日立 R-HW52J 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.5
最安値:¥158,000
日立 冷蔵庫 R-HW52J の商品の概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ、レビュー、評価、他製品との比較、価格などをまとめ、日立 冷蔵庫 R-HW52J がどんな人におすすめなのかをまとめました。

R-HW52Jの基本スペック

  • ドアタイプ : よこ開き
  • 庫内容量 : 20L
  • センサー種類 : 湿度センサー
  • マイコン搭載有無 : マイコン搭載(オート)
  • R-HW52Jのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    価格
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    おすすめの記事

    ▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

    日立 冷蔵庫 R-HW52J の商品情報

    R-HW52Jの基本スペック

    日立(HITACHI)

    日立 冷蔵庫 大容量520L 6ドア クリスタルシャンパン R-HW52J XN

    価格:189,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー日立(HITACHI)商品名R-HW52J カラー NH(クリスタルシャンパン)・XH(グレイッシュブラウン)・XW(クリスタルホワイト)
    寸法・サイズ奥行き 699mm・縦 1833mm・横 650mm庫内容量520L
    ドアの開き方フレンチ6ドア省エネ性能★★★★★
    その他機能ノンフロン・真空チルドルーム・

    R-HW52Jのおすすめポイント

    うるおい低温冷蔵で鮮度を守っておいしく保存

    日立のR-HW52Jの冷蔵室はうるおい冷気と低温約2℃で、鮮度を守って美味しく保存できる機能が搭載されています。R-HW52Jの新冷却システムは、冷却室とファンを冷蔵室専用と、冷凍室・野菜室専用に2つに分けられていて、それにより冷蔵室専用の冷却器の温度が、他2つの専用冷却器よりも高くなるため、冷蔵室内の冷気は除湿量が抑えられることで食品の乾燥を防いでくれるのです。

     

    また、低温冷蔵モードで冷蔵室全段を約2℃に設定できるため、低温で保存が可能になり、菌の繁殖を抑えて鮮度を保つことができるようになり、温かいものが早く入れられるようになるため、美味しさを保ちながら保存が可能になる優れた冷蔵室となっています。

    お肉やお魚の鮮度が長持ち

    R-HW52Jには日立独自の機能である、真空チルドが搭載されています。この真空チルドは真空で密閉保存するという驚きの機能となっています。この真空チルドのポイントとして1つ目に、ラップなしでも乾燥を抑えて保存してくれることが上げられます。

     

    開封したチーズやハムをそのまま真空チルドに入れておけば、乾燥すること無く瑞々しいまま食べることができます。2つ目のポイントは約ー1℃で凍らせずに魚の鮮度を守ることで、魚の鮮度を保ち美味しく食べることができます。

     

    そして3つ目のポイントは、浸透調理で下ごしらえも素早くできることで、マグロの漬けやフレンチトーストに卵液を浸すなど、鮮度を守ったまま、浸透させてより美味しく調理することができます。とても優れものの真空チルド機能です。

    新鮮スリープ保存で野菜を眠らせるように保存

    R-HW52Jには新鮮スリープ野菜室の機能が搭載された野菜室があります。この新鮮スリープ野菜室は野菜を眠らせるように保存して栄養素を守り、水分を閉じ込めて乾燥を抑える優れた機能です。新鮮スリープ野菜室に野菜を入れておくと瑞々しいまま美味しさが7日間長持ちしますので、思い切りまとめ買いができるようになります。野菜は種類がある方が料理の幅が広がりますので、毎日の献立に役立てそうな冷蔵庫ですね。

    日立 R-HW52Jの徹底レビュー(評価・口コミ)

    R-HW52Jの悪い点をレビュー

    両開きのドアが想像していたより面倒に感じる

    R-HW52Jはフレンチドア(観音開き)が冷蔵室とチルド室、引き出すドアが冷凍室と野菜室の計6ドアとなっていますが、このフレンチドアが想像していたよりも面倒に感じるという声も少なくありませんでした。

     

    特にチルド室もフレンチドアとなっているため、両方開けなければいけないのは毎日のことになると面倒に感じるようです。元々フレンチドアタイプの冷蔵庫を使っていた方は違和感ないようですが、慣れていないと不便に感じてしまうので、買う前に実際の冷蔵庫を開けてみて検討してみるとよいでしょう。

    「高さ変わるん棚」が少し不安定

    R-HW52Jの冷蔵室には、日立独自の「高さ変わるん棚」の機能が搭載されていて、冷蔵庫の中身によって高さが変えられるので便利な機能ですが、少し不安定な部分もあるようで、不安の声も聞こえてきます。奥から物を詰めようとすると手前が浮いてしまい、使いづらくなってしまうこともあるようなので、物を詰めるにも注意が必要になる場合もあるかもしれません。

    冷蔵庫の冷却音が気になる

    R-HW52Jは日立独自の真空チルド機能が搭載されていますが、真空チルドを保つためでもあるのか、冷蔵庫から聞こえる冷却音が少し気になるという声も聞こえてきました。ドアを開閉した時にも音がするということで、冷蔵庫の性能上仕方の無いことではありますが、それなりに機械音がするということを念頭に検討すると良いでしょう。

    ガラストップの表面が傷付きやすい

    R-HW52Jはデザイン性もよく、表面もガラストップ系のコートでツヤツヤしていてとても綺麗な冷蔵庫ですが、その分衝撃には脆い部分もありますので、傷を付けないためには、フライパンなど硬い調理器具をぶつけないなどの注意が必要なようです。大きな買い物になりますので、綺麗に大事に使いたいものですね。

    R-HW52Jの良い点をレビュー

    日本酒の一升瓶が縦に入れられる

    R-HW52Jは冷蔵室もかなりの大容量で使い勝手が良いとの声が多く、特にドアポケットの機能性が好評のようです。日本酒などの一升瓶は通常ドアポケットに入れることは難しく、野菜室寝かせて入れることを余儀なくされていましたが、R-HW52Jのドアポケットは高さを変えることで、一升瓶も立てたまま入れられる優れものとなっています。生酒をキリッと冷やして飲めるなんて最高ですね。

    冷凍保存が美味しくなる

    R-HW52Jの冷凍庫には、デリシャス冷凍という機能が搭載されているのですが、このデリシャス冷凍がとても優れもののようです。冷凍庫の1番上の段がデリシャス冷凍スペースとなっているのですが、ここには大型アルミトレイが付属されているため、アルミが食品の熱を奪い素早く冷凍保存できるようになっています。

     

    素早く温度を下げることで細胞の破壊を抑え、肉や魚のうまみ成分を閉じ込めてくれますので鮮度を保ったまま保存できるので、買ったけど今日は食べられないと言う場合に凄く助かる機能です。

    温かいご飯でも冷凍庫に入れられる

    R-HW52Jの冷凍庫にはデリシャス冷凍の機能が付いていて、肉や魚の鮮度を保ったまま冷凍保存できる優れものですが、R-HW52Jには更に役立つ機能が搭載されていました。暖かいご飯やカレーなどを冷凍したい時は、通常、粗熱を取り冷ましてから冷凍庫に入れるのが当たり前のことになっています。

     

    しかし、このR-HW52Jの冷凍庫には専用の温度センサーが食品温度を検知し、自動で運転を切り替えて素早く冷凍してくれます。冷ましている間に冷凍庫に入れるのを忘れてしまったという経験のある方にぴったりな冷蔵庫となっています。

    しっかり節電

    R-HW52Jは節電にもしっかりとした機能が搭載されている点についても好評のようです。R-HW52Jは証明にLEDを使っていますが、ドア開放後30秒5に減光してドアの開閉を手早く行うように促してくれる頼もしいLED減光機能があります。

     

    更にドアアラームも通常解放後1分で鳴りますが、30秒後に早める設定も可能です。頼もしい節電サポートのおかげで、年間電気使用代が6,993円に抑えることができ、10年前の電気使用代に比べると約9,000円ほど下がりますので、節約にも効果的な冷蔵庫となっています。

    R-HW52Jの口コミを集めました

    真空チルドは圧力対応の為か室内の壁が厚く思ったより物が入りませんが、入れるものを厳選して使うようにすれば問題ないと感じます。水分を保持したい刺身なんかが最適かな。後、薬味の風味も長持ちするようです。

    出典:https://bbs.kakaku.com

    R-HW52Jの真空チルドは日立独自の機能で大きな特徴となっています。真空チルドに関する口コミがとても多い印象を受けます。思ったよりも庫内に物が入らないようですが、お刺身が新鮮なまま保存できるのはとても素晴らしいですね。

    ガラス製棚でお鍋もそのまま入る冷蔵室、2段階温度で3段の冷凍室で使い分けに便利ですし、2段の野菜室も深さがあり予備のペットボトルを立てて入れられるのも気に入っています。

    出典:https://bbs.kakaku.com

    R-HW52Jのお鍋がそのまま入る冷蔵室はとても魅力的で野菜室も申し分なく広いようです。冷凍庫が3段に分かれているのも使い勝手が良さそうですね。

    真空チルドの「プシュー」音がたまりません。 音だけで効果がある気にさせてくれます

    出典:https://review.kakaku.com

    R-HW52Jには真空チルドが搭載されていますが、真空チルドの音に対する口コミです。音が格好いいという口コミを良く目にしましたが、この「プシュー」音、とても気になります。真空チルドを試してみたくなりますね。

    大きい冷蔵庫が欲しかったので購入。この冷蔵庫は収納量はすごいのですが幅がコンパクトで場所をとらず冷蔵庫を置ける幅の制限のある人はいいと思います。

    出典:https://www.biccamera.com

    R-HW52Jの特徴として、収納は大容量なのにコンパクトな冷蔵庫になっています。置くスペースに限りがあるので購入されたという口コミも多く聞こえました。少ないスペースでも置ける冷蔵庫なのに大容量とはとても魅力的な特徴の1つです。

    冷蔵庫は一日に何回も使うものなので、前の冷蔵庫は勝手にドアが閉まるタイプだったので慣れるまで 新しい冷蔵庫にピーピーと教えてもらっていました。 何といっても電気料金に大きな差がありました。よかったと思います。

    出典:https://www.biccamera.com

    電気料金に大きな差があったと、節約重視の方にとても朗報な口コミです。買い換えれば何年も使う冷蔵庫なのでその年数を考えたら、高価でも良い買い物なのかもしれません。

    野菜室の潤い冷蔵が効きそう! 冷凍庫の各段で使い分けができる! スリムタイプで520L、以前はほぼ同じ大きさで400L 冷蔵庫内と冷凍庫内がそれぞれ冷却装置が分かれていて効き目が良い(ツイン冷却) ボディーカラーがクリスタル仕上げのホワイト!気に入りました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    以前の冷蔵庫と比べると120Lの内容量の違いがあるのにサイズがほぼ変わりがないことに驚きを隠せません。コンパクトながら大容量の凄さがわかる口コミです。

    観音開きの扉は初めてだったのですが、思ったより使いにくい・・・マジで・・・

    出典:https://bbs.kakaku.com

    R-HW52Jは観音開きのフレンチスタイルのドアを採用しています。フレンチドアを使ったことがない方にとっては、慣れるまで時間がかかるかもしれませんので、注意が必要です。

    土日に作ったカレーなども1日おきには火を入れないと危ないと感じていたものがもう一日火を入れずに保存できる感じです。 (月水金で火を入れなおしていたのを月木日で傷まないイメージ)

    出典:https://review.kakaku.com

    R-HW52Jはうるおい冷気と低温約2℃で、鮮度を守って美味しく保存できる機能が搭載されています。それにより保存期間も長くなるのですが、作りすぎてしまうカレーも長く保存できるようになると、作りすぎても大丈夫になりますね。

    日立(HITACHI)

    日立 冷蔵庫 大容量520L 6ドア クリスタルシャンパン R-HW52J XN

    価格:189,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー日立(HITACHI)商品名R-HW52J カラー NH(クリスタルシャンパン)・XH(グレイッシュブラウン)・XW(クリスタルホワイト)
    寸法・サイズ奥行き 699mm・縦 1833mm・横 650mm庫内容量520L
    ドアの開き方フレンチ6ドア省エネ性能★★★★★
    その他機能ノンフロン・真空チルドルーム・

    日立 R-HW52Jの関連商品と比較する

    R-HW52J R-HW60J 違い

    日立(HITACHI)

    日立 冷蔵庫 大容量602L 6ドア グレイッシュブラウン R-HW60J XH

    価格:209,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    R-HW52JとR-HW60Jは同じ2018年の発売となっています。写真を見比べてみても大きな違いはなさそうですが、型番が52と60で数字に違いがあるのがわかります。R-HW52JとR-HW60J、2つの冷蔵庫の性能に違いはあるのか見ていきましょう。

     

    R-HW52JとR-HW60Jには大きな違いがあり、庫内容量の差となっています。R-HW52Jは520LとなっていてR-HW60Jは602Lとなっています。2つのサイズを見比べてみると高さは変わりがないですが、R-HW60Jの方が、横が3cm奥行きが39cm大きくなって、庫内容量も82Lの差がありますので、各室内もそれぞれ多くなっています。

     

    高さは変わりないのと幅が3cmの差ということもあり、見た目には大きくサイズが変わらないように見えますが、かなりの大容量になっていますので、ご家族が多い方や、沢山の容量をお求めの方にはR-HW60Jもおすすめです。

    日立

    日立 520L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI HWシリーズ R-HW52K-XW

    価格:264,100円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    R-HW52Jは2018年製でR-HW52Kは2019年製となっていて、R-HW52KはR-HW52Jの1つ新しいモデルとなります。新しいモデルとなってどのようなことが進化したのか見ていきましょう。

     

    1つ目はまるごとチルドで、チルドの鮮度を冷蔵庫全体に対応した機能になります。たっぷり149Lのチルド室になるということなので、冷蔵室のどこに置いても鮮度が長持ちするという機能になっています。2つ目は乾燥を抑えて、凍らせない約ー1℃の設定で肉や魚を美味しく保存する特選氷温ルームが新登場しました。

     

    肉や魚が7日後でも加熱調理をすれば美味しく食べられるという優れもので、ドリップを抑えて保存するので、お刺身も美味しく食べられます。肉や魚が冷凍せずとも7日間保存可能になったのは凄い進化ですね。大きく変わったのはこの2点になりますが、新鮮スリープ野菜室や、デリシャス冷凍など日立独自の機能は健在となっています。

     

    まるごとチルドや特選氷温ルームはとても魅力的な機能ですので、新モデルにしようか、旧モデルにしようか考えている方も多いのではないでしょうか。R-HW52Jも十分魅力的な冷蔵庫になりますので、価格を考えると旧モデルの方がお買い求め安くなっていますが、冷蔵庫は買い換えの年数が長い家電製品となりますので、後悔の無いように検討して購入したいですね。

    日立 R-HW52Jの総合評価

    日立(HITACHI)

    日立 冷蔵庫 大容量520L 6ドア クリスタルシャンパン R-HW52J XN

    価格:189,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー日立(HITACHI)商品名R-HW52J カラー NH(クリスタルシャンパン)・XH(グレイッシュブラウン)・XW(クリスタルホワイト)
    寸法・サイズ奥行き 699mm・縦 1833mm・横 650mm庫内容量520L
    ドアの開き方フレンチ6ドア省エネ性能★★★★★
    その他機能ノンフロン・真空チルドルーム・

    R-HW52Jの商品スペックや特徴、レビュー、口コミを見てきましたがいかがでしたでしょうか。日立独自の真空チルドやデリシャス冷凍など、とても魅力的な機能が多く、購入を検討してみたくなる冷蔵庫ということがわかりました。

     

    口コミを見ても満足度が高いのか、高評価の口コミやレビューが多いのも納得できる商品となっています。R-HW52Jは大容量なのにコンパクト設計でもあるので、限られたスペースが無い方にも人気のモデルとなっています。

     

    日立冷蔵庫の特徴でもある鮮度を保つという機能が沢山あるので、冷蔵庫に食材を沢山入れたいという方にはとてもおすすめな冷蔵庫です。新モデルのR-HW52が発売されてるいまは、価格もお求めやすくなっていますので、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

    関連する商品

    冷蔵庫の人気商品