三菱電機 MR-CX27D 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

5
最安値:¥78,090
三菱電機 MR-CX27D 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、三菱電機 MR-CX27D 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

MR-CX27Dの基本スペック

  • 説明 : ■三菱3ドア冷蔵庫、設置・搬入スペースをご確認頂きますようお願い致します。
  • MR-CX27Dのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    価格
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    おすすめの記事

    ▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

    三菱電機 MR-CX27Dの商品情報

    MR-CX27Dの基本スペック

    三菱電機

    三菱 272L 3ドア冷蔵庫(ジュエリーホワイト)【右開き】MITSUBISHI CXシリーズ MR-CX27D-W

    価格:102,274円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機(MITSUBISHI)商品名MR-CX27D-W(ジュエリーホワイト)、MR-CX27D-BR(グロッシーブラウン)
    寸法・サイズ幅540x高さ1630x奥行656(脚カバー含む:660) mm庫内容量272L
    ドアの開き方右開き省エネ性能★★★★★
    その他機能自動製氷 、脱臭

    MR-CX27Dのおすすめポイント

    女性目線のおしゃれな外観と使いやすい収納

    おしゃれで上質な外観を実現させるため、何度も色調整が重ねられており、シンプルなデザインが定番の冷蔵庫が、見るたびに幸せな気分を味わえる外観に仕上がっています。

     

    ひとり暮らしの働く女性が保存する頻度の高い食品に合わせて、レイアウトが考えられており、容量はやや大きめの272Lで、まとめ買いにもしっかり対応でき、使いやすさを実現しています。

     

    500mLや350mL缶などの常備することが多いものは、立てたまま入れれて、最下段は調理後の鍋をそのまま保存することが可能です。上から下まで手が届きやすい高さ設計で、庫内も無駄なく使えて楽に見渡せます。

     

    また、ドアポケットは特別仕様で、サラダに欠かせないドレッシングやお気に入りの調味料、2Lのペットボトルなどが取り出しやすいよう、サイズ別になった専用スペースを確保しています。

    食品によって選べる切り替え式で家事をサポート

    食品によって切り替えられるフレッシュゾーンには、まとめ買いした肉や魚を凍らせずに長く保存できる、約-3℃~0℃の氷点下ストッカーが搭載されており、使うときにも解凍の手間が省けて、忙しい日々の家事も楽になります。

     

    さらに、約0℃のチルドは、乳製品や加工食品、作り置きしたいおかずなどの保存にぴったりで、無駄のないスペースが食材を最適に保存します。

     

    また、下段にもうけられたフリーザーは、70Lと大容量でさまざまなサイズの食品を収納できます。冷凍スイーツや大きめの食パンから、定番の常備食品まで、安心して保存が可能です。

    扉の開け閉めもお手入れもラクラク

    MR-CX27Dは、フリーアクセスデザインになっており、冷蔵室の開け閉めが簡単です。下からだけでなく、側面のどこからでも手を掛けられるので、力いらずで女性に優しい仕様です。

     

    さらに、ガラス棚を全段使用しているため、傷がつきにくく掃除も簡単にすみます。こぼれた調味料や輪ジミなどの汚れもサッと拭きとれて、取り外し可能な棚は洗浄可能、ガラスシェルフならではの高級感が気分を上げます。

    野菜室が真ん中で出し入れスムーズ

    野菜室を真ん中に配置することで、女性にとって苦になる重い野菜の出し入れを、腰をかがめずできて、調理しやすくなります。ゆとりある容量なので、すみずみまで見えて、使い忘れや買い忘れも防げます。

     

    また、鮮度を保ちながら野菜をみずみずしく保存してくれるので、特売日で大めに買っても美味しく使い切ることが可能です。

    埋めちゃっタンク採用で氷をたっぷりストック

    MR-CX27Dは、自動製氷で氷を作ってくれて、さらに給水タンクを冷蔵室の底面に埋め込む、埋めちゃっタンクを採用しているため、庫内の広さそのままに、たっぷり氷をストックできます。

     

    また、パイプやポンプの清潔面も考えられており、取り外して丸洗いできるので、いつでも安心しておいしい氷が味わえます。氷はたっぷりストックされるので、急な来客などたくさん氷を使うときでも、気にせず使えます。

    三菱電機 MR-CX27Dの徹底レビュー(評価・口コミ)

    MR-CX27Dの悪い点をレビュー

    氷点下ストッカー機能とチルド室の差がわからない

    氷点下ストッカーの温度は約-3℃~0℃、チルド室は約-1℃~+1℃で、冷蔵室よりも温度が低く、冷凍室よりも高い温度に設定されています。この2つの機能に変わりがないとなると、分ける意味があるのかと思ってしまいます。

     

    そもそも、肉や魚などの生ものに最適とされているのが、氷点下ストッカーです。水分の多い食品に不向きなチルド室だと、少し凍ってしまうのではないでしょうか。

     

    使用してみないとわからない部分ではありますが、購入前に店頭で定員さんに、詳しく聞いておいた方が良さそうですね。

    氷点下ストッカーは割と凍る

    氷点下ストッカーは、肉や魚を凍らせずに保存することで、通常よりも鮮度を長持ちさせますが、凍ってしまうとうま味が逃げ、鮮度も落ちてしまいそうです。

     

    また、約-3℃~0℃にすることで、カチカチに凍らせることなく、冷蔵庫から出してすぐ調理ができるという点も、忙しい日々の家事にうれしい機能です。

     

    頻繁に使う食材は個人で違うとは思いますが、口コミでは「甘冷凍で、割と凍ります」との声もあるので、最初は長期間の保存ではなく、3~4日くらいで試す必要がありそうです。

    コンプレッサーの音が気になる

    冷蔵庫の音は、庫内の温度を制御する時や、庫内を冷やすために運転を始める時、自動製氷機があれば氷がはなれたり、製氷皿に水を入れる時などに発します。

     

    このような音は日常的で、気にならない時もありますが、口コミでは「昼間は気にならないが、深夜はコンプレッサーの音がする」という内容があり、深夜の特に静かな時間帯は気になるかもしれません。

     

    個人差はあるかと思いますが、電源を切るわけにもいかなので、現在使われている冷蔵庫の音が気にならなければ、ある程度大丈夫かと思います。

    MR-CX27Dの良い点をレビュー

    収納スペースが広く使い勝手がいい

    MR-CX27Dは、一人暮らし向けの冷蔵庫ながら、272Lとやや大きいサイズのわりに、全体がコンパクトにまとまっていて、収納スペースも広く、使い勝手がいいと評価されています。

     

    また、仕切りは取り出し可能なガラス板になっており、汚れてしまっても簡単に取り出せて掃除ができるので、いつもキレイに保てるのも、使い勝手がいい要因になっているようです。

     

    スペースをとりがちな作り置きの鍋や、かさばるタッパーなども収納でき、ドアポケットの広々とした奥行きがとても好評で、抜群な収納スペースと楽ちんなお手入れは、毎日の家事にとても重宝しそうですね。

    野菜室の位置が真ん中で便利

    大抵の冷蔵庫の野菜室は、下段にあるイメージですが、MR-CX27Dは中段にあるため、キャベツなどの重い野菜でも、非常に出し入れがしやすいつくりになっています。

     

    毎日腰をかがめて下段にある野菜を出し入れしていると、結構腰にきてキツく、重い野菜ならなおさら辛いですよね。野菜は毎日食べたいものですから、段をあげてくれるだけでもうれしい特徴です。

     

    また、十分な広さが確保されているため、ちょっとしたまとめ買いにも対応できて便利です。意外と頻繁に開け閉めする野菜室が使いやすいと、気分もあがって楽しく料理ができそうですね。

    自動製氷機がついていいてうれしい

    自動で製氷してくれるのも便利な機能です。製氷皿で氷を作るとなると、凍ったら出して水入れてを、何度も繰り返さないと氷を作れないので、非常に手間がかかりますし面倒です。そんなに量もストックできませんから、一人暮らし向けの冷蔵庫サイズなのに優秀ですね。

     

    さらに、「給水タンクが冷蔵室の底面に埋め込むタイプになっていて、とても楽ちん」という口コミもあり、その便利さに満足されているという方がいらっしゃいました。

    おしゃれな外観と食卓レイアウトの自由度がいい

    MR-CX27Dは、女性目線でおしゃれな外観に仕上げられているとのこともあり、デザインに定評があるようです。ホワイト系を購入された方は、高級感のホワイトにピンク部がアクセントとなっているデザインに、好感を持たれているようです。

     

    また、「食卓レイアウト自由度が増して助かっている」という口コミもあり、開き扉がテーブルにぶつからないかの確認は必要ですが、おしゃれで設置の自由度が増すと自分好みに配置できそうですね。

    MR-CX27Dの口コミを集めました

    3月に購入し約2か月使用です。 音は私は気になります。 昼間は特に気になりませんが、深夜はコンプレッサーの音はします。 ただ気になるかどうかは個人差ですし、デシベルを計っている訳ではないので、あくまでも個人の印象です。 氷点下ストッカーは、使った感想は単にチルドという感じです。 上段のチルドとの差が判りません。  肉が凍る事はないです。 余り期待せずに1~2日なら劣化しないとい感じでしょうか。 ただきちんと使いこなしている訳ではないので、使い方に拠っては便利なのかもしれません。 以上、あくまでも個人の使用感です。

    出典:https://kakaku.com

    音に関しては気になる方は気になるのでしょう。冷蔵庫も機械ですから、多少の運転音は仕方ないような気がしますが、より静かな冷蔵庫をお求めの方には向かないかもしれませんね。

    氷点ストッカーも600Lクラスノと同じというわけではないでしょうが、 イメージとしては甘冷凍で、割と凍りますよ。 ですから、私的に切れちゃう冷凍との棲み分けが微妙なので、切れちゃうは上段冷凍にして使っています。

    出典:https://kakaku.com

    割と凍るとのことで、食材によって思った以上に凍ってしまうのでしょうか。フレッシュゾーンは切り替え式なので、食材の種類や量を見極めて使い分けると、使いやすくなりそうですね。

    一人暮らし向けの冷蔵庫ですが、272Lありますので、一人暮らしには十分な大きさで 余裕をもって使うことができる点が良いです。

    出典:https://kakaku.com

    一人暮らしの冷蔵庫は、自炊をされる方だと150~200L程度の容量が一般的ですが、MR-CX27Dは272Lもあります。十分余裕をもって使うことができると、周りの人に教えたくなりますね。

    私は、ホワイトを購入しましたが、高級感のホワイトになっていて ピンクの部分もアクセントとしてありますので、とてもおしゃれな仕上がりになっていると思います。

    出典:https://kakaku.com

    冷蔵庫はキッチン家電の中でも目立つ方ですから、外観がおしゃれだと、気分があがってキッチンに立つのが楽しくなりそうです。女性にとって家事をするモチベーションになりますね。

    一番上が通常の冷蔵室です。広々スペースなので、鍋なども入れることが できます。仕切りはガラス板で、簡単に取り出せて、掃除ができます。 3段あって、一番下に氷点ストッカー(ワイドチルド)があり、肉や魚を専用に扱えます! サイドポケットも奥行きがあってとても広々としていますので、2Lペットボトルを3本のほかにも1Lの紙パックを2本とかいれてもまだまだスペースがあるのでとても使い勝手が良いです。 中段は、野菜室です。野菜は頻繁に使うので、この位置にある方が私的には とても便利です。

    出典:https://kakaku.com

    冷蔵庫は収納が広ければ広いほど助かります。サイドポケットは奥行きがあって、2Lペットボトルを3本と1Lの紙パックを2本並べても、スペースがあるとのことで、広々とした余裕のある収納スペースが容易に想像できますね。

    下段が冷凍室です。自動製氷機がついているがうれしいです。 給水タンクを冷蔵室の底面に埋め込むタイプになっているので、とてもラクちんです。 こちらも70L位あるので、たくさん冷凍ものをストックできて助かります。

    出典:https://kakaku.com

    給水タンクが埋め込みタイプになっているのも驚きですが、冷凍庫が70Lあるのも驚きです。忙しいと冷凍保存は必須ですから、MR-CX27Dの冷凍室の容量は非常に助かりますね。

    冷蔵室の開き扉は食卓テーブルより高い位置になるのでぶつからずダイニング内での食卓レイアウト自由度が増して助かっています。

    出典:https://www.biccamera.com

    自分好みにレイアウトすると調理しやすいですが、キッチンは意外と思うように家電や家具を配置できなかったりします。MR-CX27Dならそんな悩みを解消してくれそうですね。

    三菱電機

    三菱 272L 3ドア冷蔵庫(ジュエリーホワイト)【右開き】MITSUBISHI CXシリーズ MR-CX27D-W

    価格:102,274円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機(MITSUBISHI)商品名MR-CX27D-W(ジュエリーホワイト)、MR-CX27D-BR(グロッシーブラウン)
    寸法・サイズ幅540x高さ1630x奥行656(脚カバー含む:660) mm庫内容量272L
    ドアの開き方右開き省エネ性能★★★★★
    その他機能自動製氷 、脱臭

    三菱電機 MR-CX27Dの関連商品と比較する

    MR-CX27D とMR-CX33D の違い

    三菱電機

    三菱 330L 3ドア冷蔵庫(パールホワイト)【右開き】MITSUBISHI CXシリーズ MR-CX33D-W

    価格:113,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MR-CX27DとMR-CX33Dは、どちらも2018年発売されたモデルで、型番の数字の通り、庫内容量が異なり、MR-CX27Dは270L、MR-CX33Dは330Lと、少々収納できる量が違います。庫内容量が違えばサイズもMR-CX33Dの方が大きくなりますが、機能面などの違いはあるのでしょうか。

     

    まず機能面から見てみると、MR-CX33Dも肉や魚を生のまま鮮度を長持ちさせる氷点下ストッカーや、自動製氷機、埋めちゃっタンクなど、十分な機能が搭載されており、性能に特に差はありません。

     

    デザインも高級感のあるおしゃれな外観で、カラーバリエーションも2通りあります。ただ、グロッシーブラウンは同様ですが、MR-CX33Dのホワイト系は、「パールホワイト」と色名が異なります。

     

    口コミやレビューを比べてみると、「夜にコンプレッサーが動く時は若干音が気になる」という声があり、MR-CX27Dと同様に音の不満はあるようです。また、「庫内のLED照明が暗い印象」「温度調整が奥にある」とのことで少々不便さはあるかもしれませんね。

     

    MR-CX27DとMR-CX33Dの違いで最も注目すべき点は、省エネルギーと価格だと思います。MR-CX33Dの方が大きいだけあって、年間消費電力や電気代、購入時の価格が高くなります。

     

    MR-CX27Dの年間消費電力と電気代が325kWhと8775円に対し、330kWhと8910円で少々高く、購入価格は24,000円~30l,000円ほど差があります。検討されているのであれば、必要な庫内容量と設置スペース、購入予算と相談して選んでみてはいかがでしょうか。

     

     

    MR-CX27D と MR-CX27C の違い

    三菱

    三菱 272L 3ドア冷蔵庫(ジュエリーホワイト)【右開き】MITSUBISHI MR-CX27C-W

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MR-CX27Cは2017年に発売されたモデルで、MR-CX27Dの下位機種にあたります。写真を見比べてみても、デザインや色、3ドアという数も同じですが、違いはあるのでしょうか。

     

    機能面はMR-CX27Dと同様、女性目線で保存頻度が高い食品に合わせてレイアウトが考えられており、氷点下ストッカーや自動製氷機はもちろんのこと、野菜室が真ん中にあるので出し入れが楽で使いやすいつくりになっています。

     

    大きさや機能面に異なる点がないので、省エネルギー性能にも差がなく、評価もR-CX27Dと同様に星5つでした。

     

     

    口コミやレビューでは、一人暮らしには十分で使いやすく、氷点下ストッカー機能も好評の一方で、「デザインを考えた方が良いのではないか」という声があり、好みはそれぞれですが、店頭で色合いなども確認した方がよさそうですね。

     

    価格に関しては、10.000円ほど高かったり安かったりしますが、MR-CX27Cは販売終了している通販が多く、見つけるのに苦労しそうなので、店頭に問い合わせてみると良いかと思います。

    MR-CX27D と 日立 R-S27JV の違い

    日立(HITACHI)

    日立 冷蔵庫 265L 3ドア 右開き 真空チルド まんなか野菜 クリスタルホワイト R-S27JV XW

    価格:118,866円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    他メーカーの同じ様な庫内容量の冷蔵庫と比べる時に、機能面や価格をチェックしますよね。MR-CX27D(272L)と日立 R-S27JV(265L)の機能面や価格を比較してみました。

     

    MR-CX27Dには氷点下ストッカーが搭載されていますが、日立 R-S27JVは真空チルドルームという、真空で密閉保存し、酸化と乾燥を抑えて新鮮さを保つチルド室が付いており、ラップなしでも保存することが可能です。

     

    どちらも、食材や食品を美味しく食べるための保存性能が特徴的で、機能面はほぼ互角と言えるでしょう。

     

    外観も異なる点があり、日立 R-S27JVには傷つきにくいクリスタルドアが特徴的で、美しさが続くのが魅力です。

     

    価格はというと、15,000円~20,000円ほど日立 R-S27JVの方が高くなっています。機能面にさほど違いはなくても、庫内容量や設置場所の広さ、購入予算のバランスを踏まえて、検討されてみてください。

    三菱電機 MR-CX27Dの総合評価

    三菱電機

    三菱 272L 3ドア冷蔵庫(ジュエリーホワイト)【右開き】MITSUBISHI CXシリーズ MR-CX27D-W

    価格:102,629円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    三菱電機 冷蔵庫 CXシリーズ MR-CX27Dについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    MR-CX27Dは、働く一人暮らしの女性目線で考えられた設計が、おしゃれな外観と使いやすさを実現しており、全体がコンパクトながら優秀な冷蔵庫です。

     

    肉や魚を凍らせないことで鮮度を長持ちさせる、氷点下ストッカーや、出し入れしやすい野菜室、広々とした収納スペースなど、忙しい毎日の家事をサポートしてくれます。

     

    夜にコンプレッサーの音が目立つのが気になるところですが、普段はテレビの音などで分からないかもしれませんし、冷蔵庫によっては常に音が気になるものもありますから、大きさ・デザイン・機能性・価格が合えば、候補に入れて良いかと思います。

     

    冷蔵庫は常に使っている便利家電なので、好みにそう機種を見つけるのは時間を要するでしょう。機能性や価格などのバランスをきちんと考えることが大切です。

     

    ご自身でも口コミやレビューを覗いてみて、是非ご自身に合った製品を探してみてください!

    関連する商品

    冷蔵庫の人気商品