冷蔵庫を寸法で選ぶ | 設置に必要な寸法は?寸法の測り方は?

冷蔵庫を設置する場合、設置場所や搬入経路の寸法を計って適切な寸法の冷蔵庫を選ぶ必要があります。今回は、冷蔵庫の主要メーカー別寸法から据付必要寸法、搬入経路の階段やエレベーターに必要な寸法などを詳しく解説します。冷蔵庫の寸法に適した家族人数や容量も紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年最新】冷蔵庫の最強おすすめ特集【12選】 | 選び方と最新情報をご紹介

冷蔵庫は稼働中に側面から放熱をしているため、壁と冷蔵庫の側面の間には適切な隙間が必要になります。据付必要寸法を守らずに壁ギリギリに冷蔵庫を設置してしまうと、放熱がこもって冷却機能が適切に働かなくなるなど故障の原因になります。

 

冷蔵庫はすぐに買換える家電ではなく、最低でも10年は使用したい大型家電です。据付必要寸法をしっかり守って、冷蔵庫の寿命がくるまで大切に使いましょう。

 

使用人数で容量を決める方法も記事の後半で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

「冷蔵庫の寸法に適した家族の人数は?」を先に見る

据付必要寸法とは、冷蔵庫を設置するのに必要な設置場所の寸法のことです。冷蔵庫を快適に稼働させるためには、据付必要寸法を守ることが大切です。そこで、据付必要寸法はどの程度あればいいのか解説していきます。

 

また、マンションや二階住まいのアパートに冷蔵庫を搬入するときもエレベーターや階段などに隙間が必要です。こちらも解説していきますので、冷蔵庫が搬入できるか模索している方は参考にしてください。

冷蔵庫の設置場所に必要な寸法

据付必要寸法とは、冷蔵庫を設置するのに最低限必要な寸法のことです。冷蔵庫が稼働中は側面から放熱しているため、冷蔵庫と壁の間に適度な隙間が必要になります。日立やシャープなどの冷蔵庫主要メーカーが推奨している据付必要寸法は、冷蔵庫幅+10㎝・冷蔵庫高さ+5㎝・冷蔵庫奥行+3㎝です。

 

例えば、冷蔵庫のサイズが幅60㎝×高さ180㎝×奥行66㎝の場合、据付必要寸法は幅70㎝×高さ185㎝×奥行69㎝となります。冷蔵庫を購入するときは、据付必要寸法と冷蔵庫の寸法を必ず確認しましょう。

冷蔵庫を搬入するのに階段やエレベータで必要な寸法

冷蔵庫を搬入するときにエレベーターや階段を使用しなければならない場合は、冷蔵庫幅に対して10㎝~15㎝プラスした寸法が必要です。隙間がないと運びにくいのと、壁や手すりにぶつけて傷や故障の原因になりかねません。

 

特に、築年数が数十年経過しているマンションやアパートなどは通路やエレベーターが狭い可能性があります。冷蔵庫を購入したら設置場所の据付必要寸法だけでなく、搬入経路の寸法も確認しましょう。冷蔵庫の搬入方法について下記のページで詳しく解説していますので、参考にしてください。

【事前準備必須】冷蔵庫の搬入方法や設置時の注意点・対策をご紹介 | 気になる費用は?

冷蔵庫の扉を開けるのに必要な寸法

冷蔵庫の設置場所に壁がある場合、扉を開けるときに壁が邪魔にならないように隙間が必要です。冷蔵庫の扉を快適に開けるには、壁との間に3㎝~4㎝の隙間が必要です。据付必要寸法を守っていれば、必然と壁との間は5㎝空いているのであまり気にする必要はありません。

 

 

冷蔵庫の寸法は、メーカーによって異なります。特に、横幅に関しては幅60㎝と幅68.5㎝の冷蔵庫はどのメーカーも発売していますが、その他の横幅は統一されていません。幅60㎝の冷蔵庫が統一されている理由の一つは、多くのマンションが冷蔵庫の設置スペースの幅を冷蔵庫幅60㎝に合わせて設計されているからです。それでは、主要メーカーの冷蔵庫の寸法を紹介します。

 

日立が発売している冷蔵庫幅は、54㎝・60㎝・65㎝・68.5㎝・75㎝・88㎝。パナソニックが発売している冷蔵庫幅は、59㎝・60㎝・68.5㎝・74㎝。シャープが発売している冷蔵庫幅は、56㎝以下・60㎝・65㎝・68.5㎝。三菱が発売している冷蔵庫幅は、48㎝・54㎝・60㎝・65㎝・68.5㎝・80㎝。

 

冷蔵庫の幅について下記のページで詳しく解説していますので、参考にしてください。

冷蔵庫の幅ごとの特徴とおすすめ | 選び方のポイントとおすすめの幅で選ぶ冷蔵庫

メーカーなどから冷蔵庫の寸法や容量によって、使用する人数がおおよそで算出されています。一人暮らしや4人家族など、家庭内で冷蔵庫を使用する人数に適している寸法と容量を紹介します。合わせておすすめの冷蔵庫も紹介していきますので、購入を検討している方は参考にしてください。

 

冷蔵庫の容量について下記のページで詳しく解説しているので、参考にしてください。

容量で選ぶあなたにピッタリな冷蔵庫 | おすすめの選び方とその商品は?

一人暮らしのおすすめ冷蔵庫

一人暮らしに適している冷蔵庫の寸法は、冷蔵庫幅48㎝以下で容量は200L以下の小型冷蔵庫がおすすめです。自炊をする方でまとめ買いする場合は食材のストックが多くなるので、200L程度の容量があれば不満なく使えます。食事は外食やお弁当ばかりで冷蔵庫には飲み物程度しか入れないという方は、電気代の節約にもなる50L以下のミニ冷蔵庫の検討もしてみましょう。

 

小型冷蔵庫について下記のページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

【快適】一人暮らしに人気のおすすめの冷蔵庫は? | 冷蔵庫で周りと差を付ける!

シャープ SJ-GD14E

シャープ(SHARP)

シャープ SHARP 冷蔵庫(幅48.0cm) 137L つけかえどっちもドア 2ドア ホワイト系 SJ-D14E-W

価格:32,871円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ製SJ-GD14Eは、一人暮らしに最適な冷蔵庫寸法です。サイズ幅48㎝×高さ112.5㎝×奥行59㎝。設置場所に必要な最低限の寸法は、幅58㎝×高さ117.5㎝×奥行62㎝となります。また、扉は右開きと左開きを選べる仕様になっていますので、壁の向きに合わせて選びましょう。冷蔵庫内の照明がLEDで明るくて見やすい、トップテーブルが耐熱加工されているので電子レンジを置くことができるなど、機能性に優れています。

二人暮らしのおすすめ冷蔵庫

二人暮らしに適している冷蔵庫の寸法は、冷蔵庫幅60㎝以下で容量は375L以下中型冷蔵庫がおすすめです。あまり自炊をしないカップルなどの二人暮らしなら、200L程度の冷蔵庫でも十分です。しかし、夫婦の二人暮らしの場合は将来的に家族が増えることを想定して375L以上の容量も検討してみましょう。

二人暮らしに人気の冷蔵庫ランキングおすすめ10選

日立 R-V38KV

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 375L 3ドア 右開き 幅60.0cm 奥行66.5cm まんなか野菜タイプ 真空チルド うるおい野菜室 クリスタルホワイト R-S38JV XW

価格:108,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立製R-S38JVは、カップルや新婚などの二人暮らしに最適な冷蔵庫寸法です。サイズ幅60㎝×高さ181㎝×奥行66.5㎝。設置場所に必要な最低限の寸法は、幅70㎝×高さ186㎝×奥行69.5㎝となります。扉は、右開き左開きの両方を商品展開していますので、壁の向きを考慮して選びましょう。日立製の冷蔵庫にしかない「真空チルド」機能付きで、ラップなしでも肉や魚の乾燥を防いで鮮度を保ってくれます。また、野菜の水分を逃さない「うるおい野菜室」など魅力的な機能が搭載されています。

3〜4人家族のおすすめ冷蔵庫

3~4人家族に適している冷蔵庫の寸法は、冷蔵庫幅60㎝以上で容量は400L~600Lの冷蔵庫がおすすめです。400L~600Lの冷蔵庫が一番使いやすくて需要がある容量となります。そのため、各メーカーの商品ラインアップも豊富です。4人家族でも食材のストックが多かったり作り置きする家庭の場合は、500L以上の容量を選ぶと不満なく使えます。

【快適な生活を】3人家族のおすすめの冷蔵庫は? | 選び方と特徴を紹介

東芝 GR-R500GW

東芝

東芝 【右開き】501L 5ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA ラピスアイボリー GR-R500GW(ZC)

価格:169,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝製GR-R500GWは、3~4人家族に最適な冷蔵庫寸法です。サイズ幅60㎝×高さ188.3㎝×奥行74.5㎝。設置場所に必要な最低限の寸法は、幅70㎝×高さ193.3㎝×奥行77.5㎝となります。冷蔵庫幅60㎝に対して501Lの大容量の機種を製品化したのは東芝が初めてです。シンプルデザインなので、どんな雰囲気のキッチンにも合わせやすいです。野菜を新鮮に保つ野菜室やタッチドアなど、機能性にも優れています。

 

人気のある400Lのおすすめ冷蔵庫を下記のページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

【大人気】400Lの冷蔵庫おすすめランキング10選

5人以上の家族のおすすめ冷蔵庫

5人以上の家族構成に適している冷蔵庫の寸法は、冷蔵庫幅60㎝以上で容量は600L以上の大型冷蔵庫がおすすめです。家族が5人以上となると食材のストックが多いのもちろん、飲み物のストックも多くなります。意外と飲み物類はスペースを取るので、大容量の600L以上の冷蔵庫が好ましいです。

 

容量が小さくて庫内に食材がパンパンに入っていると、冷却機能が常に回転している状態になるので電気代が上がります。冷蔵庫を使用する人数が多い場合は、価格が高くても大型冷蔵庫の購入を検討してみましょう。

三菱 MR-WX60E

三菱

三菱 600L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)MISTUBISHI WXシリーズ MR-WX60E-BR

価格:265,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱製MR-WX60Eは、5人以上の家族構成に最適な容量の冷蔵庫です。サイズ幅68.5×高さ182.1㎝×奥行73.8㎝。設置場所に必要な最低限の寸法は、幅78.5㎝×高さ187.1㎝×奥行76.8㎝です。

 

5人以上の家族構成となると、買い置き食材や飲み物などが多く野菜室も冷凍室も大容量を必要とします。冷蔵室323L野菜室101L冷凍室114L製氷室25L瞬冷凍室37L。80℃の熱い食品を瞬冷凍や肉や魚を新鮮な状態を保つフレッシュゾーンなど、機能性も充実しています。

冷蔵庫の寸法はメーカーによって違いがあるため、買換えや新規で購入する場合は据付必要寸法をしっかり計って機種を選ぶようにしましょう。また、搬入経路も冷蔵庫幅よりも10~15㎝の余裕がないと搬入ができない場合があるので確認が必要です。そして、冷蔵庫の購入を検討するときは家族構成に適した冷蔵庫の寸法や容量がありますので、使用する人数も考慮して最適な冷蔵庫を見つけてください。