3シーズン用シュラフのおすすめランキング5選!コンパクトなもの・コスパがいいものも!

キャンプを楽しむには、翌日に疲れを残さないためにも質の高い睡眠が重要。初めてシュラフを購入する場合には汎用性の高い3シーズン用シュラフがおすすめです。本記事ではおすすめの3シーズン用シュラフのご紹介と、選ぶ際に大切な快適温度や人気メーカーも解説します。

2022/09/09 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
モンベル(mont-bell)

シュラフ バロウバッグ #3 ロング

モンベルのバロウバッグは保温性と耐久性に優れたエクセロフト素材を採用したモデルです。洗濯機で洗濯ができるなどメンテナンスが簡単で、中綿のへたりを防ぐ回復性も高くなっています。長期間の使用でも安心の耐久性の高さが魅力です。

 

この製品は保温性能が高い上に速乾性にも優れています。耐久温度は1度で、夏の高山から冬の低山まで対応できる汎用性の高いシュラフです。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
マミー型
重量
1131g
耐久温度
1度
中綿素材
化繊
コールマン(Coleman)

シュラフ ファミリー2in1

アウトドアブランドの中でも知名度が高いコールマンのファミリー2in1は、親子3人で寝られるほどワイドなサイズが特徴で、名前の通りファミリーキャンプで子どもと一緒に寝るのに最適なシュラフ。暖かみのあるやわらかな手触りの生地も特徴の1つです。

 

上下を分けることで、一人用のシュラフ2つ分として使用することもできますし、同型のシュラフと連結してさらに広く使うこともできます。高価なシュラフが多いなか、1万円以下と初心者の方でも手が出しやすい価格になっています。

タイプ
封筒型
重量
3700g
耐久温度
5度
中綿素材
ポリエステル
イスカ(Isuka)

シュラフ エア450X

イスカのエア450Xは840gと軽量で、高い復元力を持つ羽毛を中綿に採用しているため暖かいのが特徴です。寒さの厳しい春秋の3000mクラスの山でも安心して使用することができ、夏や冬の低山でも快適な睡眠を得ることができます。

 

また、エア450Xは逆台形形状で足下にゆとりがあり、さらに3D構造によって体にフィットするので、マミー型でも窮屈に感じることがありません。ショートサイズも展開しており、身長に応じて最適なサイズを選ぶことができます。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
マミー型
重量
840g
耐久温度
-6度
中綿素材
ダウン
ナンガ(NANGA)

シュラフ オーロラライト 450DX

ナンガのオーロラライト450DXは、2Lのペットボトルよりひとまわり大きい位のサイズに収納することができます。重さも865gと軽量で、持ち運びしやすくかさ張らないのが特徴です。また、ナンガのシュラフは永久保証制度があるため、安心して長期間使用することができます。

 

さらに、多孔質ポリウレタン防水コーティング素材のオーロラテックスを採用しており、高い防水浸透性を備えています。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
マミー型
重量
865g
耐久温度
-5度
中綿素材
ダウン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

シュラフ フェレール 1200

キャプテンスタッグのフェレール1200は裏地がマイクロファイバー素材のため、入った瞬間から暖かく肌触りがいいのが特徴です。同型のシュラフと連結することも可能なので、サイズを大きくして使用することができます。

 

価格が3,000円以下と低価格なため、初心者でも手が出しやすいシュラフです。耐久温度が7度なので、平地での利用や夏場の利用が多い方に向いているモデルとなっています。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
封筒柄
重量
1200g
耐久温度
7度
中綿素材
ポリエステル