大人気の冷蔵庫の配置場所やレイアウト | 配置の際や注意点や人気のレイアウトをご紹介

冷蔵庫の配置場所に困っている方必見!おすすめの冷蔵庫の配置場所や、キッチンのレイアウト、そしてその注意点や人気のレイアウトとそのメリットをご紹介します。冷蔵庫の配置場所を変えるとキッチンの見た目がよりキレイなものとなります。ぜひ参考にどうぞ。

こちらの記事もおすすめ

冷蔵庫の配置によって利便性ががらっと変わる

冷蔵庫はとても大きな家電なため、どこに配置しようか迷う方も多いでしょう。結論から言えばどこに置いても良いですが、便利さや見た目、そして排熱面を考えると、あなたの家に適した配置が思い浮かぶと思います。今回はそんな冷蔵庫の配置について解説していきます。

一般的にはどこに置かれることが多い?

「みんなと同じように冷蔵庫を配置したい!」という方にとっては、一般的な冷蔵庫の配置場所も知りたいでしょう。その場所はズバリ、キッチンの入り口付近です。

 

やはりキッチンの入り口はリビングから見ても一番近い位置にあるので、使いたい時にすぐに使えるのが便利なポイント。そのためキッチンの入り口付近に冷蔵庫を配置する方も多いです。

便利さ重視ならどこに置くのが正解?

無難に置くならキッチンの入り口ですが、では「便利さを重視」した時にはどこに置くのが正解なのでしょうか?これに関しては人によって家の間取りが違うので、「この位置が正解!」とは一言に言えません。

 

ですがその家によって便利に冷蔵庫が扱える位置があることも確かです。そこでここからは

 

・キッチンの入り口付近

・キッチンの真ん中

・キッチンの奥

 

上記の配置位置から、どのような便利さが生まれるのかを見ていきましょう。

キッチンの入り口付近

キッチンに入ってすぐ冷蔵庫を開けられるので、入り口付近は一般的でありながらも便利な配置位置です。

 

すぐ開けられることによって料理の際に無駄な移動をしなくても済むといったメリットがあり、円滑に料理を進められるのもメリットですね。また誰かがキッチンで料理しているときに他の人が冷蔵庫を開けても、料理の邪魔にならずに物を取り出せるのも嬉しいポイント。

 

そのため「2人以上で暮らしている方」なら、お互いの行動がスムーズになるようにキッチンの入り口付近に冷蔵庫を置くのが理想的です。

キッチンの真ん中

キッチンの入り口付近に冷蔵庫があれば何かと便利ですが、中でも「料理の便利さ」を追求するならキッチンの真ん中に置くのが良いでしょう。というのも料理している人が食材を取り出したい時、後ろを向く、もしくは後ろを向いて少し移動するだけで冷蔵庫を開けられるからです。

 

そのため「冷蔵庫は基本的に料理の時にしか使わない方」であれば、これ以上にない配置位置だと思います。

 

ただ逆におすすめできないのが「2人以上で暮らしている人」。こちらは他の人が冷蔵庫を開けようとすると、どうしても料理している人の邪魔になってしまいます。仮に火や包丁を使った調理をしている場合は、側を通った時に怪我をしてしまう恐れがあり、安全面でもおすすめできません。

 

しかしキッチンが広くて余裕があるなら、2人以上でも特に問題は無いでしょう。

キッチンの奥

一見「キッチンの奥に置いてもメリットがない」と思うかもしれませんが、実はあるんです。というのもキッチンの奥に配置すれば、冷蔵庫の扉を開けても扉で他の人の通路を塞ぐことがなくなります

 

加えて料理者目線からしても「入り口付近・キッチンの奥」は距離にあまり違いはないでしょうから、こちらも無駄な移動をしなくて良いのがポイントですね。

 

しかしその反面キッチンの奥に冷蔵庫を置くと、結構なデメリットも発生。まず料理している人がいるなら、その人の近くを通過しないといけないので料理の邪魔になってしまいます。加えてリビングからキッチンの奥までは遠いので、快適に冷蔵庫を利用できません。

 

そのため冷蔵庫の配置にキッチンの奥を採用するのは、

 

・入り口&真ん中に置くと扉で進路を妨害してしまう間取りの人

・料理中に他の人が近くを通っても気にしない人

・一人暮らしの人

 

上記の特徴を持つ人にしかおすすめできませんね。

見た目重視の場合はどこに置くべき?

便利さよりも見た目の良さを重視して冷蔵庫を配置するなら、

 

・冷蔵庫が見えるように

・冷蔵庫が見えないように

 

大きく分けて上記のいずれかを意識する必要があります。では見た目を重視した配置位置を見てみましょう。

隠すように配置

「冷蔵庫が見えるのは不格好」、「何らかの理由で冷蔵庫は人に見せたくない」という方もいると思います。そんな時は冷蔵庫を隠すように配置してみましょう。キッチンの位置で言えば「奥」がおすすめですね。

 

そこなら冷蔵庫に近づかないと見えないので、キッチンの見た目的にもスマートに見えるでしょう。

 

加えて他の電化で隠すようにして冷蔵庫を配置するのも選択肢として十分アリです。こちらの場合は他の電化と近い位置に冷蔵庫があることから、例えば「電子レンジを使うついでに冷蔵庫を開く」といった便利面でも役に立ちます。

リビングから見えない位置

意外とリビングから冷蔵庫が見えることに違和感を覚える方は沢山います。そんな方にはリビングから見えない位置に冷蔵庫を配置するのがおすすめ。キッチンの位置で言えば「真ん中」や「奥」が適しているでしょう。

 

 

あえてリビングから見える位置に置くのもOK?

逆に冷蔵庫をアピールしたい場合は、キッチンの入り口付近に置くのが良いですね。高価な冷蔵庫やオシャレな冷蔵庫だと見た目の印象が良くなるので、あえて見やすい位置に置くのも一つの策です。

 

 

放熱スペースも確保しよう

中の物を効率よく冷却するためには、冷蔵庫を放熱する必要があります。そのためには冷蔵庫の周辺に隙間を作って、放熱スペースを確保することが重要ですね。横と奥に大体1cmぐらいの隙間があれば問題なく放熱機能が働きます。

 

ただ最近の冷蔵庫では「背面に放熱機能がない」ものも存在しているため、その場合は背面の壁にピッタリくっつけても構いません。その手の冷蔵庫は「側面や上部」に放熱機能が搭載されていることが多いので、横と上部にはしっかりと隙間を作っておきましょう。

冷蔵庫の上に物を置くのはNG

冷蔵庫の冷却効果を下げるNG行動の一つとして、冷蔵庫の上に物を置くというのが挙げられます。もしも冷蔵庫が上部に放熱装置が付いていた場合、周辺に置かれている物によって空気の通り道が狭まるので良くありません。

 

特に電子レンジなどの家電を置いてしまうと、上部に放熱装置が付いていなくても家電自体の熱によって冷蔵庫の冷却効果が弱まってしまいます

 

冷蔵庫の上に何かを置くのはしてしまいがちな行動ですが、効率良く中の物を冷やしたい場合は避けるようにしましょう。

直射日光が当たると放熱効果ダウン

冷蔵庫に直射日光が当たってしまうと、冷蔵庫自体の温度が上がってしまうため放熱効果がダウンしてしまいます。そのため冷蔵庫を設置する際には日の当たらない所を選ぶのも重要です。

 

ただ間取りの関係により、どうしても冷蔵庫に日が当たってしまう家もあるでしょう。その場合は窓にカーテンを張ったり、使わない間は冷蔵庫に布を被せるといった対策がおすすめです。

 

涼しい所に配置できれば放熱効果アップ!

冷蔵庫の放熱効果をさらにアップしたい場合は、冷蔵庫を涼しい場所に設置するのが得策です。例えば

 

・夏場はクーラーの空気が当たる空間に設置

・冬場はストーブの空気が当たらない空間に設置

 

上記の条件に適した場所がおすすめですね。該当する設置位置が見つからない場合は、「扇風機を冷蔵庫の放熱装置付近に当てる」のも効果的なので試してみてください。

冷蔵庫の置き場がない!そんなときは?

冷蔵庫は食料を保管する家電なので、「冷蔵庫はキッチンに置くべき」という考えを持っている方も多いでしょう。しかし間取りや既に置いてある家具が原因で、冷蔵庫が置けなくなる自体も考えられます。

 

そんな時には思い切って「リビング」に置くのも良いでしょう。料理の際にリビングとキッチンを行き来しないといけないのが面倒ですが、その反面リビングくつろいでいる時に手軽に冷蔵庫から物を取り出せるといったメリットも存在します。

 

特にあまりキッチンを使わない方であれば、リビングに置いて自分と冷蔵庫の位置を近くすると快適な生活が望めますね。

まとめ

以上冷蔵庫のおすすめのレイアウト、配置方法や注意点を紹介してきました。冷蔵庫の場所を変えただけでキッチンの見た目もがらっと変わります。ぜひご自身のキッチンにあった冷蔵庫の配置を考えてみてください。