【冬に便利】車中泊寝袋(シュラフ)おすすめランキング10選|オールシーズン使えるものも!

車中泊は宿を取らずに気軽に旅行したりキャンプしたりできるのが魅力ですが、寝るときはシートを倒すだけより、シュラフ(寝袋)があった方が快適に眠れます。ロゴスやモンベルなど種類が多くどれを選べばいいかわからないという方に向けて、車中泊におすすめのシュラフをご紹介します。

2022/09/28 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

車中泊で快適に眠れるシュラフをお探しの方は多いのではないでしょうか。「車中泊をはじめたい!」「キャンプより難易度の低そうな車中泊に挑戦したい!」という方が増えています。また、テントの設営・撤収の手間を省けることからも、車中泊キャンプは人気です。

 

車中泊はテント泊に比べ、室温を調整できるので、快適に過ごせます。しかし、意外に外気温の影響を受けやすいので、冬の夜は寒くなります。車中泊においてもシュラフは必ず必要です。

 

この記事では、車中泊で使用するシュラフの選び方とおすすめ商品をご紹介します。「できるだけ安くていいものが欲しい!」「とにかく暖かいシュラフが欲しい!」といったニーズにもお答えします。また、車中泊においての寒さ対策についても解説するので、参考にして頂けると幸いです。

車中泊用のシュラフは、形状・素材・サイズ・使用温度をチェックして選ぶのがおすすめです。それぞれのポイントを詳しく解説します。

 

使用する季節に合わせてシュラフの形状を選ぶことをおすすめします。寝袋の形状は、封筒型・マミー型の2種類があり、それぞれ特徴があります。ここでは、それぞれの寝袋の形状の特徴を解説します。

 

冬の車中泊にはマミー型のシュラフがおすすめです。頭まですっぽり覆うので秋冬の寒い季節の車中泊に適しています。封筒型に比べると軽くてコンパクトにまとまるため、収納性を重視する方にもおすすめです。

 

ただし、体への密着度が高いため、寝返りがしにくいので注意が必要です。寝返りを打てないと辛いという場合、伸縮性のある素材のシュラフを選びましょう。価格は若干高めながら、冬の車中泊にはマミー型がおすすめです。

春夏用の車中泊シュラフは、封筒型がおすすめです。封筒型のシュラフは、その名の通り布団を縦半分に折りファスナーを付けた封筒のような形をしています。ふんわりと体を覆うように使うため圧迫感がなく、いつも使っている布団のような感覚で寝心地がいいのが魅力です。

 

ただし体との密着度が低いため、マミー型と比較すると保温性が劣ります。また、サイズと重量がありかさばるため、収納性を重視する方は注意してください。封筒型のシュラフは連結させて使えるモデルが多く、ハイエースなどの大型車で広い寝床を作ることも可能です。

必ずシュラフの中綿の素材をチェックしましょう。シュラフに使われている中綿の素材は主に、化学繊維とダウンです。素材によっても使用感・暖かさ・手入れのしやすさは異なるので、自分にとって使いやすいものを選んでください。

 

化繊のシュラフは、メンテナンスが楽なのが魅力です。洗濯機で洗えるので、入れのしやすさを重視したい方におすすめです。中綿に化繊を使用したシュラフは、価格も手頃で気軽に購入できます。

 

しかし、化繊のシュラフはダウンシュラフと比較すると若干かさばります。登山キャンプなどする方はダウンがおすすめですが、車中泊なら多少かさばっても問題ありません。

中綿にダウンを使用したシュラフは、軽くて保温性に優れています。冬の車中泊には、マミー型のダウンシュラフがおすすめです。さらに、ダウンシュラフは伸縮率が高く、コンパクトに収納できるのも魅力です。

 

ダウンシュラフは、水に濡れると保温効果がなくなってしまうデメリットがあります。しかし車中泊は、雨に濡れるというリスクがないので、気にする必要ありませんね。キャンプでも使う方は、防水機能付きのダウンシュラフがおすすめです。

自分の身長に合わせて、車中泊用のシュラフのサイズを選びましょう。シュラフのサイズは、大きく分けて、ロングサイズ・レギュラーサイズ・ショートサイズの3種類があります。

 

ロングサイズは身長195cm以下、レギュラーサイズは身長180cm以下、ショートサイズは165cm以下がサイズの目安です。自分の身長+5cm程度を目安にしましょう。また、メーカーによりますが、横のサイズもシングル・ダブル・キングサイズの3種類あります。

必ず快適温度をチェックしましょう。シュラフには「快適温度」と「限界温度」があります。快適使用温度は、表示されている温度で快適に使用できるという意味で、限界温度は、表示されている温度までであればなんとか耐えられるという意味です。

 

表示温度よりも+5℃を目安にするのがおすすめです。体感温度には個人差があり、車中泊をする季節や場所によっても気温は変わります。快適温度はあくまでも目安として考えましょう。

スキーやスノーボードに行く時に、車中泊で使うシュラフは、コンパクトに収納できるものがおすすめです。ただでさえ荷物が多い旅に、さらにスキーの機材を車載する必要があります。コンパクトに収納できるシュラフなら、ペットボトル2Lの大きさ程に小さくなります。

 

雪山は気温が下がり、車内も非常に寒くなります。「車のエアコンで暖かくして寝たい!」という気持ちは分かりますが、車中泊では絶対にエンジンを切ってください。エンジンをかけたまま寝ると、雪でマフラーが塞がれ一酸化炭素中毒になる可能性もあり非常に危険です。

車中泊を快適にするためのシュラフは、信頼と実績のあるメーカーから選びたいと思う方も多いのではないでしょうか?車中泊のシュラフにおすすめの人気メーカーを5つ紹介するので、購入時の参考にしてください。

 

モンベルは国内のアウトドアブランドとして、多くのキャンパーに支持されている人気メーカーです。シュラフはマミー型・封筒型ともに豊富なラインナップがあり、季節や用途に合わせて選べます。

 

車中泊におすすめのオールシーズンモデルのラインナップが多いのが特徴です。また、女性用に設計されたものや、マミー型と封筒型のハイブリッド型など実にさまざま。マミー型の保温性は魅力だが圧迫感が苦手という方には、スパイラルストレッチシステムを採用したモデルがおすすめです。

ワークマンは、群馬県伊崎市に本社を置く作業服販売最大手メーカーです。豊富な商品量・品質の高さ・コスパのよさで、多くのキャンパーから支持されています。近年特にアウトドアギアに力を入れており、テントやタープなどを取り扱うようになりました。

 

ワークマンのシュラフは、高品質にもかかわらず、リーズナブルでコスパが非常にいいのが特徴です。ワークマンのシュラフ「BASICスリーピングバッグ」は、1,500m円と非常に安価です。初めて揃えるシュラフとしてもおすすめです。

世界中のアウトドア好きから支持されるコールマン。日本でも有名ですが、ホームセンターやアウトドアショップなど身近なところで、手の届きやすい価格の商品を販売しているのも魅力です。

 

コールマンは、ファミリー向けのデザインのシュラフを多く取り扱っています。また、封筒型とマミー型を扱っており、フリースを使用したものや、おしゃれなデザインなど使い勝手とデザイン性のよさが高く評価されています。家族やデュオで車中泊する方におすすめです。

ナンガは、滋賀県で誕生したアウトドアブランドです。ダウン製品をメインに扱っており、ダウンシュラフはクオリティの高さに定評があります。マミー型を多く展開しており、中には犬用のシュラフもあるので、犬と一緒に車中泊をしたい方にもおすすめです。

 

ナンガはクオリティの高さだけでなく、購入した製品には永久保証が付いているのも魅力シュラフの修理が必要になった場合も、永久保証があるので無料で受け付けてもらえます。

アウトドアブームの影響からか、ダイソーやセリアなどの100均メーカーがキャンプギアに力を入れています。シュラフからメスティンまでさまざまなものがあり、キャンプで必要なアイテムがほとんど揃うほどです。

 

ダイソーのシュラフは、1,000円と非常に安価です。全長180cmのレギュラーサイズの封筒型です。車中泊で使いやすい3シーズンタイプなので、初めての車中泊の方にもおすすめです。

ロゴス(LOGOS)

ミニバンぴったり寝袋 72600240

価格:11,464円 (税込)

クッションと寝袋の2WAY

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッションと寝袋の2WAYで使える、ミニバンにおすすめのシュラフです。つなげて大きいサイズとしても使え、分離して2つに分けることもできます。さらに収納ケースに入れておけば、クッションにもなるのでシーンに合わせて使い分けたいときにおすすめです。内・外両側からジッパーの開閉ができ利便性も抜群。汚れたら丸洗いできて、干すときに便利なハンガーループも付いています。

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W142×D190cm/収納時W49×D24×H36cm
重量
3.6kg
使用温度
適正使用温度-2℃まで
中綿
ダイナチューブファイバー
生地
モイスポリ/サーマブレスクロス
イスカ(Isuka)

キャンプラボ 600

価格:4,200円 (税込)

汚れても丸洗いできる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中綿にはポリエステル起毛を使用しており、表生地には耐久性の高いポリエステルリップストップ素材を採用しているので汚れても丸洗いできます。シングル構造のため冬には不向きですが、最低使用温度は10℃のため春~秋までの車中泊にはおすすめです。手頃な価格で購入できるのもポイント。コスパ重視でシュラフを選びたい方にも満足度の高い商品です。

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W84×D190cm/収納時W17×D54×H24cm
重量
1.32kg
使用温度
最低使用温度10℃
中綿
ポリエステル中空わた
生地
ポリエステル
スノーピーク(snow peak)

セパレートシュラフオフトン ワイド BD104

価格:23,430円 (税込)

掛け布団+敷き布団を1つにした寝袋

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気の国内アウトドアブランド・スノピークが、1996年に発売を開始したオフトンシリーズのひとつです。掛け布団と敷布団をコンセプトにした保温性に優れたシュラフは、車中泊にも最適。名前の通り布団で寝ているような快適さが魅力です。上下をセパレートにして布団のようにも使え、ファスナーを閉めれば保温性に優れたシュラフに早変わりしま

 

スペック詳細はこちら

サイズ
掛110W×D200cm・敷105W×D210cm/収納時W28×D52cm
重量
2.6kg
使用温度
最低温度5℃
中綿
アモノフォロファイバー
生地
表:40Dナイロンリップストップ/裏地:TCコットン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

エクスギア(EXGEAR) フリースラップ 1200 UB-1

価格:5,200円 (税込)

3シーズンに対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インナーにフリースブランケットを内蔵しており、3シーズンに対応できます。横幅と長さがあるので、体格のいい方もゆったりと寝られます。春や秋は足元のファスナーをオープンにして温度調節ができ、インナーブランケットはファスナーで簡単に着脱が可能です。朝晩が涼しくなる春や秋は、インナーブランケットを広げて上にかければ暖かく眠れます。

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W90×D200cm
重量
2.4kg
使用温度
最低使用温度5℃
中綿
ポリエステル
生地
ポリエステル
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

エッグ型シュラフ UB-22

価格:5,880円 (税込)

ハイブリッドな寝袋

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卵のような丸みのあるフォルムが特徴的なシュラフは、封筒型とマミー型のよさを持ち合わせたハイブリッドタイプです。暖かい季節は足元のファスナーを開ければ涼しく、寒い季節は頭まですっぽり入れば暖かく眠れます。中綿にはポリエステルを使用しており汚れても丸洗いが可能で、乾くのも早いのでお手入れも楽々ただし適正温度は10℃のため、春~秋の車中泊におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W100×D210cm/収納時W24×D45cm
重量
1.4kg
使用温度
快適使用温度10℃
中綿
ポリエステル
生地
ポリエステル
ナンガ

AURORA light 450DX

価格:33,180円 (税込)

軽くて小さいのに暖かい!お手入れも簡単なシュラフ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

【おすすめポイント】
収納性が抜群
保温性が高い
洗濯機で丸洗い可能

【ここが少し気になる!】
収納梱包が大変


合理的構造で軽量化し、3シーズン対応可能なシュラフ。収納性も抜群でバックパックに最適です。また保温性が高いのが特徴。上面のボックスキルト構造のチタンスパッタリング材により、-5℃という環境でも快適に過ごせます。さらに洗濯機で丸洗い可能なので、衛生的に使いたい方にもおすすめです。
タイプ
マミー型
中綿素材
スパニッシュダックダウン90-10%
表地素材
15dnオーロラテックス
裏地素材
15dnリップストップナイロン
ダウン量
450 g
フィルパワー値
760 FP
想定使用温度
快適使用温度:0℃下限温度:-5℃
最大適応身長【cm】
178 cm
使用人数
1人
ショルダーウォーマー付き
-
洗濯可
使用時サイズ【cm】
80x210 cm
納時サイズ
φ14×30cm
重量【kg】
-kg
イスカ(Isuka)

エア450X

価格:41,800円 (税込)

冬の車中泊にも安心

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

春~秋までの3シーズンはもちろんのこと、冬山でも使用できるので冬に快適な車中泊をしたい方におすすめです。中綿にはホワイトグースダウンを使用しているため、軽くて暖かいのもポイント。さらに中綿を詰めたドラフトジッパーを使用したことで、冷気の侵入も防いでくれます。足元には多めにダウンを詰め台形にしたことで、足元のゆとりがあり窮屈さを感じさせません

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W78×D208cm/収納時W16×D32cm
重量
840g
使用温度
最低使用温度-6℃
中綿
ホワイトグースダウン
生地
ナイロン
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

シュラフ アクティブ 600 M-3438

価格:2,700円 (税込)

春から秋まで3シーズン使える

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適温度は5℃~25℃と幅が広く、3シーズンに対応しています。真冬には不向きですが、コンパクトに収納できるのでソロの車中泊にも使いやすいサイズです。肩口にはショルダーチューブを配置しているため、冷気の侵入を防ぐことができます。フード部分にはドロップコードがあり、すっぽりと頭部を覆って保温性を高めることができるのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

サイズ
使用時W80×D210cm
重量
1.1kg
使用温度
5℃~25℃
中綿
ポリエステル
生地
ポリエステル
モンベル(mont-bell)

バロウバッグ #3

価格:22,000円 (税込)

オールシーズンに対応

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保温性・速乾性・撥水性を併せ持つエクセロフトという素材を使用しているので、オールシーズンに対応できます。季節を問わず車中泊を楽しみたい方、1つのシュラフで済ませたい方におすすめです。中綿は吸湿性の低いポリエステル繊維を使用したことで、ダニや細菌が発生しにくいのも嬉しいところ。さらに繊維1本ずつにシリコンコーティングを施し撥水性を高めたことで、汗をかいてもかさが減りにくく保温力を維持します。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

サイズ
収納時W18×D36cm
重量
1.85kg
使用温度
快適使用温度6℃
中綿
エクセロフト
生地
スーパーマルチナイロンタフタ
Coleman(コールマン)

sleeping bag Mummy Style

価格:7,680円 (税込)

寒冷地でも安心な暖かさ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンのマミー型シュラフの中でも、最低使用温度が-18℃のタフなシュラフです。ファスナーをしっかりと閉めておけば、真冬でも暖かく人によっては暑いと感じることもあると口コミでもその保温性は高く評価されています。中綿にはポリエステルを使用しているので、汚れても丸洗いできます。寒冷地で車中泊をしたいときにおすすめです。

サイズ
W81×D208cm
重量
約2.6kg
使用温度
最低使用温度-18℃
中綿
ポリエステル
生地
-
FIELDOOR

車中泊マット

価格:12,550円 (税込)

自動で膨らむので手間いらず

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シュラフだけでは凹凸が気になるときに便利なエアマットです。セッティングするときはバルブを開けば自動で膨らみ、収納時にはバルブを閉めれば空気が抜けるので楽に使えます。キャンプ場やスキー場に行く途中のサービスエリアで仮眠を取りたいときにも重宝します。

サイズ
W120×D195×H10cm
重量
5.6kg
ゼンポー

車種別サンシェード

価格:4,980円 (税込)

吸盤で取り付けが簡単

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸盤で窓に取り付けるだけで、プライバシーを守れます。カーテンのようにレールを取り付ける必要もありません。車中泊のときはプライバシー保護、普段は盗難防止にも役立ちます。車種に合わせて選べるのもポイントです。

セット内容
ドアガラス2枚・クォーターガラス2枚・リアガラス1枚

冬の車中泊の寒さ対策方法を紹介します。ちょっとした工夫するだけで、暖かく快眠できるようになりますよ。いくつか解決方法があるので、下記に箇条書きで解説します。

 

  • 貼るタイプのカイロをシュラフの下に敷くマットに数カ所貼る
  • 湯たんぽをシュラフの中にいれる
  • インナーシュラフを使う

 

全て手軽にできるので、冬に車中泊をする方は、カイロと湯たんぽとインナーシュラフを準備しておくのをおすすめします。

車中泊においてシュラフがあるととても快適です。シーンに合った最適なシュラフを選べば、車中泊でもぐっすり眠れますよ。自分に合ったシュラフを見つけて、車中泊を快適に楽しみましょう。