おすすめの封筒型シュラフ15選|コールマンやモンベルなどの人気商品も!

シュラフはキャンプで気持ちよく寝るための重要なアイテム。封筒型のシュラフは広々としていて、布団での睡眠と近い寝心地が特徴です。本記事では封筒型シュラフのメリット・デメリットや選び方のポイントを解説。コールマンやモンベルなどの人気商品も含めたおすすめ商品もご紹介します。

2021/02/02 更新

キャンプの醍醐味ともいえるテント泊。しかし、慣れない寝具でなかなか眠れないと悩んでいる人も多いです。シュラフは袋のようになっているので普段使っている布団に比べて動きが制限されます

 

特に、ファミリーキャンプだと人が多くてスペースを確保するのが難しいため、睡眠の質が悪くなりやすいです。そこで、睡眠を快適にしたい人におすすめなのが封筒型シュラフ。封筒型シュラフは普段使っている布団に近い使い心地で、違和感なく寝られます。

 

また、封筒型シュラフは連結できるモデルも多く、小さなお子様のいるご家庭におすすめです。本記事では封筒型シュラフのメリット・デメリットや、商品選びに役立つ選び方のポイントを解説します。おすすめの封筒型シュラフをシーズン別でご紹介しますので、ぜひご覧ください。

今すぐ見る!シーズン別のおすすめ封筒型シュラフ15選

シュラフには大きく分けて2つの種類があります。封筒型とマミー型です。どのような違いがあるのかまとめました。

封筒型シュラフ

封筒型シュラフは長方形のゆとりがある作りで、体を動かしやすく寝返りを打てるのが特徴です。多少狭いですが、普段使っている布団と同じような感覚で眠れます。同じモデルであれば連結機能を備えているものが多いです。

 

ジッパーを全開にして掛け布団のように使ったり、足元のみオープンにして足を出したりすることも可能。収納時にかさばりますが、寝心地に優れたシュラフです。

マミー型シュラフ

マミー型シュラフはミイラのような形をしたシュラフです。体に沿った形で密着するため、窮屈に感じる人も。しかし、シュラフと体の隙間が少ない分、熱を逃さずに閉じ込められます

 

暖かいうえに無駄な部分がないので、コンパクトに折りたためます。そのため、雪山登山ではマミー型シュラフを使うのが一般的です。逆に、夏のキャンプでは暑すぎて使いにくく、夏場での使用はおすすめできません。

封筒型シュラフはメリットが多く使いやすいシュラフですが、もちろんデメリットもあります。ここで詳しく解説します。

封筒型シュラフのメリット

封筒型シュラフのメリットは動きやすいことです。マミー型のように体に密着していると、シュラフ内ではほとんど動けません。しかし、封筒型なら余裕があるので比較的自由に動けます。

 

そのため気密性が低く、夏のキャンプでも使いやすいこともメリットです。夏はテント内が高温になるので、気密性の高いシュラフでは寝心地が悪く、なかなか眠れない可能性があります。

 

また、封筒型シュラフはマミー型シュラフに比べて価格がリーズナブルで、キャンプ初心者の人でも購入しやすいです。封筒型シュラフは同じモデルであれば連結できるものが多く、お子様と一緒に寝られることも魅力です。

封筒型シュラフのデメリット

封筒型シュラフは気密性が低いので冬のキャンプには向きません。肩や首の部分から冷気がシュラフの中に入り、体温が奪われます。冬キャンプに封筒型シュラフを使うなら、防寒着をしっかり着て寝るようにしましょう。

 

とくに頭の周りは、パーカーのようにすっぽり被れるマミー型に比べるとかなり寒いです。ニット帽子やマフラーなど頭周りをしっかり温められる防寒着を用意するのがおすすめ。

 

封筒型はマミー型に比べてかさばりやすいです。ツーリングや登山など重量や荷物のかさが大きな問題になる状況ではマミー型シュラフの方が優秀です。

今すぐ見る!シーズン別のおすすめ封筒型シュラフ15選

ここではシュラフの選び方のポイントについて解説します。使用する季節や場面などで最適なシュラフは変わるので、自分の目的に合ったシュラフを選びましょう。

中綿の素材をチェック

シュラフの暖かさは中綿の素材で大きく左右されます。化学繊維を使っているシュラフは暑い季節向けのものが多く、ダウンを使っているシュラフは保温性が高く冬向けのものが多いです。

 

自分がキャンプをする時期に合ったシュラフを買うことが大切です。ただし、ツーリング・登山・フェスのような荷物を軽量化したい場面では、コンパクトに収納できるダウンがおすすめです。

 

化学繊維を使用したシュラフでダウンと同じくらいの暖かさを得ようとすると、サイズがかなり大きくなります。ダウン素材の封筒型シュラフなら、暖かさを保ちつつコンパクトに収納できます。コンパクト重視の人はダウン素材のものを選びましょう。

体格や寝相に合わせてサイズを決定

自分の体格に合ったサイズを選ぶことも、シュラフ選びには重要です。大きすぎると、冷気がシュラフ内に入り身体を温められないからです。窮屈でない範囲で小さいサイズのシュラフを選びましょう。

 

ただし、寝相が悪い人は動きやすいように少し大きめのシュラフを使うのがおすすめです。大きすぎるシュラフを選ぶとその分荷物が大きくなります。無駄に荷物を大きくしないように注意しましょう。

快適温度と限界温度をチェック

シュラフを選ぶうえで最も参考になる数値が快適温度と限界温度です。防寒着を身に付けなくてもシュラフの中で十分な睡眠が取れる温度を快適温度といい、防寒着を着て耐えられる温度のことを限界温度といいます。

 

これらの数値の算出は各メーカーごとに基準が違うので一概に判断できませんが、快適温度+5℃程度の環境での使用であれば問題なく眠れます。快適温度で判断するのが重要です。限界温度で判断すると、ウェアや人によっては耐えられない可能性があります。

 

ちなみに、温度が1つしか記載されていない場合もあります。そういった商品に書かれている温度は限界温度です。+8℃くらいの温度を快適温度と考えて判断しましょう。

可能な限りコンパクトな寝袋にしよう

同じ快適温度であるなら、わざわざかさばるシュラフを選ぶ必要はありません。荷物を減らすためにも、できるだけコンパクトなシュラフを購入しましょう。

 

とくに、ツーリングや登山ではパッキングに時間がかかるので、とにかくコンパクトさを重視するのがおすすめです。シュラフによっては圧縮できる収納袋がついています。使用用途に応じて簡単にパッキングできる商品も考慮しましょう。

洗いやすさ​もチェック

シュラフを選ぶときには手入れが簡単なものを選びましょう。ダウンが使われているモデルの中には洗濯ができないものがあるので注意が必要です。

 

化学繊維を使ったシュラフは普通の洗濯物と同様に洗濯ができますが、ダウンは専用の洗剤を使用しないといけない可能性があります。頻繁にキャンプに行く場合は、結構な手間になるため、化学繊維を使ったシュラフがおすすめです。

メーカーで選ぶのもひとつの手段です。有名メーカーのシュラフは使用者が多いので、口コミで実際の体感を調べられます

コールマン

ファミリーキャンプにおすすめのギアがたくさんあるメーカーがコールマンです。封筒型シュラフも充実していて、豊富なラインナップから選べます。カラーバリエーションも多く、シュラフを選ぶだけでも楽しめます。

 

キッズ用シュラフも充実しているため、子供用のシュラフはコールマンで探してみるのがおすすめです。

モンベル

コストパフォーマンスが高く、多くの日本人キャンパーに愛されているメーカーがモンベルです。封筒型シュラフもマミー型シュラフに比べると数は少ないものの取り扱いがあり、暖かいモデルも発売されています。

 

L字ジッパーを採用していて、寝袋を完全に開くとブランケットとしても利用できるのが特徴です。また、封筒型シュラフは全て接続可能

スノーピーク

スノーピークの封筒型シュラフは掛け布団と敷布団のように分かれているので、さらに普通の布団のような寝心地で睡眠を取れます。キャンプで睡眠の質を上げたい人に試していただきたいメーカーです。

 

保温力の高いモデルもあり、冬でも安心して寝られます。収納はかさばりますが、寝心地を重視したいならスノーピークは有力候補です。

春から秋におすすめの封筒型シュラフ5選

スノーピーク(snow peak)

セパレートオフトン ワイド700 BDD103

価格:49,280円 (税込)

掛け布団と敷布団に分離可能、寒い日のキャンプも安心

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3シーズンモデルは暑さにも寒さにも対応できることが重要な条件。スノーピークのセパレートオフトン ワイド700なら寒い日はもちろん暑い日でも快適に過ごせます。セパレートオフトンは掛け布団と敷布団に分離できるので、暑い日はお腹にだけかけて寝たり、寒い日は一体化させてしっかり保温したりと、温度調節が可能です。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 7℃ 限界温度 2℃
中綿 ウオッシャブルダウン700g(ダックダウン80%・フェザー20%) サイズ 敷:105×210cm、掛:110×200
重量 約2000g 収納サイズ 直径20×48cm
モンベル(mont-bell)

ファミリーバッグ #1 1121188-SSOG

価格:8,850円 (税込)

水濡れにも強いシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリーバッグ #1は速乾性に優れているので、結露で濡れても安心のシュラフです。ダウンを使ったシュラフは水濡れに弱い傾向があるので使いにくい面もありますが、化学繊維を使っているこのモデルは水に濡れてもすぐに保温力を取り戻します。化学繊維のモデルはかさばる点には注意しましょう。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 -1℃ 限界温度 -
中綿 ホローファイバー 繊維自体が保水せず速乾性に優れた中空ポリエステル繊維 サイズ 最大長190cm×75cm
重量 1560g(スタッフバッグ込重量1690g) 収納サイズ 45×28×28cm
コールマン(Coleman)

アドベンチャーススリーピングバッグ C5 2000022260

価格:7,568円 (税込)

車中泊にも使いたい人におすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アドベンチャーススリーピングバッグは、ファミリーキャンプでよく使われる2ルームテントやミニバンにフィットする大型サイズの封筒型シュラフで、子供と一緒に寝られます。車中泊をする人、ファミリーキャンプをする人におすすめです。快適温度が5℃で肌寒い日にも対応できます。

快適温度 5℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 使用時/約150×190cm、分割使用時/約75×190cm
重量 約1.7kg×2(3.4kg) 収納サイズ 約27×27×38cm
コールマン(Coleman)

コージーII C5

価格:5,480円 (税込)

窮屈なシュラフで寝るのが嫌な人におすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのコージーII C5は幅が84cmもあるため大人の男性でもゆったり寝られます。窮屈なシュラフで寝るのが嫌な人、寝相が悪い人におすすめのシュラフです。内側にはミニポケットが付いていて、小物が収納できるのも魅力。快適温度も5℃で肌寒い日でも安心して使用できます。

快適温度 5℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 約84×190cm
重量 約2kg 収納サイズ 約26×42cm
コールマン(Coleman)

パフォーマーIII C5 2000034774

価格:8,000円 (税込)

丸洗いできて衛生的

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯機で丸洗いできるのが特徴で、手入れの手間がかからないモデルがパフォーマーⅢ C5です。手入れが簡単なため、キャンプに行く頻度が多く、ヘビーユーズする人にとくにおすすめです。インナーポケットもあるので小物の収納にも便利です。幅も広めで、男性でも窮屈に感じず寝られます。

快適温度 5℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 約80× 190cm
重量 約1.4kg 収納サイズ 約直径24×41cm

夏におすすめの封筒型シュラフ5選

イスカ(Isuka)

レクタ200 139230

価格:14,000円 (税込)

夏のキャンプにぴったりの涼しいモデル

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イスカのダウンプラス レクタ200は快適温度15℃と非常に涼しいシュラフ。フルオープンも可能で掛け布団としても利用できるため、暑い日でも温度調整がしやすいです。寒い時期のキャンプをしないのであれば使いやすいモデルですが、肩幅や全長は少し小さめでサイズに注意しましょう。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 15℃ 限界温度 -
中綿 ダウン200g(80/20 620フィルパワー)(ホワイトダックダウン) サイズ 78(肩幅)X180(全長)cm
重量 685g 収納サイズ 14(底直径)X24(高さ)cm
モンベル(mont-bell)

ファミリーバッグ#7 1121190-PRBL

価格:5,800円 (税込)

速乾性の高い夏用モデル

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速乾性が高く、湿度が高くなりがちの日本の夏におすすめのシュラフがファミリーバッグ#7です。他のモンベルの封筒型シュラフと接続できるので家族で並んで眠れます。L字ジッパーのためフルオープンでブランケット代わりに使うことも可能。夏のキャンプから肌寒い日の防寒対策にまで幅広く利用可能のモデルです。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 13℃ 限界温度 -
中綿 ホローファイバー サイズ 最大長190×最大幅75cm
重量 1150g(スタッフバック込重量1250g) 収納サイズ 36×22×22cm
ナンガ(NANGA)

ラバイマーバッグW400 RABA400

価格:50,600円 (税込)

夏におすすめの2人用モデル

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラバイマーバッグW400は2人用の封筒型シュラフ。夏用で保温性は低い分軽量に作られていて、持ち運びに便利です。封筒型でコンパクトなモデルは少ないので、カップルや子どもと2人で使うならこのシュラフは重宝します。連結はできないので使用人数が2人と決まっているならおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 - 限界温度 -
中綿 ダウン400g サイズ 140×233cm
重量 約1350g 収納サイズ φ25×40cm
コールマン(Coleman)

パフォーマーIII C15 2000034776

価格:2,327円 (税込)

夏用シュラフは丸洗いできるモデルがおすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのパフォーマーIII C15は丸洗いできるので、汗をかきやすい夏にはぴったりのモデルです。快適温度も15℃と非常に涼しいシュラフで、寒い時期にはシュラフを使わない人や、夏専用のシュラフが欲しい人におすすめ。小物用ポケットも付いているので収納にも活躍します

快適温度 15℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 約80×190cm
重量 約890g 収納サイズ 約直径16×40cm
コールマン(Coleman)

ファミリー2in1 C10 2000027256

価格:6,800円 (税込)

親子3人で並んで寝られる封筒型シュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリー2in1は親子3人で並んで寝られるサイズの封筒型シュラフです。上下を分割してそれぞれを1人用としても使えます。1人用として使うときも十分なサイズで、ファミリーキャンプにもソロキャンプにも行くキャンプ好きの人におすすめです。丸洗いもできるので汗をたくさんかく夏でも衛生的

快適温度 10℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 使用時/約168×190cm、分割時/約84×190cm
重量 約3kg 収納サイズ 約直径30×42cm

冬におすすめの封筒型シュラフ5選

コールマン(Coleman)

マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777

価格:20,500円 (税込)

真冬から夏までオールシーズン使えるモデル

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは三層構造になっているため、季節に合わせて持っていくシュラフを選べます。このシュラフ1つで-11〜15℃までをカバーできるので一年中キャンプに行く人におすすめです。洗濯機で丸洗いもできるのでお手入れにも手間がかかりません。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 -5℃ 限界温度 -11℃
中綿 ポリエステル サイズ 約 90×200cm
重量 4.9kg 収納サイズ 約52×29×38cm
コールマン(Coleman)

フリースフットイージーキャリースリーピングバッグ C0 2000031097

価格:9,800円 (税込)

フリース生地で暖かいシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリースフットイージーキャリースリーピングバッグはフリースが使われているのでシュラフに入った瞬間も冷たくありません。シュラフが温まるまでの寒さが軽減されるので、寒さに弱い人におすすめ。寒くても快適に寝られるシュラフです。快適温度も0℃で秋冬のキャンプに使えます。

快適温度 0℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 約84×190cm
重量 約2.6kg 収納サイズ 約直径32×42cm
コールマン(Coleman)

フリースアドベンチャー C0 2000033804

価格:11,750円 (税込)

ファミリーキャンプにおすすめのフリース生地のシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのフリースアドベンチャーは2ルームテント、ミニバンにちょうど収まるサイズの封筒型シュラフです。フリース生地で暖かいので、秋冬のファミリーキャンプや車中泊におすすめ。分離して使えるので、ソロでもファミリーでも使えます。掛け布団としても使えば暑い時期のキャンプでも活躍します。

快適温度 0℃ 限界温度 -
中綿 ポリエステル サイズ 約150×190cm(分割時75×190cm)
重量 4.4kg(分割時2.2kg) 収納サイズ 約28×28×41cm
イスカ(Isuka)

レクタ1000 147321

価格:33,000円 (税込)

ドローコードで暖気を逃さない

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イスカから発売されている冬用の封筒型シュラフがレクスタ1000です。広々としたボックス構造でありながら、ドローコードによってシュラフ内の暖気が逃げないようにできます。封筒型の弱点をカバーした、広さと暖かさを兼ね備えたモデルです。撥水性能も高く使いやすいのも魅力です。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 0℃ 限界温度 -
中綿 羽毛 サイズ 79(肩幅)×190(全長)cm
重量 1590g 収納サイズ 23(底直径)×37(高さ)cm
スノーピーク(snow peak)

セパレートオフトン ワイド1400 BDD104

価格:48,000円 (税込)

温度調整がしやすいオフトンシリーズ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セパレートオフトン ワイド1400はスノーピークのオフトンシリーズで最も暖かいシュラフです。オフトンシリーズはサイドを全部開けたり、足元だけ開けたりするなど細かく温度調整ができるのが魅力。冬のキャンプといっても暖かすぎるシュラフを購入すると暑く感じる時もあります。オフトンシリーズであれば温度を微調整できるのでおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

快適温度 -2℃ 限界温度 -8℃
中綿 ウオッシャブルダウン1400g(ダックダウン80%・フェザー20%) サイズ 敷:105×210cm、掛:110×200
重量 約3100g 収納サイズ 直径28×50cm

キャンプでは、いつもと違う環境でどうしても寝心地が悪くなるものです。マミー型シュラフを使っている人は、まず封筒型シュラフでいつもと同じような寝心地に近づけてみましょう。体が動かしやすいというだけでも寝心地は大きく変わりますよ