WhiteSeekの寝袋おすすめ5選!激安だけど評判はどう?

キャンプギアの中でも特に持っておきたいのが寝袋。その中でWhiteSeekの寝袋は、低価格で高性能と口コミ評価が高いです。寝袋は対応温度や形状・素材など種類も豊富なため、どれを選んでいいかわからない方も多いはず。そこで今回は、WhiteSeekのおすすめ寝袋5選をご紹介します。

2022/08/04 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

キャンプに行くときに欠かせないのが寝袋(シュラフ)です。しかしキャンプギアは高価なアイテムが多く、少しでも出費を抑えたいところですよね。そんな方におすすめなのが、価格の安さで人気の「WhiteSeek(ホワイトシーク)」の寝袋です。

 

WhiteSeekの寝袋は、価格がリーズナブルなのにふわふわで暖かく使いやすいと、口コミ評価が高い商品が揃っています。化学繊維を使用しているので洗濯機で丸洗いができ、衛生的に使えるのも魅力です。

 

この記事では、WhiteSeekの寝袋の特徴や選び方・おすすめ商品をご紹介します。安い寝袋をお探しの方は参考にしてください。

「WhiteSeek(ホワイトシーク)」は株式会社フェイスミュージックの、アウトドアブランドです。寝袋やテント・バックパックなどを販売しており、特に寝袋は安いのに質がいいと口コミ評価が高い、人気の商品が揃っています。

 

WhiteSeekは以前は情報量が少なかったのですが、2021年に公式サイトがリニューアルオープンし、大阪府を拠点にネットショップも展開しています。寝袋には日本最高峰の抗菌技術「Si-Shield」を、アウトドア業界に初めて導入。安心・安全に使える特許抗菌技術で、日本唯一の寝袋を販売しています。

WhiteSeekの寝袋に魅力的な要素が揃っています。どんなところが優れているのか、メリットを解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

WhiteSeekは、シーズンごとに豊富な種類のラインナップが揃っています。基本的に寝袋は季節に合わせて選ぶことが重要で、気温に合ったものでないと「思ったより暑かった」「寒くて眠れない」といった事態になってしまいます。

 

WhiteSeekには秋冬用の耐寒温度が低いものや、春夏用の暖かい季節に快適に使えるものが販売されています。カラーバリエーションも豊富なので、好みに合わせたカラーやデザインが選べるのが魅力です。

寝袋は基本的に高価なキャンプギアです。他のアウトドアブランドは、大手のモンベルなら20,000~30,000円、比較的安価なコールマンでも5,000~10,000円程が相場です。しかしWhiteSeekの寝袋は、2,000~4,000円程の低価格帯の商品が揃っており、リーズナブルに購入できます。

 

いざキャンプを始めようと思っても、テントや焚き火台などキャンプギアにはお金がかかりがちなので、安く購入できるのは嬉しいポイントです。価格が安いと季節に合わせて複数の寝袋を揃えやすくなります。

寝袋は就寝時に汗をかいたり、野外での使用で汚れがちです。こまめに洗濯してキレイに保ちたいですよね。WhiteSeekの寝袋は、化学繊維を使った商品がメインなので、自宅の洗濯機で丸洗いが可能です。

 

洗い方は寝袋を裏返して洗濯ネットに入れ、温水や乾燥機を避けて洗いましょう。衛生的に使えるので、キャンプギアとしてだけでなく、防災用として備えておくのもおすすめです。

とても魅力的なWhiteSeekの寝袋ですが、デメリットもあります。どこを注意すればいいのかチェックしておきましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

WhiteSeekの寝袋は、収納時のサイズが大きめです。収納袋に入れて22×43cmなど、他社の製品と比較すると嵩高くなってしまいます。また、重量が1500g前後あり若干重めです。車でのキャンプなら問題ありませんが、バックパックでの移動にはあまり向いていません。

 

バイクや徒歩でキャンプに行く場合は、他のキャンプギアをコンパクトにしたり、収納を調整したりする工夫が必要です。身軽に持ち運びたい方は、軽量でコンパクトな羽毛ダウンタイプを選びましょう。

WhiteSeekの寝袋の口コミで多く見られる意見として、商品説明に記載してある「耐寒温度:-15℃~0℃~10℃・快適温度:0℃」といった表示は、あまり信用できないことです。低価格なので仕方がないのかもしれませんが、真冬の使用には寒くて向いていない、などの口コミも見られます。

 

これは他社の寝袋にも言えることで、スペック高めの商品でも人によって暑い・寒いの体感温度は違います。真冬は別途毛布や湯たんぽを用意するなどの対策も考えておきましょう。

WhiteSeekの寝袋の選び方を解説します。どこをチェックして選べばいいのかを見ていきましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

寝袋は大きく分けて、「封筒型シュラフ」と「マミー型シュラフ」に分かれます。使い方に合わせて選びましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

「封筒型シュラフ」は、寝袋でありながら布団のように使えるタイプです。幅にゆとりがあり圧迫感がないので、寝返りが打ちやすく寝袋初心者の方にも使いやすくなっています。寝袋としてだけでなく、広げてマットのように使ったり、掛け布団として使うことも可能です。

 

ただ、マミー型と比べると隙間があるので、その分保温力は劣ります。幅が広いだけに収納サイズも大きくなります。春~初秋にメインに使う方におすすめです。

「マミー型シュラフ」は、身体をすっぽり包み込むような形の寝袋です。程よく身体にフィットするので保温性が高く、冬でも暖かく眠れます。さらに、頭がフードになっているので、紐を絞ると顔周りまで包み込めます。封筒型よりサイズがコンパクトになるのも魅力です。

 

ただ、フィット感があるのでサイズによっては窮屈に感じることもあり、慣れていないと寝返りできないストレスを感じることもあります。晩秋~冬をメインに使うといいです。

寝袋は使用している素材によって保温性が異なります。WhiteSeekの寝袋は、多くの商品が化学繊維を採用しており、3Dファイバーを使用しています。繊維内部に空洞があり、空気を含むので暖かい空気を逃がしにくい構造になっています。

 

さらに保温効果が高いのがダウンタイプ。良質なダックダウンを使用し、暖かさとふわふわとした肌触りで心地よく眠れます。ただダウンは濡れに弱く、洗濯機で洗えないので注意しましょう。

寝袋を使用するキャンプスタイルによって、選び方も変わってきます。家族でのキャンプの場合は、家族で一緒に横になれる「連結可能」な封筒型がおすすめです。お互いの体温でより暖かく眠れます。ソロキャンプの場合は、テントも小さいのでコンパクトなタイプを選ぶといいです。

 

また、寝袋にはそれぞれ対応した時期が決まっています。1年中使える「4シーズン用」や、春夏秋に使える「3シーズン用」などの種類があります。強風や雨で予想外に冷える日もあるので、記載より+5℃くらいを想定しておくと安心です。

1位
ホワイトシーク(White

寝袋 ‎700 ネイビー

価格:4,380円 (税込)

オールシーズンに対応!肌触りのいい封筒型シュラフ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、良質なダックダウン(羽毛)を採用している封筒型シュラフです。軽量かつコンパクトさを実現!インナー素材には肌触りのいい素材を使用しているため、心地いい睡眠を提供してくれます。また、185x72x15cmとゆとりのあるサイズ感は、男女問わずに入りやすい仕様です。

そのため、ゆったりと寝袋の中で過ごしたい方にピッタリ!さらに、収納袋に入れれば手のひらサイズになります。ソロキャンプのお供はもちろん、バックパッカーの方にもおすすめしたい商品です。オールシーズンに対応しているので、もしもの災害時の備えとしても最適ですよ。
2位
ホワイトシーク(White

寝袋 1300 (NEWグリーン)

大きく広げられる!防寒性・気密性が高い封筒型シュラフ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ドローコード・ファスナーガードを採用している封筒型シュラフです。防寒性・気密性が高いのが特徴の1つ。また、噛みこみ防止パーツが備わっているため、生地を噛むことなくファスナー移動をスムーズに行えます。ポリエルテル(撥水加工)生地を使用しているので、軽くて丈夫なのも嬉しいですね。

さらに、2辺にファスナーがあるため、大きく広げることもできます。そのため、敷布団・ひざ掛けとしてはもちろん、お子様とアウトドアを楽しみたい方にピッタリ!23×40cmの収納袋にコンパクトに収納できるので、もしもの災害時の備えとしてもおすすめしたい商品です。
3位
ホワイトシーク(White

シュラフ 封筒型 Si-Shield 抗菌

価格:4,800円 (税込)

抗ウイルス!「Si-Shield」が施されている封筒型シュラフ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、抗菌技術「Si-Shield」が施されている封筒型シュラフです。抗菌・抗ウイルス・消臭・脱臭を叶えてくれます。さまざまなウイルスから守ってくれるのは、嬉しいですね。布団のような手触りの良さとボリュームも魅力です。また、2辺にファスナーがあるため、大きく広げることもできます

そのため、敷布団・ひざ掛けとしても活躍してくれますよ。加えて、同商品は連結できるので、お子様とアウトドアを楽しみたい方にピッタリ!38×28cmの収納袋にコンパクトに収納できるので、もしもの災害時の備えとしてもおすすめ**したい商品です。

WhiteSeekの寝袋は、暖かくて使いやすいのに価格はリーズナブル。安く購入できるので複数個買っても懐が痛まず、季節に合わせて揃えられます。WhiteSeekの寝袋で、快適にキャンプを楽しみましょう。

寝袋 WhiteSeekの全商品一覧