【キッチンをすっきり】奥行きで選ぶ冷蔵庫 | おすすめの大人気冷蔵庫まとめ

一般的な冷蔵庫の奥行は70センチから90センチと言われています。薄型冷蔵庫と呼ばれるのは、奥行が65センチ以下の冷蔵庫のことを言います。奥行で冷蔵庫を選ぶ時に気を付けたい点と、奥行で選ぶおすすめの冷蔵庫を6選ご紹介します。

おすすめの記事

▶︎【2020年最新】冷蔵庫の最強おすすめ特集【12選】 | 選び方と最新情報をご紹介

現在の冷蔵庫は、10年前の冷蔵庫と比べてかなり進化してきました。従来の幅が広くて厚ぼったい冷蔵庫から、スリム型や薄型の冷蔵庫に人気が移っただけではありません。省エネやチルド機能の他にも、冷蔵庫内を雑菌してくれる冷蔵庫まで、消費者のこだわりを叶えてくれる冷蔵庫が多く出てきました。

 

実は日本の住宅事情から、冷蔵庫を設置するスペースが限られているけれど、キッチンをより広く使いたい人は多くいます。この記事では、理想の冷蔵庫を選べるように、選ぶ時の注意点や奥行で選ぶおすすめの冷蔵庫を6選ご紹介します。

冷蔵庫の奥行は2ドアタイプで、50センチ〜60センチ、3ドアタイプで60センチ〜70センチが平均的です。冷蔵庫選びは、大容量や機能などのこだわりで選ぶことがよくあります。しかし、奥行も意識しないと、隣り合わせの家具やシステムキッチンから、冷蔵庫だけがはみ出してしまうことがあります。

 

そのため、奥行で冷蔵庫を選ぶのは意外と大切です。冷蔵庫だけが大きくはみ出ているキッチンは、見た目もイマイチでより多くのスペースをとります。奥行サイズで冷蔵庫を選ぶと、キッチンをより広く快適に使えて、スッキリ見せられる冷蔵庫を賢く選ぶ手助けになります。

 

他にも幅や高さなどの寸法の測り方や選び方に関してはこちらの記事をご覧ください。

冷蔵庫を寸法で選ぶ | 設置に必要な寸法は?寸法の測り方は?

現在、話題になっている冷蔵庫はスリム型の冷蔵庫です。スリム型の冷蔵庫は、幅が狭くて高さがある細身の冷蔵庫のことです。スリム型冷蔵庫は、横幅だけでなく奥行が通常よりも狭く、とてもスッキリと見える冷蔵庫がとても人気です。

 

マンションでは、一般的に冷蔵庫のサイズは60×60でスペースを確保しています。そのため、高さがあり幅が60センチ以下の冷蔵庫は、大容量にこだわる人の希望も叶えてくれます。また、細身なのでキッチンをスッキリとお洒落に見せるという効果もあります。

 

スリム冷蔵庫はこちらの記事で特集しました。是非こちらの記事を併せてご覧ください。

【2019年最新版】スリムな冷蔵庫を徹底紹介 | メリットとその選び方・おすすめ

奥行が狭い薄型冷蔵庫は、奥行が65センチ以下のことを言います。4人家族で容量が400L以上は欲しい人にも、薄型冷蔵庫は適しているのでしょうか。薄型冷蔵庫は奥行が何センチくらいが平均的か、また薄型冷蔵庫のメリットや購入時の注意点も見ていきましょう。

【スッキリ収納】薄型冷蔵庫の選び方とおすすめ | メリットと薄さを紹介

奥行きが薄型冷蔵庫は55センチ〜65センチが平均

薄型冷蔵庫には、奥行が50センチ以下の冷蔵庫から65センチまでの冷蔵庫があります。しかし奥行が50センチ以下の冷蔵庫は、容量が少ないことが多く、通常は1人~2人向けの冷蔵庫になります。4人家族でも容量をしっかり確保できる薄型冷蔵庫は、奥行が60センチ〜65センチくらいの冷蔵庫が、多くなります。逆に、1人暮らしで薄型冷蔵庫を探す時は、奥行が50センチ以下のものを中心に選ぶといいでしょう。

奥行き65センチ以下の冷蔵庫のメリット

奥行が65センチ以下の薄型冷蔵庫は、狭いキッチンをより広く使えるメリットの他にも、冷蔵庫内の見やすさという点がメリットに挙げられます。奥行が広い冷蔵庫によくある、奥のものが見つけにくいというデメリットがなく、冷蔵庫の中を全体的に把握できます。冷蔵庫の奥に入っていて忘れていたため、食品の賞味期限が切れていた!などという無駄も防げて、冷蔵庫内を整理しやすいのも大きなメリットです。

奥行きで冷蔵庫を選ぶときの注意点

隙間スペースに冷蔵庫を設置する時は、ある程度の隙間をつくらないと冷蔵庫に熱がこもってしまい、冷蔵庫が冷却しにくくなってしまいます。左右の隙間は5センチずつは確保して横幅を測りましょう。また、フレンチドアの場合は、90度に扉を開けるために必要な隙間が1センチは必要です。冷蔵庫の上部も同じように5センチは確保しましょう。

 

冷蔵庫のサイズだけでなく、希望やこだわりを叶えてくれる冷蔵庫かどうかを確認することも大切です。薄型冷蔵庫は、横幅や高さにより容量が少なくなることがあります。そのため、容量は足りそうか、または省エネやチルド機能はあるのか、など譲れない部分もしっかりと確認しましょう。

 

冷蔵庫の最新機能に関してはこちらにございますので、是非ご覧ください。

最新機能を搭載した冷蔵庫まとめ | おすすめの最新冷蔵庫とその選び方は?

シャープ SJ-GW36E-R

シャープ(SHARP)

シャープ SHARP プラズマクラスター冷蔵庫(幅60.0cm) 356L 3ドア(両開き・どっちもドア) グラデーションレッド SJ-GW36E-R

価格:125,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインも素敵なシャープのプラズマクラスターは、薄型冷蔵庫で奥行60センチです。3人~4人家族でも十分快適に使える大容量の356Lで、お洒落なレッドがキッチンのアクセントにもなります。

 

ドアは両開きなので、左右どちらからも開けられる便利さが人気を得ています。また、野菜室は直接風があたりにくくなっているため、野菜の鮮度を保ってくれます。省エネの他にも、プラズマクラスターイオンで冷蔵庫内を雑菌してくれる機能もあります。冷蔵庫を常に清潔に保てるのも、この冷蔵庫の人気の秘密です。

R-XG43J XW

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 430L 6ドア フレンチドア 日本製 幅65.0cm 奥行64.3cm 真空チルド スポット冷蔵 新鮮スリープ野菜室 クリスタルホワイト R-XG43J XW

価格:138,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立の大容量430Lの冷蔵庫は、6つのフレンチドアで洗練されたデザインの中が見やすい冷蔵庫です。奥行は64.3センチなので、一般的な冷蔵庫よりは多少薄型の冷蔵庫です。この冷蔵庫は幅もスリムな65センチですので、幅も奥行も狭い現在大人気のスリム型冷蔵庫でもあります。

 

この冷蔵庫の特徴は、真空チルド機能です。食材によって温度も調節できるため、お刺身なども新鮮に保存することができます。また、新鮮スリープ野菜室は、名前の通り野菜を眠らせるように新鮮に保存してくます。4人家族でもたっぷり入れられる大容量も嬉しいです。

NR-E454PX-W

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 冷蔵庫 5ドア 450L パーシャル搭載 スノーホワイト NR-E454PX-W

価格:169,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの5つドアの冷蔵庫は、現在トレンドのスリム型なのに450Lの大容量なのが特徴です。広い冷凍室や野菜室の他にも、食品を1週間新鮮に保存してくれる「新鮮凍結ルーム」もあり、下ごしらえした料理や、肉類・魚類を新鮮に保存してくれます。

 

奥行が60センチで薄型ですが、高さが182センチととてもスリム。そのため、容量にこだわりながらも、キッチンをスッキリ見せてくれます。3人、4人家族で容量だけでなく、機能にもこだわっている人には大満足の冷蔵庫です。

パナソニック nr-e454pxl 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

IRR-A09TW-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 90L 2ドア 右開き 温度調節6段階 省エネ ホワイト IRR-A09TW-W

価格:18,600円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白と黒から選べるシンプルなデザインが嬉しいこちらの冷蔵庫は、省エネ機能もついている1人暮らしにはピッタリのコンパクトな冷蔵庫です。奥行は50.9センチとかなり薄型なので、狭いキッチンも快適に使うことができます。

 

冷蔵庫には6段階の温度調節が付いていて、冷凍スペースが広いのも人気の理由の1つです。また、上部は耐熱鉄板なので、冷蔵庫上部に電子レンジやトースターも安心して置けるのも便利です。キッチンが狭くても、上部のスペースも利用してキッチンをより実用的に使うことができます。

HR-B95A

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 冷凍冷蔵庫 93L HR-B95A

価格:16,770円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンス冷凍冷蔵庫は容量が93Lと、1人暮らしには容量も十分の冷蔵庫です。匂いが移りにくいカバー付きの製氷皿や掃除がしやすい強化ガラス棚は、この冷蔵庫の特徴であり、こだわりです。小さいけれど、細かい箇所にこだわっっている点は嬉しいですね。

 

2リットルのペットボトルが3本以上入るドアポケットなら、家族や友人を招いて食事をする時にも、しっかりと飲み物を収めることができます。

ハイセンス hr-b95a 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

レトロ冷蔵庫 85L 2ドア 冷凍冷蔵 SP-RT85L2

リコメン堂

レトロ冷蔵庫 85L 2ドア 冷凍冷蔵 SP-RT85L2 3色 レトロデザイン レトロ おしゃれ かわいい 冷凍庫 冷蔵庫 一人暮らし 省エネ simplus シンプラス (ライトグリーン)

価格:19,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン重視でしかもレトロな雰囲気が好きな人におすすめなのは、省エネもできるレトロ冷蔵庫です。奥行は56.3センチで幅も45.3センチと全体的にコンパクトなこちらの冷蔵庫なら、リビングにおいても可愛いので、1Kの1人暮らしの人にもおすすめです。

 

ライトグリーン・オフホワイト・ブラックの3色から選べ、コンパクトながら85Lと1人暮らしには困らない容量なのも嬉しいです。

奥行で冷蔵庫を選ぶときは、冷蔵庫を設置する隙間スペースのサイズをしっかりと測ることがポイントです。奥行が狭い分冷蔵庫がはみ出ることがなく、見た目もスッキリしてキッチンを快適に使うことができます。薄型冷蔵庫でも、大容量や省エネなどのさまざまな機能にこだわった冷蔵庫が多く出てきました。奥行とこだわりから、この先10年快適に使える冷蔵庫を選びましょう。