4Kテレビとは?本当に必要?【価格破壊で手ごろな値段の今が買い時!?】

4Kテレビと聞くと、綺麗な高画質の映像が楽しめるテレビというイメージを持つ方が多いでしょう。ただ、実際どれくらい綺麗になっているのか、4Kテレビを購入したい場合、どのように選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで今回の記事では、4Kテレビの基本から、選び方まで詳しく解説します。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

4Kテレビとは?

4Kテレビとは、今まで主流になっていたフルHD画質の4倍の解像度がある高画質のテレビです。 フルHD画質は約207万画素で、Blu-rayの画質などがこれに該当します。4Kが登場するまではこの画質が主流で十分高画質とされていました。 しかし、4K画質が登場して、フルHDの4倍約829万画素と単純に4倍の高画質になりました。

 

フルHDは小型のテレビでは高画質でしたが、課題として大型になればなるほど、画質にムラが出てしまい、綺麗に見えないことがありました。しかし、4Kは4倍の解像度のため、大型テレビになっても画質が落ちることなく、高画質のまま大画面を楽しめるようになっています。

4Kテレビの必要性

4Kテレビは正直絶対必要なものではありません。しかし、これからテレビの買い替えを検討されている方は4Kテレビをおすすめします。 理由としては、4Kテレビが発売された当初は高価格で手が出しにくいものでしたが、今では価格破壊が起こっており、手頃な価格で手に入るから。

 

特に、大型テレビの購入を考えている方は4Kテレビをおすすめします。大画面で高画質の迫力ある映像を楽しめる大型4Kテレビは、機能などにこだわらなければ、手頃な価格で手に入ります。

4Kテレビの選び方

続いて、4Kテレビの選び方をご紹介します。
4Kテレビと言っても、機能や画面サイズなどが異なります。それぞれ自分にあったものを適切に選ぶことで、余分なコストも抑えられます。では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

画面サイズで選ぶ

まず、画面サイズを重視して選ぶ場合についてみていきましょう。
テレビの画面サイズは小型から大型まで細かく用意されています。そこで、自分の部屋のサイズにあったものを適切に選ぶことが重要になります。

「視聴距離」が重要

画面サイズを選ぶ上で最も重要なのは「視聴距離」です。 視聴距離とは、実際にテレビを見る際の画面との距離のことで、それぞれ画面サイズによって最適な視聴距離が異なります。

 

例えば、32V型なら約1.2m、46V型なら約1.7m、52V型なら約1.9m、60V型なら約2.2mなどなど。 あくまでも基準ですが、まずは自分がテレビを設置しようと思っている場所と、自分が視聴しようと思っている場所との距離を確認しましょう。 その距離を基準にテレビの画面サイズを絞り込みましょう。

4Kテレビは50V型以上の大型がおすすめ

前述したように、画面サイズを選ぶ基準は視聴距離を目安にするのがおすすめです。しかし、4Kテレビの場合、できれば50V型以上の大画面のものを選びましょう。

 

4Kテレビは高画質ですが、50V型以下の小型テレビだと、本領が発揮できないことがあります。なので、4Kテレビを購入する際は、できるだけ50V型以上のテレビを検討しましょう。

 

また、6畳程度の大きさの部屋ならギリギリ50V型を設置できますし、値段も機能を多くしなければ手頃な価格で購入できるので、おすすめです。

パネルで選ぶ

続いて、パネルを重視して選ぶ場合についてみていきましょう。
パネルとは、テレビ画面の素材の部分です。現在流通しているのは「液晶パネル」よ「有機ELパネル」の2種類になります。それぞれ特徴が異なるので詳しくご紹介します。

液晶

液晶パネルは薄型テレビが発売した当初からあるパネルで、現在発売されている4Kテレビのほとんどがこの液晶パネルになります。 液晶パネルはガラス・カラーフィルター・バックライトの3層で構成されているパネルで、バックライトの白色光を液晶パネルに透過させてRGBの三原色に変換して映像を映し出しています。

 

液晶パネルの特徴として、画面サイズのバリエーションが豊富という点が挙げられます。小型テレビから50V型以上の大型テレビまであって、部屋のサイズにあったものをチョイスできます。また、価格も現在では低価格のものが多いのも魅力です。

 

デメリットもあり、バックライトで映像を映し出すため、映像の影部分、暗い部分の表現が苦手です。また、バックライトがあるため、本体の薄型化に限界があり、重量が重くなってしまう点もデメリットになります。

有機EL

有機ELパネルは、近年新しく登場したパネルになります。歴史は浅いですが、最先端の技術でバックライトをなくした、ガラス・カラーフィルターの2層から構成されているパネルになります。有機ELパネルそれぞれにRGBそれぞれの光を放つ素材を採用しているため、バックライトが不要になっています。

 

RGBの光を放つ素材により、光の繊細なコントロールが可能になっていて、液晶パネルの苦手な暗い部分の発色も得意としています。また、バックライトがないためテレビ本体の薄型化が可能になっている点も魅力です。

 

ただ、デメリットとして最先端の技術が使われているため、液晶テレビの同サイズのテレビと比較すると高価格になりやすいです。自身の予算と相談して選ぶと良いでしょう。

機能で選ぶ

続いて、テレビの機能を重視して選ぶ場合についてみていきましょう。
4Kテレビは高画質の映像が楽しめるためそれだけでもかなり魅力的な機能が備わっています。しかし、4Kテレビの魅力を最大限に引き出すためには、自分に合っている機能を追加すると良いでしょう。機能が充実すると4Kテレビを何倍も楽しめますよ。

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)

まず、HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)は、液晶テレビの弱点でもある黒潰れや白飛びを軽減して鮮やかな色彩を再現できる機能です。表現できる色の領域を広げることによって、より鮮やかで視覚で見たままのような美しい映像を映し出せます。

 

HDRに対応していない映像を調節できる機能が付いていれば、普段視聴している「地デジ放送」やDVDなど画質が低い映像でもHDR相当の画質で楽しむことも可能です。

 

質感豊かで鮮やかな映像が楽しみたい方はHDR対応のものをおすすめします。

4Kチューナー内蔵型

4Kチューナーとは、2018年12月よりスタートした4K衛星放送を視聴できるようにする機能です。4K衛星放送を視聴するためには「4Kチューナー」と「アンテナ」が必要ですが、4Kチューナーを搭載しているテレビであれば、アンテナを設置するだけで済みます。

 

4Kテレビを設置しただけでは魅力である高画質な映像が楽しめません。4Kに対応した高画質の映像を視聴したいなら4Kチューナーは必須です。本体に搭載されていなくても外付けで後からつけることも可能なので、最初予算のない方はそこまで優先度は高くありません。

録画機能

録画機能は、ほとんどの方が知っていると思いますが、放送されたテレビ番組などをHDDに保存する機能です。基本的にテレビには標準で「外付けHDD」に録画できる機能が搭載されています。しかし、録画機能には様々な機能があり、裏番組を録画できる「2番組同時録画」や4K放送を録画できる機能などがあります。

 

本体にHDDを内蔵しているテレビはHDDの容量によって価格が大きく変わってきます。頻繁に番組録画を利用する方は内蔵HDD+外付けHDDなどの組み合わせもありでしょう。

 

そこまで録画をしないという方は後で外付けHDDを購入すればいいですし、壁掛けなどでテレビをスマートに設置したいという方は内蔵HDDを選ぶのが良いでしょう。

ネット接続機能

ネット接続機能は主に無線や有線に接続できるもので、代表的なものとして「Android TV」があり、スマートテレビとも呼ばれています。

 

ネットに接続して具体的に何ができるかというと、テレビでネットサーフィンができたり、SNSなどをリアルタイムで確認できたりします。さらに、代表的なものとして「動画配信サービス」が利用できるというものがあります。

 

動画配信サービスは「hulu」や「Netflix」など有名なものから「DAZN」などスポーツに特化したサービスの利用ができるものもあります。

 

動画配信サービスの利用料金は別途かかりますが、テレビの大画面で迫力ある映像が楽しみたい方はネット接続機能があると便利です。

4Kアップコンバート

4Kアップコンバートはその名の通り、4K画質にアップコンバートできる機能です。
普段視聴している地デジ放送やBlu-rayなど4K以下の画質の映像をアップコンバートして4K画質相当で視聴できます。

 

さらに、高画質にアップコンバートする過程で発生するノイズを細部まで取り除いてくれるモデルもあり、人物特有の輪郭部分もはっきりと表現できるようになります。

 

ただ、アップコンバートでは4K画質の映像と比較すると劣ってしまうので、4K放送などが一般化して4K画質が主流になるとそこまで必要なくなる機能ではあります。
4K放送に対応させる予定がなく、低予算で済ませたい方は4Kアップコンバートでも十分でしょう。

倍速駆動

倍速駆動はスポーツ番組やアクション映画など臨場感ある映像を好んで視聴するという方におすすめの機能です。

倍速駆動とは、1秒間に表示されるコマ数を増やすことにより、スピード感のある映像の残像を低減して、スムーズに映し出すことができます。
残像が残らない分、よりリアリティーがあり、迫力のある映像を楽しめます。

4Kテレビおすすめ3選(50V型以上)

東芝 REGZA 55X930 [55インチ]

東芝

55X930 東芝 X930シリーズ 55V型 BS/CS 4K内蔵 有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載

価格:243,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この4Kテレビは東芝が展開するREGZAの55X930です。本体に4Kチューナーも内蔵しているため、アンテナがあれば新4K放送も楽しむことができます。

 

また、液晶パネルに「有機ELパネル」を搭載しているため、色鮮やかで暗い部分もはっきりと表現してくれます。

 

機能面では、「4K OLED クリアダイレクトモーション」を搭載。倍速駆動に対応しているため、スポーツやアクションなどスピード感ある映像も残像もなく視聴できます。

さらにネット接続機能も搭載。ほとんどの動画配信サービスに対応しており、楽しみ方も無限大です。

ソニー BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

ソニー(SONY)

ソニー SONY 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-55X9500G

価格:189,236円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この4Kテレビはソニーの展開するBRAVIAのKJ-55X9500Gです。2019年に発売した最新モデルになります。

4Kチューナーも搭載しているため、アンテナを購入すればすぐにでも4K放送を楽しむことも可能です。

パネルは液晶パネルですが、HDRにも対応しているため、高画質の映像を視聴できます。さらに、高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載しているため、より高画質を表現。

 

スマートテレビで有名な「Android TV」をOSに搭載しているため、まるでスマホのような直感的な操作が可能です。アプリケーションを使うことでできることは無限大です。

パナソニック VIERA TH-55GZ1000 [55インチ]

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 55V型 4Kダブルチューナー内蔵 有機EL テレビ Dolby Atmos(R)対応 VIERA TH-55GZ1000

価格:226,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この4Kテレビはパナソニックが展開するVIERAのTH-55GZ1000です。

4Kチューナーにも対応しているため、アンテナを設置すればすぐにでも4K放送を楽しむことができます。

 

パネルには「有機EL」パネルを搭載。細かい部分まで鮮やかに表現できるのが魅力です。さらに、パナソニック独自の「Dot Contrast パネルコントローラー」を搭載していて、すでにはっきり表現できている明暗部分をよりハイコントラストに表現できます。

 

音響システムに上下左右から包み込まれるような立体音響「ドルビーアトモス」により、より大画面ならではの臨場感をさらに引き立ててくれます。

部屋サイズによっては壁掛け対応も視野

壁掛け対応とは、テレビの背面部に専用の壁掛け金具を取り付けることにより、壁にテレビを設置できるものです。

 

壁掛けテレビの特徴としては、テレビ台などを設置する必要がなく、床スペースを有効的に使える点が大きいです。特に、大型テレビを設置する際は部屋のサイズによっては厳しいことがあります。そこで、壁掛けにすることにより、部屋のスペースを有効的に利用できるわけです。
それだけでなく、テレビ台などを設置すると圧迫感を感じてしまうことがあります。しかし、壁掛けにすることで、無駄な圧迫感を軽減し、部屋を広く見せる効果もあります。

 

しかし、デメリットとして壁に直接設置するため、壁を傷つけてしまうことがあるという点です。特に、賃貸などは退去時に部屋の修繕費を支払わなければいけないパターンが多いです。どうしても壁掛けにしたいという方は、一度管理会社や大家さんに直接確認してみると良いでしょう。

 

また、壁掛けテレビは配線が表に出てしまって見栄えが悪くなってしまうというデメリットもあります。配線をどうやって隠すかなどを考えなければいけないため、普通にテレビを設置するより手間がかかってしまいます。

 

これらのデメリットを考慮してもメリットが大きいため、一度検討してみてはいかがですか?

まとめ

今回の記事では、4Kテレビの基本から選び方まで詳しくご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。


4KテレビはフルHDの4倍の解像度を誇り、高画質の映像を楽しめるテレビでした。発売当初より価格破壊が起こっており、手を出しやすい価格になっているのでテレビの買い替えを考えている方におすすめでした。


4Kテレビは機能を追加することで何倍も便利になります。選ぶポイントもたくさんあるため、この記事を参考にして、ぜひ自分に合った4Kテレビを探してみてください。