モンベルのシュラフおすすめ人気10選!人気シリーズや洗濯方法も紹介します!

「モンベルの寝袋が欲しいがどれがいいか分からない」という方のために、モンベルの寝袋のおすすめ商品を紹介します。コンパクトなタイプ・冬・夏など季節に合ったモデルの解説・素材・洗濯方法についても掲載していきます。ぜひご覧ください。

2022/07/30 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

「モンベルの寝袋が欲しいがどれがいいか分からない」という方も多いでしょう。モンベルは大阪府にある総合アウトドアメーカーで、とくに寝袋が人気。モンベルには軽量かつ高品質な寝袋がそろっているのが人気の秘密です

 

「モンベルの寝袋は寒いという評判を聞いたので不安」という方もいらっしゃいます。しかし実はモンベルの寝袋は保温性に優れているのが特徴なのです。冬でも使えるモデルもたくさん開発・販売していますので安心してください。

 

この記事ではモンベルの寝袋のおすすめ商品を紹介していきます。コンパクトなタイプ・冬・夏など季節に合ったモデルの解説・素材・洗濯方法についても掲載していきます。ぜひ最後までご覧いただき、モンベルの寝袋の購入のヒントにしてください。

「モンベルの寝袋はどのように選んだらいいの?」と疑問に思っている方はいませんか?そんな方のために、ここではモンベルの寝袋の選び方を解説していきます。ぜひ購入前にチェックしてください。

 

寝袋を選ぶときに重要なのが、使用に適した季節です。モンベルの寝袋は使用時期に合わせて「#」の数字がついていますので、チェックしてください。数字が小さいほど保温性が高く、寒い時期に適しています

 

#2は限界温度が-4℃程度です。春・夏・秋・初冬のいわゆる3.5シーズンにも対応できます。汎用性があるのでお得感もあります。初冬のキャンプや車中泊用の寝袋としても適しています。

厳冬期のキャンプには#0・#1・EXPがおすすめです。それぞれの限界温度は#0が-18℃で、#1が-10℃・EXPが-20℃となっています。また保温性を高めるトンネルフードが付いている商品もありますので、注目してください。

#5の限界温度は4℃程度。夏から秋にかけての使用が適しています。また夏の登山用としてもぴったり。冬キャンプや標高の高い場所でのキャンプをしない方は、こちらを選んでみてはいかがでしょうか?

#7の限界温度は8℃程度。夏の平地で行うキャンプに適しています。また夏のツーリング用に購入する方もたくさんいらっしゃいます。こちらは軽量タイプの寝袋なので、持ち運びが便利。リーズナブルな点も魅力です。

「春・夏・秋の3シーズン対応している寝袋が欲しい」という方もたくさんいらっしゃいます。そんな方は#3がおすすめ。限界温度は0℃程度。

 

冬用よりもリーズナブルな価格で購入でき、3シーズン使用できるのでお得です。寒がりな方や朝晩が冷える時期のキャンプは、3.5シーズン使える#2の方がおすすめです。

寝袋の中綿の素材もチェックしていきましょう。おもな素材は化学繊維とダウンの2種類あります。それぞれ項目にわけて紹介していきますので、チェックしてみてください。

 

モンベルの化学繊維はエクセロフトとホローファイバーの2種類があります。リーズナブルで軽いのが特徴で、春・夏のキャンプに適した素材です。特徴をまとめましたのでチェックしてみてください。

 

  • メリット:軽量・コンパクト・リーズナブル
  • デメリット 保温性はダウンより劣る
  • おすすめの季節 春・夏

軽量で保温性が高いのがダウン。冬場や標高の高い場所でのキャンプにはダウンがおすすめです。選ぶときにはFP(フィルパワー)の数字にも注目してください。数字が大きいほど空気を含み、保温性が高い寝袋の印です。

 

  • メリット:保温性に優れている
  • デメリット:化学繊維より高価
  • おすすめの季節:冬

「寝袋の形状はなにを基準に選んだらいいの?」と気になっている方も多いでしょう。モンベルの寝袋の形状は封筒型とマミー型の2種類。それぞれ特徴を解説していきますので、チェックしてください。

 

封筒型は封筒のような長方形をしているので、このように呼ばれています。寝返りもうてて動きやすいので、寝袋で寝るのに慣れていないキャンプ初心者にもおすすめです。特徴を確認していきましょう。

 

  • 特徴:広げると大きなブランケットとしても使用可能
  • メリット:温度調整しやすい・寝返りがうてる
  • デメリット:かさばる

マミー型は体の形に合うような形状で作られていて、入って寝る姿がミイラに似ているためにこのように呼ばれています。モンベルはこちらのマミー型の方が種類は豊富です。特徴は以下のとおりです。

 

  • 特徴:体に密着するので冬や寒がりの方におすすめ
  • メリット:コンパクト・保温性が高
  • デメリット: 窮屈

「寝袋でも寝心地を重視したい」という方はたくさんいらっしゃいます。そんな方におすすめなのが、モンベルの「スーパースパイラルストレッチシステム」搭載の寝袋です。

 

こちらは伸縮性があり、適度に体にフィットするので窮屈さを感じにくいタイプです。寝返りもうちやすいのに、保温性はキープしてくれる優れもの。

「寝袋の使い勝手にとことんこだわりたい」という方は、ジッパーの位置にも注目してみてください。ジッパーは利き手側にあると、開け閉めしやすいのでおすすめです。

 

モンベルでは左右が選択できるモデルもあるので、左利きの方も安心してください。また左右両方を購入して、連結して広い寝床を作るというアレンジも可能

モンベルの寝袋の珍しいところは女性向けのモデルを開発している点です。こちらのモデルは肩幅が狭く設計されていて、小柄な体型の方でも使いやすく仕上がっています。肩・首周りから冷気が入ってきにくいので、キャンプで冷えやすい女性におすすめ。収納時にあまり力がいらない点も魅力です。

「キャンプアイテムはなるべくかさばらないものを選びたい」という方はたくさんいらっしゃいます。とくに寝袋は軽量でコンパクトになることが重要。小さくなればなるほど値段は上がってしまいますが、利便性を考えて予算が許す限りコンパクトな商品を選ぶのがおすすめです

「モンベルの寝袋にはたくさんシリーズがあって、どのように選んだらいいかわからない」という方はいらっしゃいませんか?ここでは人気シリーズを項目にわけてそれぞれ紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

 

まずはモンベルの定番商品「ダウンハガー」を紹介します。シリーズのなかでもたくさんの種類が販売されていますので、自分に合ったものを見つけやすいのも魅力です

 

素材 ダウン
特徴 保温性・伸縮性に優れている・軽量
使用シーン 初心者からベテランまで幅広い方へ

続いて「シームレスダウンハガー」です。スパイダーヤーンという特殊な糸の効果でダウンの偏りを防ぎ、縫い目を減らすことで気密性が高くなっているシリーズです

 

素材 ダウン
特徴 気密性が高く保温性に優れている
使用シーン 冬場や標高の高い場所でのキャンプ

「バロウバッグ」はお手入れのしやすい寝袋を探している方におすすめのシリーズです。テントを使用せずにタープでキャンプをする方・車中泊をする方にも人気のシリーズとなっています

 

 

素材 化学繊維
特徴 撥水性・速乾性に優れている・自宅で洗える
使用シーン タープのみのキャンプ・車中泊
モンベル

寝袋 ダウンハガー800#2 サンフラワー(SUF)

価格:41,800円 (税込)

独自のストレッチシステムを採用!

Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベル独自のストレッチシステムを利用したとても伸縮性があり、良く伸びるシュラフです!また、約759gと非常に軽く持ち運びもしやすいため、登山に持って行くのにも最適ですよ!

 

価格が4万円超えと非常に高額な点がデメリットですが、登山を続けていきたいと思っている方にとてもおすすめできる一品です。

モンベル(mont-bell)

寝袋 バロウバッグ #2 サンフラワー 右ジップ

価格:27,000円 (税込)

氷点下以下の過酷な環境にも対応!

Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は表展開かである「-4度」という過酷な環境にも対応したシュラフになっています。価格も3万円程度と登山初心者の方でも比較的手を出しやすい範囲に収まっており、登山初心者さんが行く山にはほとんど対応しています。

 

そのため、これから登山を始めて行きたいと思っている方や学校などの山岳部の方にとてもおすすめできる商品です。

モンベル(mont-bell)

寝袋 バロウバッグ #3 バルサム 右ジップ

価格:21,554円 (税込)

Amazonチョイスにも選ばれた!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アマゾンチョイスにも選ばれた「バロウバッグ #3」はメンテナンスが簡単で価格もリーズナブルなため、キャンプなどへ使用したい方にとてもおすすめできる商品です。

 

スーパースパイラルストレッチシステムが抜群の伸縮性を実現し、低価格ながらも快適な睡眠時間を提供してもらうことができます!

モンベル

寝袋 ダウンハガー800#1オレンジ(OG)

価格:49,500円 (税込)

標高2,000m級の冬山にも耐えられる!

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約5万円近くする「ダウンハガー800#1」ですが、これを一つ購入することで標高2,000m級の「冬山」にも対応することができます。もちろん、夏の富士山にも対応していますよ!

 

少しお値段はお高めですが、登山上級者の方はもちろん、これから登山を本格的に始めたいという方にとてもおすすめできる商品です。

モンベル

寝袋 アルパインダウンハガー 800#2

価格:52,500円 (税込)

800フィルパワーの高性能ダウンで暖かい

Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

800フィルパワーの高品質ダウンをボックス構造を採用することで軽量かつ保温性のあるシュラフが完成しました!リミット温度で-4度まで対応しているため、氷点下以下の過酷な環境下でも利用していくことができます。

 

ただ、価格が約5万円と登山初心者におすすめできる価格帯ではないため、登山中級者の方や登山上級者の方、これから登山へ本気でチャレンジしていきたい方におすすめです。

モンベル(mont-bell)

アルパイン バロウバッグ #3

価格:19,500円 (税込)

保温性と速乾性に優れたコスパ最強モデル

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は保温性と速乾性に優れたコスパ最強モデルの寝袋です。氷点下以下の過酷な環境には対応していませんが、リミット温度で2度までの環境に対応しているため、ある程度の高所や寒い場所でも安心して使うことができます。

 

また、価格も2万円以下と非常に安いため、登山初心者の方はもちろん、これから登山を始めてみたいと思っている方にもおすすめです。

モンベル(mont-bell)

バロウバッグ #1 オレンジ

価格:31,500円 (税込)

コスパ最強の極寒地対応モデル

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このシュラフのすごいところは、快適に使えるコンフィート温度でも-3度まで対応しており、さらに少し寒さを感じるけれど普通に利用することのできるリミット温度ならば-9度まで対応しています。

 

また、鮮やかな赤色をしているためとても目立ちやすく、もし万が一の時にも周囲にすぐに気づいてもらうことができます。過酷な環境にはもちろん、目立ちやすい点もこちらの商品の大きなメリットですね。

モンベル(mont-bell)

寝袋 バロウバッグ #5 ブルーリッジ 右ジップ

価格:15,800円 (税込)

キャンプや野宿に最適!

Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベルのシュラフの中ではかなりリーズナブルなこちらの製品は野宿やキャンプなどに最適です。ただし、快適に利用できる温度が9度までとかなり高めになっているため、真冬や極寒の地での使用はおすすめできません。

 

夏のキャンプや温暖な気候な場所での使用時に、コスパ優れるこちらのモデルはとてもおすすめできる商品ですよ!

モンベル(mont-bell)

袋バロウバッグ #0 サンライズレッド 右ジップ

価格:36,800円 (税込)

超耐久撥水加工で雪山でも安心!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超耐久撥水加工が施されたこちらの製品は-7度の極寒の地でも快適に眠ることができ、少し寒さを我慢することのできる方であれば-14度の環境でも活用することができます。価格も2万円少しと初心者でも手が届きやすい価格設定になっており、これから登山やキャンプを始めたいと思っている方におすすめです。

 

ただし、重量が約2Kgと少し重たいため登山に持って行くのには疲れてしまうかもしれません。その点気をつける必要があります。

「モンベルの寝袋をできるだけ安く購入したい」と多くの方が考えるでしょう。モンベルは高品質のため少し高価。購入費用を少しでも抑えたい方は、モンベルの「ファクトリー・アウトレット」がおすすめ

 

カラー・デザインの変更によりカタログに掲載されなくなったアイテムを安く購入できます。取り扱い店舗は公式サイトに掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

「寝袋の洗濯方法を知りたい」と思っている方のために、ここではモンベルの寝袋の洗い方を紹介していきます。モンベルでは専用の洗剤も販売されていますので、併せて購入するのがおすすめです。

 

  1. 寝袋をぬるま湯(40℃以下)につけて洗剤を入れる
  2. 足などで押し洗いをする
  3. 何度がお湯を入れかえながらよくすすぐ
  4. バスタオルに挟んで水分を吸い取る
  5. 【ダウンの場合】乾燥機で乾燥させる 【化学繊維の場合】日陰に干して乾燥させる

「モンベルの寝袋を自宅で普段使いしている」という話を聞いたことがある方も多いでしょう。ミニマリストを中心に、ベッドや布団の代わりに寝袋を購入する方が増えています。寝袋は布団などの寝具に比べて体に密着するので、冬でも寒さを感じずに熟睡可能

 

夏場など暑いときには、寝袋を広げて掛け布団のように使えば問題ありません。洗濯も自宅でできるため、布団よりも清潔な状態を保てる点も魅力。モンベルには自宅でも役に立つマットや枕などのアイテムも揃っています。気になる方はぜひ挑戦してみてください。

ここまでモンベルの寝袋のおすすめ商品・選び方などを紹介してきました。高品質で評判のモンベルの寝袋。ぜひ記事の内容を参考にしてモンベルの寝袋をゲットし、キャンプをもっと快適に楽しみましょう