしようもないことなので、あらかじめきちんと冷蔵庫が通るかどうか確認を怠らないようにしましょう。

 

冷蔵庫の買い替えの場合は既存の冷蔵庫の幅以下を買えば問題無いのですが、新しく買う場合は特に気をつけてあらかじめ設置場所と搬入経路の幅を測っておくようにしてください。

冷蔵庫の幅の目安

では冷蔵庫の幅はいったいどのくらいの長さがあるのか、確認していきましょう。大体の目安を知っておくことで、確保しておくべき設置場所の広さにも検討がつくようになります。

 

冷蔵庫の幅は、約40cm〜90cmまで存在しています。50cmまでが2人以下用、50cm〜68cmが3〜5人用、68cmより上が6人以上用といったものが目安になります。幅が大きくなればなるほど冷蔵庫と冷凍庫の容量も増えますので値段も大きく上がっていきます。ちなみに値段は50cmまでが約3万円、50cm〜68cmが約15万円、68cmより上が約30万円くらいの相場となっています。

 

では次に、どんな世帯がどれくらいの幅の冷蔵庫を使用しているのか、平均的な冷蔵庫の幅について見ていきましょう。

 

平均的な冷蔵庫は幅何cm?

まず1人〜2人で使う冷蔵庫の幅は、平均で48cmほどとなりました。横幅も縦幅もかなりコンパクトですが、その分上に物を載せることができたり電気代を節約することができるなどのメリットもあります。

 

次に3人〜5人で使う冷蔵庫の幅は、平均で62cmほどとなりました。幅が62cmにもなると、冷蔵庫の容量は380Lも入るほどかなりの大きさになってきます。値段も10万円を超えてきますので、より一層冷蔵庫と設置場所・搬入経路の幅を確認しておくことが必要となります。

 

最後に6人以上で使う冷蔵庫の幅は、平均で72cmほどとなりました。この大きさになるとなかなか一般家庭が購入することは少なく、お店やオフィスなどの法人が購入することが多いようです。

幅と容量は比例していない

各家庭における冷蔵庫の幅の平均を紹介しましたが、実は幅と容量は必ず比例しているものではありません。

 

メーカーや製品によって幅が広いのに容量は小さかったり、幅が狭いのに容量は大きかったりすることがあります。一概にこの幅がこの人数用だと決めつけることはできませんが、あくまで目安だと思ってご覧になってください。

 

 

幅ごとのおすすめ冷蔵庫6選

ここまで、幅に焦点を置いた冷蔵庫の選び方について紹介してきました。では最後に、実施どんな冷蔵庫がおすすめなのかについて紹介していきたいと思います。各家庭に合わせて3パターンの例を挙げているので、ぜひ参考にしてみてください。

幅50cmまでのおすすめ冷蔵庫(1人〜2人用)

三菱 MR-P15D

三菱電機

三菱 146L 2ドア冷蔵庫(サファイアブラック)【右開き】MITSUBISHI MR-P15D-B

価格:37,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「三菱 MR-P15D」は幅が48cmです。縦幅が長く入る容量は146Lと、1人〜2人用の冷蔵庫の中でも大きめかもしれません。特に料理をする1人暮らしの方や、2人で住まわれている方におすすめの冷蔵庫です。

ハイセンス HR-B95A

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 冷凍冷蔵庫 93L HR-B95A

価格:16,869円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ハイセンス HR-B95A」の幅は48.1cmです。先ほどの冷蔵庫と違って、こちらは93Lと容量がかなり小さめです。あまり料理はしないが、長期保存のきく食品だけ保存したい1人で住まわれている方などにおすすめの冷蔵庫です。

幅50cm〜68cmのおすすめ冷蔵庫(3人〜5人用)

シャープ SJ-D23E-S

シャープ(SHARP)

シャープ 冷蔵庫(幅54.5cm) 225L 右開き 2ドア SJ-D23E-S

価格:64,172円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「シャープ SJ-D23E-S」は幅が54.5cmです。容量は225Lで値段は64000円前後とかなり大きくなってきました。

 

冷蔵庫内はLED照明のため、食品の色が変に黄色っぽくならずに見た目そのままで見ることができます。そのため、カビが生えているかどうかも一目瞭然で冷蔵庫内を常に清潔に保つことができます。また、氷を一度作っておくとあとはひねるだけで自然に氷が出てくるというような機能もあるので、値段相応の商品になっています。

シャープ sj-d23e 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

三菱 MR-CG37E-W

三菱

三菱 365L 3ドア冷蔵庫(ナチュラルホワイト)【右開き】MITSUBISHI MR-CG37E-W

価格:119,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「三菱 MR-CG37E-W」は幅が60cmです。今までの商品と違ってこちらは3ドアあるので、劣化が気になる野菜の保管庫も確保することができます。

 

またこちらは2019年に発売したばかりなので、市場に数が十分に出回っており最新の機能を兼ね備えています。特にこの冷蔵庫は「氷点下ストッカー」という機能を持っており、味や鮮度を保ちたいけど保存期間が短い肉や魚に役立ちます。氷点下に保存はするけど、ギリギリ凍らせないというこの氷点下ストッカーによって、肉や魚を美味しく長期間保存することができます。

幅68cmより上のおすすめ冷蔵庫(6人以上用)

日立 R-WX62K-X

日立

日立 615L 6ドア冷蔵庫(クリスタルミラー)HITACHI WXシリーズ R-WX62K-X

価格:279,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「日立 R-WX62K-X」は今回紹介している冷蔵庫の中では最大の幅である75cmです。6ドア615Lとまさに容量は巨大で、真空チルド機能により肉や魚の長期保存が可能です。

 

またこの冷蔵庫はつねに家のインターネットにつなげておくことで、外出時でもドアの閉め忘れの検知や運転状況をグラフで確認することができます。IoT時代においてまさに最新の冷蔵庫と言えます。

東芝 GRR600FZXK

東芝

東芝 601L 6ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA クリアミラー GRR600FZXK

価格:274,682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「東芝 GRR600FZXK」は幅が68.5cmです。容量は601Lでこちらも6ドアです。

 

先ほどの冷蔵庫と同じで、家のインターネットを介して外からでもアプリで冷蔵庫の操作をすることができます。またこの冷蔵庫の野菜室は、野菜を保存してから約7日間鮮度を保ったみずみずしい状態で保存することができます。値段相応の機能は果たしていますので、ぜひ商品をチェックしてみてください。

まとめ

冷蔵庫の幅に焦点を置いた冷蔵庫の選び方について、いかがだったでしょうか。

 

冷蔵庫を購入する際には、必ず設置場所と搬入場所が購入する冷蔵庫の幅に合っているか?そして排熱スペース用に10cmほどのスペースが開いているかチェックしてみてください。家庭環境に合った冷蔵庫を購入することで、良い食生活を送れるようにしましょう。