【2020年最新】三菱の冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

三菱の冷蔵庫の一覧と最新情報についてまとめています。三菱のおすすめの最新冷蔵庫、人気のおすすめ選び方、トラブル対応から他社との比較まで。三菱の冷蔵庫に関して調べている人は是非参考にしてください。

おすすめの記事

▶︎【2020年最新】冷蔵庫の最強おすすめ特集【12選】 | 選び方と最新情報をご紹介
三菱

MR-MX50E-ZT

価格:229,799円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-MX50Eは2019年2月21日に発売された三菱電機の冷蔵庫です。定格内容積503Lの4〜5人家族向けの容量で、三菱の売れ筋ラインナップの製品となります。この機種の特徴は、三菱お馴染みの機能である『切れちゃう瞬冷凍A.I.』に、肉や魚を一週間長持ちさせるチルドルームの『氷点下ストッカーD』などです。

 

しかしこの三菱の機種の一番の特徴は、『真ん中野菜室』でしょう。この10年ほど、冷蔵庫業界は野菜室よりも冷凍室を重視し、野菜室は最下段に設置されていることがほとんどでした。しかし、健康志向の高まりにより、三菱はこの機種から『真ん中野菜室』を復活させたことで、さらにシェアを伸ばしています。

三菱電機と言うと、昨今の家電メーカーとしてはパナソニックや日立などに押され気味と感じる方も多いかもしれません。しかし冷蔵庫に関しては今も昔も変わらないトップブランドで、その長年培われた技術のノウハウにより、壊れにくく長持ちするしっかりした製品を、ユーザー目線で作り続けています。

三菱の冷蔵庫の特徴①:真ん中クリーン朝どれ野菜室

三菱のMXから実現した目玉機能です。文字通り冷蔵庫の真ん中に野菜室を設置し、潤いをキープさせ野菜を長持ちさせるどころか、LED光を利用し光合成を応用して野菜のビタミンCを増やしてくれる優れものです。

 

実は冷蔵庫はその構造上、冷凍室を真ん中に据えた方が省エネ性能が上がり、開発コストも抑えることができます。省エネが重視されるようになった背景から真ん中冷凍室ばかりでしたが、それをあえて根強い人気である真ん中野菜室を復活させたところに、三菱の本気が強く伺えます。

真ん中クリーン朝どれ野菜室についての詳細はこちら

三菱の冷蔵庫の特徴②:切れちゃう即冷凍

切れちゃう瞬冷凍とは、文字通り冷凍であるのに取り出してすぐに、解凍いらずで肉類や魚を包丁で切ることができる冷凍ルームのことです。三菱独自の技術によって、食品を−7度で過冷却させることで、食品内の細胞をなるべく傷つけず、みずみずしく冷凍させることができるのです。

 

これによって、解凍なしですぐに食材を調理に取り掛かれるほか、刺身のスライスが簡単にできたり、カレーやミートソースもカチカチにならずスプーンですくえる硬さで冷凍が出来ます。またじゃがいもなどの冷凍に向かない野菜でも、中の水分を壊さず冷凍できるので、ホクホク美味しいままです。

 

三菱の冷蔵庫の特徴③:置けるスマート大容量

従来の500L以上の観音開き冷蔵庫は、横幅68.5cmのものが主流でした。しかしこの機種は『置けるスマート大容量』の名に恥じぬ横幅65cmを実現しています。これにより、集合住宅で階段や廊下の幅に制限があるご家庭でも、大容量機種を搬入することが出来るようになりました。

 

実は冷蔵庫を購入する際の最初の問題は搬入口の幅で、冷蔵庫の大型化の一方で家庭の事情により集合住宅のおうちが増えているという問題がありました。三菱は断熱材を薄型化させることに成功し、従来型よりも一回り小さいスマート化を実現しました。

三菱の冷蔵庫の特徴④:ワイドチルド

ワイドチルドとは三菱独自のチルドルームの名称です。三菱独自の過冷却技術を用いる氷点下ストッカーとは別に、0度設定で加工食品や乳製品、手作りおかずや使い分けの食品をなどをまとめて保存できます。ワイドというだけあり容量の大きいチルドルームですので、使い勝手もいいです。

 

400L台以上のメイン機種は氷点下ストッカーとワイドチルドのW搭載が標準ですが、ワイドチルド単体であれば比較的低価格な300L台以下の機種にも搭載されています。二人暮らしの小さめな機種をお探しでも、三菱の冷蔵庫であれば昨日に不安なく使用できますね。

三菱の冷蔵庫の口コミは実際どうなのでしょうか。実は良い口コミと悪い口コミが集まっております。こちらの記事で三菱の冷蔵庫の口コミをまとめました。公式での紹介ではなかなか紹介されない悪い口コミも紹介しているのでぜひご覧ください。

三菱の冷蔵庫についての口コミまとめ

冷蔵庫を買ったら食品の保存効果を長持ちさせる為にも、メンテナンスすることをおすすめします。特に、製氷機のお手入れなどは、どの冷蔵庫でもできる基本的なメンテナンスですね。ここではそんな三菱冷蔵庫のお手入れ方法を交換部品と合わせてご紹介します。

三菱のフィルター・製氷機のお手入れについて

三菱冷蔵庫の製氷機は給水パイプが短く、製氷皿・ポンプ・パイプ・フィルターと全ての丸洗いが可能であることも、特徴の一つです。給水タンクとフィルターは週に1度給水ポンプとパイプは月に1度の水洗いを目安に洗浄するのを、メーカーも勧めています。

 

しかし、そうはわかっていてもカビが生えてしまった、という方もいるかと思います。浄水やミネラルウォーターを使用する場合、水道水よりも塩素が少なく実はカビが生えやすくなります。また冷蔵室にあるタンクなら大丈夫ではと思いがちですが、冷蔵室の温度でもカビは繁殖可能です。

 

カビが生えた場所が給水タンク内ならいいですが、フィルターに生えてしまった場合は、買い替えが無難でしょう。フィルター単体でも販売されているので、勿体無いかもしれませんが思い切って交換した方が、気分的にも衛生的にも安心できますのでおすすめです。

三菱の冷蔵庫の製氷機フィルターに関する詳細はこちら
Amazonで「三菱 冷蔵庫 製氷機 フィルター」について見る

三菱の冷蔵庫の給水タンク

三菱

M20TN1520 給水タンク

価格:3,740円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱の自動製氷機能を使用する際、衛生的に保つ為にも給水タンク週に1度を目安に水で丸洗いをしましょう。製氷に水道水でなくミネラルウォーターや浄水を使っている場合は、塩素の除去がされておりさらにカビが生えやすくなっているので、週に2、3度の水洗いをすればなお安心です。

 

また、タンク内にカビが生えてしまった場合、プラスチックの部分であればスポンジでこすることで取り除くことができます。不安であれば塩素系の洗剤で漬けおき洗いなどをすればさらに安心ですね。

 

夏場よりも自動製氷機能を休ませがちな冬場の方がカビが生えやすいという口コミも見られますので、定期的に氷を作る夏場よりも、冬場の方がカビに気をつけた方がいいかもしれません。なにより、やはり定期的に洗浄すれば安心できます。

Amazonで「三菱 冷蔵庫 給水タンク」について見る

三菱の冷蔵庫のポンプ

三菱

M20KW0519 ポンプ+ハネ+キャップ

価格:1,210円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonで「三菱 冷蔵庫 製氷機 ポンプ」について見る

三菱の給水タンク内のポンプも別売で部品として販売しています。冷蔵庫発売から年数がたち、古くなってきたため、プラスチックの劣化が気になる。綺麗に掃除していたが水垢が気になるといった場合には、思い切ってポンプだけ交換してしまうというのも一つの手でしょう。

 

またこのポンプも取り外して洗うことができます。さらに中を分解することも出来て、再び一つにはめ直すことも簡単です。このポンプの構造は少し前の冷蔵庫でも変わらないので、自動製氷が遅くなった、など異変を感じている場合、中の黒い羽を確認して見てもいいかもしれません。

 

冷蔵庫は長く使用するものですので、こうしてどうしても劣化してしまう部品もしっかりと販売してくれているのは、使用していて安心感がありますね。

冷蔵庫を設置する上で耐震の重要性は誰しもが知るところでしょう。日本は地震大国であり、大地震の記憶は誰にとってもまだ新しいところです。日本列島ではマグニチュード6以上の地震も珍しくはなく、ニュースなどで倒れた冷蔵庫の画像を見たことがある方もいるでしょう。

 

冷蔵庫が倒れてしまうと、中の機能が損なわれるほか物理的な危険性も非常に高く危険です。そんなことにならない為にも、耐震はしっかりと考えた方がいいですね。

人気の耐震グッズ

MITSUBISHI

冷蔵庫転倒防止ベルト(2個入り) MRPR-02BL

価格:3,608円 (税込)

Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはベルトとネジから構成される三菱純正の冷蔵庫用耐震グッズです。上部を固定させる際、金具で輪を作り固定させるような使い方になります。しかし、実際に利用した方の口コミを拝見しますと、ベルトの穴にもっと多くのネジを止めて強度を上げることもできるようです。

 

ベルトは白色ですので、日本の住宅に多い白色の壁に使用すれば目立つこともありません。最近は地震も多く、固定しておいてよかったという経験をしたという声もありますので、やはり災害対策として耐震は気にされた方が良いでしょう。

Amazonで「冷蔵庫 耐震」について見る

冷蔵庫でトラブルが起きたときはどのように対処したらいいのでしょうか。今回は三菱の冷蔵庫でも起こりやすいトラブルとその対処法について紹介しようと思います。

水漏れ

冷蔵庫の下から水が漏れる症状があります。これは、冷凍室の自動霜取りをした霜が溶け、流れ出していることで起こってくる症状です。この水は通常『蒸発皿』にて受け止められて、自動的に蒸発するのを待ちますが、この蒸発皿がしっかりとはまっていないと漏れ出してしまいます。

 

また、蒸発皿にゴミや埃が溜まっている場合も水が漏れ出す原因となりますので、しっかりとチェックしましょう。しかし、残念ながら蒸発皿が正常にはまっていても水が漏れる場合は、残念ながら異常症状ですのでメーカー修理を頼む必要があります。

【トラブル】冷蔵庫の水漏れの原因と対処方法は? | 自分で直す方法

氷ができない 

自動製氷をONにしているにも関わらず、氷ができない場合はいくつかの要因が考えられます。まず、『製氷』状態になっていないということ。それから、アイスボックスの中身が偏り、満タンだと冷蔵庫が判断していること、それから製氷タンクのや部品がしっかりとはまっていないことです。

 

これらをチェックしてもまだ氷ができない場合は、水を吸い上げるポンプの中の羽が破損していたり、あるいは製氷機を回転させ氷を落とす軸が破損しているなどの場合もあるようです。これら自分たちで見える範囲の場所に不具合がない場合は、残念ですがメーカー修理となりそうです。

冷蔵庫の製氷機のメンテナンスの仕方や悩みを徹底解消

冷蔵庫を選ぶ際、種類がたくさんあって迷ってしまうと思います。大きさや容量から機能まで、何を基準にしたらいいのかわかりにくく、また絶対に押さえておかなければならないポイントもしっかりとチェックしなければなりません。

 

ここではそんな三菱冷蔵庫の人気の選び方について、容量や大きさ、ドア数や色などさまざまな角度からポイントをご紹介します。特に人気の選び方として、サイズによる三菱の冷蔵庫の選び方をこちらの記事でまとめました。ぜひご覧ください。

三菱の冷蔵庫をサイズで選ぶ方法とおすすめの冷蔵庫

使用人数で選ぶ

まず何人で使用するかによって、冷蔵庫本体の容量を選ぶのは大切です。冷蔵庫は小さすぎたら食材が入らず非常に使いにくくなってしまいます。また思ったよりも使ってみたら小さかったというのもよく聞く話です。

 

基本的には使用人数×100〜150Lが目安と言われていますので、一体ご家庭で何Lの容量が必要になるのかはしっかり把握しましょう。

1人暮らし用の冷蔵庫

一人暮らしの方の場合は、単身者向けのシングルサイズの冷蔵庫を各メーカー発売しています。2ドアで冷蔵庫と冷凍室が別れているタイプが圧倒的に多く一般的でもあります。通常サイズの冷蔵庫と違い、引っ越しシーズンの春頃が型代わりの時期となっています。

 

サイズは100L台のものが一般的ですが、冷蔵庫は大きい方がいいと一人暮らしでも400L台を購入される方も珍しくはありません。

一人暮らしの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

2人暮らし用の冷蔵庫

二人暮らしですと、一人暮らしサイズの2ドア冷蔵庫ではやや使い勝手が悪く苦しくなってきます。最低でも250L以上、できたら350L以上の冷蔵庫を選んだ方が、食材を十分に収納することが出来ます。

 

また、二人暮らしでも将来的に家族が増えることを考えて400L以上の大きなサイズを選んでもいいですし、共働きで食材の買い溜めをするのであれば、さらに冷凍庫が大きなものを選ぶのも一つの手です。

二人暮らしの冷蔵庫の選び方とおすすめはこちら

容量で選ぶ

次に容量で選ぶ場合の目安をご紹介します。冷蔵庫は小さすぎたら食材が入らず非常に使いにくくなってしまいます。また思ったよりも使ってみたら小さかったというのもよく聞く話です。

 

使用人数で選ぶ項目と重なってきますが、容量の目安は使用人数×100L〜150Lと言われています。何人で使用することになるのかをしっかり考えて、機種を選ぶ必要があります。

 

 

容量が168Lの冷蔵庫

三菱

MR-P17ED-KW

価格:47,670円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは一人暮らしの単身者向けサイズのごく一般的な冷蔵庫です。庫内容量は168L、冷蔵室は122L、冷凍室は46Lとなっています。500Lのペットボトルを立ててドアポケットにしまうことが出来て、大容量の冷凍庫で食パンも袋のまま冷凍可能です。

 

棚がガラスシェルフとなっている為汚れがこびりつきにくく、手入れがしやすいのもいいところで、LED照明によって清潔感もあります。

容量146Lの冷蔵庫

三菱電機

MR-P15D-B

価格:37,590円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは一人暮らしの単身者向けサイズのごく一般的な冷蔵庫です。一つ上の168Lの冷蔵庫のワンサイズ下の冷蔵庫です。庫内容量は146L、冷蔵室は100L、冷凍室は46Lとなっています。ペットボトルを立てて収納できる他、冷凍室は上のサイズと同等なので大きくゆとりある設計です。

 

棚がガラスシェルフとなっている為汚れがこびりつきにくく、手入れがしやすいのもいいところです。音も静かで小さくてもしっかりと冷えますのでこの容量で足りる方にはおすすめです。

容量が100Lの冷蔵庫

容量が100Lの冷蔵庫は一人暮らしの単身者サイズです。三菱では146Lサイズ168Lサイズの2展開となっています。どちらのサイズの冷蔵庫でも、500Lのペットボトルを立ててドアポケットにしまうことが出来て、大容量の冷凍庫で食パンも袋のまま冷凍可能です。

 

少量の食品の保存や調味料と飲み物をしまうといった基本的なことはしっかりとできますので、あまり家におらず料理もあまりしないという方にはおすすめです。

100Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

容量が200Lの冷蔵庫

容量が200L台の冷蔵庫は一人暮らしの単身者サイズです。三菱ではやや大きめな272Lのサイズの展開で、働く女性向けとして設計されています。小さいながら、約-3℃~0℃で保存する「氷点下ストッカー」搭載で、すぐに食べない肉や魚も凍らせずに長くストックできます。

 

また庫内にゆとりのある設計となっており、このサイズなら鍋を丸ごと収納することも可能です。料理好きな女性でも満足できますね。

200Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

容量が300Lの冷蔵庫

容量が300L台の冷蔵庫は2人暮らしのご家庭にぴったりなサイズです。200L台までに比べて庫内がぐっと大きくなり、収納量が一気にアップします。単身サイズでは小さく感じられるチルドルームも一気に大きくなり、肉や魚の買い溜めも大丈夫です。

 

しかし各社目玉の機能は400L以上のサイズに搭載されていることが多いので、最新の冷蔵技術を期待するのであればもうワンサイズ上げることをおすすめします。

300Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

容量が400Lの冷蔵庫

容量が400L台の冷蔵庫は2〜3人暮らしのご家庭にぴったりなサイズです。300L台までに比べてさらに庫内がぐっと大きくなり、収納量が一気にアップします。冷凍室も大きく、食材のまとめ買いにも対応できるのが嬉しいですね。

 

各社400Lサイズ以上から、野菜室や冷凍室などの目玉機能を搭載してきている場合が多く、最新技術を体感できるのもこの容量からな場合が多いです。

400Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

容量が500Lの冷蔵庫

容量が500L台の冷蔵庫は3〜4人暮らしのご家庭にぴったりなサイズです。に大型容量の部類になりますので、さらに庫内がぐっと大きくなり、収納量が一気にアップします。冷凍室も大きく、食材のまとめ買いにも対応できるのが嬉しいですね。

 

しかし、大容量化のために本体の幅も大きい冷蔵庫が多く、ご家庭に実際に搬入できるかまで想定して購入する必要があります。

500Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

容量が600Lの冷蔵庫

容量が600L台の冷蔵庫は5人以上暮らしのご家庭にぴったりなサイズです。大型容量の部類になりますので、さらに庫内がぐっと大きくなり、収納量が一気にアップします。冷凍室も大きく、食材のまとめ買いにも対応できるのが嬉しいですね。

 

しかし、大容量化のために本体の幅も大きい冷蔵庫が多く、ご家庭に実際に搬入できるかまで想定して購入する必要があります。

容量が700Lの冷蔵庫

容量が700L台の冷蔵庫は6人以上暮らしの大家族にぴったりなサイズです。大型容量の部類になりますので、さらに庫内がぐっと大きくなり、収納量が一気にアップします。冷凍室も大きく、食材のまとめ買いにも対応できるのが嬉しいですね。

 

しかし、大容量化のために本体の幅も大きい冷蔵庫が多く、ご家庭に実際に搬入できるかまで想定して購入する必要があります。

600Lの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

大きさで選ぶ

大きさで冷蔵庫を選ぶのは重要な要素の一つです。なぜなら、ご家庭にどの幅までの冷蔵庫が搬入できるかを把握していないと、最悪の場合、配達時に搬入できず玄関口で立ち往生し返品という自体になりかねないからです。

 

集合住宅にお住いの方であると珍しくはない話で、冷蔵庫の選び直しとなると気持ちも削がれ大きな手間にもなりますので、しっかりと搬入幅を把握しておきましょう。

幅60cmの冷蔵庫

三菱

MR-MB45E-ZT

価格:219,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-MB45Eは三菱電機製の冷蔵庫で、451Lの冷蔵庫です。2〜3人家族向けのサイズになりますが、この冷蔵庫の良さは60cm幅のスリムタイプだということです。60cm幅ではほぼ限界サイズの庫内容量となりますので、この冷蔵庫しか選択肢がないという方も多いでしょう。

 

しかし製品としてはしっかりとした作りで、三菱のうりである瞬冷凍や氷点下ストッカーなど上位機種同等の性能ですので、安心して使うことができます。

幅65cmの冷蔵庫

三菱

MR-WX52D-F

価格:219,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-WX52D三菱電機製の冷蔵庫で、517Lの冷蔵庫です。3〜4人家族向けのサイズになります。この冷蔵庫の良さは500Lを超える大型冷蔵庫の観音開きタイプにも関わらず、65cm幅のスリムタイプだということです。

 

製品としてはメインラインナップになりますので、瞬冷凍や氷点下ストッカー、など目玉機能満載です。しかし、この機種は真ん中野菜室対応前のモデルとなりますので、その点は注意が必要です。

人気の色で選ぶ

色で冷蔵庫を選ぶのは、本体の大きな冷蔵庫だからこそ重要なことです。キッチンの印象を決める家電製品の一つでもありますので、女性は特に気にされる方も多いでしょう。色味に関しても各社違いがありますので、ここでは三菱電機の冷蔵庫のカラーリングについて見ていきましょう。

ロイヤルウッドの冷蔵庫

Mitsubishi(三菱電機)

MR-JX60A RW

価格:154,750円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロイヤルウッド黒っぽい木目調のデザインで、シックでインテリア感の強い色みです。都会的でおしゃれな家具が多いご家庭のお部屋にぴったりと合いそうですね。フローリングが濃いめの茶色のお家にも違和感なく設置できますし、男性の一人暮らしにも重宝しそうです。

ロゼシャンパンの冷蔵庫

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

三菱冷蔵庫 ロゼシャンパン 観音開き 520L MR-RX52T-N

価格:0円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゼシャンパンシルバーのようなシャンパン色のデザインで、冷蔵庫では定番のシャンパン色です。一般的などんなご家庭のお部屋にぴったりと合いそうですね。ここ10年ほどの冷蔵庫では定番の色なのでつまらないと思う方もいるかもしれませんが、その分飽きがこないとも言えます。

ローズゴールドの冷蔵庫

MITSUBISHI

MR-JX47LTC-N

価格:252,952円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ローズゴールドグレイシルバーのような落ち着いたのデザインです。一般的などんなご家庭のお部屋にぴったりと合いそうですね。三菱といえばクリスタルフローラルの綺麗なピンク色が有名でしたが、この機種はもっと色の濃い落ち着いたデザインとなっているので、そちらを想定して注文された場合は注意が必要です。

ホワイトの冷蔵庫

三菱

MR-MX50E-W

価格:229,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホワイトいかにも冷蔵庫である定番の色味です。どんなご家庭のお部屋にぴったりと合いそうですね。明るく楽しい空間を演出するのにホワイトの冷蔵庫を探されているという方も多いのではないでしょうか。定番であるがゆえに飽きもこず長く使用できそうです。

ドア数で選ぶ

冷蔵庫をドア数で選ぶ方法もあります。容量の少ないものならメーカーによっては1ドアからあり、家庭のキッチンで通常利用するタイプから、単身者用の小型冷蔵庫、はたまた個室に設置し飲み物を冷やす用途まで、冷蔵庫もさまざまです。

 

ここではそんな冷蔵庫をドア数で選ぶ方法を、使い勝手や利用方法も合わせてご紹介します。

1ドアの冷蔵庫

1ドアの冷蔵庫は通常冷温庫として発売され、キッチンというよりも寝室などの個室で飲み物を冷やす用途として購入されている方が多く見受けられます。起きてすぐに手の届く範囲に冷蔵庫があれば目覚めも快適ですね。

 

しかし、三菱の1ドアの冷蔵庫は、現行商品では発売されていません。よく勘違いされるものは1ドアの冷凍庫ですので、旧式を探すか他メーカーを探すのが良いでしょう。

1ドアの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

2ドアの冷蔵庫

2ドアの冷蔵庫冷蔵室と冷凍室のみの一人暮らしサイズの簡易的な冷蔵庫の主流デザインです。冷蔵室の中にストックルームがついており、野菜室はないのが特徴です。一人暮らしであまり家に帰らない、冷蔵庫の中は飲み物と少量の食料のみだという場合は、こういった冷蔵庫で十分な場合もあります。

 

比較的冷凍室の割合は多く作られているので、ご飯やパンを冷凍するといった単身者に多い使い方はしっかりとできます。

2ドアの冷蔵庫のおすすめと選び方はこちら

6ドアの冷蔵庫

6ドアの冷蔵庫は各社400L台以上のメインラインナップの機種となります。観音開きの冷蔵室・野菜室・冷凍室・製氷室・アイスルーム6ドアとなり、一番一般的な構成にもなります。開発に力を入れているメインの性能をふんだんに盛り込んでいるのも、このサイズからの機種です。

 

各家庭でも一番馴染みのある冷蔵庫かと思いますので、6ドアでお探しならば選択肢は非常に多いです。反面、観音開きは横幅が大きくなりがちにもなりますので、搬入口の確認もしましょう。

パナソニックの冷蔵庫と比較

パナソニック(Panasonic)

NR-E454PX-N

価格:176,260円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは2018年10月25日に発売されたパナソニックの冷蔵庫です。三菱との一番の違いは、やはり冷蔵室を開けてすぐにわかる最上段の狭さです。これが女性にとっては手の届かないデッドスペースが減ると人気があります。

 

これは冷凍室のドアを『ワンダフルオープン』として全て引き出せるように、コンプレッサーの位置を最上段に持ってきているからです。他にも、チルドルームである『微凍結パーシャル』も半冷凍の状態で肉や魚を保存する機能で人気があります。

パナソニックの冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

日立の冷蔵庫と比較

日立(HITACHI)

R-XG51J XW

価格:163,023円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは2018年9月13日発売の日立の売れ筋機種です。日立の冷蔵庫の代名詞といえば『真空チルド』で、これは日立だけの特許技術で他社にはないものになっており、チルドルームを真空に近い低酸素状態で保つことによって食品の酸化を遅らせるという優れものです。

 

三菱は-3〜0度の過冷却で冷凍させるため、細胞の痛みに関しては日立が圧倒しており、この点のみで日立に決める方も多いですね。ちなみに価格帯は三菱とさほど差はありません。

日立の冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

東芝の冷蔵庫と比較

東芝

GR-P41G-S

価格:129,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは2018年11月27日に発売した東芝の売れ筋機種です。東芝は昔から『真ん中野菜室』にこだわり、野菜室メインの冷蔵庫を真摯に作り続けています。この機種も真ん中野菜室搭載で、野菜の保存に適した湿度に保つ『うるおいラップ野菜室』を搭載しています。

 

さらに、東芝の冷蔵庫は価格が比較的安くなりやすいというのも人気の理由でしょう。こちらの機種にも言えますが、三菱や日立などのメーカーと比べると、同じサイズでも3万円~5万円ほど価格が下がっていることも珍しくありません。

東芝の冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

mr-wx47d

三菱

MR-WX47D-W

価格:219,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-WX47Dは三菱電機製の冷蔵庫で、470Lの冷蔵庫です。3〜4人家族向けのサイズになります。この冷蔵庫の良さは500Lに近い大型冷蔵庫の観音開きタイプにも関わらず、65cm幅のスリムタイプだということです。

 

三菱の機種は瞬冷凍が人気でもともと高いシェアがありますが、この機種はやはり大容量なのに65cmで憧れのフレンチドアというところが人気の理由です。この機種のおかげで念願のフレンチドアを置けたという声も多いです。

mr-jx47ltc-n

MITSUBISHI

MR-JX47LTC-N

価格:252,952円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-JX47LTCは三菱電機製の冷蔵庫で、470Lの冷蔵庫です。3〜4人家族向けのサイズになります。この冷蔵庫の良さは500Lに近い大型冷蔵庫の観音開きタイプにも関わらず、65cm幅のスリムタイプだということです。

 

一つ上でご紹介したMR-WX47Dに比べて約10センチほど冷蔵庫の高さが低く、背の低い女性でも使いやすいように設計されている機種になります。性能は三菱の目玉機能が全て採用されていますので安心です。

mr-cx27d

三菱電機

MR-CX27D-W

価格:97,600円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-CX27Dは三菱電機製の冷蔵庫で、272Lの冷蔵庫です。一人暮らし向けのサイズになります。この冷蔵庫は『働く女性向け』として売り出されており、一人用の冷蔵庫としては容量にゆとりがあるサイズで、料理をする女性にも使いやすくなっているのが人気の理由です。

 

また、このサイズの冷蔵庫であるのに肉や魚を長持ちさせる『氷点下ストッカー』が搭載されており、すぐ使わなくても悪くなりにくい点もいいですね。

mr-p15d

三菱電機

MR-P15D-B

価格:37,590円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MR-P15Dは三菱電機製の冷蔵庫で、146Lの冷蔵庫です。一人暮らし向けのサイズになります。単身者向けの昔からあるサイズの冷蔵庫ですが、この三菱の機種は夏場もよく冷えて音も静かで色に黒色があるのもいいと評判です。

 

棚の位置も変えられますので、少量の食料を冷やしたり、調味料や飲み物を入れるような使い方であれば十分満足に使うことができるでしょう。

冷蔵庫(メーカー:三菱)の商品一覧(全23商品)