化繊シュラフおすすめ5選!ナンガ・モンベルなどの人気メーカーのものやコンパクトなものまで!

シュラフはダウン素材の方が優れていて、化繊素材は安いから質が悪いと思っていませんか?実は最近では化繊素材の開発が進み、化繊シュラフでも暖かく快適に夜を過ごせるようになっています。そんな化繊シュラフの魅力と選び方、おすすめのシュラフを5つに厳選して紹介します。

2022/06/28 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
DD Hammocks

DD Jura 2 - Sleeping Bag

こちらの商品はハンモック泊をするキャンパー向けに作られていますが、一般的なキャンプでも活躍するスペックのシュラフです。マイクロファイバー化繊を採用しているため保温性も高いです。また、防水性の高さやアウトドア心をくすぐられる迷彩色のデザインも魅力的です。こちらのハイスペック化繊シュラフで快適なキャンプを過ごしてみてはいかがでしょうか。

重さ
1700g
収納サイズ
40×26×20cm
形状
マミー
モンベル(mont-bell)

バロウバッグ #3

冬のキャンプでも使えるマミー型化繊シュラフ

楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

夏の避暑地での使用や冬のキャンプでも使える、快適温度6度・最下限温度1度と高い保温性をもつ化繊シュラフです。総重量も1085gと軽量で、中綿が「エクセロフト」という暖かく速乾性に優れた化繊のためにメンテナンスもしやすいです。モンベルという信頼できるアウトドアブランドの商品ですので、自信を持っておすすめできます。

重さ
1050g
収納サイズ
18×36cm
形状
マミー
ロゴス(LOGOS)

neos 丸洗いアリーバ

こちらの商品も使用最低温度が-6度と、冬場まで対応できる化繊シュラフです。丸洗いが可能であり、汚れることが前提の雪山や雨季のキャンプで活躍できます。独自の「フットアングルストラクチャー構造」により、就寝時に足への負担がかからないという工夫もなされています。保温性と構造により提供される快適な夜と、丸洗い可能という簡単なメンテナンスを実現した実用性の高い化繊シュラフです。

重さ
2.3kg
収納サイズ
28×28×50cm
形状
マミー
コールマン(Coleman)

マルチレイヤースリーピングバッグ

アウトドアはその日の外気温によって必要な対策が変わってきます。そんな時にこちらの商品は大活躍します。3層構造になっていて、組み合わせ次第でオールシーズンの使用が可能です。季節を選ばずにこれ1つで対応できるというのは、キャンプ初心者の人におすすめできる魅力です。滅多にない-11度にまで耐えられる封筒型化繊シュラフの紹介です。

重さ
4.9kg
収納サイズ
52×29×38cm
形状
封筒
Snugpak(スナグパック)

スリーパーエクスペディション スクエア ライトハンド

イギリス発の老舗アウトドアブランドであるスナグパックから発売された、日本オリジナルモデルです。開放感のある封筒型を採用しているにも関わらず、冬キャンプにも十分対応できる保温性を実現しています。ジッパーを解放して掛け布団のようにも使えるため、利便性はかなり高いです。家の布団で寝るようにキャンプ場でも睡眠がとりたいという人におすすめの商品になっています。

重さ
2600g
収納サイズ
30×50cm
形状
封筒