冷蔵庫の適切なサイズはどのくらい? | 選ぶコツからおすすめ商品まで紹介

冷蔵庫を選ぶ時は、キッチンのスペースや家族構成に合わせる事が大切です。毎日料理をする人と外食が多い人でもベストサイズは違ってきます。冷蔵庫選びはサイズを見極める事が大切です。ライフスタイルに合わせた、冷蔵庫選びのポイントを紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

冷蔵庫はベストサイズを選びましょう

冷蔵庫は家電の中でもサイズが大きく、購入後は10年前後と長く使う事になります。冷蔵庫選びのポイントはいくつかありますが、サイズは特に重要です。実はサイズ選びを間違えると小さすぎても大きすぎても、使いにくいと感じてしまうことが多く、サイズ選びは慎重な見極めが必用です。

 

しかし、「冷蔵庫のサイズがどのくらいが自分に合っているのかわからない」が多いのではないでしょうか。実は簡単に使う人数や冷蔵庫の大きさなどから簡単にそれぞれのライフスタイルに合った冷蔵庫のサイズを決定することができます。

 

今回はどのくらいのサイズの冷蔵庫がおすすめなのか紹介していきたいと思います。

幅によって冷蔵庫のサイズを決定する

冷蔵庫のサイズによって大体の寸法は決まっています。冷蔵庫を設置するスペースに合わせるのが大前提ですが、両サイドには少しだけ隙間が必用です。設置スペースピッタリではなく左右数センチの隙間を入れてサイズを決めてください。大体の目安を表で紹介しておきます。

 

 

冷蔵庫の幅 設置スペース 冷蔵庫の容量目安
54cm 56cm~58cm 315L
60m 62cm~64cm 365L
65cm 67cm~69cm 440L
68cm 70cm~72cm 470L~550L
75cm 77cm~79cm 620L
82cm 84cm~86cm 670L
88cm 90cm~92cm 730L

 

 

冷蔵庫の左右には2cm~4cmくらいの余裕が必用です。購入前に設置スペースの寸法を計りましょう。容量はメーカーによっても多少の違いがあるので、目安を参考に選んでください。背面については、隙間はなくても大丈夫ですが、上部にも5cmほどの空間が必要です。

 

300L以下の冷蔵庫なら、サイズもそれほど大きくなりませんので設置場所や搬入経路はあまり気にしなくてもいいでしょう。

 

幅による冷蔵庫の選び方の詳細は以下にありますので、ぜひ気になった方はこちらをチェックしてみてください。

幅で冷蔵庫を選ぶ | 選び方のポイントとおすすめの冷蔵庫は?

高さによって冷蔵庫のサイズを決定する

冷蔵庫を選ぶ時に重要となるのは、容量や幅だけでなく「高さ」もチェックしておきたいところです。容量によってある程度高さも限られてきますが、冷蔵庫を設置するスペースの余裕は上部にも注意しましょう。

 

スリムな幅の冷蔵庫は横幅が狭くなる分高さで調整している傾向があります。冷蔵庫を設置した場合、天井までの高さをクリアしていてもドアや窓など搬入口が狭いと高さがある冷蔵庫では引っかかってしまい搬入できない可能性があります。

高さ170cmサイズの冷蔵庫

170cmの冷蔵庫は、中型かやや小型よりです。平均的な身長の男性なら上段にも無理なく手が届きますが、背が低い女性の場合は上段に手が届かず使いにくいと感じる事があります。高さ170cmサイズの冷蔵庫は、上にオーブンレンジなどを置いて使うのには適しません。

 

高い位置にオーブンレンジなどを置いて使うのは無理がありますし、最初からオーブンレンジなどを乗せる事を想定していない冷蔵庫は、耐熱性ではないので熱くなる物は乗せられません。冷蔵庫ラックを使うにも不向きとなってしまうサイズなので、冷蔵庫だけで使うのがおすすめです。

東芝

東芝 GR-M36SXV(EW) グランホワイト VEGETA(ベジータ) [冷蔵庫(363L・右開き・3ドア)]

価格:94,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー東芝(TOSHIBA)商品名GR-M36SXV
サイズ・寸法高さ1,734mmx幅600mmx奥行676mm庫内容量363L
ドアの開き方右開き・左開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
年間消費電力量385 kWh/年

170cm冷蔵庫でおすすめは、東芝冷蔵庫GR-M36SXVです。GRシリーズは330L~411lまで6種類展開しており、いずれも幅が60cmと設置しやすいサイズとなっています。扉は右開きと左開きの2種類から選べるので、キッチンのスタイルや設置位置に合わせて選べるのもポイントです。

 

冷蔵室・野菜室・冷凍室にそれぞれ便利な機能が搭載されていますが、野菜室の庫内水分を閉じ込め乾燥を防ぐ事で鮮度を長持ちさせる「うるおいラップ野菜室」が注目されています。

高さ160cmサイズの冷蔵庫

高さが160cmの冷蔵庫は、平均的な身長の女性にも使いやすいサイズです。150cm台の身長でも、目線より少し高いだけなので、一番上の段にも手が届きやすく何が入っているかも見渡しやすいでしょう。

 

身長が高い男性なら冷蔵庫の上にオーブンレンジなどを乗せても使えますが、この場合は天板が耐熱性かどうかを確認してください。容量はあまり多くはないものの1人暮らしで毎日自炊する人や、2人暮らしの家庭には十分な量となるでしょう。

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 275L 2ドア 右開き 幅56.0cm 奥行66.5cm 急冷却コーナー 「どこでもアイスセット」つき ブリリアントブラック R-BF28JA K

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー日立(HITACHI)商品名冷凍冷蔵庫 R-23GA
寸法・サイズ高さ1,585mmx幅540mmx奥行650mm庫内容量225L
ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
年間消費電力量370kWh/年

スリムタイプなので横幅を60cmいないに抑えたい時におすすめです。高さは160cm以下なので背が低い女性にも使いやすいでしょう。インバーター制御の2ドアという、使い勝手の良さも魅力です。冷凍室は53L、冷蔵室は172Lとたっぷり入ります。チルドケースと野菜ケースがそれぞれにあるので、使い分けできるのもポイントです。

ロータイプの冷蔵庫

ロータイプの冷蔵庫は、1人暮らしの人にピッタリです。あまり自炊をしないのであれば、2人暮らしの家庭にも使いやすいサイズです。高さはメーカーによる違いもありますが、150cm以下で天板に耐熱性があれば、オーブンレンジなどを置いて使いたい時にも便利です。

 

天板が耐熱性ではない場合は、冷蔵庫ラックを使えば冷蔵庫上の空間を有効活用できます。メーカーによる違いはあるものの、2ドア以外に3ドアの冷蔵庫もあるので野菜室があるコンパクトな冷蔵庫を探したい時にチェックしてみてください。

AQUA

アクア 272L 3ドア冷蔵庫(ミスティシルバー)【右開き】AQUA AQR-27H-S

価格:56,879円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーアクア(AQUA)商品名AQR-27H
寸法・サイズ高さ1,419mmx幅600mmx奥行657mm庫内容量272L
ドアの開き方272L省エネ性能(★~★★★★★)★★★★
年間消費電力量367kWh/年

ロータイプでおすすめなのは、アクアの冷蔵庫です。容量は272Lで高さが149cmと1人暮らしにピッタリのコンパクトサイズで、女性にも使いやすい高さです。コンパクトサイズなのに3ドアで野菜室があるのもポイントになっています。

 

天板は耐熱性で100度までOKなので、オーブンレンジを置いて使えます。冷蔵庫ラックで空間を有効活用したい時にも便利です。

奥行きによって冷蔵庫のサイズの決定する

以外に見落としがちなので、冷蔵庫の奥行です。幅や高さしか見ずに選ぶと設置できても、冷蔵庫が邪魔になったり見た目のバランスが悪くなったりします。設置スペースのサイズを測る時は、奥行もきちんと確認しておくといいでしょう。

 

大抵の場合はシステムキッチンに並べて置く形となるので、冷蔵庫の奥行も合わせましょう。数センチ程度なら多少冷蔵庫の方が出ていても問題ありませんが、奥行のサイズを確認せずに決めてしまうと使いにくいと感じる事もあるので注意してください。

 

以下に奥行きによる冷蔵庫の選び方に関する詳細がありますので、ぜひ気になった方はご覧ください。

奥行きによる冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

スリムな冷蔵庫のサイズとおすすめ商品

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 162L 静音 省エネ ノンフロン 冷凍冷蔵庫 ブラック IRSE-16A-B

価格:26,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーアイリスオーヤマ商品名 IRSE-16A-B
サイズ・寸法高さ149.6cmx幅47.4cmx奥行53.5cm庫内容量162L
ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
年間消費電力量285kWh/年

スリムで奥行も53cmとスッキリな冷蔵庫です。162Lとコンパクトですが、2ドアで冷蔵庫と冷凍庫を使い分けできます。シンプルで余計な装飾などもなく、スッキリとしたデザインはどんな雰囲気のキッチンにもよく合います。

 

奥行スッキリタイプは、冷蔵庫だけ単体で設置したい時にも便利です。冷凍室は62Lと以外に多く下にあるのもポイントです。冷蔵室は100Lとなっており、一番下に野菜を入れるスペースが用意されています。

 

スリム冷蔵庫に関する詳細はこちらのページをご覧ください。

【2020年最新版】スリムな冷蔵庫を徹底紹介 | メリットとその選び方・おすすめ

薄型冷蔵庫のサイズとおすすめ商品

シャープ(SHARP)

シャープ SHARP 冷蔵庫(幅48.0cm) 137L つけかえどっちもドア 2ドア ブロンズ系 SJ-D14E-N

価格:33,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーシャープ(SHARP)商品名SJ-D14E-N
サイズ・寸法高さ112.5cmx幅48cmx奥行59cm庫内容量137L
ドアの開き方つけかえどっちもドア省エネ性能(★~★★★★★★★★★★
年間消費電力量300kWh/年

奥行が59cmと60cm以下だとだいぶスッキリとした印象になります。高さも112cmとロータイプで、天板は耐熱100度なのでオーブンレンジを置いて使用できるのもポイントです。コンパクトサイズで使い勝手がよく、扉をスペースに合わせて左右どちらにも付け換えられるのも特徴です。

 

扉は後からでも付け換えできるので、使ってみて換えたくなった場合にも安心です。こちらも冷凍庫が下にあるタイプなので、使用頻度の高い冷蔵室はしゃがんだり腰をかがめたりしなくても使えます。

 

薄型冷蔵庫の詳細は以下の記事にございますので、ぜひ気になった方はチェックしてください。

【スッキリ収納】薄型冷蔵庫の選び方とおすすめ | メリットと薄さを紹介

冷蔵庫のサイズは使用人数で決めよう

冷蔵庫を選ぶ時には、容量も目安になります。100L~500Lまでの冷蔵庫をそれぞれサイズ別にみていきましょう。冷蔵庫の容量で選ぶ場合は、家族の人数を基準に決めるのがおすすめです。

一人暮らしにおすすめのサイズの冷蔵庫

1人暮らしには100L〜270Lの冷蔵庫がおすすめのサイズです。ただし毎日自炊をする方には少し小さく感じるかもしれません。もし自炊を毎日のように行う人は200L台の冷蔵庫がおすすめです。

 

100L台の冷蔵庫にも種類があり2ドアの冷蔵庫もあるので、自炊派の1人暮らしなら2ドアで100L~200L未満のサイズという選択肢もあります。2ドアでも若干冷凍室は手狭ですが、ジップロックなどの便利収納グッズを活用すれば、100Lサイズの冷蔵庫でも使いやすくする事は可能です。

 

100Lの冷蔵庫は容量が小さいので、コストパフォーマンスも抜群です。しかし購入の際には省エネ性能など別の部分も確認することをおすすめします。

 

100Lサイズの冷蔵庫の選び方と一覧はこちら

そして前述の通り、毎日のように自炊をする方には200Lの冷蔵庫がおすすめです。1人暮らしでも毎日自炊をして、作り置きや冷凍保存を活用したい場合は丁度いいサイズとなります。

 

200L後半なら3ドア冷蔵庫も選べるので、野菜室が欲しいという場合にもおすすめです。価格は大体10万円以内で揃いますが、型落ちなら更に安く購入できるのはメリットとなります。2人暮らしの家庭でも、外食が多いなら十分なサイズでしょう。設置スーペスが狭くても、無理なく置けるサイズが多いのもポイントです。

【ぴったりサイズ】200Lの冷蔵庫選び方とおすすめ | 暮らしに合った冷蔵庫を選ぼう
【快適】一人暮らしに人気のおすすめの冷蔵庫は? | 冷蔵庫で周りと差を付ける!

2人暮らしの方におすすめの冷蔵庫

2人暮らしの方には300L後半の冷蔵庫がおすすめです。300Lの冷蔵庫はドアのタイプもさまざまなものが売られており、種類も豊富です。

 

サイズ的に大きめなサイズなので、もしそこで新しい家族が1人増えたとしても十分に使い続けることができます。長い目でみても経済的におすすめなサイズの冷蔵庫となっております。

【満足度重視】二人暮らしに人気の冷蔵庫ランキングおすすめ10選

三人暮らしにおすすめのサイズの冷蔵庫

三人家族の方には350L〜430Lの冷蔵庫がおすすめです。

 

300Lサイズの冷蔵庫は、メーカーごとに多少の違いはあるものの、3人~4人家族向けに作り置きしたおかずや常備菜を保存しておきたい時にも十分なスペースがあります。3ドアが主流になるので、野菜室を使いたい時にも便利です。

 

300L台から家族向きになってくるので、機能も充実してくるのが特徴となります。大容量とまではいかないものの、機能性にもデザイン性にも優れたモデルが多いのはメリットでしょう。週末にまとめ買いをする家庭にもおすすめです。庫内バランスが良く、ライフスタイルに合わせて選びたい時にも丁度いいサイズと言っていいでしょう。

【ぴったりサイズ】300Lの冷蔵庫の選び方とおすすめ | 家族にぴったりの冷蔵庫は?
3人家族向け選び方のポイントは? | おすすめと人気の冷蔵庫は?

4人家族におすすめのサイズの冷蔵庫

4人家族の方には400L〜500Lサイズの冷蔵庫がおすすめです。300Lサイズの冷蔵庫では3ドアが主流でしたが、400L以上の冷蔵庫は5ドアや6ドアもあるので、選択肢は豊富です。サイズもアップしますので、設置スペースと搬入経路の確認をしておきましょう。

 

ここもメーカーによる違いはありますが野菜室の使用頻度が高い場合には、真ん中の野菜室がある冷蔵庫を選ぶと便利です。自動製氷機機能もほとんどのメーカーで取り入れられるので、氷を使いたい時にも便利です。メーカー毎に特徴や独自の機能の違いが目立ってくるので、欲しい機能が備わっているかも見極めポイントになります。

 

400Lクラスの冷蔵庫サイズは、縦180cmx幅60cmx奥行70cm前後が目安です。

【大人気】400Lの冷蔵庫おすすめランキング10選 | どんな人におすすめ?

5人家族におすすめのサイズの冷蔵庫

5人家族や育ち盛りの子供がいる4人家族などには500L以上の冷蔵庫がおすすめのサイズです。6ドアが主流となり、縦にも横にもサイズはアップする分設置スペースには余裕が必用ですが、たっぷりはいるのはメリットです。400Lまでの冷蔵庫にはなかった、高級感や存在感があるのもポイントです。

 

キッチンの雰囲気に合わせて、カラーやデザインの選択肢も増えてきます。容量が大きくなるほど電気代が気になるという人も多いのではないでしょうか?最近の冷蔵庫は各メーカーともに、省エネタイプが主流になってきているのでこの点は安心です。冷凍しても食材がカチカチにならず切りやすい冷凍機能や、鮮度が長持ちする野菜室など機能も充実しています。

 

500L台の冷蔵庫サイズは、縦188cmx幅65cmx奥行70cmを目安にするといいでしょう。

500Lの冷蔵庫の大人気おすすめランキング10選 | 選び方と最新機能を紹介

ドア数で冷蔵庫のサイズを選ぶときのポイント

冷蔵庫はサイズによってドア数が変わってきます。コンパクトサイズの場合は1ドア~2ドアが主流で、サイズが大きくなるに連れてドア数も増えていきます。ドア数によっても使い勝手は変わってきますので使いやすい物を選びましょう。

 

ドア数によって、冷蔵庫の扉の開き方も違います。野菜室や冷凍室、製氷室は引き出しタイプでも、冷蔵室は扉になるので冷蔵庫の配置や壁の位置などでもベストな選択肢は変わってきます。

1ドアの冷蔵庫のサイズと選び方のポイント

1ドア冷蔵庫は、1人暮らしの人におすすすめのコンパクトサイズが特徴的です。ワンルームのようにスペースが限られる場合にもコンパクトサイズの1ドア冷蔵庫なら使いやすいでしょう。普段はほとんど外食で、冷蔵庫には飲み物くらいしか入れていないという場合にも便利です。ただし直冷式は霜が付きやすいので、霜取りをしなくていい間冷式がおすすめです。

 

1ドア冷蔵庫はコンパクトサイズなので、上にオーブンレンジなどを置いて使いたい時にも便利です。ただし天板にはある程度の耐熱性が必用です。天板の耐熱性もチェックしておくといいでしょう。1ドア冷蔵庫は手頃なサイズですが、庫内容量は少なく冷凍室が分かれていないので使い分けたい場合はデメリットになってしまいます。

1ドアの冷蔵庫の選び方と一覧はこちら

2ドアの冷蔵庫のサイズと選び方のポイント

1人暮らしでもほぼ毎日自炊をするなら、2ドア冷蔵庫がおすすめです。2ドアなら冷凍室と冷蔵室が分かれているので使い分けできます。1ドア冷蔵庫よりもサイズは大きくなるものの、大型冷蔵庫よりはコンパクトで高さも手頃なので上にオーブンレンジなどを置いて使えます。

 

2ドアだと野菜室がありません。冷蔵室に野菜を入れるスペースは作れますが、自炊をする場合には少し手狭に感じてしまうのは否めません。2ドア冷蔵庫にもサイズの幅はあるので、自炊派は200L台のサイズがおすすめです。外食が多い2人暮らしの家庭にも使いやすいサイズとなります。

2ドアの冷蔵庫の選び方と一覧はこちら

3ドアの冷蔵庫のサイズと選び方のポイント

3ドア冷蔵庫は、サイズもある程度大きくなりますが、1ドアや2ドア冷蔵庫にはない野菜室があるので使い勝手は更に良くなります。メーカーによって冷蔵室・冷凍室・野菜室の容量や位置に違いがあるので、ライフスタイルに合わせて使い勝手のいい冷蔵庫を見極めましょう。

 

高さもあるため、冷蔵庫の上にオーブンレンジなどを置いて使うのは難しくなります。スリムタイプなら置き場所もそれほど取りませんが、オーブンレンジなどを置くスペースは別に確保する必用があります。2人暮らしでも毎日自炊する家庭、3人家族でも外食が多い家庭におすすめのサイズが揃っています。

3ドアの冷蔵庫の選び方と一覧はこちら

6ドアの冷蔵庫のサイズと選び方のポイント

4人家族以上の家庭におすすめの冷蔵庫です。メーカーによる多少の違いはあるものの、6ドア冷蔵庫は庫内容量が450L~700Lのサイズが主流です。冷蔵室・野菜室・冷凍室の他に、製氷室や個別の冷凍室なども増えるので使い勝手は更に良くなります。個別の冷凍室は切り替えでチルド室として使えるタイプもあります。

 

容量が増える分サイズもアップするので、設置スペースには余裕が必用です。サイズが大きくなると、搬入経路も確認しておきたいところです。搬入の事も考えてサイズを見極める事が大切となってきます。たっぷりはいるので、作り置きや冷凍保存を活用したい時にも便利なサイズです。

6ドアの冷蔵庫の一覧はこちら

大家族には大型冷蔵庫がおすすめ

大型冷蔵庫というと、600L~700L以上の大容量サイズです。5人以上の大家族や育ち盛りの子供が数人いる家庭にも向いています。各メーカーともに上位モデルになるので、見た目にも高級感がありキッチンでも存在感を放っています。黒やダークブラウン、メタリック系のカラーが多いのも大型冷蔵庫の特徴です。

 

価格も高めですが、その分高性能で使い勝手は良くなります。食材を多く保存しておきたい時などに便利な機能があると、まとめ買いや冷凍保存を活用したい時にも安心です。サイズはメーカーや容量によっても変わりますが、700Lクラスで高さ188cmx幅80cmx奥行75cm前後です。

 

大型冷蔵庫に関する記事はこちらからもチェックできます。

大型冷蔵庫に関する選び方はこちら

4人家族には中型冷蔵庫がおすすめ

中型冷蔵庫は、幅が60cmほどで容量は400L~500Lとメーカーによっても容量は異なります。人数目安は4人~5人家族向きとなり、食べざかりの子供がいる4人家族にも使いやすいサイズです。6ドア冷蔵庫でも、サイズは高さ1800cmx幅68cmx奥行63cm前後となっています。スリムな中型冷蔵庫を選びたい場合は、高さでカバーする事もできます。

 

I型キッチン・対面キッチンなどキッチンのタイプによっても、冷蔵庫の選択肢は変わってきますが中型なら幅広いキッチンにも取り入れられます。容量だけでなく、キッチンのタイプや冷蔵庫を設置する位置によって、扉の開き方もチェックしておくと安心です。

 

中型冷蔵庫について、さらに詳しく知りたい場合はこちらの記事がおすすめです。

中型冷蔵庫は誰におすすめ?メリットは? | おすすめの人気冷蔵庫3選

小型サイズの冷蔵庫もサブ冷蔵庫におすすめ

普通に冷蔵庫がある場合でも、寝室などに飲み物だけを冷やすために置くといった使い方や、オフィスに導入するような使い方もあります。

 

また、小型の冷蔵庫は見た目がおしゃれなものまで発売されているので、モダンな見た目の寝室などの設置にもおすすめです。

【使い方たくさん】おすすめの小型冷蔵庫特集 | 使い方に応じておすすめを紹介
【使い方たくさん】おすすめの小型冷蔵庫特集 | 使い方に応じておすすめを紹介

まとめ

冷蔵庫を選ぶ時は、ライフスタイルに合わせたサイズ選びが重要となります。購入してからは平均でも10年は使いますし、家電の中でも価格が高めなので冷蔵庫選びは失敗のないように慎重に見極めてください。