3シーズン用シュラフのおすすめ5選|ナンガやイスカ・モンベルも!

キャンプを楽しむには、翌日に疲れを残さないためにも質の高い睡眠が重要。初めてシュラフを購入する場合には汎用性の高い3シーズン用がおすすめです。そこで本記事では3シーズン用シュラフの選び方やおすすめ5選についてご紹介していきます。

2021/10/21 更新

睡眠の質に関わるシュラフ選びは、キャンプの準備をする際の重要なチェックポイントです。シュラフは形や中綿の違いによって保温温度や価格に大きく差が出ます。

 

多くの種類が販売されているため、どんなシュラフを選んだらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。シュラフには夏用・冬用・3シーズン用の3種類がありますが、3シーズン用のシュラフは汎用性が高く初心者にもおすすめです。

 

そこで、本記事では3シーズンシュラフに焦点を絞り、製品の魅力や選び方のポイントについて解説します。合わせておすすめの3シーズン用シュラフ5選も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ見る!3シーズンシュラフのおすすめ5選

3シーズン用のシュラフは、夏の高山〜冬の低山まで利用することができます。平地のキャンプなら春~秋まで使用可能で汎用性が高いため、最もよく選ばれているタイプのシュラフです。

 

夏用・冬用のシュラフはそれぞれ季節を限定した使用を想定して作られているため、それ以外の季節には向いていません。反対に、冬のキャンプで環境に合ったシュラフを選ばないと、命に関わる凍傷や低体温症を引き起こす可能性があります。冬季には必ず冬専用のモデルを選ぶよう注意しましょう。

 

シュラフにはそれぞれ快適温度が設定されていますが、3シーズン用のシュラフを選ぶ際には5度以上のものを選ぶことをおすすめします。そうすることで、寒暖差の激しい季節や夏の高山でも快適に利用することが可能です。

3シーズンシュラフを選ぶ際には「シュラフの形」「中綿の素材」の2つのポイントに注目しましょう。このポイントをチェックしておくと、最適な3シーズン用シュラフを選ぶことができます。

シュラフの形

まず最初に注目するのがシュラフの形です。シュラフの形は封筒型とマミー型の2つに分けられ、それぞれ向いている場所や季節などの特徴が異なります。それぞれの特徴についてご紹介します。

夏場メインや暑がりの人は封筒型

封筒型はファスナーを全開にすると掛け布団のように使用でき、さらにシュラフから足を出すことができます。温度調整がしやすいため、夏場メインで利用する場合や暑がりの人に向いている形です。家と同じような感覚で眠ることができるので人気が高くなっています。

 

また、封筒型は布団のような形をしているので、ゆったりと眠りたいと考える方にもおすすめです。同型の製品と連結ができるタイプを選べば子どもと同じシュラフで眠ることができ、ファミリーにもおすすめです。

寒がりならマミー型

マミー型は全身をすっぽり包み込む形状をしており、隙間風が入らず保温性が高いのが特徴です。密着度が高いので自身の体温を逃しづらく、寒暖差の激しい春・秋などに向いています。特に、寒がりな方におすすめのシュラフです。

 

気温の高い夏場には向かない形状ですが、暑さを感じた時にはジップを開閉することで温度を調節することができます。また、足下を出してシュラフに入ったまま移動することができるモデルなどもあります。

素材

次に注目するのは、シュラフの中綿に使われている素材です。中綿は主に、ダウンか化繊のどちらかが使われていることがほとんどです。ここでは、ダウン素材と下線素材、それぞれの特徴についてご紹介します。

軽量で暖かいダウン

ダウンは化繊の約半分の重さで同じ暖かさが感じられるほど軽量で、ふわふわとした独特の触り心地が特徴です。軽量で暖かいため、できるだけ荷物を軽くコンパクトにしたいキャンプではダウン素材のシュラフが重宝します。

 

しかし、ダウンには水に弱いという欠点があるため、洗濯することができません。濡れてしまうとダウンの魅力である保温性を保つことができないので注意しましょう。また乾燥させて保管しないとカビが発生しやすくなるため、使用後は適切なメンテナンスが必要です。

低価格で洗える化繊

化繊はダウンに比べて価格が安く、なにより洗えるのが最大の特徴です。人は冬でも寝ている時に汗をかきますし、アウトドアでは泥汚れが付着することもあります。そんな場合も化繊なら洗濯できるので、いつでも清潔に保つことが可能です。

 

しかし、同じ暖かさのダウンと比べると嵩張ってしまうため、荷物が増える点に注意しましょう。中綿に使われる化繊の種類や性能はメーカーによって異なります。使用されている素材にどんな特徴があるのか、購入前に確認することをおすすめします。

今すぐ見る!3シーズンシュラフのおすすめ5選

ここまで紹介した3シーズン用シュラフの選び方を読んでも、まだ悩んでしまう方もいるでしょう。その場合は視点を変えて、メーカーでシュラフを選ぶのもおすすめです。ここでは、3シーズン用シュラフのおすすめメーカーについてご紹介します。

モンベル

モンベルのシュラフは独自の撥水素材「ポルカテックス」を採用しており、撥水性に優れています。また、スパイラルストレッチシステムによる伸縮率は最大で135%になるため、動きに合わせてフィットし快適な睡眠を得ることができます。

 

モンベルのシュラフには#0〜#7の番号がつけられており、小さい数字ほど冬向き、大きい数字ほど夏向きのタイプとなっています。商品名で対応シーズンがわかって便利です。

イスカ

イスカのシュラフは高い技術によって製作されており、耐久性が高く長期間利用できるのが特徴です。また、上部にゆとりをもたせた3D構造と、上側を高く下側を低くした形状にすることで軽量化を実現させながら、より快適な睡眠を得られるよう工夫されています。

 

さらに、イスカのシュラフの表面はポリエステル素材で撥水加工が施されています。そのため最低限の浸水を防ぐことができ、安心して利用することができます。

ナンガ

ナンガのシュラフは、シュラフカバーなしでも使用できるほど防水浸透性に優れた「オーロラテック」と言われる生地を採用しています。これは他メーカーにはない、ナンガ独自の技術です。

 

また、ダウン自体に撥水加工を施しているシリーズもあり、このタイプなら万が一ダウンが濡れてしまっても保温性をキープしたまま使用することが可能です。ナンガのシュラフには永久保証制度があるため、安心して長期間使用することができます。

モンベル(mont-bell)

シュラフ バロウバッグ #3 ロング

価格:22,000円 (税込)

耐久性の高さが魅力

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベルのバロウバッグは保温性と耐久性に優れたエクセロフト素材を採用したモデルです。洗濯機で洗濯ができるなどメンテナンスが簡単で、中綿のへたりを防ぐ回復性も高くなっています。長期間の使用でも安心の耐久性の高さが魅力です。

 

この製品は保温性能が高い上に速乾性にも優れています。耐久温度は1度で、夏の高山から冬の低山まで対応できる汎用性の高いシュラフです。

 

スペック詳細はこちら

タイプ マミー型 重量 1131g
耐久温度 1度 中綿素材 化繊
コールマン(Coleman)

シュラフ ファミリー2in1

価格:8,255円 (税込)

ファミリーキャンプにおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアブランドの中でも知名度が高いコールマンのファミリー2in1は、親子3人で寝られるほどワイドなサイズが特徴で、名前の通りファミリーキャンプで子どもと一緒に寝るのに最適なシュラフ。暖かみのあるやわらかな手触りの生地も特徴の1つです。

 

上下を分けることで、一人用のシュラフ2つ分として使用することもできますし、同型のシュラフと連結してさらに広く使うこともできます。高価なシュラフが多いなか、1万円以下と初心者の方でも手が出しやすい価格になっています。

タイプ 封筒型 重量 3700g
耐久温度 5度 中綿素材 ポリエステル
イスカ(Isuka)

シュラフ エア450X

価格:41,800円 (税込)

840gと超軽量モデル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イスカのエア450Xは840gと軽量で、高い復元力を持つ羽毛を中綿に採用しているため暖かいのが特徴です。寒さの厳しい春秋の3000mクラスの山でも安心して使用することができ、夏や冬の低山でも快適な睡眠を得ることができます。

 

また、エア450Xは逆台形形状で足下にゆとりがあり、さらに3D構造によって体にフィットするので、マミー型でも窮屈に感じることがありません。ショートサイズも展開しており、身長に応じて最適なサイズを選ぶことができます。

 

スペック詳細はこちら

タイプ マミー型 重量 840g
耐久温度 -6度 中綿素材 ダウン
ナンガ(NANGA)

シュラフ オーロラライト 450DX

価格:37,800円 (税込)

安心の永久保証

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナンガのオーロラライト450DXは、2Lのペットボトルよりひとまわり大きい位のサイズに収納することができます。重さも865gと軽量で、持ち運びしやすくかさ張らないのが特徴です。また、ナンガのシュラフは永久保証制度があるため、安心して長期間使用することができます。

 

さらに、多孔質ポリウレタン防水コーティング素材のオーロラテックスを採用しており、高い防水浸透性を備えています。

 

スペック詳細はこちら

タイプ マミー型 重量 865g
耐久温度 -5度 中綿素材 ダウン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

シュラフ フェレール 1200

価格:2,724円 (税込)

3000円以下の低価格

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャプテンスタッグのフェレール1200は裏地がマイクロファイバー素材のため、入った瞬間から暖かく肌触りがいいのが特徴です。同型のシュラフと連結することも可能なので、サイズを大きくして使用することができます。

 

価格が3,000円以下と低価格なため、初心者でも手が出しやすいシュラフです。耐久温度が7度なので、平地での利用や夏場の利用が多い方に向いているモデルとなっています。

 

スペック詳細はこちら

タイプ 封筒柄 重量 1200g
耐久温度 7度 中綿素材 ポリエステル

おすすめの3シーズン用シュラフ5選の中から、お気に入りのシュラフを見つけることができたでしょうか。シュラフ選びが終わったら次に注目したいのが、シュラフのメンテナンスについてです。

 

アウトドアでシュラフを利用した後は泥汚れが付着していることが多いため、ブラシなどを使って汚れをよく落としましょう。ブラシで取り切れない汚れが残っている場合には、ぬるま湯で濡らした布を硬く絞って叩くように拭きます。

 

汚れが落ちたら、次に重要なのがシュラフを乾燥させることです。風通しのいい日陰にシュラフを広げ、ジップを開けて両面をしっかりと乾燥させましょう。湿気を取り除くことでカビの発生を防ぐことができます。

アウトドアキャンプでの宿泊を思い切り楽しむためには、快適なシュラフを選んで質のいい睡眠を取ることが重要なポイントになります。今回ご紹介したシュラフの選び方のポイントや、おすすめの3シーズンシュラフを参考に、自分にぴったりの製品を選んでください。