冷蔵庫のチルド室の役割や上手な使い方は?|おすすめの冷蔵庫を一挙紹介

冷蔵庫のチルド室、その役割をあまり理解せずに使っている人はけっこう多いのではないでしょうか?チルド室をうまく利用すれば、食品の鮮度を保ち、長く保存することができます。この記事では冷蔵庫のチルド室の上手な使い方や、おすすめの冷蔵庫について紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

冷蔵庫のチルド室を有効活用して食品を守ろう

冷蔵庫は食品に適した環境で保存するために、いくつかの保存場所に分かれています。冷蔵室と冷凍室はほとんどの冷蔵庫にありますが、大きめの冷蔵庫には野菜室やチルド室、パーシャル室もついています。

 

これらの保存場所を上手に使い分けることで、食材を最良な状態で保存することができます。今回は冷蔵庫のチルド室に焦点を当て、チルド室は具体的にどのような役割をしているのか、また、チルド室の上手な使い方について紹介していきます。

冷蔵庫のチルド室の役割

冷蔵庫のチルド室はどのような役割があるのか、冷蔵室との違いについて見てみましょう。さらに、パーシャル室との違いも紹介します。

チルド室の温度

一般的に冷蔵室の温度は2〜5℃なのに対し、チルド室は約0〜3℃。食品が凍る一歩手前の温度になります。冷蔵室よりも温度が低いことで長期の保存ができ、肉や魚など鮮度が落ちやすいけれど冷凍したくないものの保存にも向いています。

 

また、チルド室は蓋のついた小さな空間なので、冷蔵庫の開閉の影響を受けにくい場所です。日持ちが心配で、少しでも長持ちさせたい食材の保存におすすめです。

【たくさんのメリット】冷蔵庫の温度を管理しよう | おすすめの冷蔵庫用温度計

チルド室とパーシャル室との違い

 

パーシャル室はチルド室よりもさらに温度が低く、-3度前後の保存場所になります。食材の表面が少し凍る微凍結の状態なので、鮮度がより長持ち。完全には凍らない状態なので解凍せずに調理が可能になり、料理の時間を短くすることができます。
 
 
肉や魚類は冷凍や解凍によって劣化しがちですが、パーシャルならそのような心配もありません。チルド室とパーシャル室の両方がある冷蔵庫の場合、肉や魚介類などの生鮮食品はパーシャル室の方が保存に向いています。

冷蔵庫のチルド室を上手に使う方法

凍る寸前の温度で保存できるチルド室は、その役割を知ることでより上手に使いこなすことができます。その方法を以下で紹介していきます。

 

チルド室に入れるもの

チルド室は冷蔵室よりも温度が低いため、肉・魚介類などの生鮮食品、ハム・ソーセージなどの加工品、かまぼこなどの練り製品など、賞味期限の短いものを保存するのに役立ちます。また、特売などで賞味期限が近いものをたくさん購入したとき、それらを保存するのにも便利です。

 

また、チルド室は食品の発酵を抑えることもできるので、味噌などの発酵食品やヨーグルトやチーズなどの乳製品の保存にも適しています。漬物やキムチも酸味が強くなるのを抑えられるので、美味しく食べられる期間が長くなります。

 

野菜は基本的に野菜室に入れますが、特に傷みやすいもやしやブロッコリーなどは、チルド室に入れることで鮮度を長く保つことができます。

 

 

 

 

チルド室に入れてはいけないもの

チルド室の方が鮮度が高く保たれるからと、なんでも入れてしまうのは間違いです。チルド室に入れるのに適さないものもあるからです。豆腐など水分の多い食材は、チルド室に入れると凍りやすいので避けましょう。特に豆腐は一度凍ってしまうと食味が変わってしまいます。マーガリンも同じく凍りやすいので、入れないようにしてください。

 

また、ビールをしっかり冷やそうとチルド室に入れるのはNGです。ビールをチルド室で長期保存するとにごりが出やすく、風味も落ちてしまいます。基本的にビールは冷蔵室に保存して、特に冷えたビールが飲みたいときは、飲む直前にチルド室に移すのがおすすめです。

 

解凍するのに便利

チルド室は、冷凍したものを上手に解凍するのにも便利です。冷凍で購入したケーキや生鮮食品などは、解凍に失敗すると味わいを損ねてしまいやすいもの。刺身のサクなどは急激に解凍するとドリップ(さしみから染み出る液体)が出やすく、旨味が逃げてしまいます。

 

しかしチルド室で解凍すれば一定の温度でゆっくりと解凍でき、本来の美味しさを保つことができます。また、冷凍したアイスやフルーツを少しだけ解凍して程よい状態で食べたいときにも、チルド室が役立ちます。

話題の真空チルド室とは

日立の冷蔵庫に搭載されている真空チルドという機能が話題になっておりますが、どのような機能なのでしょうか。真空チルドとは、チルド室を真空に近い状態にすることによって食品の参加を抑えるというメリットがございます。こちらに真空チルドについての詳細をまとめました。

【日立独自技術】真空チルド機能についてご紹介! | 真空チルド付の冷蔵庫とその効果とは?

チルド室が優秀なおすすめの冷蔵庫3選

ここまで、冷蔵庫のチルド室の役割や上手な使い方について紹介してきました。最後に、チルド室が特に優秀なおすすめの冷蔵庫を紹介したいと思います。これからチルド室のついた冷蔵庫を購入したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 315L 3ドア 右開き 幅54.0cm 奥行65.5cm まんなか野菜タイプ うるおいチルド うるおい野菜室 ライトブラウン R-K32JV T

価格:89,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー日立商品名R-K32JV
寸法・サイズ幅540mm×奥行655mm×高さ1.735mm庫内容量315L(2〜3人用)
ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
年間消費電力(50/60Hz):335kWh/年年間電気代9,045円
その他機能ノンフロン、節電モード

チルド室内に冷気を直接入れない間接冷却で食品の乾燥を抑え、鮮度を守る「うるおいチルド」がついている冷蔵庫です。

 

真ん中には水分を閉じ込め乾燥を抑える「うるおい野菜室」があり、出し入れが便利。3種類の脱臭素材の組み合わせによって、冷蔵室内のさまざまなニオイを脱臭し、フィルターに捕集した細菌の活動を抑えます。冷蔵室の全棚が傷つきにくい強化処理ガラス棚で、お手入れしやすいのが特徴です。

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 475L 6ドア フレンチドア 日本製 幅68.5cm 奥行64.9cm 真空チルド スポット冷蔵 新鮮スリープ野菜室 グレイッシュブラウン R-XG48J XH

価格:148,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー日立商品名真空チルド R-XG51J
寸法・サイズ幅685mm×奥行649mm×高さ1.818mm庫内容量475L(3〜4人用)
ドアの開き方フレンチドア(観音開き)省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
年間消費電力(50/60Hz):258kWh/年年間電気代6,966円
その他機能ノンフロン、節電モード、トリプルパワー脱臭

日立独自の技術「真空チルド」機能がついた冷蔵庫です。真空チルドルーム内の空気を小型の真空ポンプで吸引し、約0.8気圧の真空状態に保ちます。低酸素にして酸化を抑えるとともに、直接冷気を当てない間接冷却・密閉構造で食品の乾燥も抑制。ラップなしでも乾燥を抑えます。

 

さらに、プラチナ触媒(ルテニウム配合)で肉や魚から出るニオイ成分を分解。炭酸ガスを生成して食品表面の酵素の働きを抑え、鮮度をみずみずしく保ちます。

東芝

東芝 【右開き】465L 5ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA クリアグレインホワイト GRR470GWUW

価格:164,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー東芝商品名GR-R470GW
寸法・サイズ幅600×奥行704×高さ1833mm庫内容量465L(3〜4人用)
ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
年間消費電力(50/60Hz):235kWh/年年間電気代6,350円
その他機能LED照明、DSP制御、節電モード

見やすく探しやすい2段式のチルド室がついた冷蔵庫です。チルド室には上下に食材を分けて保存することができます。「選べる切り替えチルド」は「速鮮チルドモード」と「解凍モード」に切り替えが自由自在です。

 

「速鮮チルドモード」は低温の冷気が強力に送りこまれ、食品の中までスピード冷却。鮮度を保ちます。「解凍モード」は約1時間で約-3℃まで急速解凍。冷凍した肉や魚も約30分で切れるくらいまで解凍することができます。

まとめ

冷蔵庫のチルド室について、その役割や上手な使い方について見てきました。鮮度が大切な食材を保存することで、少しでも長持ちさせて美味しく料理することができます。

 

チルド室を有効に活用して、毎日の食生活をより楽しいものにしましょう。