【2021年版】冷蔵庫の最新機能を一挙解説|各社進化してる?

外出の機会が減り、冷蔵庫を頼る場面が多くなっていますよね。買い物の回数を減らし、長期保存するには良質な冷蔵庫が欠かせません。そこで本記事では最新機能付きの冷蔵庫を紹介します。メーカー別の最新機能・おすすめ商品10選もピックアップしますので、ぜひご覧ください。

2021/06/29 更新

日常生活に欠かせない家電の一つの冷蔵庫。皆さんは冷蔵庫を選ぶとき、どこに注目していますか?価格や機能、サイズなど選ぶポイントはさまざまです。せっかく新しく買うなら、最新の機能を搭載した冷蔵庫が欲しいという方も多いと思います。

 

そんな方におすすめしたいのが、2021年に発売された最新機能搭載の冷蔵庫です。タッチパネル搭載や、スマホ連携機能付きなど、さらに便利になった冷蔵庫が各メーカーから発売されています。

 

この記事では、冷蔵庫の選び方や各メーカーの最新機能などを詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで自分のライフスタイルに合わせた冷蔵庫を見つけていきましょう。

今すぐ見る!2021年発売の冷蔵庫10選

ここでは、冷蔵庫メーカー各社の最新機能を紹介します。

 

 

上記5社の最新機能について解説していくので、しっかりチェックしてください。

パナソニック

パナソニックは優れた冷凍技術に定評があります。家庭用冷蔵庫に初めてパーシャル機能を搭載したのもパナソニックです。凍結させない温度で冷却保存する「微凍結パーシャル」は解凍の手間要らずで、保存期間は約1週間と長持ち。食材の旨みと鮮度を保ちます。


最新機能の「はやうま冷凍」は、業務用レベルの急速冷凍性能が特徴。従来品と比べて、解凍後・加熱後のおいしさが格段にアップしています。

三菱

三菱の冷蔵庫は基本的な機能を網羅したベーシックな造りと、扱いやすいデザインが特徴です。近年のモデルに見られる、スリムデザインの流れを作ったのも三菱だといわれています。最新機能で特徴的なのは、野菜室で光合成を促進する「クリーン朝どれ野菜室」です。

 

密閉状態で乾燥から野菜を守り、水分蒸発も抑制します。3色のLEDを照射することによって光のサイクルを作り出し、野菜の光合成を促進。緑化や糖度を向上させ、ビタミンCをアップさせる効果も期待できます。

日立

日立の冷蔵庫は、ユーザー心理を刺激する機能が満載です。国産ブランドの中ではリーズナブルな価格設定も魅力。最新機能としてピックアップすべきは「ぴったりセレクト」と「真空チルド」の2つです。


KXシリーズに見られる「ぴったりセレクト」は上下段に分かれた引き出しの組み合わせを変えられる機能で、組み合わせは実に9通り。WXシリーズに採用されている「真空チルド」は真空状態で密閉し、食材を長持ちさせる冷凍法です。乾燥に強く、ラップで保護する手間も省けます。

東芝

人気モデル「ベジータ」シリーズに代表されるように、東芝の冷蔵庫は野菜の保存を重視しているのが特徴です。真ん中に配置された野菜室の最新仕様は、野菜くずや泥を捨てられるお掃除口付きに進化しました。冷凍室の機能もパワーアップ。

 

最新の「解凍モード」は、カチカチに凍った肉や魚も30分で急速解凍する優れものです。室内の温度を-7℃にコントロールし、食材に包丁が入る固さをキープします。

シャープ

シャープは除菌・脱臭技術「プラズマクラスター」や左右入れ替え可能な「どっちもドア」など、多くの独自技術を持ったメーカーです。最新機能で特筆すべきは、AIとIoTを組み合わせた「AIoT」の本格導入です。

 

音声認識を利用した対話型の献立提案・スーパーの特売情報では、手で操作せずに情報を得られる優れもの。専用アプリ「COCORO HOME」では外出先から冷蔵庫に運転指示を出したり、ドア開閉の確認をしたりといった操作も可能です。

最近では、おうちで過ごす時間が増えたことにより外食の機会が減ったほか、買い物の頻度も抑え気味な傾向があります。そのため、食材の買いだめに適した大型冷蔵庫に対する需要が高まっています。


長期保存対応の機種が人気ということもあり、特に野菜の鮮度維持はメーカーにとってのアピールポイント。野菜のみずみずしさを保ち、栄養価を損なわないことがテーマの1つになっています。トレンドの影響を受け、野菜室を真ん中に配置した機種も増加傾向にあります。

 

おすすめの大型冷蔵庫については、以下の記事で紹介しています。

今すぐ見る!2021年発売の冷蔵庫10選

冷蔵庫を選ぶポイントは、大きく分けて4つです。

 

 

なんとなく「冷蔵庫は最新機能がついていればいい」と思っている方もいるかもしれませんが、最新機能以外にも選ぶときに重要になるポイントがいくつかあります。詳しく説明していくので、きちんと確認して購入しましょう。

設置スペースにあった大きさのものを選ぶ

そもそも冷蔵庫を置くスペースに入らない冷蔵庫は買えません。冷蔵庫を買う前に、以下の点について事前確認が必要です。

 

  • 設置するスペースの幅と奥行き
  • コンセントの位置
  • 搬入経路の確認

 

特にアパートやマンションでは、エレベーターや階段に入る大きさかどうかも重要です。購入前に設置スペースだけでなく、搬入経路の確認もしておきましょう。

家族構成にあった容量のものを選ぶ

冷蔵庫は大きければいい、コンパクトならいいというわけではありません。1人暮らしの方に適切な容量と、5人以上の大家族用に適切な容量は異なります。食べる量や自炊頻度などにより多少の違いはありますが、基本となる容量の選び方は以下のとおりです。

 

  • 1人暮らし向け・・・130L~200L
  • 2人暮らし向け・・・300L台~400L台前半
  • 3~4人暮らし向け・・・400L~500L台
  • 5人以上の暮らし向け・・・500L以上

 

各家庭に合った適切な容量を選びましょう。特に1人暮らしの方は自炊の有無が容量に大きく影響します。しっかり自炊したい方は170~最大400L程のものがおすすめです。

ドアの開き方は間取り次第

キッチンの間取りは家庭によって異なるため、冷蔵庫のドアタイプも間取りに合わせて選ぶ必要があります。ドアのタイプは下記の3つです。

 

 

それぞれについて解説します。

片開き

片開きはいわゆる昔ながらのスタイルで、メインの冷蔵室に大きなドアを1枚取り付けたタイプです。ドアの開く向きが片側一方で、開閉操作を片手で行えるのが主な特徴。メインのドアが1枚で済むため横幅がかさばらず、全体的にスリムなデザインになります。容量はほとんどが450L以下で、4人以下の世帯に適したタイプです。

観音開き(フレンチドア)

観音開きとは、左右に分かれた扉が内から外に向かって開くタイプをいいます。扉を全開にすることで、庫内全体を見渡しやすいのがメリットです。また扉1枚当たりのサイズが小さいため、ドアを開いた際、外に向かって広がるスペースが少なく済みます。反面、左右それぞれにスペースが必要で、壁の近くに置くこともできません。開閉時には両手を使う点にも要注意です。

両開き(どっちもドア)

「両開き」とはシャープの特許技術である「どっちもドア」を指します。1枚のドアが右開き・左開きの両方に対応しているため、利き手や置き場所を気にせずに設置できるのが利点。引っ越しや転勤の多い方のように、冷蔵庫の置き場所が頻繁に変わる方におすすめです。

省エネ性能をチェック

省エネ性能とは、少ないエネルギーで効率的に稼働できることを示す指標です。経済産業省が定める「省エネ基準達成率」に基づき1~5の多段階で評価され、性能の優れた商品ほど高い評点が付けられます。かんたんにいえば星「★」の数が多い商品ほどエネルギー効率が高く、電気代も安く抑えられるためお得です。

その他冷蔵庫の機能

各メーカー独自の最新機能の他にも、各社取り入れている冷蔵庫の最新機能が多数出ています。ここでは、一昔前の冷蔵庫にはなかった最新冷蔵庫の便利機能についてご紹介します。

タッチオープン機能

タッチオープン機能とは、手をかざすだけでドアを開けられる機能です。料理中に追加の食材を冷蔵庫から取り出したいけれど手が汚れていて開けられない、いちいち手を洗って開けるのが面倒。そんな時に役立つ機能です。タッチオープン機能付きモデルは、以下の記事で紹介しています。

タッチパネル機能

ドアにディスプレーが搭載されており、直感的に節電モードや製氷クリーンモードなどを選択できる機能です。ドア自体が強化ガラスでできたディスプレーになっているものもあり、軽く触れるだけでモードの切り替えなどができて便利です。

無線LAN・Wi-Fi機能

最新冷蔵庫では、無線LANやWi-Fiと接続できる冷蔵庫も出ています。家の中のWi-Fiルーターと無線LANでネットに接続することで、いろいろな便利情報をお知らせしてくれます。

スマホ・携帯電話と連動

近年はスマートフォンと連動できる機能がついた冷蔵庫も販売されるようになりました。専用アプリと連動し、冷蔵庫の中の食材を把握できるのが特徴。冷蔵庫に入れる段階で食材をスマホで撮影すると、食材の購入日・保存日などを通知してくれる機能もついています。

シャープ(SHARP)

SJ-AF50H

価格:331,100円 (税込)

スマホ連携対応の人気機種

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-AF50Hは、170Lの大容量冷凍室を備えたファミリー向け冷蔵庫です。プラズマクラスター雪下シャキット野菜室」を搭載、野菜のみずみずしさと甘みを保ちます。「プラズマクラスターうるおいチルド」はチルド室の空気を除菌して清潔にし、食品の鮮度を守る独自技術。スマホ連携・タッチパネル操作対応で、若い世代に好評の1台です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 SJ-AF50H
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行699 mm 庫内容量 502 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 250 kWh 年間電気代 6750 円
三菱電機(MITSUBISHI)

MR-MX50G

価格:285,980円 (税込)

AI搭載のスマート冷蔵庫

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱電機の人気ライン、MXシリーズのMR-MX50GはAIを搭載した大容量冷蔵庫です。最適な温度制御を行う「氷点下ストッカーD A.I.」は、自動で肉や野菜の鮮度・美味しさを保つスマート仕様。「切れちゃう瞬冷凍A.I.」は解凍の手間を省き、下ごしらえの時短に貢献します。フレンチドアながら幅65cmに抑えたスリムボディも魅力の1つです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 三菱電機(MITSUBISHI) 商品名 MR-MX50G
寸法・サイズ 幅650x高さ1826x奥行699mm 庫内容量 503 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 265 kWh 年間電気代 7155 円
日立(HITACHI)

R-HW54R

価格:268,000円 (税込)

充実のチルド・冷却機能を搭載

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のR-HW54Rは、540Lの大容量で4~5人家族に適した6ドア冷蔵庫です。冷蔵室のどこに食品を置いても長持ちする「まるごとチルド」を採用。「クイック冷却」により、作りたての弁当を冷やす・料理の粗熱を取るといった工程をスピーディーに行えます。肉や魚の乾燥を抑えて、凍らせずに保存する「特鮮氷温ルーム」も魅力の1つです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 R-HW54R
寸法・サイズ 幅650x高さ1833x奥行699mm 庫内容量 540 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 292 kWh 年間電気代 7884 円
東芝(TOSHIBA)

VEGETA GR-T500GZ

価格:213,218円 (税込)

大容量クラスでは貴重な片開き冷蔵庫

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のVEGETA GR-T500GZは、容量501Lで幅60cmに抑えたスリムタイプの片開き冷蔵庫です。肉や魚を凍らせずに美味しく長期保存する「氷結晶チルド」機能を搭載、料理の下ごしらえをスピーディーにこなせます。冷蔵室の扉にUSBポートが付いており、手持ちのデバイスを接続すればレシピ動画の視聴に便利。「選べる4つの切り替えチルド」は、モードを切り替えるだけで肉や魚を新鮮保存できる便利機能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 VEGETA GR-T500GZ
寸法・サイズ 幅600x高さ1833x奥行745mm 庫内容量 501 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 259 kWh 年間電気代 6993 円
アクア(AQUA)

AQR-TZ51K

価格:241,800円 (税込)

「おいシールド冷凍」で美味しく冷凍

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQUAのAQR-TZ51Kは、最上段でも手の届く奥行きを実現したモデルです。スペースが広く使える「うす型設計」は、カウンターラインにも揃えやすいサイズ感。冷蔵室は庫内を一目で見渡せる設計になっており、食品のロスを抑えて無駄なく消費できます。冷凍でも食品の美味しさが長持ちする、独自技術「おいシールド冷凍」を採用しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー アクア(AQUA) 商品名 AQR-TZ51K
寸法・サイズ 幅830x高さ1825x奥行635 mm 庫内容量 512 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 293 kWh 年間電気代 7911 円
パナソニック(Panasonic)

NR-F607HPX

価格:326,800円 (税込)

業務用レベルの急速冷凍が魅力

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックのNR-F607HPXは大容量600L・フレンチドアの6ドア冷蔵庫です。最新機能「はやうま冷凍」は、食材の旨味を壊さずに保存する冷凍技術。業務用レベルの急速冷凍で、解凍・加熱後の肉や魚のおいしさも段違いです。大容量・高機能ながら省エネ性能も高く、年間電気代は7,371円とリーズナブル。ランニングコストも優れた1台です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 NR-F607HPX
寸法・サイズ 幅685x高さ1828x奥行745 mm 庫内容量 600 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 273 kWh 年間電気代 7371 円
三菱電機(MITSUBISHI)

MR-WX52G

価格:309,800円 (税込)

部屋ごとに自動調整可能なAI搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱電機のMR-WX52Gは、「置けるスマート大容量」WXシリーズの6ドア冷蔵庫です。フレンチドアタイプながら、幅65cmのスリムボディを実現しています。全室おまかせAI機能により、6つの部屋別に最適な運転を実施。さらに家庭ごとの生活パターンを学習して、稼働リズムを最適に調整します。MR-MX50Gと同様、「氷点下ストッカーD A.I.」「切れちゃう瞬冷凍A.I.」も搭載した高機能モデルです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 三菱電機(MITSUBISHI) 商品名 MR-WX52G
寸法・サイズ 幅650x高さ1821x奥行699mm 庫内容量 517 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 265 kWh 年間電気代 7155 円
シャープ(SHARP)

SJ-X504H

価格:218,000円 (税込)

ベーシックな造りの高コスパモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのSJ-X504Hは、先ほど紹介したSJ-AF50Hの姉妹モデルです。SJ-AF50Hとの違いとして、スマホ連携・タッチパネル操作に対応していないことが挙げられます。その他の基本的な機能はSJ-X504Hと共通で、最新機種の中でも価格が安い点は大きなアドバンテージ。予算次第では本モデルを選ぶのもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 SJ-X504H
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行699mm 庫内容量 502 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 290 kWh 年間電気代 7830 円
日立(HITACHI)

R-HW60R

価格:298,883円 (税込)

180Lの大型冷凍室を備えたファミリータイプ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のR-HW60RはR-HW54Rの上位モデルです。R-HW54Rよりも家族の多い世帯を想定した設計で、602Lの大容量。3段の引き出しを備えた180Lの大型冷凍室は、食材の厚さや大きさに応じて区分けするのにぴったりです。アルミトレイを利用した冷凍技術「デリシャス冷凍」は、急速冷凍に最適。肉・魚の旨味と鮮度を守ります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 R-HW60R
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行738mm 庫内容量 602 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 288 kWh 年間電気代 7776 円
東芝(TOSHIBA)

VEGETA GR-T470GZ

価格:201,493円 (税込)

強力な解凍機能を備えたお値打ちモデル

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のVEGETA GR-T470GZは、「選べる4つの切り替えチルド」機能を備えた5ドア冷蔵庫です。氷結晶チルドモードに設定すれば肉や魚を微凍結させて1週間以上保存できるため、まとめ買いに役立ちます。東芝独自の「解凍モード」は本モデルにも搭載。カチカチに凍結した肉や魚も、わずか30分で切断可能になる優れものです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 VEGETA GR-T470GZ
寸法・サイズ 幅600x高さ1833x奥行704mm 庫内容量 465 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 239 kWh 年間電気代 6453 円

2021年発売冷蔵庫 一覧比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5745469の画像

    シャープ(SHARP)

  • アイテムID:5745473の画像

    三菱電機(MITSUBISHI)

  • アイテムID:5745476の画像

    日立(HITACHI)

  • アイテムID:5745480の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • アイテムID:5745464の画像

    アクア(AQUA)

  • アイテムID:5745482の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5745534の画像

    三菱電機(MITSUBISHI)

  • アイテムID:5745536の画像

    シャープ(SHARP)

  • アイテムID:5745532の画像

    日立(HITACHI)

  • アイテムID:5745537の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 商品名
  • SJ-AF50H
  • MR-MX50G
  • R-HW54R
  • VEGETA GR-T500GZ
  • AQR-TZ51K
  • NR-F607HPX
  • MR-WX52G
  • SJ-X504H
  • R-HW60R
  • VEGETA GR-T470GZ
  • 特徴
  • スマホ連携対応の人気機種
  • AI搭載のスマート冷蔵庫
  • 充実のチルド・冷却機能を搭載
  • 大容量クラスでは貴重な片開き冷蔵庫
  • 「おいシールド冷凍」で美味しく冷凍
  • 業務用レベルの急速冷凍が魅力
  • 部屋ごとに自動調整可能なAI搭載
  • ベーシックな造りの高コスパモデル
  • 180Lの大型冷凍室を備えたファミリータイプ
  • 強力な解凍機能を備えたお値打ちモデル
  • 価格
  • 331100円(税込)
  • 285980円(税込)
  • 268000円(税込)
  • 213218円(税込)
  • 241800円(税込)
  • 326800円(税込)
  • 309800円(税込)
  • 218000円(税込)
  • 298883円(税込)
  • 201493円(税込)
  • メーカー
  • シャープ(SHARP)
  • 三菱電機(MITSUBISHI)
  • 日立(HITACHI)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • アクア(AQUA)
  • パナソニック(Panasonic)
  • 三菱電機(MITSUBISHI)
  • シャープ(SHARP)
  • 日立(HITACHI)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • 商品名
  • SJ-AF50H
  • MR-MX50G
  • R-HW54R
  • VEGETA GR-T500GZ
  • AQR-TZ51K
  • NR-F607HPX
  • MR-WX52G
  • SJ-X504H
  • R-HW60R
  • VEGETA GR-T470GZ
  • 寸法・サイズ
  • 幅685x高さ1833x奥行699 mm
  • 幅650x高さ1826x奥行699mm
  • 幅650x高さ1833x奥行699mm
  • 幅600x高さ1833x奥行745mm
  • 幅830x高さ1825x奥行635 mm
  • 幅685x高さ1828x奥行745 mm
  • 幅650x高さ1821x奥行699mm
  • 幅685x高さ1833x奥行699mm
  • 幅685x高さ1833x奥行738mm
  • 幅600x高さ1833x奥行704mm
  • 庫内容量
  • 502 L
  • 503 L
  • 540 L
  • 501 L
  • 512 L
  • 600 L
  • 517 L
  • 502 L
  • 602 L
  • 465 L
  • ドアの開き方
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • 右開き
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • 右開き
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • 年間消費電力
  • 250 kWh
  • 265 kWh
  • 292 kWh
  • 259 kWh
  • 293 kWh
  • 273 kWh
  • 265 kWh
  • 290 kWh
  • 288 kWh
  • 239 kWh
  • 年間電気代
  • 6750 円
  • 7155 円
  • 7884 円
  • 6993 円
  • 7911 円
  • 7371 円
  • 7155 円
  • 7830 円
  • 7776 円
  • 6453 円

冷蔵庫は頻繁に買い換える家電ではありません。キッチンのスペースや家族構成を十分に考えた上で購入することが大事です。メーカーごとの最新機能についても、環境にマッチしたものどうかは要チェック。家庭にとってメリットのある機能・機種を選ぶようにしましょう。