ナンガの寝袋(シュラフ)おすすめ5選!種類や見分け方も徹底解説!

ナンガのシュラフは、コンパクトさやダウンならではの温かさが人気を集め、多くのキャンパーに親しまれています。国内で生産されている安心感や永久保証も信頼できるポイントです。この記事では、ナンガのシュラフの特徴や種類、おすすめのシュラフをまとめました。

2022/07/30 更新

編集部おすすめの記事

そろそろ本格的な高品質シュラフが欲しいという方は多いのではないでしょうか。寒い季節のキャンプで「いざ眠ろうと思ったら寒すぎて眠れない…」「睡眠不足で次の日まで楽しめなかった...」そんな経験はありませんか?

 

本格的な高品質のシュラフの中でも人気の高いナンガのシュラフ。ナンガは、メイドインジャパン・永久保証付きの安心できるダウンのブランドです。温かくて軽いダウンシュラフといったらナンガといわれるぐらいキャンパーの間で信頼されています。

 

この記事では、ナンガのシュラフの魅力やおすすめのナンガのシュラフを厳選して紹介します。また、ナンガのシュラフの人気シリーズの比較やモンベル・イスカとの違いについても徹底的に比較するので、ぜひ最後までご覧ください。

ナンガのシュラフは、はっきり言って高価です。しかし、それには明確な理由があります。ナンガのシュラフは、素材から製法まで細部に魂を込めてこだわって作られています。高価ですが、長い目で見ると非常にコスパがいいと言えるアイテムです。

 

ナンガのシュラフの中綿に採用されているダウンは、非常に高品質です。ナンガのシュラフが高品質といわれる理由は以下3つがあります。

 

  1. ヨーロッパ産の上質な羽毛を国内で洗浄したものを使っている
  2. 選ばれた成熟した水鳥の羽毛のみを使用することで、保温性が非常に高い
  3. 国内の自社工場で、熟練された職人が丁寧に作っている

 

ナンガのシュラフは品質への自信から、永久保証を掲げているほどなので品質は間違いない最高の寝袋です。

蓄光加工が施されたファスナースライダーは、ナンガのシュラフの魅力のひとつです。「ファスナーでシュラフの生地を噛んでしまい、暗い中ファスナーを開けれず大変な思いをした」という経験がある方も多いはず。ファスナースライダーの魅力的な特徴は以下3つです。

 

  • ファスナーによる生地の噛み込みを予防する
  • もし、生地に噛み込んだとしても生地へのダメージを軽減してくれる
  • 蓄光加工が施されているので、暗闇でもファスナーが光り見つけやすい

 

寝袋のファスナーによる生地の噛み込みはキャンパーにとっての大きな悩みの一つですがナンガのシュラフならそういったストレスも少ないことも魅力です。

ナンガのシュラフは、全て永久保証で、無料で修理してくれます。修理可否の判断は、ナンガの工場で実際に商品を確認して行います。公式ホームページから修理依頼書をダウンロードし、シュラフと同封して工場に送るだけです。

 

また、有料でシュラフの羽毛増量・クリーニングを行えます。羽毛増量は、羽毛の種類や量によって値段が違います。国内の自社工場だからこそできる他のメーカーと違うナンガの魅力です。ナンガのシュラフは、高価ですが高品質で長く使用できるので、長い目で見るとコスパがいいです。

ナンガのシュラフは、他メーカーのシュラフ と比較してダウンの品質にこだわっています。同価格帯のモデルでもフィルパワーが高い商品が多いです。フィルパワーとは、ダウンのふくらみを数値がしたもので、高ければ高いほど高品質になります。

 

三大シュラフメーカーの「ナンガ」「モンベル」「イスカ 」の特徴を比較するために下記の表にまとめました。各メーカーの3シーズン対応のベーシックモデルで比較しています。

 

  重量 収納サイズ 使用温度

フィルパワー

価格
ナンガ ダウンシュラフ オーロラ ライト 450 DX 865g 直径14×30cm -5℃ 

760FP

¥45,100
モンベル ダウンハガー650 #3 720g 直径15×30cm -2℃ 

650FP

¥35,250
イスカ ダウンプラス ポカラX 1,060g 直径17×34cm -6℃

720FP

¥29,000

ナンガのシュラフは、商品名を見て、自分に合ったものを選びましょう。ナンガのシュラフは、商品名を見ると機能や品質が分かる商品が多いです。ここではそんなナンガのシュラフの選び方のポイントについて解説します。

 

ナンガのシュラフは、ほとんどの商品で商品名の中に性能が表記されているので、名前を見れば大体どんな性能の寝袋かが分かります。一度覚えておくと、細かなスペックを見なくても分かるようになるので非常に便利です。

 

例えば、「オーロラライト 450 DX」で見てみると、オーロラライトが生地の種類。数字が使用しているダウンの重量で、450g使われていることを表しています。英字のDXはダウンの品質です。商品名を見れば大体のスペックが分かるのは便利ですよね。

ナンガのシュラフ「オーロラ」は、もっともシンプルなエントリーモデルです。防水コーティング素材を採用しているので、雨天のキャンプでも快適に使用できます。リーズナブルでコスパが優れているので、初心者の方に人気があります。

ナンガのシュラフ「オーロラライト」は、もっとも人気があるフラッグシップモデルです。オーロラシリーズよりも軽いのが特徴です。また、オーロラライトは、ニーズに合わせて細かくラインアップがあり、カラーの種類も豊富にあります。

 

オーロラライトがオーロラより価格が30%高いにもかかわらず人気の理由は、購入者の多くがその「軽量さ」を評価し、重視している方が多いためです。登山やツーリング、一生ものの寝袋を探しているという方は是非検討してみてください。

ナンガのシュラフ「UDDBAG」は、ダウンに超撥水加工を施したハイスペックモデルです。ダウンに超撥水加工を施したことで、最大の弱点である水濡れを克服し、保温性能の低下リスクを軽減。製品のラインナップが多いのも嬉しいポイントです。

ナンガのシュラフ「ダウンバッグ」は、シリーズの中でもっともリーズナブルなモデルです。ラインナップも豊富で、コスパが非常にいいので、複数購入する方や初心者の方に人気があります。

ナンガのシュラフ「ミニマリズム」は、「より小さく、より遠くへ」をコンセプトにもっとも軽量でコンパクトなモデルです。極薄の生地と最高級のダウンを採用することで、高次元での保温性と軽量化を同時に実現しました。

ナンガのシュラフ「ラバイマバッグ」は、2人で使用できるフード付き封筒型のモデルです。マミー型のようにシュラフが密着しないので、ゆったりと快適に寝たい方におすすめです。マミー型が苦手な方やお子様と行くファミリーキャンプでの使用に最適ですよ。

使う予定の気温を基準にダウン量を決める必要があります。ナンガのシュラフは、ダウンが600g以上で冬用モデルとされています。冬モデルになると、縫製方法がシングルキルトがボックスキルトになります。

 

さらに、ショルダーウォーマーとドリフトチューブという機能が搭載されるので、保温性が向上します。フィルパワーとは羽毛のかさ高性を表す単位です。フィルパワーの数値が高いシュラフほど、空気の断熱効果により保温性能が高くなります

 

  • シングルキルト:表地と裏地を直で縫い合わせる最もシンプルな縫製方法
  • ボックスキルト:表地と裏地の間に通気性あるメッシュを配置し、縦横にボックスを設定した縫製方法
  • ショルダーウォーマー:温かな空気を防ぐために肩部分に装備した保温剤の入ったチューブ
  • ドラフトチューブ:ジッパーの隙間から入り込む冷気を防ぐ内側に設けたチューブ

フィルパワーの数値の大きさによって、暖かさや寝心地が違います。フィルパワーが大きくなるほど機能性も上がり高価になるため、値段と特徴それぞれを考慮し決めましょう。

 

DXは、スペイン産ホワイトダックダウンの羽毛です。優れた保温性とコスパの高さが魅力です。フィルパワーが760FPあるので、非常に軽くてコンパクトにもかかわらず、保温性が高いのが特徴です。

SPDXは、ポーランド産のホワイトグースの羽毛です。ナンガのシュラフの中でシルバーグースに次ぐ高品質なダウンです。非常に高い保温性を誇り、抜群の軽量性が魅力です。フィルパワーも非常に高いので、雪山キャンプでも安心して使用できます。

UDDは、スペイン産ホワイトダックダウンの羽毛「DX」に撥水加工を施した羽毛です。湿気を通すが水を吸わないので、汗をかいても快適に寝れます。耐水性があるので、天候が変わりやすい登山泊に最適です。

シルバーグースは、ハンガリー産シルバーグースの羽毛です。ナンガのダウンの中でもっとも高品質で、非常に高い保温性を誇ります。フィルパワーが930FPと非常に高いので、どんな寒冷地でも臆することなく使えます。

ナンガのシュラフは、他者とのコラボを積極的に行っており、さまざまな別注モデルが存在します。ナンガの現行ラインナップにはない商品を手にすることができるので、人とあまりかぶりたくない方におすすめです。

 

日本製寝袋販売店の3tenからは3ten別注オーロラ800DXが販売されています。カーキやベージュといった落ち着いたアースカラーが魅力です。また、老舗の山渓のオーロラ600DXも人気があります。他にもコラボ商品が多数あるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ナンガ(NANGA)

オーロラライト 900DX

価格:66,000円 (税込)

ハイスペックな本格派モデル

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適使用温度が-10℃と、厳冬期や海外の高所登山まで使用可能なモデル。本格的な雪中キャンプや登山でも、快適に眠りたい方におすすめです。表の生地は防水機能のあるオーロラテックスを使用。濡れや結露に強いです。

 

スペック詳細はこちら

快適使用温度/下限温度
-10℃/-19℃
ダウン量
900g
総重量
1400g
収納サイズ
φ21×41cm
ナンガ(NANGA)

オーロラ 750STD

価格:47,300円 (税込)

ナンガ人気のオーロラシリーズ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水機能のある生地オーロラテックスを使用し、元祖 シュラフカバーのいらない寝袋と呼ばれているモデルです。オーロラはナンガ人気のシリーズで、オーロラライトより手軽に「誰でも・どこでも」使えるシュラフです。保温機能を生かすために最も効率的な、ボックスキルト構造を採用し寒い季節でも快適に睡眠できます。

 

スペック詳細はこちら

快適使用温度/下限温度
-6℃/-14℃
ダウン量
750g
総重量
1490g
収納サイズ
φ22×32cm
ナンガ(NANGA)

UDD BAG 810DX

価格:63,800円 (税込)

超撥水加工がされている羽毛で水濡れに強い

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

羽毛自体に撥水加工を施した、水濡れに強いモデル。ダウンの最大の弱点は水に弱い点ですが、水に強い化学繊維を使用しているシュラフは重くかさばってしまいます。ナンガのUDD BAGなら、水濡れを心配する必要もなく軽く温かいです。ダウン量810gのこちらのモデルなら、国内のほとんどの厳冬期を乗り越えられます。

 

スペック詳細はこちら

快適使用温度/下限温度
-7℃/-13℃
ダウン量
810g
総重量
1260g
収納サイズ
φ19×31cm
ナンガ(NANGA)

ミニマリスム 250

価格:61,264円 (税込)

最高級ダウンでコンパクトなのに温かい

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「より小さく、より遠くへ」をコンセプトに作られたモデルです。ダウン量は少ないですが、ダウンの質は最高級に作られています。総重量は415g、収納時の直径は13cmとコンパクトですが、厳しい寒さの-5℃でも使用可能です。厳しい登山において荷物を軽くしたい登山家などにおすすめ商品です。

 

スペック詳細はこちら

想定使用温度
-5℃
ダウン量
250g
総重量
415g
収納サイズ
φ13×25cm
ナンガ(NANGA)

ラバイマバッグ W 600

価格:63,800円 (税込)

ナンガの2人用シュラフ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きな掛け布団のように使える大人2人が入れる大きさのシュラフです。背面は化学繊維、表面はダウンになっていて、春から秋のキャンプや車中泊に最適。サイズが大きいので、自宅でも臨時の布団として活躍してくれます。お子様なら二人以上でも入れるためファミリーキャンプにもおすすめです。ダウンの保温性能を生かすのに最も効率的な、ボックスキルト構造を採用しています。

 

スペック詳細はこちら

快適使用温度/下限温度
-
ダウン量
600g
総重量
1600g
収納サイズ
φ25×40cm

さまざまなタイプが数多く存在するシュラフですが、タイプによっては洗濯が可能なものと不可能なものがあります。ダウンの特性によっても異なりますが、ナンガのシュラフは家庭でも洗濯が可能です。

 

家庭だと洗濯が難しそうなイメージですが、正しい洗濯方法を行えば誰でも可能です。洗浄の際には洗濯ネットに入れて洗濯機の毛布洗いコースを選びます。洗濯の際は、脱水コースを選ばずに手で絞ります。脱水コースだと生地が傷む恐れがあります。

 

絞った後は陰干しを行い、乾いたら両手で叩いて羽毛をしっかりほぐしてあげればOKです。洗い方を間違えるとシュラフが劣化するため気を付ける必要があります。毎回洗う必要はありませんが、定期的に洗うのをおすすめします。

ナンガのシュラフは使いやすさや機能性に優れていますが、雨が降った時には濡れるのが心配です。キャンプのシーズンは突然の雨も多いため、濡れるのを防ぐための雨対策も必須です。雨に濡れると快適に過ごせません。

 

ナンガのシュラフには防水効果を高めてくれるシュラフカバーも存在します。雨が心配な人はシュラフカバーもセットで使用すると安心です。より機能性の高いシュラフにもなり、さまざまな状況でも使えておすすめです。

今回は、ナンガのシュラフについて紹介しました。高品質にこだわり冷えやすい睡眠時でも温かさを保つ工夫がされているシュラフは、多くのキャンパーに愛用されています。ナンガのシュラフで、寒い季節でも快適に眠りましょう。