イスカのシュラフおすすめ9選!評判はどう?3シーズン使えるものから冬用のものまでご紹介!

イスカのシュラフは寒いシーズンにも対応でき、冬でも安心して使えると評判です。3シーズンに使えるタイプもあり、封筒型やマミー型などの形状も多くの人から愛用されています。そんな人気のあるイスカのシュラフのおすすめ商品や、口コミ・評判をご紹介します。

2022/07/30 更新

編集部おすすめの記事

本格的な高品質寝袋を探している方が気になる3大寝袋メーカーの一つ「イスカ」。イスカは、40年以上の歴史を持つ大阪の老舗寝袋メーカーです。本格的な登山キャンパーから非常に厚い支持を得ています。

 

なぜここまで人気があるのか気になりますよね。本記事では、イスカの寝袋の魅力について徹底的に解説します。また、イスカの寝袋の評判・レビューや正しい選び方についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。「高品質な寝袋は高価なアイテムなので、絶対に失敗したくない!」という方必見です

イスカの寝袋は、独自の製法や強いこだわりを持って作られています。ここではイスカの寝袋の人気の秘訣に迫っていきます。

 

イスカの寝袋の代表的な機能に「3D構造」と「ディファレンシャルカット」があります

 

  • 3D構造:ダウンの封入量を胸部分や足部分などの位置によって変化させることで、体にぴったりフィットする構造
  • ディファレンシャルカット:シュラフの内側の生地を小さく、外側の生地を大きくカットして、縫い合わせる縫製方法

 

3D構造とディファレンシャルカットを採用することで、人間の体にフィットしたシルエットになり、体をぴったりとダウンがまとい非常に暖かく感じます

イスカの寝袋は、超撥水の丈夫な素材を採用しています。シュラフは、地面が濡れていなくても、結露によって濡れてしまう場合があります。ほとんどのダウンシュラフは濡れると保温力が弱くなります。

 

しかし、イスカのシュラフは、ナイロン66と呼ばれる撥水性に優れた素材を使っているため、多少の水濡れに耐えられます。また、ナイロン66は、撥水性だけでなく引き裂き強度が強く、耐熱性と耐摩耗性も兼ね備えているのも魅力です。

イスカの寝袋は、こだわりぬかれた縫製で作られているため、非常に耐久性が高いです。「3cm間に18針」という厳しいガイドラインに従い太めの丈夫な糸で縫製することで、縫い目からのダウンの吹き出しを抑え長く使用できるよう設計されています。

イスカのシュラフには、使用環境・温度に合わせたラインナップが豊富にあるのが魅力です。キャンプする場所や季節に合わせて最適な寝袋を選ぶことができます。 それぞれのキャンプスタイルに合わせて、細かく選べるのは嬉しいポイントですよね。

 

また、イスカの公式ホームページ内に簡単に選べるチャートがあるので、一度参考にしてみるのをおすすめします。分かりやすいチャートなので、すぐに自分に合ったイスカのシュラフが分かりますよ。

イスカは、寝袋のクリーニングサービスを行っています。寝袋は、適度にクリーニングサービスを利用すれば、シュラフ本来の性能を回復でき、長く使用することができます。30~50泊を目安にクリーニングサービスに出すのが理想です。

 

寝袋のメンテナンスを自分で行うのは大変です。しかし、イスカはアフターサービスが充実しているので安心ですね。また、日頃からのケアが長く使用できる秘訣です。使用後は必ず日陰干しするだけでも耐久性が変わってきます。

イスカの寝袋の正しい選び方について解説します。選び方のポイントさえ意識すれば、あなたにぴったりの寝袋が見つかるはずです。

 

イスカのシュラフは、基本的に夏用・春夏秋の3シーズン用・秋冬用の3つに分かれています。最も汎用性が高いのは3シーズン用のシュラフです。しかし、冬山で使用する方は、命を守るためにも必ず冬用のシュラフを利用しましょう。

 

イスカは、使用する時期を決めることで、自分にぴったりの寝袋がわかる指標を用意しています。イスカ公式ページのQUICK CHOICE」にある5レベルの中から好みのレベルをクリックすると最適なモデルが表示されるので、こちらも参考にしてみてください。

▼イスカの冬用シュラフをもっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

冬の登山泊で使用する方は、より細かく快適温度をチェックして購入する必要があります。冬の山岳地帯でのテント選びを間違えると下手すると死に至る可能性があります。イスカの寝袋は、さまざまな気温に対応できるラインナップがあります。

 

さらに、イスカの公式ページの「VISUAL CHOICE」で、寝袋の詳細な特徴が全て分かります。非常に分かりやすい表からお好みの商品を見つけ、特徴を理解できるのでとても便利です。

イスカの寝袋のおすすめの人気シリーズを紹介します。それぞれの魅力的な特徴を解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

イスカの寝袋「エアドライト」は、濡れに対するダウンの弱点を徹底的に克服した750FPの撥水ダックダウンのベーシックモデルです。雨などに濡れても保温性が下がってしまうことがないので、雨天時で非常に力を発揮します。

 

また、撥水ダックダウンのベーシックモデルということもあり、-25度対応できる冬用から夏用のものまで幅広いラインナップがあります

イスカの寝袋「アルファライト」は、高機能な化繊綿を瓦ぶき構造で仕上げたコンパクトな化繊モデルです。瓦ぶき構造とは、中綿の化繊の放熱ロスや冷気の侵入の原因となるコールドスポットを最小限に抑える内部構造のことです。

 

アルファライトは、中綿が化繊であるのにもかかわらず、コンパクトに収納できるのが魅力です。撥水性にも優れているので、雨天のキャンプでも安心して使えますよ。

イスカの寝袋「ダウンプラス」は、高品質な生地と720FPダックダウンを合わせた最もコストパフォーマンスに優れたモデルです。ラインナップも豊富にあるので、ユーザーの細やかな要望に答えてくれます。

 

もっとも応用範囲の広い3シーズンモデルのダウンプラスポカラXが非常に人気があります。首元と肩部を暖かく包み込むショルダーウォーマー機能や足元に多めのダウンを封入させるフットボックス機能など魅力的な機能を搭載しています。

夏用のシュラフとして購入しました。 とてもコンパクトです。 縫製もしっかりしておりまた、インナーポケットも付属しており便利そうです。 冬シュラフの防寒インナーとしても使いたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

イスカの寝袋は他メーカーのものと比較しても重量が軽くてコンパクトです。そのため、キャンプや登山などのアウトドアイベントでも気軽に持ち運びが可能です。荷物が多いアウトドアのイベントでも安心ですね。
青森県で先日気温5度の夜にテント内で使用しました。 割と寒がりの方で、ヒートテックにパーカー、下はパンツにジャージで寝ておりましたが、夜中に暑くて目が覚め、結局ヒートテックとパンツで充分すぎる程暖かかったです。 厚着で寝るのは苦手だったので、ここまで暖かいとこの先のキャンプとても心強いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

イスカのシュラフはシーズンに合わせたタイプを豊富に販売しているのも魅力です。冬のキャンプでも安心して快眠できます。キャンプにおいての睡眠の質は次の日のパフォーマンスに大きく影響します。キャンプスタイルに合わせて選べるのは嬉しいですよね。
イスカ(Isuka)

エア130X

価格:17,229円 (税込)

わずか300gの超軽量

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エア130Xは、シリーズの中でも最もコンパクトなモデルでわずか300gしか重量がありません。さらに。収納サイズは10×20cmでザックの中にコンパクトに収納できます。中綿にはダウンが使われており、最高品質の800フィルパワーなので急に気温が下がりがちな夏のキャンプでもしっかりと保温してくれます。

 

スペック詳細はこちら

重量
300g
対応温度
8度
中綿素材
ダウン
中綿量
130g(800フィルパワー)
サイズ
肩幅70×全長180cm
収納サイズ
直径10×20cm
イスカ(Isuka)

ウルトラライト

価格:8,600円 (税込)

1万円以下で手を出しやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納サイズが12.5×27cmとコンパクトな点が特徴で、ツーリストなどに人気のモデルです。夏に利用するのを目的に作られたモデルなので冬の利用には向きません。裏地にはポリエステル・マイクロファイバーを採用しているので肌触りがよく寝心地抜群です。軽量性だけでなく耐久性・携行性にも優れたシュラフです。

 

スペック詳細はこちら

重量
600g
対応温度
10度
中綿素材
ポリエステル
中綿重量
160g
サイズ
肩幅80×全長202cm
収納サイズ
12.5×27cm
イスカ(Isuka)

レクタ200

価格:14,000円 (税込)

ダックダウン使用の封筒型シュラフ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクエアキルトを採用しているため片寄りがなく、200gのダックダウンを採用した夏用の封筒型シュラフです。封筒型のシュラフのため、布団と同じように利用できるのが魅力です。上部にドローコードがついているため、肌寒いときにはドローコードを閉めて調節するのも可能です。

 

スペック詳細はこちら

重量
685g
対応温度
15度
中綿素材
ホワイトダックダウン
中綿重量
200g(620フィルパワー)
サイズ
肩幅78×全長180cm
収納サイズ
直径14×24cm
イスカ(Isuka)

ポカラX

価格:29,700円 (税込)

耐久性に優れている

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポカラXは夏山から冬の低山まで、1年を通して利用できる汎用性の高いモデルです。イスカ独自の3D構造によって心地よいフィット感のある寝心地が特徴です。ダウンの性能は最も良質である720フィルパワーあり、保温性抜群です。丈夫なポリエステルの極細繊維とダウンの組み合わせにより耐久性にも優れています。

 

スペック詳細はこちら

重量
1074g
対応温度
-6度
中綿素材
ホワイトダックダウン
中綿重量
500g(720フィルパワー)
サイズ
肩幅78×全長208cm
収納サイズ
直径17×34cm
イスカ(Isuka)

アルファライト700X

価格:17,600円 (税込)

引き裂き強度が強い

\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルファライト700Xは春から秋の3000mクラスや冬の低山でも安心して利用できます。軽量かつコンパクトなのでファミリーキャンプで人数分シュラフを用意する場合など、車の車載量が限られているときでもコンパクトに収納できます。20デニールのポリエステルリップストップを採用しているので軽量で引き裂き強度が強く機能性にも優れています。

 

スペック詳細はこちら

重量
1300g
対応温度
-6度
中綿素材
マイクロライト
中綿重量
700g
サイズ 
肩幅81×全長203cm
収納サイズ
直径19×35cm
イスカ(Isuka)

エア450X

価格:41,800円 (税込)

800フィルパワーのシュラフ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エア450Xは500フィルパワー以上で高品質といわれる中800フィルパワーもあり、イスカの中でも良質なシュラフです。低温化で放熱と冷気の侵入を防ぐドラフトチューブやショルダーウォーマーを採用しているので、保温性に優れています。ご紹介しているのは全長207cmの通常モデルですが、女性など小柄な人向けの全長198cmのショートタイプもあり体格に合わせて最適なモデルを選べます。

 

スペック詳細はこちら

重量
840g
対応温度
-6度
中綿素材
ダウン
中綿重量
450g(800フィルパワー)
サイズ
肩幅78×207cm
収納サイズ
直径16×35cm
イスカ(Isuka)

エアプラス810

価格:63,007円 (税込)

快適睡眠に配慮した構造

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアプラス810は、冬季利用を目的に作られているため、厚着をしていても窮屈にならずに寝袋に入れるよう本体が大きめに設定されています。-25度まで対応できるため、極寒地で利用したい方や保温性に優れたモデルを探している方におすすめのシュラフです。フードチューブによって放熱のロスを抑え、寒さに敏感な足下にダウン量を多くして逆台形の形で爪先部分にゆとりを持たせ得るなど快適睡眠に配慮した構造になっています。

 

スペック詳細はこちら

重量
1280g
対応温度
-25度
中綿素材
ダウン
中綿重量
810g(800フィルパワー)
サイズ
肩幅84×208cm
収納サイズ
直径21×37cm
イスカ(Isuka)

ダウンプラス ニルギリEX

価格:36,300円 (税込)

日本の冬の定番モデル

\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニルギリEXは日本の冬ん定番モデルと言われ、冬の中級登山や車中泊・春先の釣り人の前泊用としてよく利用されています。良質な720フィルパワーのダウンを700gとたっぷり利用しているため保温性が高く、さらに台形ボックス構造によって熱損失を削減するとより保温性に優れたシュラフとなっています。ショルダーウォーマーやオラフとチューブなども装備しているため、気温が低い場合への備えも十分にあります。

 

スペック詳細はこちら

重量
1270g
対応温度
-15度
中綿素材
ダウン
中綿重量
700g(720フィルパワー)
サイズ
肩幅80×全長213cm
収納サイズ
直径20×34cm
イスカ(Isuka)

デナリ900

価格:39,000円 (税込)

冬山のロングセラーモデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質の720フィルパワーのダウンをたっぷり900g使ったデナリ900は、ポリエステル・マイクロファイバー素材を採用しているため肌触りがよく快適な睡眠に役立ちます。台形ボックス構造やドラフトチューブ、ショルダーウォーマーによおって保温性を高く仕上げています。冬期の北アルプス縦走登山、冬の北海道などの冬のキャンパーや車中泊などで多く利用されています。

 

スペック詳細はこちら

重量
1600g
対応温度
-25度
中綿素材
ダウン
中綿重量
900g(720フィルパワー)
サイズ
肩幅84×208cm
収納サイズ
直径22×38cm

「高価な買い物だし、実際に商品を見て触って購入したい!」という方は多いのではないでしょうか。ご安心ください。イスカの寝袋を取り扱っている実店舗は全国にあります。

 

寝袋の寝心地は、生地と自分の肌との相性が非常に影響します。実店舗で実物の寝袋を触ってみて、購入を決めるのもおすすめです。下記のリンクで取扱店舗を紹介しているので、ご確認ください。

 

イスカ公式「取扱店舗紹介」

イスカのシュラフの魅力や選ぶポイント、おすすめのシュラフついて紹介しました。イスカのシュラフには魅力がたくさんあります。ぜひ本記事を参考にして、イスカのシュラフでより快適なキャンプを楽しみましょう。