日立 R-X51N-XN 冷蔵庫評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥158,000
日立 R-X51N-XN 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、日立 R-X51N-XN 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/07/16 更新

ランク王編集部

フレンチ6ドアでたっぷり収納しながら新鮮保存

6ドアでたっぷり収納ができる、ファミリー向け冷蔵庫です。冷蔵室の3・4段目には「スポット冷蔵」が搭載されており、通常の冷蔵室よりも低い約2℃の低温で、作り置きした料理やお弁当も素早く冷ますことができます。他にも食材の粗熱を取るときや、飲みものを素早く冷やしたいときなどさまざまなシーンで役立ちます。

また、野菜室は「新鮮スリープ保存」を採用しており、水分を閉じ込めて乾燥を抑えるので、野菜の鮮度を保ちみずみずしく長持ちさせます。505Lの大容量で食材だけでなく、週末に作り置きしたおかずや野菜もたっぷり保存ができるので、作り置きやまとめ買いをよくする方におすすめです。

R-X51N-XNの基本スペック

タイプ  冷凍冷蔵庫 ドアの開き方  フレンチドア(観音開き)
ドア数【ドア】 6 ドア 使用人数 【人】 4 人
冷却方式 間冷式(ファン式) 日本製
定格内容積 【L】 505 L 冷凍室 【L】 123 L
冷蔵室 【L】 269 L 野菜室 【L】 94 L
独立製氷室 【L】 19 L 真ん中冷凍室 
閉め忘れ防止 自動製氷 
急速製氷 急速冷凍
チルド室 パーシャル室
野菜の鮮度保持 新鮮スリープ野菜室 肉・魚の長期保存 うるおいチルドルーム(チルド/氷温切替)
脱臭 ガラスドア 
幅x高さx奥行き【mm】 幅685x高さ1818x奥行694(ハンドル・脚カバー含む:696) mm 質量【kg】 105 kg
多段階評価点 3.4 省エネ基準達成率【%(2021年度)】 100 %(2021年度)
年間消費電力(50Hz) 【kWh】 282 kWh 年間消費電力(60Hz) 【kWh】 282 kWh
年間電気代(50Hz) 【円】 7614 円 年間電気代(60Hz) 【円】 7614 円
節電モード 東京ゼロエミポイント対象 
ゼロエミポイント数【ポイント】 21000 ポイント カラー クリスタルシャンパンクリスタルホワイト

R-X51N-XNのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

日立 R-X51Nの基本スペック

日立

R-X51N-XN

価格:158,000円 (税込)

フレンチ6ドアでたっぷり収納しながら新鮮保存

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6ドアでたっぷり収納ができる、ファミリー向け冷蔵庫です。冷蔵室の3・4段目には「スポット冷蔵」が搭載されており、通常の冷蔵室よりも低い約2℃の低温で、作り置きした料理やお弁当も素早く冷ますことができます。他にも食材の粗熱を取るときや、飲みものを素早く冷やしたいときなどさまざまなシーンで役立ちます。

また、野菜室は「新鮮スリープ保存」を採用しており、水分を閉じ込めて乾燥を抑えるので、野菜の鮮度を保ちみずみずしく長持ちさせます。505Lの大容量で食材だけでなく、週末に作り置きしたおかずや野菜もたっぷり保存ができるので、作り置きやまとめ買いをよくする方におすすめです。
メーカー シャープ(SHARP) 商品名 R-X51N
寸法・サイズ 幅685x高さ1818x奥行694(ハンドル・脚カバー含む:696) mm 庫内容量 105㎏
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★~★★★★★) -
年間消費電力 282 kWh 年間電気代 7614 円
その他機能 脱臭・ガラスドア

日立 R-X51Nのおすすめポイント

スポット冷蔵

R-X51Nは、「スポット冷蔵」を搭載しており、約2℃の低温で食材の鮮度を保つことができるのが特徴です。作ったお弁当を冷ましたり、料理の粗熱取りや飲み物を急いで冷やしたいときにも最適です。暖かい鍋もそのまま入れられるので、時間がない時やすぐに冷ましたいときに便利な機能です。

新鮮スリープ野菜室

R-X51Nは、「新鮮スリープ野菜室」を搭載しています。野菜を眠らせるように保存するので、栄養素を守ることができるのが特徴です。「うるおいカバー」で野菜室全体にフタをして水分を閉じ込めて乾燥を抑え、「うるおいユニット」により余分な水分を放出し、適度な水分量を維持して結露を抑えます。みずみずしさが7日間長持ちするので、野菜のまとめ買いにも最適です。

大容量の冷凍室

R-X51Nは、大容量の冷凍室が特徴にもなります。冷凍室は大型のボックスが1つと引き出しが2段付いているので、3段で収納することができます。長期保存がしたいものもたっぷり入れられるので、作り置きやまとめ買いもしやすいのが魅力になります。

日立 R-X51Nの悪い点をレビュー

扉が開けづらい

観音扉は便利だが、開けづらいというレビューがありました。片方の扉を開けてからもう片方を開けるときに、扉の内側に手を置くと開かないのが欠点になります。扉の開閉は慣れでもあるので、初めは慣れずに使いにくさを感じる方も多くいるようです。

音がうるさい

扉の開閉時の音がうるさいというレビューがありました。作動音が響く場合は壁や家具との隙間が近すぎることで音が反響していることもあります。冷蔵庫を設置する際には、壁や家具との隙間をしっかり作るか、防音シートを活用するようにしましょう。

扉に磁石が付かない

冷蔵庫本体の扉に磁石が付かなくて不便という声もありました。機種によっては磁石が付くものもありますが、R-X51Nは対応していないので、レシピを貼っておきたい方などには不向きでもあります。買い替えの際には磁石が付くかどうかもチェックしておくと安心です。

実際の口コミ

観音開きがどちらからも開くのがいい。ただし、右を開いてから左側を開けるのに、扉の内側に手を置くと開かないのが残念。

出典:https://www.amazon.co.jp

扉を開けるたびにぶーんぶーんと音がしてうるさい。

出典:https://www.amazon.co.jp

以前使用していた物は触れるとドアが開くタイプでしたので、日立さんのはその機能がないのと、前面に磁石がつかない事だけがちょっと残念でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

日立 R-X51Nの良い点をレビュー

省エネになった

消費電力が少なく、省エネになったというレビューがありました。年間消費電力も少なく、省エネ性能が高いのが魅力でもあります。冷蔵庫は毎日使うものでもあるので、購入の際には省エネ性能もチェックしておくのが安心です。

収納がしやすい

冷蔵室と冷凍室それぞれが仕切られているので、収納がしやすいというレビューがありました。ガラス棚やドアポケットなど、広くて見やすいのもポイントでもあります。冷凍室も3段の引き出し付きなので、たっぷり収納することができます。

野菜の鮮度が長持ち

野菜の新鮮さが長持ちするという声がありました。「新鮮スリープ野菜室」が搭載されているので、通常の冷蔵庫よりも野菜の鮮度が長持ちするのが特徴でもあります。野菜のまとめ買いをよくする方や、新鮮さをキープしたい方にもおすすめです。

実際の口コミ

太陽光発電のモニターを見ると明らかに電力消費が少ない感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

機能が充実していて使いやすい。 ドアが観音開きなので、ドアの収納量が片開きドアに比べて少ない。 各収納が仕切られていて分けて収納しやすいが、収納量はロスが出る。

出典:https://www.amazon.co.jp

冷凍庫が大きめのものを探していてこちらに決めました。 たくさん冷凍できて気にいって使っています。 前の冷蔵庫より野菜は新鮮さが長く保っているように感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

R-X51NとR-H52Nの違い

日立(HITACHI)

日立 R-H52N

価格:184,980円 (税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

R-H52NはR-X51Nの上位モデルになります。主な違いとしては、まるごとチルドルームやクイック冷却の有無、本体幅と容量のサイズに違いがあります

 

R-X51Nには搭載されていませんが、R-H52Nには「まるごとチルド」が搭載されています。冷蔵室全体がチルドルームになるので、棚のどこに置いても素早く冷却することができます。約2℃で保存ができるので、鍋で作ったカレーや作り置きの保存にも便利です。

 

また、R-H52Nには「クイック冷却」機能が搭載されており、まるごとチルドスペースの冷却を高めることができます。料理の粗熱を取ったりお弁当を冷ましたりなど、急いで冷やしたいときに最適です。

 

サイズでは、R-X51Nが庫内容量505Lで本体幅が68.5㎝に対して、R-H52Nは庫内容量520Lで本体幅が65㎝になります。庫内容量が増えて本体幅がスリムになっているのが特徴です。R-H52NはR-X51Nに比べて容量が大きいだけでなく、チルドルームや冷却機能がパワーアップしているので、時短で料理をしたい方や作り置きを活用したい方におすすめです。

R-X51NとR-HWS47Kの違い

日立

R-HWS47N

価格:173,000円 (税込)

まるごとチルド!食品の鮮度が長持ちするスリムな冷蔵庫

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

470Lの大容量なのに60cmのスリム幅で、キッチンをすっきり見せられる冷蔵庫です。湿度が80℃と高く、食品の乾燥を防いでうるおいを与えながら保存します。冷蔵室全体が約2℃のチルド温度で冷蔵庫のどこに食品を置いても、鮮度が長持ちするのが魅力です。

サラダにラップをしなくても次の日までおいしく食べられるから、作り置きや残りものの保存にぴったり!野菜を眠らせるように保存する「新鮮スリープ野菜室」は水分を閉じ込めて乾燥を防ぎ、野菜の栄養素を守ります。いつでも栄養豊富で新鮮な野菜が食べられるので、育ち盛りのお子さんがいるご家庭には嬉しい機能です。

R-HWS47KはR-X51Nの下位モデルになります。主な違いとしては容量やドアの開き方、チルドルームに違いがあります。

 

容量では、R-X51Nが505Lに対してR-HWS47Kが470Lになるので、R-HWS47Kの方が若干容量が少なくなります。そこまで大差はありませんが、たくさん保存したい方はR-X51Nの方が最適です。ドアの開き方では、R-X51Nはフレンチドアタイプですが、R-HWS47Kは片側タイプになります。設置場所やキッチンの導線を考慮して選ぶようにしましょう。

 

また、チルドルームではR-X51Nは「うるおいチルド」を採用していますが、R-HWS47Kは「まるごとチルド」を搭載しています。まるごとチルドは冷蔵室全体をチルド室にすることができるので、作り置きの食材や鍋をそのまま保存することができます

 

R-HWS47KはR-X51Nと比較して、容量が小さくなりますが、チルドルームが充実しているのが特徴になります。食材を作り置きしたい方やお弁当をすぐに冷やしたり、時短で料理をしたい方にはR-HWS47Kがおすすめです。

日立

R-X51N-XN

価格:158,000円 (税込)

フレンチ6ドアでたっぷり収納しながら新鮮保存

amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6ドアでたっぷり収納ができる、ファミリー向け冷蔵庫です。冷蔵室の3・4段目には「スポット冷蔵」が搭載されており、通常の冷蔵室よりも低い約2℃の低温で、作り置きした料理やお弁当も素早く冷ますことができます。他にも食材の粗熱を取るときや、飲みものを素早く冷やしたいときなどさまざまなシーンで役立ちます。

また、野菜室は「新鮮スリープ保存」を採用しており、水分を閉じ込めて乾燥を抑えるので、野菜の鮮度を保ちみずみずしく長持ちさせます。505Lの大容量で食材だけでなく、週末に作り置きしたおかずや野菜もたっぷり保存ができるので、作り置きやまとめ買いをよくする方におすすめです。

日立 R-X51N 冷蔵庫の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

R-X51Nは「スポット冷蔵」や「新鮮スリープ野菜室」を搭載しており、野菜の鮮度を長持ちさせたり、作り置きの食材やお弁当などを素早く冷やすことができるのが特徴になります。また、冷凍室は3段の引き出し付きで、まとめ買いや作り置きの保存がしやすいのもポイントでもあります。

 

しかしながら、上位モデルと比較すると「まるごとチルド」や「クイック冷却」の機能が搭載されていないので、チルド機能を活用したい場合には不向きでもあります。

 

以上のことから、R-X51Nはシンプルな機能の中で、まとめ買いや作り置きの食材をたっぷり保存したい方におすすめの冷蔵庫と言えるでしょう。