マルチレイヤースリーピングバッグの評判・口コミ・レビューを調査!夏・真冬でも使える?

最安値:¥9,400
コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777 寝袋・シュラフの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777 寝袋・シュラフがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/06/26 更新

ランク王編集部

4シーズン対応で1年中好きな時に使える◎分割可能なシュラフ

本商品は、コールマンより発売されている4シーズンに対応したシュラフです。使用温度の目安は-11℃と、寒い日でも安心です。使用している素材は「ポリエステル」なので、軽くて暖か。防寒対策を全身にしていても重たくならずに使えて便利ですよ。また、3つのレイヤーを組み合わせて使うこともでき、より正確に温度調節が行えます。

そのため、上手く体温調整ができない方にピッタリです。分割しても使用できるため、現地の状況にあわせて細かな調整が可能です。また、1年を通して使えるので保管場所にも困りません。シュラフは1つあれば十分という方や、使用頻度が高い方にもピッタリです。

編集部おすすめの記事

マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777の基本スペック

タイプ
封筒型
中綿素材
ポリエステル
表地素材
ポリエステル
裏地素材
ポリエステル
想定使用温度
快適温度:-5℃〜使用下限温度:-11℃
使用人数
1人
洗濯可
使用時サイズ【cm】
90x200 cm
納時サイズ
約52×29×38cm
重量【kg】
4.9 kg

マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777の通販サイト比較

楽天 ¥9,570

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥9,400

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥9,570

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

着る寝袋のおすすめ10選!モンベルやdodなどの人気メーカーも紹介!のサムネイル画像

着る寝袋のおすすめ10選!モンベルやdodなどの人気メーカーも紹介!

2022/06/28

化繊シュラフおすすめ5選!ナンガ・モンベルなどの人気メーカーのものやコンパクトなものまで!のサムネイル画像

化繊シュラフおすすめ5選!ナンガ・モンベルなどの人気メーカーのものやコンパクトなものまで!

2022/06/28

封筒型シュラフおすすめ15選!冬も暖かいダウン素材・連結できるものも!のサムネイル画像

封筒型シュラフおすすめ15選!冬も暖かいダウン素材・連結できるものも!

2022/06/28

一人暮らし用の寝袋おすすめ4選!来客用・普段使いにもおすすめ!のサムネイル画像

一人暮らし用の寝袋おすすめ4選!来客用・普段使いにもおすすめ!

2022/06/28

来客用の寝袋おすすめ5選|メリットや選び方を紹介のサムネイル画像

来客用の寝袋おすすめ5選|メリットや選び方を紹介

2022/06/28

オールシーズン使えるおすすめ寝袋3選!コンパクト・コスパのいいものも!のサムネイル画像

オールシーズン使えるおすすめ寝袋3選!コンパクト・コスパのいいものも!

2022/06/28

洗える寝袋おすすめ15選!冬用・オールシーズン使えるものも!のサムネイル画像

洗える寝袋おすすめ15選!冬用・オールシーズン使えるものも!

2022/06/28

コスパ最強の寝袋おすすめ10選!1万円以下のもの・冬用もご紹介のサムネイル画像

コスパ最強の寝袋おすすめ10選!1万円以下のもの・冬用もご紹介

2022/06/28

【最強決定版】冬用化繊シュラフおすすめ5選!|洗濯できるもの・圧縮方法も紹介のサムネイル画像

【最強決定版】冬用化繊シュラフおすすめ5選!|洗濯できるもの・圧縮方法も紹介

2022/06/16

冬用封筒型シュラフのおすすめ4選!ダウン・コンパクトなものも!のサムネイル画像

冬用封筒型シュラフのおすすめ4選!ダウン・コンパクトなものも!

2022/06/16

コンパクトな夏用寝袋おすすめ5選!洗えるもの・3シーズン用も!のサムネイル画像

コンパクトな夏用寝袋おすすめ5選!洗えるもの・3シーズン用も!

2022/05/06

最強はどれ?コールマンの冬用寝袋おすすめ人気3選!封筒型からフリースまでのサムネイル画像

最強はどれ?コールマンの冬用寝袋おすすめ人気3選!封筒型からフリースまで

2022/05/06

コールマンの封筒型寝袋おすすめ5選!ファミリーキャンプにもおすすめ!のサムネイル画像

コールマンの封筒型寝袋おすすめ5選!ファミリーキャンプにもおすすめ!

2022/04/06

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは、1年間全てのシーズンで使用できる画期的な寝袋です。3つに分かれたレイヤーを組み合わせた構造により夏から真冬まで利用でき、低価格で購入できるコスパの良さが魅力です。

 

しかし、本当に夏・真冬でも快適に使えるか、収納が難しいなどのデメリットは気になるところです。実際の使用感やデメリットについて知るには、使用した口コミやレビューを参考にするのが一番です。

 

今回はマルチレイヤースリーピングバッグの評判・口コミ・レビューについて調査しました。マルチレイヤースリーピングバッグのたたみ方、圧縮袋が使えるのかについてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

マルチレイヤースリーピングバッグは全てシーズンに利用可能で、価格がリーズナブルなどの特徴があります。マルチレイヤースリーピングバッグの特徴を以下にまとめました。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

マルチレイヤースリーピングバッグは、分割可能な3つのレイヤーを採用した構造で4シーズンに渡って使用できます。アウトレイヤー・ミッドレイヤー・フリースの3つのレイヤーを気温に合わせて組み合わせるので、夏から真冬のキャンプまで対応可能です。

 

薄い寝袋を重ねて冬に使用する方もいますが、厚くなって使いづらい場合もあります。マルチレイヤースリーピングバッグは最初から重ねる構造なので、重ねて使っても快適です。

マルチレイヤースリーピングバッグは1万円台と言うリーズナブルな価格も特徴です。 冬用の寝袋は数万円する高価なものが多いです。軽量で暖かいダウンを使用した寝袋だと安いものでも3万円程度で、高級なものだと10万円を超える場合もあります。

 

マルチレイヤースリーピングバッグはメーカーの通常価格が14,900円(税込み)で、1万円以下で購入できる場合もあります。冬でも利用できる寝袋の中では非常にコスパが良いといえます。

マルチレイヤースリーピングバッグは、フックでレイヤーを繋げる構造になっています。3つのレイヤーには留め具が付いおり、フックを引っかけるだけなので着脱は簡単です。寝袋の中にインナーなどを敷くとズレた時に不快感があります。

 

マルチレイヤースリーピングバッグは、フックで固定されているので重ねたレイヤーがズレる心配もなく快適に眠れます

マルチレイヤースリーピングバッグは、洗濯機で丸洗い可能なのでお手入れも簡単です。ダウンの寝袋は洗濯機が使えないので、洗うのが面倒です。マルチレイヤースリーピングバッグは、化繊なので全てのレイヤーを洗濯機で丸洗いできます。

 

3つのレイヤーは取り外して別々に洗う必要がありますが、汚れたら気軽に洗えるのは大きなメリットです。

マルチレイヤースリーピングバッグは、連結させて大きな寝袋として利用可能です。マルチレイヤースリーピングバッグを2つ用意する必要がありますが、アウトレイヤー・ミッドレイヤのフックを連結させればダブルサイズの寝袋になります。

 

2人で寝たい場合や家族で一緒に過ごしたい時に、連結させれば広々と使えて快適です。

フリースは妻へ渡し、膝掛けと昼寝用で使用しておりご機嫌良好です。 組合せは7通り可能で、一年中快適に過ごせて、全て洗濯可能なのは嬉しく清潔です。最強アイテムと断言します。 コスパも抜群です。

出典: https://www.amazon.co.jp

1年を通して利用でき洗濯もできて、1万円台という価格は非常に魅力的なようです。収納時のサイズが大きいというデメリットがありますが、サイズが問題ないなら一押しの寝袋と言えます。
先日ー6度の環境で使用したが、寒さはまったく感じず、快適に過ごせました。 表層の材質上水分を吸ってしまいますが、放っておけば乾燥しています。

出典: https://www.amazon.co.jp

-6℃の寒さでも快適に過ごせるという口コミです。-6℃で快適なら登山でもない限り、日本の冬のキャンプにはほとんど対応できます。水分を吸っても乾燥する点も使いやすいです。
携帯性という面では少し重く、サイズが大きいので登山には向きませんが、とにかく肌触りがいいので、車中泊やキャンプで寝心地を重視する人には大変おすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

肌触りが良いという口コミです。寝袋は肌触りが悪いと眠れない方もいますが、マルチレイヤースリーピングバッグなら快適に眠れます。肌触りだけでなく、寝心地が良いという口コミが多いので寝心地が気になる方は要チェックです。
悪い点 とにかく収納時大き過ぎです。通常の寝袋の4倍はあるので、荷物をコンパクトに収めたい方はやめておいた方が良いと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

やはり収納時のサイズが大きいという意見は多いです。化繊は安いですがダウンよりかさばるので、低価格で冬でも使える寝袋を作るとサイズは大きくなってしまいます。それでもオールシーズン使用できて、1万円台で購入できるのでコスパは抜群と言えます。
問題は収納。ただでさえデカいんですが、寝袋がもともと入っていたキャリーバッグにも入らず チェックアウトの時間の都合上、やむなく丸めて裸のまま車に積みました。 家で無理やりキャリーバッグに詰め込みましたが本当に無理やりです。

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズが大きいので、たたんでキャリーバッグに入れるのが大変という口コミは多いです。慣れると簡単に収納できるという意見もあるので、たたみ方を覚えましょう。難しい場合は圧縮袋に入れるのも1つの方法です。

マルチレイヤースリーピングバッグは、真冬のキャンプや車中泊でも快適に眠れます。マルチレイヤースリーピングバッグは、アウトレイヤー・ミッドレイヤー・フリースを全て使用すると快適温度-5℃・下限温度-11℃のスペックです。

 

冬用の寝袋と同等のスペックなので、日本の真冬のキャンプや車中泊でも問題なく使えます。実際に冬のキャンプで使用しても、暖かいというレビューもあるので安心です。

マルチレイヤースリーピングバッグは、夏用の寝袋としても快適に使えます。真夏の暑さでは寝袋は必要ありません。夏でも日中と早朝・夜間の気温差が大きい場合は、体を冷えるので寝袋を使って体の冷えを防ぎます。夏用の寝袋の快適温度は、10℃~15℃が目安です。

 

マルチレイヤースリーピングバッグは、最も涼しいフリース・ミッドレイヤーの組み合わせで快適温度12度です。夏用の寝袋と同程度のスペックなので、夏用の寝袋としても快適に使えます。

サイズが大きくかさばるマルチレイヤースリーピングバッグですが、圧縮袋を使えばサイズはかなり小さくなります。マルチレイヤースリーピングバッグの収納サイズは約52×29×38cmですが、圧縮袋を使用すると厚みは約5cm程度まで圧縮可能です。

 

マルチレイヤースリーピングバッグを実際に圧縮した動画が、YouTubeで公開されています。手で押して小さくできる圧縮袋も多いので、アウトドアでも使いやすいです。

マルチレイヤースリーピングバッグは、バイクキャンプに持っていくのには適していません。バイクキャンプは、荷物をコンパクトで軽量にする必要があります。バイクキャンプの寝袋の重量は、500g程度が理想で重くても1kg程度が良いとされています。

 

マルチレイヤースリーピングバッグはかなりかさばる上に、重さが4.9kgなので自動車でないと運ぶのが大変です。4シーズン使えて便利なマルチレイヤースリーピングバッグですが、バイクキャンプで使うには重すぎます。

マルチレイヤースリーピングバッグのメリットとして挙げられるのが、寝心地の良さです。マルチレイヤースリーピングバッグは掛布団のような厚みがあり、布団のようにフカフカした寝心地で快適に眠れます。サイズも大きくゆったりしているので、体が拘束させる窮屈さもありません。

 

寝袋の材質が化繊だとシャカシャカした音がして不快に感じる方も多いですが、マルチレイヤースリーピングバッグはシャカシャカしない点も魅力です。

魅力やメリットの多いマルチレイヤースリーピングバッグですが、サイズが大きいため収納に関するデメリットがあります。マルチレイヤースリーピングバッグのデメリットについて解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

マルチレイヤースリーピングバッグは、サイズが大きく収納しづらいのがデメリットです。一度出すと付属の収納袋に二度と収納できないという口コミもあり、収納に苦労している方は非常に多いです。決まったスペースに収納するのが苦手な方は、収納が大変な点を考慮した方がいいです。

 

収納が大変な場合は、圧縮袋を使用する・レイヤーを別々に丸めて収納するなどの方法もあります。

マルチレイヤースリーピングバッグは、収納時のサイズがかなり大きいのもデメリットです。寝袋は、中綿の量でサイズが決まります。真冬でも使えるマルチレイヤースリーピングバッグは中綿が多いので、収納時のサイズは52×29×38cmとかなり大きいです。

 

重量も4.9kgあります。重くてかさばるので、車のキャンプでないと運ぶの大変なサイズです。ただし、全てのレイヤーを含めたサイズなので、夏場に不要なレイヤーを収納しない場合はその分小さくなります。

マルチレイヤースリーピングバッグの畳み方の手順は以下の通りです。

 

  1. 寝袋を縦半分に折る
  2. 端の部分を強く丸めてから、下から丸めていく
  3. 丸めたら膝を乗せて空気を抜いてから、フックで固定する
  4. 丸めた寝袋を回転させて収納袋に入れていく

 

丸める際に最初の部分をしっかりと丸めたら、膝を乗せて空気を抜くようにして丸めていくのがポイントです。袋に入れる際に上から膝で挟むようにすると、小さくなって入れやすくなります。

寝心地の良さで評判のマルチレイヤースリーピングバッグですが、コットやマットを用意するとより快適に眠れます。マットは寝袋の下に敷くアイテムで、コットは一番下に敷く簡易ベッドです。マットやコットを用意すれば地面の凹凸が気にならず、地面の冷たさで体が冷えるのも防止します。

 

キャンプで快適に寝るためには、マットやコットは必須のギアです。

マルチレイヤースリーピングバッグの特徴、口コミ・レビューなどについてご紹介しました。サイズが大きいのがデメリットですが、マルチレイヤースリーピングバッグは一年間快適に利用できます。サイズの大きさが気にならないなら、おすすめの寝袋です。