中型冷蔵庫おすすめ6選!選び方のポイント|容量・サイズは?どんな人におすすめ?

2~3人暮らしの家庭に使いやすい300L台のモデルを「中型冷蔵庫」として、その選び方を徹底解説します!どんな人・どんなライフスタイルの家庭に中型冷蔵庫が向いているのかや、中型冷蔵庫のサイズについてご説明します。また、冷蔵庫を選ぶ前にチェックするべきポイントもご紹介するのでぜひ参考にしてください!

2021/06/28 更新

冷蔵庫は、使用する人数やライフスタイルによって必要な容量・サイズは変わってきます。200L以下の小型冷蔵庫は、1人暮らしやサブの冷蔵庫としての使い方ができますし、400~500Lの大型冷蔵庫は、よく自炊をする方やまとめ買いするファミリーに向いています。

 

そんな小型冷蔵庫と大型冷蔵庫の中間にあたるのが「中型冷蔵庫」です。明確なサイズはありませんが、この記事では170Lからの2ドアタイプ〜300Lまでの3ドアタイプのモデルを「中型」としてご紹介してきます。

 

キッチンに収納しやすいサイズを保ちつつ、容量や機能性も兼ね備えた「中型冷蔵庫」は幅広い家庭・ライフスタイルに使いやすいです。この記事を参考にして、おすすめの中型冷蔵庫の選び方をチェックし、人気商品を選んでみてください。

今すぐ見る!人気の高い中型冷蔵庫おすすめ6選

なんとなく中くらいの大きさの冷蔵庫が欲しいなと思っている方に、具体的に中型とはどれくらいの容量のことを指しているのか解説していきます。使用人数で選ぶ方法と、ライフスタイルに合わせて選ぶ方法の2つをご紹介します。

「使用人数」で中型冷蔵庫を選ぶ

使用人数ごとの容量の目安は以下の通りです。【70L×家族の人数+常備品の容量(100L)+予備の容量(70L)】の計算式に当てはめることで、容量目安がわかります。

 

使用人数 適切な容量 サイズ目安    
1人 240L(130~250L) 小型
2人 310L(300~400L) 中型
3人 380L(350L~430L) 中型
4人 450L(400~500L) 大型
5人〜 520L(500L~) 大型

冷蔵室+冷凍室+野菜室の3ドアタイプで考えた場合、上記の表をみてみると中型冷蔵庫は300L台です。よって、中型冷蔵庫は2~3人暮らしに適切であると言えます。使用人数で容量を選ぶ場合は、表を参考にして使いやすい容量を選んでください。

 

また以下の記事でも、2人暮らし向け冷蔵庫・3人暮らし向け冷蔵庫についてそれぞれより詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

「ライフスタイル」で中型冷蔵庫を選ぶ

冷蔵庫は、必ずしも使用人数の目安にぴったり当てはめればいいというわけではありません。自炊をするかどうかや、食材をどれくらい保存しておきたいのかなど、それぞれの家庭のライフスタイルで、大きめを買うべきか小さめを買うべきか決まります。

 

ここでは、ライフスタイルに合わせた中型冷蔵庫の容量の目安をご紹介します。

野菜室の有無|自炊するかどうかで決まる

冷蔵庫には、

  • 冷蔵室+冷凍室の2ドアタイプ
  • 冷蔵室+冷凍室+野菜室の3ドアタイプ

があります。

 

自炊をする機会が多い2~3人家族の方は、野菜室が必須なので3ドアタイプがおすすめです。一方で、普段自炊をせず冷凍食品や買ってきたご飯を食べることが多い方に野菜室は必要ないので2ドアタイプで十分です。

 

野菜室があるかないかで冷蔵庫の容量は大きく変わり、値段や本体寸法も小さくなります。人数で必要な容量に囚われすぎず、自分のライフスタイルを重視して必要な機能を選んでいく方法も、中型冷蔵庫が選びやすくなります。

まとめ買い派は容量多めがおすすめ

2~3人家族でも、どれくらい食材を買い溜めるのかによって必要な容量は変わってきます。最初に紹介した中型冷蔵庫の範囲(170~300L)で考えると、以下のようになります。

 

中型(少なめ容量) 170L~300L
  • こまめに買い物に行く1~2人暮らし
  • 自炊をしないため、冷蔵庫に食材をたくさん保存する必要のない人
中型(多め容量) 300L~400L
  • 週末大量買いする3人家族
  • まとめ買いして冷凍保存しておきたい人

 

といった目安が立てられます。自炊をするかしないかや、買い物のスタイルなどのライフスタイルによって必要な容量は変わってきます。同じ中型の範囲でも、多めが多いのか少なめがいいのか選んでみてください。

今すぐ見る!人気の高い中型冷蔵庫おすすめ6選

冷蔵庫を選ぶときの大切なポイントは容量だけではありません。容量に伴うサイズをあらかじめ確認しておくことも大事で、購入後サイズが合わず失敗することを防ぎます。ここでは中型冷蔵庫のサイズ寸法をチェックして、さらに冷蔵庫のサイズを選ぶときのポイントも確認しておきましょう。

中型冷蔵庫のおおよそのサイズをチェック!

同じ中型冷蔵庫でも、少しの容量の違いで幅や奥行などのサイズは変わってきます。以下の表では、容量別で中型冷蔵庫の平均的な幅・奥行・高さを示しています。

 

180L前後の場合

幅500mm前後 × 高さ1350mm前後 × 奥行600mm前後

230L前後の場合

幅550mm前後 × 高さ1550mm前後 × 奥行650mm前後

270L前後の場合

幅550mm前後 × 高さ1600mm前後 × 奥行650mm前後

350L前後の場合

幅590mm前後 × 高さ1750mm前後 × 奥行660mm前後

 

一人暮らしの狭いキッチンや、冷蔵庫の設置スペースがあらかじめ決まっているマンションでは、幅600mmに収まっていると余裕を持って収納できます。幅や奥行を小さくしたスリムモデル・薄型モデルも最近流行していて、容量はそのままで小型の冷蔵庫を選ぶ選択肢もありますよ。

 

以下の記事では、冷蔵庫を「幅で選ぶ」方法と、「奥行で選ぶ」方法についてそれぞれご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

中型冷蔵庫のサイズを選ぶときに注意するポイント

冷蔵庫のサイズを選ぶときは、以下の3つのポイントを抑える必要があります。ここで確認して、購入してから後悔することのないようにしましょう。

 

  • 放熱スペースを開ける
  • 搬入経路を確認する
  • ドアが全開できるスペースがあるか確認する

冷蔵庫の左右・上部には放熱スペース+5cmを開ける

基本的に、冷蔵庫の左右と上部には排熱口があります。それぞれの排熱口を塞がないように、5cmずつ隙間を開けて設置しなければならないことを前提として設置スペースの寸法を考える必要があります。

 

排熱口を塞ぐように無理して設置してしまうと、熱がうまく排出されず冷蔵庫が冷えない原因になったり、コンプレッサーの異常で異音の原因になったりすることがあるので、余裕を持って設置できるように幅・奥行、そして高さはしっかり確認しておきましょう。

キッチンまで運べるか搬入経路を確認する

冷蔵庫を購入して自宅に冷蔵庫が届いたときに、「冷蔵庫が壁やドアに引っかかって入らない…」ということになっては大変ですよね。冷蔵庫のサイズを決めるときには、あらかじめ搬入経路が確保できるか確認しておく必要があります。

 

設置場所までの通路が直線の場合は、冷蔵庫本体の幅か奥行きの狭い方より+6cmの通路幅がある必要があります。エレベーターや玄関のドア、廊下や階段の幅をしっかり測った上で、キッチンまで運べることをチェックしてください。

 

以下の記事では寸法で選ぶ冷蔵庫について、より詳しく解説しています。気になった方はぜひご覧ください。

ドアが全開できるスペースがあるか確認する

冷蔵庫のドアが全開できないと、中のものが取り出しにくかったり、中を見渡しにくかったりします。いくらキッチンが狭いとは言っても、ドアは全開できるに越したことはありません。途中でドアが引っかからないように、冷蔵の前面もスペース確保が必須です。

 

冷蔵庫には、一般的な右開き・左開きの他に、真ん中でドアが半分に割れていて中心から開ける観音開きがあります。観音開きはドアの開く範囲が右・左開きよりも小さいので、どうしても狭いスペースに設置するなら、観音開きを選ぶといいでしょう。

 

以下の記事では観音開きタイプのおすすめ冷蔵庫を特集しています。ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!人気の高い中型冷蔵庫おすすめ6選

以下は、新品の場合の中型冷蔵庫の価格帯を示しています。容量200L台と300L台とで若干価格の幅に差があったので、それぞれ分けて価格を紹介しています。

 

200L台の中型冷蔵庫 3万円~9万円台
300L台の中型冷蔵庫 7万円~12万円台

 

小さめ容量200L台の中型冷蔵庫は、10万円以内で購入することができます。そこまで大きめの容量を求めていない方や、2ドアタイプで十分な方は200L台を選んで安く済ませましょう。300L台になると、10万円以上のモデルが増えてきます。

 

型落ちモデルの中古やアウトレット品を選べば、300L台の容量大きめの中型冷蔵庫も10万円以内で買えることが多いです。ただし、中古品はちゃんと稼働するかを事前に確認できなかったり、保証がついていない場合があるので注意が必要です。

冷蔵庫の機能性をあらかじめチェックしておくことは、購入後の使い勝手に大きく関わります。重要なポイントを3つピックアップしたので、ここでチェックしておきましょう!

ドアの開き方をチェック

ドアの開き方は4タイプあります。家事動線や周りのスペースに合わせて選ぶと、購入した後も使い勝手が良くなります。ここであなたのキッチンに適切なドアタイプを選んでおきましょう。

 

右開き

向かって右側にドアが開く冷蔵庫。

右側に壁がある場合・右利きの人におすすめ。

左開き

向かって左側にドアが開く冷蔵庫。

左側に壁がある場合や左利きの人におすすめ。

観音開き

(フレンチドア)

真ん中から左右に開くタイプ。

庫内が広いので中が見やすい。

片側ずつ開ければ冷気が逃げ出しにくい。

両開き

(どっちもドア)

右からも左からも開けることができるシャープ独自技術。

引っ越しても設置場所に困らない。

 

以下の記事では、「右開きタイプ」「観音開きタイプ」「両開きタイプ」をそれぞれ特集しています。気になったドアタイプを選んで、ぜひ参考にしてみてください。

野菜室・冷凍庫の位置をチェック

そもそも2ドアタイプで野菜室がない方は選ぶ必要がないので先に進んでください。3ドアタイプで冷凍庫と野菜室がある冷蔵庫の場合には、「真ん中野菜室」か「真ん中冷凍室」のどっちかを選べる冷蔵庫がおすすめです。

 

  • 真ん中野菜室:自炊が多く、野菜室を多く開け閉めする家庭
  • 真ん中冷凍室:食材を冷凍したり、冷凍食品に頼ることが多い家庭

 

自分の家庭のライフスタイルに合わせて中段を選ぶと、使い勝手が良くなります。一度購入したら、長く使用する家電ですのでこの点を選んでおくことも非常に大切です。

 

以下の記事では、真ん中野菜室の冷蔵庫について特集しています。気になった方をぜひご覧ください。

省エネ設計をチェック

最新モデルをはじめとして、冷蔵庫には省エネ設計で作られているものがあります。効果の高い断熱材を使用していたり、高性能な冷却装置を使用していたりすることによって、電気代を節約して使用することができます。

 

冷蔵庫には必ず省エネ達成基準率が記載されています。◯パーセントで示されてもわかりにくい、という方にも理解しやすいように、星5つを最大として、その冷蔵庫がどれくらい省エネ設計なのか示すマークもあります。冷蔵庫を選ぶときには確認してみてください。

中型冷蔵庫(少なめ容量) 170L~299L

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 231L シルバー IRSN-23A-S

価格:43,000円 (税込)

BIG冷凍室161Lが魅力!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイリスオーヤマは、冷蔵庫に限らず他のメーカーよりも低価格で高品質な家電を購入できることで人気の高いメーカーです。このモデルも、容量231Lながら5万円を切る価格で購入することができるため、コスパ重視で冷蔵庫を選びたい方におすすめです。ただし、冷蔵庫と冷凍庫の2ドアタイプで野菜室はないので注意が必要です。普段野菜室を使わない生活をしている方にはおすすめです。

日立(HITACHI)

265L 3ドア 右開き 幅54cm R-27NV N シャンパン

価格:84,499円 (税込)

まんなか野菜室だから自炊派におすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立「R-27NV N」は、200L台の冷蔵庫の中でもかなり人気の高いモデルです。自炊をよくする人がよく開け閉めする野菜室が中段に来ている「真ん中野菜室」なので、ライフスタイルによっては使い勝手がとてもいいです。また、容量265Lにしてはスリムな幅54cmなので、マンションや狭いスペースでも余裕を持って設置できるのでおすすめです。

SHARP

シャープ 冷蔵庫 280L(幅56cm) 2ドア ホワイト SJ-PD28F-W

価格:69,800円 (税込)

プラズマクラスター搭載で庫内いつでもクリーン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ独自のプラズマクラスターイオン搭載で、庫内の空気をいつでも清潔に保つことができる商品です。食材の新鮮さを保つことにもつながるこの機能に加えて、シャッキっと野菜室大容量メガフリーザーが搭載されているので、機能性に優れている点が人気です。また、高さが低めの設計になっているので、女性や子供にも取り出しやすいです。

中型冷蔵庫(多め容量) 300L~400L

日立

日立 R-V32NV(K)

価格:99,800円 (税込)

シックデザインのブリリアントブラック

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムな本体幅54cmで、鋼板3ドアタイプの冷蔵庫です。「うるおい野菜室」を採用しているので、食材の乾燥を抑えて新鮮なまま長期保存することが可能です。また、庫内の使い勝手も人気の理由です。冷蔵室の全棚が傷つきにくく汚れもサッとふき取りやすい「強化処理ガラス棚」や、高さを変えられる「高さかわるん棚」「高さかわるポケット」によって、お手入れの手間を省いたり、使う人に合わせたアレンジが可能です。

三菱

MR-CX33E

価格:105,800円 (税込)

料理をたくさんする方におすすめ!

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこから掴んでも扉が開けやすい「フリーアクセスデザイン」が特徴です。庫内の棚は全段ガラス製になっているため、汚れを簡単に拭きとることができます。また、棚の手前半分を置く側に収納できる「ワン・ツー棚」に対応しているため、高さのある食材を収納しやすくなっています。

 

冷蔵室の下部には、傷みやすい食品の収納に適した、2段のフレッシュゾーンがあり、上段は約0℃のワイドチルドで、加工食や乳製品、使いかけの食材を収納するのに適しています。下段には約-3~0℃の氷点下ストッカーで、氷点下なのに食材を凍らせない過冷却技術で、食材の鮮度や風味を損ないにくくなっています。

容量 330L サイズ(幅・奥行き・高さ) 600 x 656 x 1698mm
ドアの開き方 年間消費電力 330kWh/年
年間電気代 8910円 省エネ性能 ★★★★★
SHARP

350L 両開き 3ドア ゴールド SJ-W353G-N

価格:88,000円 (税込)

幅60cmのスリムタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

350Lの大容量ながら、幅を60cmに抑えたスリム冷蔵庫です。また、シャープ独自の「どっちもドア」を採用しているので、左右どちらからも開けることができて、非常に使い勝手のいいモデルです。中型モデルとしても容量に余裕のある商品なので、2~3人家族で食材を多めに保存することに向いています。ある程度の容量と機能性両方を兼ね備えた商品が欲しい方におすすめです。

ここまで中型冷蔵庫について紹介しました。 中型冷蔵庫はサイズ的に2~3人暮らしに適しています。中には大型冷蔵庫についているような便利な機能がついているものもあるので、そのようなところに注目して選ぶといいでしょう。

冷蔵庫 中型の全商品一覧

商品一覧を見る