日立 冷蔵庫 R-HW49S

最安値:¥179,980
日立 R-HW49S 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、日立 R-HW49S 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2023/12/15 更新

3.52
全44件の口コミを分析
デザイン
使いやすさ
静音性
サイズ
機能性
消費電力
容量
価格
初期不良
耐久性

【おすすめポイント】

・最新モデルで充実した機能と大容量で収納力抜群
・冷蔵・冷凍・チルド機能が充実し、食材の鮮度を長持ちさせる
・信頼の日立製で、過去の使用経験からも満足度が高い


【ここが少し気になる…】

・野菜室に照明がなく、中身が見えにくいことも
・漏電の危険性があるため、アース設置が推奨される
・奥行きが広がったことで、奥の物が取り出しにくくなる可能性

R-HW49Sの買い物体験談

skさんの口コミ

愛知県 男性 60歳以上 無職

高性能で使いやすい冷凍冷蔵庫

●元々使っていた商品
GR-NF415Gから買い替えを検討しました。

●きっかけ
これまで使用していた冷蔵庫が古くなり、床への水漏れや異常な音が発生したりするようになったので買い替えることとしました。

●予算感
これまでの冷蔵庫と同じ家電量販店で買うことにして、予算的には漠然と20万円以内で、とにかく省エネタイプのものを選ぼうと考えていました。店員さんの説明を参考にして製品選びを進めるなかで、省エネタイプでもこれまでの冷蔵庫より少し大きな容量のものが欲しいとの家族の希望があり、また冷蔵室のドアは台所が狭いので観音開きタイプに魅力を感じるようになりました。

●迷った商品
R-HW54S

●決め手
製品カタログから、これまでの冷蔵庫より冷蔵室や野菜室はどこに食品をおいても鮮度が長持ちするような気がしました。また冷凍室も大小2つが用意され、大の方は3段式になっていて我が家にとって使いやすい作りになっているので、この製品を選びました。

●懸念点
特にありません。

●搬入・受取・開封・設置時のトラブル
特別問題はありませんでした。

●使ってみた感想(良かったこと)
使用を開始してあまり月日はたっていませんが、想定したとおりこれまでの冷蔵庫より省エネで、冷蔵室や野菜室も鮮度が長持ちするような気がしています。また冷凍食品を生協などからいつも多めに購入する我が家にとって、2つの冷凍室のうち3段式の大きな室については、食べるための食品の順番を考えて入れることができ、想定したとおり使いやすいものでした。

●使ってみた感想(悪かったこと)
冷蔵室のドア(左右で大小の観音開きタイプ)は開いた時にスペースを取らず、台所が狭い我が家では重宝していますが、ドア裏のポケットは食品をどちらに入れたか忘れて、両方開けてみなければ分からないなど、これまでの一枚ドアのタイプに慣れていたせいか、少し使いづらい感はあります。

●どのような人におすすめできるか
冷蔵室、野菜室、冷凍室並びに製氷室とも高品質な製品であり。3~4人の一般的家庭向きかと思います。また冷凍室の充実度を考慮した場合、買い物に頻繁に行けない高齢者家庭やスーパーが遠く日常的買い物が難しい家庭にも向いた製品でもあると思います。

●気にする必要がなかったこと
製品の横幅がこれまでのものより5cm程広くなり、若干気になっていましたが、設置してみて特に気にならなくなりました。

●その他
特にありません。

R-HW49Sの通販サイト比較

Amazon ¥177,000

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥179,980
Yahoo!ショッピングで詳細を見る
楽天 ¥191,000

在庫 : ○

楽天で詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

R-HW49Sの基本スペック

タイプ
冷凍冷蔵庫
ドアの開き方
フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】
6 ドア
使用人数【人】
3 人
冷却方式
間冷式(ファン式)
日本製
定格内容積【L】
485 L
真ん中冷凍室
閉め忘れ防止
自動製氷
急速製氷
チルド室
パーシャル室
野菜の鮮度保持
新鮮スリープ野菜室
肉・魚の長期保存
特鮮氷温ルーム
ラップなし
脱臭
節電モード
幅x高さx奥行き【mm】
幅650x高さ1833x奥行651 mm
質量【kg】
102 kg
省エネ性マーク(緑)
年間消費電力(50Hz)【kWh】
276 kWh
年間消費電力(60Hz)【kWh】
276 kWh
年間電気代(50Hz)【円】
7452 円
年間電気代(60Hz)【円】
7452 円
東京ゼロエミポイント対象
ゼロエミポイント数【ポイント】
13000 ポイント
カラー
ハーモニーシャンパンピュアホワイト

R-HW49SとR-H49Sの違い

どちらも日立が販売しているブランドの冷蔵庫です。

 

R-HW49Sは「新鮮野菜スリープ野菜室」を採用しているモデルです。より野菜の新鮮さを保てるシステムで、買いだめする方に最適。また、「デリシャス冷凍」により、自動で急速冷凍に。買い物の回数が少なく、少しでも長期保存したい方にはこちらがおすすめです。

 

R-H49Sは「うるおい野菜室」を搭載しているモデルです。「急冷凍」にも対応していますが、手動で設定する必要があります。R-HW49Sにはどちらも劣りますが価格は変わらないため、「シルバーカラーがどうしてもいい」方でなければR-HW54Rの購入がおすすめです。

 

主な違い

R-HW49SR-H49S

・新鮮野菜スリープ野菜室 搭載
・デリシャス冷凍で急速冷凍は自動

・うるおい野菜室 搭載
・急冷凍は手動
・シルバーカラー展開がある

この商品が紹介されている記事

【容量別】冷蔵庫の寸法やサイズ・大きさの目安一覧|高さ・横幅は何cm?のサムネイル画像

【容量別】冷蔵庫の寸法やサイズ・大きさの目安一覧|高さ・横幅は何cm?

2023/10/09

この商品と同じメーカーの商品

編集部おすすめの記事