シャープ R-XG4800H 冷蔵庫評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥216,810
シャープ R-XG4800H 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ R-XG4800H 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/09/24 更新

R-XG4800Hの基本スペック

本体横幅【mm】 685.0 mm 冷蔵庫・ドア数【ドア】 6 ドア
定格内容積【L】 475 L 冷凍室位置 冷凍室中
自動製氷機能有無 冷蔵庫・ドア開閉タイプ 観音開き
本体高さ【mm】 1 mm 本体奥行 649.0mm
独立アイスルーム ノンフロン対応
急速冷凍 冷凍室・定格内容積【L】 133.0 L
冷凍室・ドア開閉タイプ スライドレール ガラスドア対応

R-XG4800Hのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

日立 R-XG4800Hの基本スペック

HITACHI(日立)

日立 冷蔵庫 475L 6ドア クリスタルシャンパン R-XG4800H XN

価格:148,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 価格.comで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 (HITACHI) 商品名 冷蔵庫 R-XG4800H-XN・R-XG4800H-XW・R-XG4800H-XT
寸法・サイズ 幅685mm×奥行き649mm×高さ1818mm 庫内容量 475L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★〜★★★★★) ★★★★★
その他機能 自動製氷、真ん中冷凍室、ガラスドア、脱臭、チルド室、真空チルドルーム

日立 R-XG4800Hのおすすめポイント

「新鮮スリープ野菜室」でみずみずしいまま野菜をキープ!

北海道大学との開発したルテニウムを配合したプラチナ触媒を採用し、食品の乾燥防いで潤いを保たせます。

ニオイ成分などを分解してくれるので野菜や果物をみずみずしいまま保存できます。

 

また、栄養も逃さずに鮮度を保たせてくれる優れものです。

冷凍でも美味しさを逃さない

3段ケースで構成される冷凍室はトレイがアルミでできています。アルミにが食品の熱を奪い、急速に凍らせることで美味しさを保つことができます。

ごはんの冷凍も、細胞の破壊を最小限に抑え美味しさを逃がしません

 

専用のセンサーが食品の温度を察知し、運転を自動で切り替える機能もあります。

「真空チルド」が鮮度を保つ

日立自慢の真空チルドはR-XG4800Hにも搭載されています。

こちらもプラチナ触媒により肉や魚を凍らすことなく鮮度を保ち、見た目や風味も大幅に劣ることなく保存できます。

また、ラップなしでも食品の水分の逃げを抑え、乾燥を防ぎます

 

食品の酸化を抑えることで風味や食感を逃がさないので、美味しくいただけます。

R-XG4800Hの悪い点をレビュー

冷凍室が真ん中に、野菜室が一番下に配置されている

R-XG4800Hは冷凍室が真ん中に、野菜室が一番下に配置されています。

少し古い冷蔵庫だと一番下に冷凍庫があるものが多いです。

そのため、R-XG4800H買い替えて冷凍庫と野菜室の位置に戸惑うという声があります。

 

普段使い使用していたものと配置が異なると、慣れるまで使い勝手がよくないと感じます。

小さい収納場所がない

調味料のチューブを入れるような小さい収納場所がないことに不満を抱いているという口コミが多数あります。

 

100円均一ショップなどで仕切りを作ることで解消しますが、少々面倒です。

ポケットのようなものが付属していれば、より綺麗に収納できます。

R-XG4800Hは整理・収納への細かい配慮に少々欠けています。

氷の出来はイマイチ

日立の自動製氷機能は好評ではありません。

 

氷が小さく、溶けやすいものができてしまうため不便という声が多いです。

サイズは飲み物に入れる氷としてぴったりですが、すぐに溶けてしまうため本末転倒です。

 

氷は別に市販のものを購入するか、型を用意して作った方が無難です。

 

ドアの開閉がスムーズにできない

R-XG4800Hは観音開きのドアが特徴です。

しかし、観音開きに慣れていない方にとっては使いづらいと感じることがあります。

 

また、閉める時にコツがいるようで、うまく閉まらないときがあるという声があります。

ドアの開閉が自動化されていれば便利ですが、R-XG4800Hは手動なのでスムーズに閉まらないと感じてしまうのは仕方ありません。

R-XG4800Hの良い点をレビュー

大容量だから買いだめしても安心

R-XG4800Hは奥行きが小さい設計で作られていますが、それを感じさせないほどの広さに定評があります。

たくさんの食品を買い込んでも収納できるので助かるという口コミが多数あります。

 

特に野菜室が広く、鮮度も保ってくれるので非常に重宝します。

料理する方で頻繁に野菜を購入する方におすすめです。

保存機能の質はホンモノ

R-XG4800Hにはアルミトレイによる冷凍や真空チルド、新鮮スリープ野菜室などの魅力的な保存機能がたくさんあります。

 

これらは食品の乾燥、変色、風味の逃げなどを抑えてくれるので、安心した食生活を送ることができます。

 

これらの機能に満足しているという口コミが圧倒的に多いです。

日立の卓越した保存技術は伊達ではありません。

主張しないシンプルなデザイン

R-XG4800Hはカラーが3つあります。

3色どれも美しく、落ち着いた色調です。

キッチンに合わせてカラーを選ぶことができ、さらにシンプルなデザインでキッチンと馴染みやすいです。

 

また高級感ある質感で、キッチンの雰囲気を引き締めます。

機能だけでなくデザインも秀逸な点が多くの方からの支持を得ています。

真空チルドで食品に対して安心できる

真空チルドに食品を置いておくことで、乾燥や酸化を防いで美味しい状態のまま保存できます。

そのため、子供に安心して提供できるとの声があります。

食品の品質は日によって劣ってしまうため、この優れた保存機能を存分に活用しましょう。

R-XG4800Hの口コミを集めました

これまでの冷蔵庫は一番下が冷凍庫で中間は野菜室だったのですが、こちらはそれが逆になったためどうなのかなと心配しておりましたが慣れれば何の問題もなかったです。

出典:https://review.kakaku.com

冷凍庫と野菜室の位置に混乱するという口コミがあります。こちらの方は慣れると問題にならないということですが、どうしても気になる方にとっては検討すべきポイントです。 実際に目で見て位置を確認することで、先入観と違った感触を得ることができるため家電屋へ足を運ぶことをおすすめします。

チューブわさびなど小物をドアポケットに入るスペースがないので 100均で入れ物を買うてドアポケットに入れると場所によっては干渉します。

出典:https://review.kakaku.com

この方は小物の収納に困っています。 R-XG4800Hには小物を収納するポケットがありません。 容量が大きくても、細かい仕切りが部分的にないとスッキリした収納ができません。小さい調味料などを綺麗に収納したい場合は、自分で仕切りを作るなどの工夫が必要です。

真空状態を解除するときの「プシュー」という音が結構大きくてびっくりしました。

出典:https://review.kakaku.com

真空にするために空気を抜かなければいけません。その際に大きめの音がするようです。 他の口コミを見ても、この音に関して書かれています。しかし、真空になった感じがして頼もしいといった好評の声もあります。

よかったのは、節電と製氷機、それとデザイン。もう一つなのは、観音開き。慣れの問題とは思うものの、左右どちらを開けるか悩むし、感覚的に扉の横を持つがそれでは開かない。

出典:https://review.kakaku.com

観音開きの使いづらさについて書かれています。これまで右開きや左開きの方にとっては慣れが必要です。フレンチドアの利点として、冷気が外に逃げにくいことが挙げられます。そのため、省エネや冷やす効果を考慮すると、フレンチドアがおすすめです。

とても静かです。製氷時の氷が落ちる音位しかしません。

出典:https://review.kakaku.com

この方は静音性について述べています。 比較的静かなので静音性についての目立った批評はあまり見られません。 しかし、上記にもあったように、何か動作をすると音がするようです。 しかし、これ以外は特に気になる音はしません。

大きい冷蔵庫なので、買い貯めしても かなり余裕があります。

出典:https://review.kakaku.com

たくさん買い込んでもスペースが余る点は非常に助かります。 それだけ容量があり、収納するのに便利なR-XG4800Hは安心で楽しい食生活を間接的に支えます。 大は小を兼ねるというので、容量が大きい方が便利だと感じる点が多くあります。

真空チルド室は非常に重宝します。 肉の鮮度が長持ちします。 あと、日立製は冷凍室と野菜室の広さがバランス良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

真空チルド室により鮮度を落とすことなく食品を保存できるので安心です。 肉の場合、変色してしまい風味や美味しさが逃げてしまいがちです。そのため、早く調理しなければいけないというストレスがかかります。 日立の公式ページによると、真空チルドで保存すれば7日は鮮度を保つことができるのでストレスなくお肉を扱うことができます。

デザインに関しては高級感もあり質感も満足しています。

出典:https://review.kakaku.com

クリスタルドアにより高級感があるデザインになっています。強化処理ガラスを採用しており、汚れを拭き取りやすいので美しいルックスのまま保てます。3つのカラーがあり、どれも美しいです。 その反面、マグネットはつきません。冷蔵庫の表面を掲示板のように扱っていた方には残念な点です。

HITACHI(日立)

日立 冷蔵庫 475L 6ドア クリスタルシャンパン R-XG4800H XN

価格:148,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 価格.comで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 (HITACHI) 商品名 冷蔵庫 R-XG4800H-XN・R-XG4800H-XW・R-XG4800H-XT
寸法・サイズ 幅685mm×奥行き649mm×高さ1818mm 庫内容量 475L
ドアの開き方 フレンチドア(観音開き) 省エネ性能(★〜★★★★★) ★★★★★
その他機能 自動製氷、真ん中冷凍室、ガラスドア、脱臭、チルド室、真空チルドルーム

R-XG4800HとR-XG4300Hの違い

R-XG4300Hは同じXGシリーズでも異なる点があります。

 

保存機能に違いは見られませんが、サイズと容量はR-XG4300H方が小さいです。

R-XG4300Hのサイズは幅650mmx高さ1818mmx奥行645mmです。

高さはR-XG4800Hと変わりませんが、幅と奥行きは小さめです。

スッキリとした外見ですが、サイズが小さいことに伴って全体的に容量もR-XG4800Hより小さいです。

R-XG4800Hの規格内容量が475Lに対し、R-XG4300Hは430Lです。

45Lも容量が異なると、使用感も違ってきます。

 

この点を考えると、R-XG4800HはR-XG4300Hよりも普段から買い貯めする方やファミリー向けです。

一方、R-XG4300Hは家庭内人数が少なめの世帯向けです。

 

冷蔵庫選びは保存機能も大切ですが最終的にはサイズや容量が決め手となります。また、それに伴って価格も異なります。

スペースを確保し、予め容量を想定して比較・検討しましょう。

 

R-XG4800HとR-XG48Jの違い

日立(HITACHI)

日立 冷蔵庫 475L 6ドア フレンチドア スポット冷蔵 真空チルド グレイッシュブラウン R-XG48J XH

価格:194,900円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは2019年に発売された製品です。

 

R-XG4800Hの機能に加え、新しい機能が搭載されているため、価格がやや高めです。

その新しい機能とは、「スポット冷蔵(サッと急冷却)」です。

冷やすまでの時間を短縮することで雑菌の繁殖を抑えます。カレーなど作り置きしたものを翌日でも安心して食すことができます。

また、お弁当を早くさましたいときや、粗熱をとりたいときなどの一助となります。

R-XG48Jは、より一段と「冷やし」に特化した製品です。

 

フレンチ6ドアという点と、サイズ、容量は同じです。

冷蔵庫の冷やし機能を重視する方であれば、新機能が搭載されたR-XG48Jがおすすめです。

そこまでの機能は求めない方であればR-XG4800Hがおすすめです。

R-XG4800HとR-S40Jの違い

日立

日立 401L 5ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)【右開き】HITACHI R-S40J-XW

価格:176,899円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後に比較する製品は、Sタイプと呼ばれるシリーズのR-S40Jです。

 

そもそも、SタイプとXGシリーズの違いはドアの仕様にあります。

Sタイプは片開き5ドアで、XGシリーズはフレンチドア6ドアです。

ちなみに、フレンチドアとは観音開きのドアのことです。

 

R-S40Jの場合、右開きの5ドアという仕様になっています。

冷凍庫、野菜室の配置関係は変わりません。

 

定格内容量は401LでR-XG4800Hよりも小さいです。

したがって、サイズもR-XG4800Hより小さいですが、奥行きはR-S40Jの方が広いです。

 

R-S40Jにも同じ真空チルドが搭載されているため、肉や魚などの鮮度をキープする保存が可能です。

また、「新鮮スリープ野菜室」も兼ね備えており、野菜や果物をみずみずしいまま眠らせるように保存できます。

しかし、R-XG4800Hのように冷凍室に焦点を当てた機能は搭載していません。

そのため、R-S40Jの方が低価格です。

機能の豊富さに関して言えば、R-XG4800Hの方が一枚上手です。

 

R-XG4800Hに対する口コミには、ドアの仕様を批評しているものがありました。

機能が豊富でも、使い勝手が悪ければ本末転倒です。

日立はドアの仕様によってシリーズが分かれているので、まずはじめにその点を検討してシリーズを絞っていくことをおすすめします。

そのあとにスペック、価格、機能性を比較して決めるというステップを踏むことで購入までの流れをスムーズにできます。

HITACHI(日立)

日立 冷蔵庫 475L 6ドア クリスタルシャンパン R-XG4800H XN

価格:148,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立 R-XG4800 冷蔵庫について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

全体的に見て、冷蔵庫の中では、小さすぎず、大きすぎないサイズと容量です。

高級感を漂わせるデザインに、主張しないカラーが秀麗です。

機能面に関しては、プラチナ触媒(ルテニウム配合)を採用することで、鮮度が良い状態を保ちます。

他にも、真空チルドや新鮮スリープ野菜室、アルミを利用した急冷凍など優秀な機能をたくさん具有しています。

 

2人暮らしでも十分有効活用できて使い勝手の良い冷蔵庫ですが、容量の広さなど、ファミリー向けの仕様も施されています。

そして、料理する方や作り置きをする方におすすめのアイテムです。

 

家電製品はスペックや機能性の高低にともなって価格も変わってきます。

普段使用する姿を想像しながら、よく吟味して選ぶことをおすすめします。