THE NORTH FACE(ノースフェイス)おすすめ寝袋5選!口コミ・評判もご紹介!

寝袋はアウトドアに欠かすことのできないアイテム。愛好家が多いアウトドアブランド「ノースフェイス」の寝袋は人気があって品切れの店も。寝袋は対応温度や形状・素材など種類も豊富なため、どれを選んでいいかわからない方も多いはず。そこで今回は、大人気のノースフェイスのおすすめ寝袋5選をご紹介します。

2022/06/28 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
初めて、登山用のシュラフを購入したしたので、他のメーカーの比較はできませんが、紅葉シーズンに北海道の山小屋で、使用しましたが、寒さは感じませんでした。 身長160㎝、中肉中背ですが、窮屈ではありませんでした。おすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

デザインがとても気に入りました。写真の通りの色味です。

出典: https://review.rakuten.co.jp

ジッパーが、噛みやすく使いにくいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

2位
ノースフェイス

‎ Gold Kazoo NBR41802

\ブラックフライデー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
本商品は、スマートなデザインのゆったりとしたマミー型シュラフです。表地にはナイロンリップストップを採用しており、肌触りが良く耐久性に優れています。保温材には撥水加工を施したダウンを使用しているため、湿気に強くのがポイント。高い保温性にこだわった立体的な構造とダウンの効果的な配置により、快適温度2℃を実現しています。

また、寒さに敏感な足元や頭部にも工夫を凝らしてあり、3シーズンのキャンプ・登山・ツーリングにおすすめ!ジップトップには蛍光素材を用いており、位置がすぐに分かり便利ですね。インナーポケットがあるので、貴重品・スマホなどを携帯しておきたい方にも最適です。
3位
ノースフェイス

Dolomite One Double ‎NBR42001

本商品は、HEATSEEKERECOのリサイクルポリエステル化繊わたを採用しているスリーピングバッグです。温かく、水濡れに強いのが特徴。ボトムボックスには化繊のパッドを内蔵しているため、荷重と水濡れへの対策もばっちりです。また、幅広い温度域への対応を可能にした3in1システムも魅力と言えます。

そのため、さまざまな温度に対応でき、気温の変化が激しい山岳地帯での使用にもピッタリです。季節やシーンを問わず幅広い使い方ができますよ。首回りのドローコードにより、ヒートコントロールできるのも嬉しいポイントです。
4位
ノースフェイス

エコトレイルベッド 7

本商品は、−7℃まで対応の3シーズンにわたって使用できる封筒型のシュラフです。内部にはリサイクルポリエステル化繊綿を使用しており、濡れた場合でも保温力が損なわれにくいのがポイント。濡れた後もロフトを失いにくく、手入れも簡単です。また、本体デザインはブルーとベージュの落ち着いたツートンカラーも魅力と言えます。

そのため、自然の景観を損なわずにアウトドア用品を楽しみたい方におすすめです。また、収納袋に入れることでコンパクトになるので、車中泊での使用にも向いてますね。再度ジッパーを足元までの広げることで毛布のように使えるので、さまざまな使い方をしたい方にもピッタリです。
5位
ノースフェイス

NBR42003

本商品は、ゆったりとしたマミー型のシュラフです。保温性の高さと快適さを兼ね備えた形状で、寝心地の良さが魅力!さらに、たっぷりと詰まった中綿は、湿気や水濡れへの強いのがポイントです。寒さに敏感な足元には、アーチ型の立体的な構造を用いており、ふかふかで動かしやすく保温効果も抜群ですよ。

また、軽量・コンパクトで携帯しやすいため、キャンプ・登山・車中泊におすすめです。水で丸洗いできるためお手入れも簡単。そのため、頻繁に使用する方・急な来客時にもいつでも清潔に使いたい方にピッタリです。使用可能温度2℃と幅広く対応できるので、防災グッズとしても役立ちますよ。

寝袋 ノースフェイスの全商品一覧