コールマンのおすすめシュラフ13選|秋冬向けモデルもご紹介!

シュラフはキャンプに欠かせない重要アイテムの1つです。コールマンのシュラフは、ファミリー向けや冬用の商品など種類豊富に商品が展開されています。今回は、そんなコールマンのシュラフの選び方や特徴・おすすめシュラフについてご紹介します。

2021/01/28 更新

シュラフはキャンプをする時に快適な睡眠を得るために重要なアイテムです。さまざまな商品が販売されており、価格も1,000円以下の安価なものから数万円する高価なものまで幅広いため商品選びが難しく感じる方もいます。

 

そこでおすすめしたいのがコールマンのシュラフです。コールマンのシュラフはさまざまなデザインが展開されていて、スペックの種類も豊富なので幅広いキャンパーのニーズに応えてくれます。

 

本記事では、そんなコールマンのシュラフの特徴を詳しく解説し、自分にぴったりの商品を見つけるためのポイントをお伝えします。記事後半ではコールマンのシュラフのおすすめ商品をファミリー向け・キッズ向け・秋冬向けの3カテゴリに分けてご紹介します。

今すぐ見る!コールマンのおすすめシュラフ13選

コールマンのシュラフの特徴を、快適温度やお手入れの仕方などについて詳しく説明します。他のメーカーとは違うコールマンのこだわりポイントを確認しましょう。

英数字でわかる快適温度

1つ目の特徴は商品名に記載されている英数字です。コールマンのシュラフの商品名には「コージーⅡ/C10」のように英数字が入っているものがあります。この英数字は、快適に使用できる温度を表します。

 

例えば「コージーⅡ/C10」の場合、快適に使用できる温度が10度以上であることを示します。「C5」と表記れている場合は快適に使用できる温度は5度以上であり、「C15」と表記れている場合は快適に使用できる温度が15度以上であることを示します。

 

購入する際には自分が使いたいシーンを想定し、その環境にあった快適温度が表記されている商品を選びましょう。

洗濯機で丸洗い可能

2つ目の特徴は洗濯機で丸洗い可能な点です。シュラフは寝汗だけでなく、さまざまな汚れが付きます。そのためコールマンのシュラフは全て洗える仕様になっており、清潔に利用できます。

 

「丸洗い可能」の表記があるシュラフは洗濯機での丸洗いができるので、お手入れも簡単。それ以外の商品ではバスタブにぬるま湯を張り、中性洗剤を溶かして優しく押し洗いすることで洗濯が可能です。

 

洗濯後はしっかりと乾燥させることで、生地の劣化やカビを防ぐことができます。風通しのいいところで陰干しするのがおすすめです。

同シリーズは連結可能

コールマンの封筒型シュラフは同シリーズであれば連結することが可能です。ジップを全開にして内側同士を合わせジップをとめることで倍のサイズで利用できます。

 

ファミリーキャンプの場合には子どもと一緒の寝袋に入ることも可能です。家族で一緒に利用したい場合には連結できるタイプがおすすめです。

今すぐ見る!おすすめのコールマンシュラフ13選

続いてはコールマンのシュラフの選び方について、シュラフの種類・中綿の種類・サイズの3つのポイントに分けてご紹介します。

シュラフの種類

シュラフは大きく分けて封筒型とマミー型の2つに分けることができます。それぞれについて詳しく解説します。

ファミリーにおすすめの封筒型

ファミリーにおすすめのシュラフは封筒型です。同シリーズであれば連結可能なモデルがあります。連結すると家族と一緒に同じシュラフで眠ることもできるため、小さなお子さまがいるご家庭にとっても嬉しいポイントです。

 

また、2枚の封筒型シュラフを敷き布団と掛け布団として使うことも可能です。自宅と同じようにキャンプ中も眠ることができます。

今すぐ見る!ファミリー向け!コールマンのおすすめ封筒型シュラフ

秋冬におすすめのマミー型

秋冬の使用におすすめしたいのがマミー型のシュラフです。マミー型は封筒型と違い、人の形にフィットした形状をしているため無駄なスペースがなく、保温性が高い点が特徴となっています。気温が低い秋冬や標高の高い場所での利用がおすすめです。

 

また、マミー型はコンパクトに収納できる点もポイントです。持ち運びしやすいメリットがありますが、封筒型と比べると価格が高い傾向があるので予算を考慮して選びましょう。

今すぐ見る!秋冬向け!コールマンのおすすめマミー型シュラフ

中綿の種類

中綿の種類にも注目しましょう。一般的にシュラフの中綿はダウンと化繊でできています。しかし、コールマンのシュラフは全て化繊でできていて、ほぼポリエステルが使われています。

 

中綿が化繊のシュラフは洗濯できるので、いつでも清潔に使用できる点が特徴です。丸洗い可能の表記があれば、洗濯機を利用して洗えるのも嬉しいポイントですね。また、ダウンに比べリーズナブルなので家族分を揃えるときにも役立ちます。

サイズ

シュラフはサイズ選びも重要です。コールマンのシュラフには1人用から3人で利用できるファミリー用・小さいお子さまに合わせたキッズ用まで、さまざまなサイズのシュラフが展開されています。

 

利用人数や利用シーンに合わせたサイズを選ぶことで、快適さが変わります。最適なサイズを選びましょう。

コールマン(Coleman)

ファミリー2in1 C10

価格:6,800円 (税込)

親子で広々眠ることができる

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリー2in1は親子3人でもゆったりと眠ることができる大型でありながら、分割することでシングルサイズのシュラフ2つになる2in1のシュラフです。裏地には柔らかい起毛素材を採用しているので入った瞬間から暖かく、さらに体格の違う親子が一緒に寝ても温まった空気が逃げないようにサーマルスフリットカラーを採用しています。可愛らしいグリーンのモザイクカラーが人気で、快適温度が5度でブルーカラーのモデル違いも展開されています。

重量 3kg 使用可能温度 10度
サイズ 168×190cm(分割時84×190cm) 収納サイズ 直径30×42cm

大人二人と2才の娘で使用してます。 流石に3人だと少し狭いですが、くっついてなら充分寝られます。 また、襟?の部分が分割してる造りのおかげで、個々の首もとが寒くなくていいです。 別売りのコールマンのフリース寝袋を2つ買って合体させると、中にぴったり収まって寒さ対策でいい感じです。 もっと寒い時には他社メーカーですが封筒型の寝袋を開いて間に入れたりとか、けっこう自由もききます ただ身長170cmの私には、少しだけつま先がつまる感じが有ります。 身長が高い人には、もしかしたら丈が足りないかもしれません

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマン(Coleman)

アドベンチャーススリーピングバッグ C5

価格:7,568円 (税込)

車中泊にもおすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アドベンチャーススリーピングバッグは、ミニバンにぴったりなサイズで車中泊にもおすすめのシュラフです。別売のアドベンチャークイックベットと同じサイズなので、一緒に利用することでより快適な睡眠環境を整えることができます。2枚を重ねて利用することでファミリーで同じシュラフで眠ることができる大型のシュラフになりますが、コンパクトに収納できるのも魅力です。

重量 3.4kg 使用可能温度 5度
サイズ 150×190cm(分割時75×190cm) 収納サイズ 27×27×38cm

買い足し買い足しで6枚(3セット)購入、 気温何度まで使用できるとかの表示はメーカーによって基準が異なると思う。 同じ材質なら重量を参考にするべきかと思う。 この商品は5-10月の敷 掛 に使用して、寒い時期はもっと厚手を掛に使用し、コレを敷布団にしている。 ある意味オールシーズンである。コスパは非常に良い。 コレより安価なモノは肌触りがビニール過ぎてムリ。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマン(Coleman)

コージーII/C5

価格:5,480円 (税込)

快適温度5度の2シーズンシュラフ

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コージーⅡC5は2シーズン利用できるシュラフで快適温度は5度となっています。幅が84cmあるので大人でもゆったりと快適に眠ることができます。シュラフに内側には携帯を入れることができるポケットがついていたり機能面でも優れています。ご紹介しているのは快適温度5度のモデルですが、C10の快適温度が10度のモデルも展開されています。

重量 2kg 使用可能温度 5度
サイズ 84×190cm 収納サイズ 直径26×42cm

数年前からコージーシリーズを使用しており、追加購入です。 嵩張るものの、肌触りが良くて寝心地良いです。まるごと洗濯できるのも良いです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Coleman(コールマン)

フリースアドベンチャー/C0

価格:10,619円 (税込)

フリース使用で暖かい

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリースアドベンチャーは、ライナー全体にフリースを採用しているため暖かいのが特徴で、上下を分割して2つのシュラフとしても利用することができます。シュラフは洗濯機で丸洗いすることが可能なので、汗や汚れが付着しても清潔に保つことができます。上部の裏地を表に出すことで、襟元の肌触りを良くしています。

重量 4.4kg 使用可能温度 0度
サイズ 150×190cm(分割時75×190cm) 収納サイズ 28×28×41cm

2つがバラでジッパー付きの収納袋に入ってます。 それぞれジッパーもデカくて、連結もしやすいです。 深緑色のチェック柄側がフリースになっていて、肌触りがとても良いです。 寝袋の厚みは、コタツ並にフカフカしているので、車中泊にはもってこいだと思います。 春秋キャンプに重宝しそうですね。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Coleman(コールマン)

パフォーマーIII/C5

価格:7,336円 (税込)

汎用性の高い3シーズンシュラフ

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パフォーマーⅢ/C5は、シュラフの中でも最も汎用性の高い3シーズンシュラフで、冬以外の季節で利用することができます。洗濯機で丸洗いすることができるので、手軽に清潔に保ちメンテナンスすることが可能です。パフォーマーⅢはC10の快適温度が10度のモデルも展開されています。

重量 1.4kg 使用可能温度 10度
サイズ 80× 190cm 収納サイズ 直径24×41cm

2個セットを購入したのですが、思った以上に良かったので、さらに1セット買い足して家族みんなで使用しています。 主人は80キロで大柄ですが、サイズも問題ないです。 子どもはお友達の家にお泊まりに行くのに自転車のカゴに乗せて持っていってます。 丸洗いできるのも大きなポイントです!

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

コールマン(Coleman)

コルネットストレッチ2 L0

価格:9,297円 (税込)

手足をだして移動可能

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コルネットストレッチ2はストレッチ性に優れており動きに合わせて体にフィットするので快適な睡眠の邪魔をしません。シュラフに入ったまま、手足を出すことができるので移動することが可能なので、車中泊やインドアで利用するときにも役立ちます。洗濯機で丸洗いすることが可能なのでお手入れも楽々です。さらに寒さに対応できるC-5のモデル展開もあります。

重量 1.3kg 使用可能温度 0度
サイズ 205×55~82 収納サイズ 直径34×20cm

秋・冬キャンプを控えて、防寒対策用寝袋が欲しくて選びました。 マミィ型は敬遠していたのですが、めちゃめちゃ温かく、気温10度くらいだったらTシャツ1枚で眠れるほどです。 手足が出せるのもいろいろ便利。 コールマンというブランドに惹かれてのチョイスでしたが、間違いなかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマン(Coleman)

sleeping bag Mummy Style

価格:7,650円 (税込)

-18度まで対応可能

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

sleeping bag Mummy Styleは-18度まで対応可能なマミー型のシュラフで冬のキャンプでも利用可能です。2Wayジッパーを採用しているため開閉しやすく、また寝ている時に温度調整をしたい場合でも楽に行うことができます。冬でも利用できるマミー型シュラフの中でも1万円以下とリーズナブルなので、冬キャンプ初心者の方でも手が出しやすいのもポイントです。

重量 2.63kg 使用可能温度 -18度
サイズ 81×208cm 収納サイズ -

冬キャンプに備えて買いました。 早速自宅で使用したのですが、やはり暖かいです。ていうか今の時期は暑すぎて使えません。 もう少し寒くなったらキャンプの前に自宅の屋上でこのシュラフを使ってプチ野宿をしようと思うので再度レビューします 畳んだ時のサイズはやはり大きいかなと思います 私の身長は165センチと小柄なのですが実際入ってみると175センチくらいまでならゆったり出来るかなと思います。それ以上の方はちょっと窮屈かもです

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマン(Coleman)

ハイブリッド スリーピングバッグ

価格:10,326円 (税込)

布団としても利用可能

楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイブリッドスリーピングバッグは 快適温度-1度なので春先や秋口などでも活躍するシュラフです。全てのジッパーを開くことで布団のように利用することができるので、夏場でも快適に利用するこができます。収納サイズが24×55cmと縦に大きいサイズとなっているので収納場所や持ち運びの際には注意しましょう。

重量 2.36kg 使用可能温度 -1度
サイズ 83×215cm 収納サイズ 24×55cm
コールマン(Coleman)

タスマンキャンピングマミー L-15

価格:24,800円 (税込)

保温性の高いシュラフ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タスマンキャンピングマミー L-15はマミー型なので人の体にフィットして、保温性と可動性に優れたシュラフです。ジッパー部分の内側には中綿が詰まっているので、ジッパー部分からの冷気を防ぎ保温性を高めています。簡単にコンパクトに収納できるように、コンプレッション収納ケースやコンプレッションベルトを採用しており機能面でも優れたシュラフです。

重量 3.4kg 使用可能温度 -15度
サイズ 83×203cm 収納サイズ 31×49cm

収納はダウンのように小さくはならないですが、オートなら大丈夫ですね。 フカフカでしっかり暖かい。 フリースにジーンズ履いてそのまま寝て11月半ばだというのに暑くて起きてしまうくらいですね。 私は高い寝袋を買うよりもこれとコットを揃えてって感じにして寝てますが熟睡出来てます。 洗濯も出来ますし良いかと思います。 欠点を一つだけ挙げるとしたらチャックがどうも挟みがちでうまく締まりにくいくらいでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマン(Coleman)

SILVERTON (シルバートン )

価格:18,360円 (税込)

コンパクトに収納可能

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルバートンは使用可能温度が-17度なので極寒地や冬のキャンプでも安心して利用することができます。シュラフの幅が81cmと広めなので体格のいい方でもゆったりと眠ることができきる、マミー型の暖かさに封筒型のような快適さを兼ね備えたモデルです。極寒地でも利用できるシュラフですが、収納サイズは小さくコンパクトに収納することができるので持ち運びも楽々です。

重量 2.63kg 使用可能温度 -17度
サイズ 81.3×208.3cm 収納サイズ 43×32×32cm

私はスノーボードが趣味で、シーズンになると、土日はほぼ車中泊をしています。 この三日間、この寝袋を使用しました。 場所は新潟県の道の駅。外の気温は-2℃。車内を暖めた後、車のエンジンを切って就寝しました。 窓には断熱材を貼って、熱を逃がさないようにしています。 服装は、Tシャツとパンツ。上下のウインドブレーカー。で、寝ました。 快適。寒くない。チャックを開けても、寒くない。このような結果となりました。 かさばるか、と言われると、うーん……という感じです。 私からすると、お買い得だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Coleman(コールマン)

スクールキッズ/C10

価格:3,067円 (税込)

足下ジッパーで温度調節可能

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクールキッズC10は使用可能温度10度の小学生向けのシュラフで、ネームカードが胸元についています。ヘッドレストとしても使えるフードはより暖かさをキープすることができ、キッズ用ですがしっかりとした保温性を兼ね備えています。足下をジッパーで開閉することができるので温度調節も行うことができます。ピンクとブルーの2色展開となっているので、子どもの好きなカラーを選ぶことができます。

重量 700g 使用可能温度 10度
サイズ 65×180cm 収納サイズ 直径17×34cm
Coleman(コールマン)

キッズマミー アジャスタブル/C4

価格:4,980円 (税込)

慎重に合わせて長さ調節可能

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キッズマミー アジャスタブル/C4は身長に合わせて140cmと170cmに長さを変えることができるので、余分なスペースを作らず暖かさを保ちやすくなっています。また、フード部分にドローストリングコード採用でフィット感を調節することができます。3Dフットストラクチャーを採用しているので、足下を自然な状態で眠れるよう立体構造となっています。ネイビーとオレンジの2色展開となっているので好みの色を選ぶことができます。

重量 1.25kg 使用可能温度 4度
サイズ 140/170×65cm 収納サイズ 直径24×37cm

受け取ってすぐ車中泊で使用してみました。 キッズ用でしたが大人といっても身長が153cmなので問題なし。 外気温がまだ10度切ってなかったので暑くて夜中目が覚めましたがこれからどんどん寒くなるので何処までいけるか楽しみです。 寝心地もフカフカで気持ちよく購入して良かったです。 家用と二個購入したので今年の冬は家でも節約しながら暖かく寝れそうです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

Coleman(コールマン)

グローナイトキッズ/C7

価格:3,579円 (税込)

暗いところで光デザインが嬉しい

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グローナイトキッズは表に可愛らしいハチのデザインが描かれており、蓄光により暗いところで光る仕様になっています。収納袋にはショルダーベルトがついているので肩からかけて簡単に持ち運ぶことができます。さらに、子どもでも簡単に収納できるよう広口の収納袋を採用するなど子どもが利用するのに嬉しい機能たっぷりのシュラフです。ライムとピーチの2色展開となっています。

重量 1.3kg 使用可能温度 7度
サイズ 66×167cm 収納サイズ 直径21×34cm

蓄光が子供達に大人気です‼子供って本当にこういうのが好きですよね 子供が収納しやすいように途中にストッパーなどが付いていて 片付けの勉強にもなると思います 片付け最後のマジックテープが2本だと、更によかったかな

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

シュラフは汗や湿気などの水分を含んだ状態で放置するとカビが発生してしまう可能性があります。そのため、シュラフを利用したあとには必ず風通しのいいところで陰干ししましょう。シュラフの水分をしっかりと乾燥させることでカビを防ぐことができます。

 

乾燥させたあとは、大きめの収納袋に収納するのがおすすめです。小さい袋に収納してしまうと中綿の片寄りや痛みの原因となります。収納袋にいれたあとは湿度の低いところに保管しましょう。

 

コールマンのシュラフは洗濯機で丸洗いできるタイプもありますが、洗濯する際には洗濯表示をよく読み、洗剤の種類などに注意することが大切です。

ここまで、コールマンのシュラフの魅力や選び方・おすすめのシュラフなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。キャンプで快適な睡眠を手に入れるためにも、シュラフ選びは大切です。ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりのシュラフを手に入れてくださいね。