ハイアール JR-N130A 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.21
最安値:¥22,000
Haier JR-N130A 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Haier JR-N130A 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

JR-N130Aの基本スペック

  • 説明 : 真ん中2段フリーザー355L冷蔵庫。■大型クラスでも見やすく、整理しやすい「まん中2段フリーザー」■庫内を明るく照らす「LED庫内灯&全段強化処理ガラス棚」■スタイリッシュデザイン&使いやすい「グリップハンドル」、設置・搬入スペースをご確認頂きますようお願い致します。
  • JR-N130Aのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    価格
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    おすすめの記事

    ▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

    Haier JR-N130Aの商品情報

    ハイアール JR-N130Aの基本スペック

    ハイアール

    ハイアール 130L 2ドア冷蔵庫(直冷式)ブラック【右開き】Haier JR-N130A-K

    価格:23,112円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーハイアール(Haier)商品名JR-N130A-K・JR-N130A-W・JR-N130A-S
    寸法・サイズ幅474×奥行495×高さ1128mm庫内容量130L
    ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
    その他機能強化ガラストレイ、高さ調節可能トレイ、すっきりポケット、フリーケース、庫内灯付き

    ハイアール JR-N130Aのおすすめポイント

    100℃までOKの耐熱性脳天板

    冷蔵庫の天板には、100℃まで耐える耐熱性の天板が採用され、耐荷重も30㎏まで耐えられるため、電子レンジやトースターも置くことができます。 物が置けることで、部屋がすっきりするため、キッチンが狭い、家具や家電のスペースに困っている人におすすめです。

    高さ調整可能なガラストレイ

    内部のトレイは、強化ガラスで作られているため、重いものを乗せてもトレイがたわむことがなく、重い鍋を乗せても問題ありません。 また、高さの調整も可能なため、冷蔵庫に入れたいものに合わせて内部をカスタマイズすることができます。

    すっきりポケットで収納抜群

    扉側の収納に「すっきりポケット」を採用することで、下段は2Lのペットボトル3本、中段は500mlペットボトルや1リットルの紙パック飲料を収納することができます。場所を取りがちなペットボトルや紙パックの収納も、すっきりさせることができるでしょう。

    選べる3色展開

    冷蔵庫本体のボディは、ブラック・ホワイト・グレーの3色の中から選ぶことができます。 シンプルな見た目に、シックなカラー展開となっているため、お部屋の雰囲気やライフスタイルに合わせて冷蔵庫を選ぶことができるのです。

    一人暮らしにピッタリなスリムボディ

    横幅47.4㎝のスリムボディ設計のおかげで、ワンルームのお部屋にも、違和感なく冷蔵庫を置くことができます。場所を選ばないシンプルなデザインと、コンパクトなボディであるため、一人暮らしの人におすすめです。

    ハイアール JR-N130Aの徹底レビュー

    ハイアール JR-N130Aの悪い点をレビュー

    直冷式で霜が積もる

    この商品は、近年発売された商品では珍しく、直冷式を採用している冷蔵庫になります。 そのためか、使い始めから冷凍庫に霜が積もるという現象が起こるケースがあるようです。定期的な霜取りが必要になる点が不便との意見が多かったです。

    水滴が壁や食品につく

    庫内の壁や収納している食品に水滴がついてしまうという現象もあるとの声がありました。これも直冷式を採用した冷蔵庫であるために起こりうるケースのようです。水滴がついたら細目に中を雑巾で拭けば壁や食品が凍ってしまう事態は防げるでしょう。

    冷凍庫の音が気になる

    基本的には無音のようですが、冷凍庫が内部を冷やすために動いているときはブーンという音が鳴り、気になることがあるようです。テレビや音楽などをつけていれば気にならないという声もあるので、音が気になるかどうかには、個人差があるでしょう。

    扉閉めが重い

    冷蔵庫のドアを閉めるときに、力を入れないとドアが閉まりにくいとのこと。女性や子どもでは閉められないというほどのものではないようですが、ドアの閉まりにくさをストレスに感じる人もいるでしょう。ドアの扱いやすさも重視して選ぶ人は、注意が必要ですね。

    ハイアール JR-N130Aの良い点をレビュー

    一人暮らしに十分な大きさ

    コンパクトなボディが一人暮らしの部屋でも邪魔にならず、丁度よいという声が多くみられました。部屋の雰囲気にもフィットするシンプルなデザインであることも魅力的だとのこと。強いて言うなら、野菜室が若干狭いとの意見もありましたが、物を詰めすぎなければストレスなく使えます。

    見た目より容量が大きい

    庫内容量130Lで、1~2人程度の少人数での使用に向いたサイズですが、スリムな見た目の割には庫内が広く収納がしやすく使い勝手は良いです。事務所の休憩室などで使っても、容量が足りずに困るということなく使えているとのレビューもみられました。

    コストパフォーマンスは良い

    冷蔵庫を購入するとき、できるだけ安く、使いやすいものを選びたいと思うのが客側の心理でしょう。この冷蔵庫は、必要な機能だけを搭載しているため、他の冷蔵庫と比較して安価で購入することができます。安価ながら庫内も広く使い勝手が良いとの口コミが多かったです。

    ハイアール JR-N130Aの口コミを集めました

    使用して2日目に冷蔵庫部分に霜。しょうがないと思います。 冷やすために振動音が結構すると思います。

    出典:https://www.biccamera.com

    冷蔵庫の霜と振動音が気になるという人は多いようです。音に対する個人差や冷蔵庫の設置環境にも左右されるものとは思いますが、この2点が気になるという人にはあまり向かない商品でしょう。

    冷蔵庫側に不思議な現象。電源入れたら内側背面、水滴でびっしょりです。しかも、毎朝、それが凍っている。温度設定を1や2など弱くしても同じ。不具合?

    出典:https://joshinweb.jp

    仕様なのか不具合なのか、判断が難しいような現象が起こるのは、少し困りものです。 直冷式であるこの冷蔵庫の構造としては、起こりうる現象の一つなのでしょうが、これをストレスに感じる人も少なくないでしょう。

    冷蔵庫の方は結露しないようになっているはずだが、結露がひどい。中に入れた食品の表面が濡れるほど。そんなに開け閉めしていないはずなのに。

    出典:https://joshinweb.jp

    頻繁な開け閉めなどは関係なく、内部の結露が起こってしまうことがあるようです。結露が気になったときに、余裕があれば布巾や雑巾で中を拭き掃除すると良いかもしれませんね。

    冷蔵庫を閉める時に他の製品のように簡単には閉まらない。少し力が必要。 以前のハイアールの冷蔵庫はドアが簡単にしまったが、閉める勢いが強いと跳ね返ってきてドアが開けっ放しになってしまうことがあった。この製品は開けっ放しにはならないが、閉める時に少し力が必要。 技術的に難しい所だと思うが、日本のメーカーのように多少勢いよく閉めても跳ね返ってこないドアに改善されることを期待したい。 冷蔵庫としての機能については必要十分。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ドアを閉めるときに力加減が必要なようですね。開けっ放しになってしまうのはつらいところです。しかし、中国製のメーカーであることもあり、値段の面でも納得しているユーザーもいるようです。

    安定時はほぼ無音。 冷やしてる時ですかね、低い音がブブブブ・・・と続くようにはなります。 たまにギューンって感じの音もします。 近くに居れば聞こえますが、離れてテレビとかつけていたらそんなに気にならないレベルです。 冷蔵庫なのである程度の音は仕方ないかと。 高さは低すぎず高すぎず、低くて取りずらいということはないですし、 高くて電子レンジが置けない&使いづらいということもないです。 きちんと冷えますし、天板は耐熱性です。 2018年11月に出たばかりの製品なので省エネも悪くないです。 これで2万円くらいっていうのは凄いですね。 ハイアールは中国の会社で、5年くらい前までなら 値段が安い分、性能もそれなりといった感じでしたが、だいぶ良くなっています。 この性能でこの値段なら買いでしょう。 冷凍庫のドアは軽く押しただけでパタンと閉まる、いつものやつタイプですが 冷蔵庫のドアは軽く押しただけでは閉まらず、ほんの少しいつもより強く閉めるタイプなので 閉めたはずが開いていたということはありません。 あと、冷凍庫・冷蔵庫ともに直冷式なので定期的に霜取りをする必要があります。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    値段に対して十分な機能を備えているのは、コストパフォーマンスを重視して選ぶ人にはうれしい意見ですね。冷蔵庫の音に関しては、やはり個人差があるようですね。 定期的な霜取りが必要なの点も、ネックに感じる人は少なくないでしょう。

    娘の一人暮らし用に購入しました。 性能、使い勝手、大きさともに申し分無し。 お値段も手頃で一人暮らしには十分だと思いました。

    出典:https://www.biccamera.com

    一人暮らしにはピッタリの大きさというのが、高評価の理由でしょう。 手ごろな値段と、大きすぎず小さすぎないサイズ感は、一人暮らし用の冷蔵庫には購入の決め手となるポイントですね。

    安かったので、引越しの際に購入しました。 中が意外と広く、一人暮らしには充分です。

    出典:https://www.biccamera.com

    コンパクトな見た目なのに、中が広くて、物がたくさん入るのは魅力的ですね。 食材をストックしておいたり、友達と家でパーティーして、余った飲み物を詰め込んだりしても、ある程度は問題ないでしょう。

    黒を探していたので、とても満足です。華美な装置は付いていませんが、冷蔵庫としての役割は十分な能力です。コスパも文句なしです。

    出典:https://joshinweb.jp

    インテリアや自分の趣味に合わせて色を選べるのは、大きなメリットですね。 コストパフォーマンスについても不満はないという意見は多くみられます。 華美な装置が付いていないというのは、直感的に冷蔵庫の扱うことができるので、家電操作が苦手という人におすすめです。

    ハイアール

    ハイアール 130L 2ドア冷蔵庫(直冷式)ブラック【右開き】Haier JR-N130A-K

    価格:23,112円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーハイアール(Haier)商品名JR-N130A-K・JR-N130A-W・JR-N130A-S
    寸法・サイズ幅474×奥行495×高さ1128mm庫内容量130L
    ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
    その他機能強化ガラストレイ、高さ調節可能トレイ、すっきりポケット、フリーケース、庫内灯付き

    ハイアール JR-N130Aの関連商品と比較する

    JR-N130AとJR-NF148B 違い

    ハイアール

    ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫(ホワイト)【右開き】Haier JR-NF148B-W

    価格:32,328円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    JR-N130AとJR-NF148Bは、2018年11月に同日発売されたハイアール社の冷蔵庫です。 この2つの冷蔵庫の最も大きな差は、内部の冷却構造と価格です。 JR-N130Aが直冷式の冷却構造をしているのに対して、JR-NF148Bはファン式を採用しています。ここで最も着目すべきポイントは、霜取りの必要があるかないかという点です。霜取りをするのがネックという人は、ファン式を選ぶとその必要がなくなります。 また、JR-NF148Bには「くっきり棚冷凍室」と「クリアバスケット」が備え付けられています。この2つがあることで、冷凍庫内の整理整頓がしやすくなります。仕切るための棚が、クリアバスケットのおかげで中が一目瞭然となるため、より整理もしやすくなるのです。冷凍保存をたくさんしたいという人には、うれしい機能ですね。 価格は、JR-NF148Bのほうが1万円ほど高くなっています。庫内容量や消費電力には大きな差はみられないため、冷却構造の違いによって、価格に差がついている印象。 1万円の差があるとはいえ、どちらも他社の似たサイズの冷蔵庫と比較すると安価なことには変わらず、どちらにも「コスパがいい」との口コミが見られます。 2018年と、発売からそれほど時間も経っていない新しい商品のため、省エネ力もほとんど差はみられません。若干、JR-NF148Bのほうが省エネ力が高く、消費電力・年間電気代がかからないといった具合です。 機能面や庫内容量はJR-NF148Bに軍配が上がっていますが、使いやすさやサイズ感の面ではJR-N130Aのほうが高く評価されています。 細かなスペックの違いの中で、どのポイントに着目するのかに加えて、販売店の保証内容や、配送までのスピードなども考慮して選ぶと良いのではないでしょうか。

    JR-N130AとJR-GNF148Eの違い

    ハイアール(Haier)

    ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫 ホワイト JR-GNF148E

    価格:32,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    JR-N130Aの約半年前に発売された2ドア式の冷蔵庫です。 JR-GNF148Eは、価格が約1万円ほど高く、容量も少し大きめで冷却構造にファン式を採用した商品になります。その他は2ドア式で、省エネについてもさほどの差は見られません。 JR-N130AとJR-GNF148Eの違いで、注目するポイントは「静音性」でしょう。 JR-GNF148Eは、音が気になるといった口コミが少なく、一人暮らしには十分なコストパフォーマンスを発揮してくれている点で人気があるようです。 また、ファン式を採用していることに加えて、自動霜取り機能が付いていることから、直冷式のJR-N130Aとは決定的な違いがあります。 霜取りが必要な点が気になるという人は、自動霜取り機能の付いたJR-GNF148Eを選択肢に入れても良いかもしれません。

    JR-N130AとJR-N85Cの違い

    ハイアール

    ハイアール 85L 2ドア冷蔵庫(直冷式)ホワイト【右開き】Haier JR-N85C-W

    価格:20,304円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    JR-N85Cは、JR-N130Aと同時期に発売された冷蔵庫ですが、JR-N130Aよりも庫内容量が小さいものになります。 機能面では、同じ直冷式の冷蔵庫であり、大きな違いはありませんが、JR-N85Cは内部の棚の調整ができない構造になっています。 そのため、食材を詰め込みすぎると、冷蔵効率が悪くなりやすく、食材を傷める原因となってしまします。自炊をする人にはあまり向かない冷蔵庫でしょう。 また、JR-N85Cはカラーバリエーションも白1色しかないため、他の色が良いという場合にも向かないでしょう。 白の冷蔵庫で問題なく、自炊せず必要最低限の機能さえついていればいいという人にはおすすめです。

    ハイアール JR-N130Aの総合評価

    ハイアール

    ハイアール 130L 2ドア冷蔵庫(直冷式)ホワイト【右開き】Haier JR-N130A-W

    価格:23,112円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハイアール JR-N130Aについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 コンパクトなデザインで、ワンルームでも場所を取らず、インテリアに馴染みやすく、一人暮らしには十分な容量と、無駄な機能がないシンプルな構造をしています。 コストパフォーマンスを重視して、冷蔵庫を選びたいという人におすすめの商品です。 一部の口コミでは、霜取りが必要、壁や中の食材が結露する、冷却器の音が気になるなどの意見が見られましたが、直冷式の冷却構造をしている点や、冷蔵庫の設置状況、感じ方の個人差もあるため、気になる場合は他の冷蔵庫とも比較して検討する必要があるでしょう。 コストパフォーマンスが良く、価格やサイズ感を重視して冷蔵庫を選びたいという人は、ぜひご検討ください。

    関連する商品

    冷蔵庫の人気商品