買ってはいけない冷蔵庫はどれ?壊れにくいメーカーとおすすめ商品も紹介!

生活の必需品である冷蔵庫ですが、購入するときに気を付けているポイントはありますか?一度買ったら長く使用する冷蔵庫だからこそ、満足できる製品を選びたいですよね。この記事では、冷蔵庫選びに失敗しないための、お役立ち情報をお届けします。ぜひ参考にしてください。

2021/10/14 更新

冷蔵庫は生活に欠かせない家電の1つですが、頻繁に買い替えるものではありませんよね。購入するタイミングは新生活が始まるときや、今使っている冷蔵庫が壊れたときなどが大半でしょう。

 

安い買い物ではない上に1度買うと10年ほど使用できるため、冷蔵庫の購入には慎重になってしまいます。しかし冷蔵庫の種類がありすぎて、何を選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

絶対に失敗したくない買い物だからこそ、" 後悔しないための冷蔵庫の選び方 "を知ることが大切です。この記事では買ってはいけない冷蔵庫の特徴をはじめ、冷蔵庫の購入に失敗しないためのお役立ち情報をお届けします。

今すぐ見る!買ってよかった!おすすめの冷蔵庫10選

冷蔵庫には機種によってさまざまな機能や特徴など個性があるため、自分の用途に合ったものを選ぶことが大切です。ここでは、冷蔵庫の購入で失敗しがちな事例をご紹介します。当てはまらないよう、事前にチェックしておきましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

庫内容量が足りない・大きすぎる

庫内容量と本体サイズには注意が必要です。最近はステイホームの影響もあり、今の冷蔵庫より大容量のモデルを求められる方が増えているようです。

 

食材の買いだめに大容量は便利ですが、ここで要注意です。「設置場所に入るか」「搬入できるか」この2点を必ず確認してください。設置スペースに入るからと購入しても、搬入経路が狭く搬入できない事例が発生しています。

 

また、庫内容量も用途に合ったサイズ感かも確認しましょう。使用する人数や、頻繁に収納するものの大きさを考慮して選ぶのがおすすめです。

霜取り機能がない

安いタイプの冷蔵庫に多いのですが、霜取り機能が付いていない冷蔵庫はおすすめできません。霜を取り除くには一度電源を落さなくてはならないので、掃除メンテナンスに手間がかかるのが難点です。

 

さらに、霜が付いた状態で冷蔵庫を使い続けると、冷蔵/冷凍の機能も低下してしまいます。そのため、面倒な霜取りを定期的に手動で行う必要があります。

機能が使いこなせない

最新の機種になればなるほど、便利な機能が満載です。消臭機能が付いていたり、庫内のエリアごとに急速冷凍したり温度管理ができるタイプも増えています。冷却機能の他にも、スマートホンと連動させて外出先から庫内の状況を確認できるようなタイプもあり、便利な機能にはつい目移りしてしまうほどです。

 

しかし、便利な機能も使いこなせなければ意味がありません。機能が多すぎて、操作が複雑になることでストレスに感じることもあります。多機能なモデルは価格も高くなるので、自分が必要とする機能かどうか吟味することが大切です。

消費電力が高い

冷蔵庫は1年を通して24時間稼働させたままの状態です。そのため消費電力の小さな差も、年間を通してみると大きな数字になってしまいます。

 

小さい冷蔵庫なら消費電力が少ないかというと、実はそうではありません。最近のモデルは大容量モデルのほうが省エネに優れている傾向にあります。欲しい容量の冷蔵庫の中で複数のモデルを比較して、なるべくコスパのいいアイテムを選びましょう。

基本的には、大手メーカーから販売されている冷蔵庫なら問題ありません。ただし、新興メーカーには要注意です。初期不良や故障時などのサポート体制が不十分なことがあり、商品の信頼性も大手メーカーと比較すれば劣ります。長く使用するものですので、保証やアフターサービスが充実した大手メーカーからの選択がおすすめです。

今すぐ見る!買ってよかった!おすすめの冷蔵庫10選

ここからは、実際に冷蔵庫を購入する際チェックすべきポイントをご紹介します。ご家庭やご自身で使用するシチュエーションを想定して、以下それぞれの項目を確認してみてください。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

人数に合った庫内容量

庫内容量は冷蔵庫を使用する人数を基準に選ぶと、大きな失敗がありません。以下の計算式で、最適な冷蔵庫の容量の目安を求めることができます。

 

 

目安容量=70L(1人当たり)×家族の人数+100L(常備食材)+70L(予備スペース)

 

以下の表は、式で人数ごとに求めたの庫内容量目安になります。

人数 庫内容量の目安 参考
1人 150~240L 自炊の頻度が高い人には200L以上がおすすめ
2人 240~380L 2人で共通の食材を使用するか否かで最適容量には差が出る
3人 380L~400L お子様がいるご家庭などは、成長を考慮し大きめがおすすめ
4人 450L~ まとめ買いがしやすい冷凍室が大きいモデルがおすすめ
6人 590L~ 2世帯などで大人数の場合は600L以上がおすすめ

サイズは設置場所に合わせて

どんなにお気に入りの冷蔵庫でも、設置できなければ無意味です。必ず設置スペース内に収まるサイズを選んでください。このとき冷蔵庫の周囲に、最低1cm程度の放熱スペースを確保できることも併せて確認しましょう。放熱スペースが確保できていないと、本来の冷却機能が発揮できないことがあります。

 

また、設置スペースまでの搬入経路を通ることができるかも要チェックポイントです。エレベーターや階段、玄関口から設置場所まで、確実に搬入できるかシミュレーションをしておきましょう。

扉の開け方

ドアが開口する方向に、壁や家具などの障害物があると食材の出し入れが大変不便です。以下の3パターンから、設置スペースに適した扉の開き方を確認しておきましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

片開き

扉が向かって右、もしくは左のどちらかに開くタイプです。冷蔵庫の右側に壁があるときは右開き、左側に壁があるときは左開きを選ぶと、食材の出し入れがスムーズです。

 

冷蔵庫の設置場所が壁際でない環境なら、調理スペースがある方向に開くようにすると便利です。食材を取り出して調理するまでの動線がスムーズになり、料理がしやすくなります。

両開き

一枚のドアが左右どちらからでも開けられる仕様になります。転勤で引っ越しが多いなど方など、冷蔵庫を設置する環境が変化しやすい方におすすめです。各メーカーの中で、唯一シャープが製造しています。

 

場所を選ばないという意味では観音扉にも同様のことが言えますが、両開きの方が冷蔵庫の正面に立たなくても開口が大きいので、庫内が見渡しやすいメリットがあります。

観音開き

フレンチドアとも呼ばれ、2枚のドアが両側に開くタイプになります。観音開きはドアの可動域が小さいので、冷蔵庫前のスペースが狭い場合におすすめです。一般的に、本体幅が65cm以上のモデルに採用されています。

 

ドアポケットが充実していることも特徴で、ドリンクなどの収納にも長けています。また、片側だけ開くことで冷気が逃げにくい点もメリットです。

庫内のレイアウトは使いやすさに関わる

収納したい食材やさまざまなストックに応じて、庫内のレイアウトにも注目しましょう。メーカーや機種によって、冷凍室・野菜室の位置が異なります。基本的に、頻繁に使用するものが腰位置にあると便利です。

 

例えば、冷凍室が真ん中のタイプは、冷凍食品をまとめ買いする方・調理した料理を冷凍保存して頻繁に使用する方におすすめです。対して、野菜室が真ん中のタイプは、野菜を使って頻繁に調理する方に向いています。

省エネ性能をチェック

1年を通して稼働している冷蔵庫は、家庭の消費電力の中でも大きな割合を占めます。家電量販店で購入する場合には、商品に貼られている「統一省エネルギーラベル」を確認してください。年間の電気代が比較できます。

 

また、容量が大きいほど消費電力が高いイメージがあるかもしれませんが、実は小容量のモデルよりも、500L以上のモデルのほうが年間消費電力は低くなる傾向があります。

以下、冷蔵庫で人気の5メーカ―の特徴を解説します。各メーカーごとに異なる個性がありますので、自分が欲しい機能を備えているメーカーを知って、満足できる商品を探しあてましょう。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

東芝|野菜室をいつでも清潔に保つ

東芝の冷蔵庫は、野菜室の設計が特徴的です。ケースの底にある穴から野菜くずを捨てられる仕様になっています。野菜室のケースには、直接野菜(その他食材)を乗せることも多いので、毎回ケースを取り出さずに掃除ができるのは便利ですね。

また高級モデルのFZシリーズには、野菜室に潤いを与える機能や、肉・魚のうまみををアップさせる機能が搭載されており、食材の鮮度をを守ることにも特化しています。

シャープ|プラズマクラスターで庫内を除菌

シャープ独自に開発した"プラズマクラスターイオン"の効果により、庫内の除菌・消臭ができることが特徴です。庫内のみならず、食材自体の除菌もできるので鮮度が長持ちします。まとめ買い派の方にはとても魅力的な機能です。

 

また先述したように、5メーカーの中で唯一シャープが「両開きドア」に対応しています。数年のうちに引っ越しする可能性のある方には、特におすすめできるメーカーです。

パナソニック|使いやすさにこだわったモデルが豊富

使い勝手の良さにこだわった設計は、さすがパナソニックの冷蔵庫です。手が届きづらい最上段は奥が浅くなっており食材を取り出しやすいほか、棚やポケットの高さが自由に変えられるなど、幅広い使い方にマッチします。

 

また、多くのメーカーではコンプレッサーを下部に配置している一方で、パナソニックの冷蔵庫では上部に設置されています。これにより下段部分のスペースを広々と確保することができ、収納性が充実しています。

三菱|冷凍機能へのこだわり

三菱の冷蔵庫は冷凍機能に特徴があります。氷点下なのに食材を凍らすことなく肉・魚の鮮度を保つ技術や、包丁で切れる状態で冷凍できるなど、驚きの冷凍機能が満載です。

 

また、通常の冷凍室の温度設定-18℃に対して、-7度で凍らせることにより、ジャガイモなど冷凍に不向きな食材も美味しく冷凍することができます。おうち時間の増加で、冷凍食品の買いだめが増えている方にはありがたい機能です。

日立|野菜の鮮度が長持ちする

日立の冷蔵庫は野菜室へのこだわりが特徴です。野菜が傷んでしまう原因のエチレンガスを分解する技術により、野菜の鮮度を長く保つことができます。水分を保ったまま保存できるので、野菜の栄養素も損ないません。

 

機種によって、野菜室と冷凍室を入れ替えられるモデルもあります。野菜室が真ん中(腰の高さ)にあった方が使い勝手がいいと思ったら、操作パネルから簡単に冷凍室と位置を入れ替えることが可能です。

買ってよかった!と思える冷蔵庫をご紹介します。人数別におすすめの商品をピックアップしたので、気になる冷蔵庫をチェックしてください。

 

<目次>

1〜2人向け

三菱

右開き3ドア冷蔵庫 MR-CX27F-W

価格:99,800円 (税込)

冷凍せずに肉・魚が長持ちする!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肉や魚を凍らせずに長く保存できる「氷点下ストッカー」の機能により、鮮度を維持したまま1週間ほど生ものを保存することができます。冷凍室は70Lと大容量なので、食材をまとめ買いするという方にもおすすめです。庫内は高さ調整ができるガラス棚で仕切られ、レイアウトもしやすくなっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 三菱電機(MITSUBISI ELECTLIC) 商品名 MR-CX27F
寸法・サイズ 幅540x高さ1630x奥行656(脚カバー含む:660) mm 庫内内容 272 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 320 kWh 年間電気代 8640 円
その他機能 氷点下ストッカー
東芝(TOSHIBA)

2ドアミニ冷蔵庫 GR-R17BS-K

価格:62,000円 (税込)

一人暮らしにおすすめのコンパクトサイズ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅47.9cmのスリム設計となっています。一人暮らし向けの小さいキッチンにも設置しやすいサイズ感です。天面は耐熱100℃テーブルボードになっているので、オーブンレンジなどを乗せていただいても問題ありません。白・黒どちらもスタイリッシュな外観で、お部屋の雰囲気に合わせて選択いただけます。

 

取扱説明書はこちら

メーカー 東芝 商品名 GR-S17BS
寸法・サイズ 幅479x高さ1369x奥行582(ハンドル部含む:642) mm 庫内内容 170 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 306 kWh 年間電気代 8262 円
その他機能 -
パナソニック

2ドア冷蔵庫 NR-B251T-SS

価格:60,773円 (税込)

コンパクトなのに大容量でたっぷり収納!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さなスペースにも設置しやすい幅55.5cmのスリム設計ですが、容量は248Lと充実しています。冷蔵室にはチルドルームと野菜ケースがあり、食材を整理しながらすっきり収納することが可能です。また冷凍庫が上段にあるので、頻繁に冷凍食品を出し入れする方には使いやすい仕様となっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 NR-B251T
寸法・サイズ 幅555x高さ1636x奥行632 mm 庫内内容 248 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 302 kWh 年間電気代 8154 円
その他機能 -
東芝

VEGETA GR-S36SVL(ZH)

価格:119,800円 (税込)

野菜の鮮度をしっかりキープ!

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うるおいラップ野菜室を搭載したこちらの商品は、野菜の乾燥を防いで鮮度を保ってくれます。さらに、野菜ケースの底に「おそうじ口」があり、お掃除しやすいのも魅力。野菜室がまん中にあるので、よく野菜を出し入れする方におすすめの冷蔵庫です。容量も356Lと大きく、少々買いだめしても安心できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 東芝 商品名 SV GR-S36SV
寸法・サイズ 幅600x高さ1757x奥行665(ハンドル部・脚カバー含む:677) mm 庫内内容 356 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 330 kWh 年間電気代 8910円
その他機能 うるおいラップ野菜室
日立(HITACHI)

冷凍冷蔵庫 R-V38NV

価格:119,800円 (税込)

常温ドリンクもすぐ冷やせる優れもの

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷蔵室に「サッと急冷却」の機能を搭載。冷気の風量を増幅させ、短時間で食材を冷やすことが可能です。買ってきたばかりの常温ドリンクも、すぐに冷やして飲むことができますよ。さらに「うるおいチルド」「うるおい野菜室」が搭載されており、食材の乾燥を防ぎ新鮮な状態で保存できます。短時間で食品を冷凍できる「急速冷凍コーナー」も便利です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 R-V38NV
寸法・サイズ 幅600x高さ1810x奥行665 mm 庫内内容 375 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 345 kWh 年間電気代 9315円
その他機能 うるおい野菜室ほか

1~2人向け おすすめ冷蔵庫の比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6046661の画像

    三菱

  • アイテムID:6046664の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • アイテムID:6046670の画像

    パナソニック

  • アイテムID:6046671の画像

    東芝

  • アイテムID:6046672の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • 右開き3ドア冷蔵庫 MR-CX27F-W
  • 2ドアミニ冷蔵庫 GR-R17BS-K
  • 2ドア冷蔵庫 NR-B251T-SS
  • VEGETA GR-S36SVL(ZH)
  • 冷凍冷蔵庫 R-V38NV
  • 特徴
  • 冷凍せずに肉・魚が長持ちする!
  • 一人暮らしにおすすめのコンパクトサイズ
  • コンパクトなのに大容量でたっぷり収納!
  • 野菜の鮮度をしっかりキープ!
  • 常温ドリンクもすぐ冷やせる優れもの
  • 価格
  • 99800円(税込)
  • 62000円(税込)
  • 60773円(税込)
  • 119800円(税込)
  • 119800円(税込)
  • メーカー
  • 三菱電機(MITSUBISI ELECTLIC)
  • 東芝
  • パナソニック(Panasonic)
  • 東芝
  • 日立(HITACHI)
  • 商品名
  • MR-CX27F
  • GR-S17BS
  • NR-B251T
  • SV GR-S36SV
  • R-V38NV
  • 寸法・サイズ
  • 幅540x高さ1630x奥行656(脚カバー含む:660) mm
  • 幅479x高さ1369x奥行582(ハンドル部含む:642) mm
  • 幅555x高さ1636x奥行632 mm
  • 幅600x高さ1757x奥行665(ハンドル部・脚カバー含む:677) mm
  • 幅600x高さ1810x奥行665 mm
  • 庫内内容
  • 272 L
  • 170 L
  • 248 L
  • 356 L
  • 375 L
  • ドアの開き方
  • 右開き
  • 右開き
  • 右開き
  • 右開き
  • 右開き
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★★★
  • ★★★
  • ★★★★
  • ★★★★
  • ★★★
  • 年間消費電力
  • 320 kWh
  • 306 kWh
  • 302 kWh
  • 330 kWh
  • 345 kWh
  • 年間電気代
  • 8640 円
  • 8262 円
  • 8154 円
  • 8910円
  • 9315円
  • その他機能
  • 氷点下ストッカー
  • -
  • -
  • うるおいラップ野菜室
  • うるおい野菜室ほか

3〜4人向け

日立

R-KW57K XN

価格:219,800円 (税込)

用途に合わせて冷凍・冷蔵・野菜室をカスタムできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つの引き出しを冷蔵室・冷凍室・野菜室から選んで切り替えることができる「ぴったりセレクト」を搭載しています。使用状況に合わせてカスタマイズすることで、よく使う食材を多く収納することが可能です。また、「まるごとチルド」機能を使えば冷蔵室全体をチルド温度(≒2℃)にして、しっかり冷却することもできます。室内は高湿度を維持できるので、ラップ無しでも食材が乾燥しにくいのはメリットです。

 

取扱説明書はこちら

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 R-KW57K
寸法・サイズ 幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm 庫内内容 567 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★
年間消費電力 380 kWh 年間電気代 10260 円
その他機能 特鮮氷温ルームほか
三菱

6ドア冷蔵庫 WXシリーズ MR-WX47F-F

価格:224,290円 (税込)

解凍不要!? 冷凍食品を必要な分だけすぐ使える

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「切れちゃう瞬冷凍 A.I.」の機能により、冷凍したミンチや野菜・液体などを解凍することなく、必要な分だけすぐに取り出すことができます。凍っていても包丁で切ったり、スプーンですくえる柔らかさです。また、冷蔵室には魚や肉を凍らせずに鮮度を長く保てる「氷点下ストッカーD A.I.」を搭載。刺身など生モノが食べきれなかったときにも安心して保存できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー 三菱電機 商品名 WXシリーズ MR-WX47F-F
寸法・サイズ 幅650x高さ1821x奥行650(脚カバー含む:660) mm 庫内内容 470 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 245 kWh 年間電気代 6615円
その他機能 氷点下ストッカーD A.I.ほか
パナソニック

NR-E457PX-N

価格:159,975円 (税込)

ナノイーX搭載でニオイ移りを軽減

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

除菌や脱臭効果が期待できる「ナノイーX」を搭載しており、庫内の臭いや食材のニオイ移りが気になる方も安心して使用いただけます。野菜室と冷凍室は引き出しを全開できる設計なので、奥の食材も楽に取り出し可能。また、肉や魚・野菜それぞれの鮮度を保つための機能がそれぞれ備わっており、まとめ買いの機会が多い方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 NR-E457PX-N
寸法・サイズ 幅600x高さ1828x奥行699 mm 庫内内容 450 L
ドアの開き方 右開き 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★
年間消費電力 263 kWh 年間電気代 7101 円
その他機能 ナノイーX・シャキシャキ野菜室・微凍結パーシャルほか

3~4人向け おすすめ冷蔵庫の比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6046673の画像

    日立

  • アイテムID:6046676の画像

    三菱

  • アイテムID:6046692の画像

    パナソニック

  • 商品名
  • R-KW57K XN
  • 6ドア冷蔵庫 WXシリーズ MR-WX47F-F
  • NR-E457PX-N
  • 特徴
  • 用途に合わせて冷凍・冷蔵・野菜室をカスタムできる
  • 解凍不要!? 冷凍食品を必要な分だけすぐ使える
  • ナノイーX搭載でニオイ移りを軽減
  • 価格
  • 219800円(税込)
  • 224290円(税込)
  • 159975円(税込)
  • メーカー
  • 日立(HITACHI)
  • 三菱電機
  • パナソニック(Panasonic)
  • 商品名
  • R-KW57K
  • WXシリーズ MR-WX47F-F
  • NR-E457PX-N
  • 寸法・サイズ
  • 幅685x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
  • 幅650x高さ1821x奥行650(脚カバー含む:660) mm
  • 幅600x高さ1828x奥行699 mm
  • 庫内内容
  • 567 L
  • 470 L
  • 450 L
  • ドアの開き方
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • 右開き
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★
  • ★★★
  • ★★★
  • 年間消費電力
  • 380 kWh
  • 245 kWh
  • 263 kWh
  • 年間電気代
  • 10260 円
  • 6615円
  • 7101 円
  • その他機能
  • 特鮮氷温ルームほか
  • 氷点下ストッカーD A.I.ほか
  • ナノイーX・シャキシャキ野菜室・微凍結パーシャルほか

5人以上

パナソニック

NR-F657WPX-X

価格:312,109円 (税込)

スマホと連動したハイテク機能が満載!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用アプリを通してスマホと連動させると、便利に使える機能が満載です。例えば、買い物先などを設定しておくと、まとめ買いを予測して庫内を冷やしておくことができます。また、外出中は省エネ運転で電気代を節約自動的に効率のよい動作をしてくれる、なんとも頼もしい冷蔵庫です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 NR-F657WPX
寸法・サイズ 幅750x高さ1828x奥行745 mm 庫内内容 650 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 281 kWh 年間電気代 7587 円
その他機能 スマホ連動・Wシャキシャキ野菜室・微凍結パーシャルほか
日立(HITACHI)

R-WXC74N X

価格:374,800円 (税込)

約400Lの大容量冷蔵室でたっぷり収納

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量の冷蔵庫に食材を詰め込むと引き出しが重くなってしまいますが、「電動引き出し」の搭載により、冷凍室の下段と野菜室をワンタッチで開けることができます。また、容量が多いと中身を把握することが難しいですが、スマホと連動させることで、外出先から庫内の在庫を確認することも可能です。各部屋ごとに長く食材の鮮度を保てる便利機能もあるので、たくさん買いだめしても安心です。

 

取扱説明書はこちら

メーカー 日立(HITACHI) 商品名 R-WXC74N
寸法・サイズ 幅880x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm 庫内内容 735 L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★★
年間消費電力 310 kWh 年間電気代 8370 円
その他機能 電動引き出し・真空チルドほか

5人以上におすすめの冷蔵庫 比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6046684の画像

    パナソニック

  • アイテムID:6046679の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • NR-F657WPX-X
  • R-WXC74N X
  • 特徴
  • スマホと連動したハイテク機能が満載!
  • 約400Lの大容量冷蔵室でたっぷり収納
  • 価格
  • 312109円(税込)
  • 374800円(税込)
  • メーカー
  • パナソニック(Panasonic)
  • 日立(HITACHI)
  • 商品名
  • NR-F657WPX
  • R-WXC74N
  • 寸法・サイズ
  • 幅750x高さ1828x奥行745 mm
  • 幅880x高さ1833x奥行740(ハンドル・脚カバーを除く:738) mm
  • 庫内内容
  • 650 L
  • 735 L
  • ドアの開き方
  • フレンチドア(観音開き)
  • フレンチドア(観音開き)
  • 省エネ性能(★~★★★★★)
  • ★★★★
  • ★★★★
  • 年間消費電力
  • 281 kWh
  • 310 kWh
  • 年間電気代
  • 7587 円
  • 8370 円
  • その他機能
  • スマホ連動・Wシャキシャキ野菜室・微凍結パーシャルほか
  • 電動引き出し・真空チルドほか

ここまで冷蔵庫を選ぶ時の注意点・最低限チェックしておきたいポイントをお伝えしてきました。メーカーや機種によって、さまざまな機能・得意分野があります。ぜひこの知識を忘れずに、あなたが快適に使用できる冷蔵庫を手に入れてください。

# 買ってはいけない