三菱 MR-B46D 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.67
最安値:¥147,500
三菱 455L 5ドア冷蔵庫 MR-B46Dの商品概要、説明書、おすすめポイントや口コミ・レビュー・評価、他製品との比較などをまとめ、三菱 455L 5ドア冷蔵庫 MR-B46Dがどんな人におすすめなのかを評価しました。

MR-B46Dの基本スペック

  • 加湿能力 : 290ml
  • イオン有無種類 : その他
  • 加湿方式 : 気化式
  • MR-B46Dのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    価格
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    おすすめの記事

    ▶︎【2019年最新版】ランク王編集部が選ぶ大人気おすすめ冷蔵庫10選

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの商品情報

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの基本スペック

    MITSUBISHI

    三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】MITSUBISHI 置けるスマート大容量シリーズ MR-B46D-W

    価格:160,811円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機 (MITSUBISHI)商品名MR-B46D-W・MR-B46D-F
    サイズ幅600×奥行699×高さ1821mm庫内容量455L
    ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
    その他機能氷点下ストッカーD・切れちゃう瞬冷凍・クリーン朝どれ野菜室・置けるスマート大容量

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dのおすすめポイント

    鮮度長持ち「氷点下ストッカーD」

    冷凍庫の温度は通常、₋18℃に設定されていますが、それでは肉や魚の鮮度を保つことは難しく、味が落ちてしまいます。そこで、MR-B46Dでは、温度を₋3℃から0℃の間を行き来させて凍らせないようにしています。

     

    この温度設定がポイントで、氷点下なのに凍らせないという三菱独自の技術により、食材の鮮度を保つことができます。

    冷凍食材もラクラク「切れちゃう瞬冷凍」

    MR-B46Dの機能「切れちゃう瞬冷凍」は、美味しいまま冷凍した食材を、解凍不要で切れるので、料理の時間も短縮することができます。この機能は、余った野菜の冷凍にも使える点がうれしいですね。

     

    また、ペースト状の食材も、この機能で凍らせておくと、出してすぐにスプーンですくうことも可能であったりと、冷凍保存したものをすぐ調理して食べられるという、便利な機能です。

    朝に採れたような野菜ができる

    朝に採れた野菜のように、みずみずしく新鮮に保つことができる「クリーン朝どれ野菜室」の機能。その秘密は、野菜室の密閉性を高めて水分が蒸発しにくいことにあります。さらに、3色LEDの光により、野菜のビタミンCや糖度を上げることができ、野菜をさらに美味しくすることができます。

    スマートで大容量

    MR-B46Dは455Lと大容量でありながら、横幅が60cmとスリムサイズです。場所を取りにくいご家庭でも、らくらく設置できます。実現を可能にしているのは、薄型断熱構造SMART CUBEです。三菱独自の技術により、断熱材を薄型化することを可能にし、省スペースでなおかつ大容量を実現しました。

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの徹底レビュー(評価・口コミ)

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの悪い点をレビュー

    「切れちゃう瞬冷凍」は切れない?

    MR-46Dの機能の1つである「切れちゃう瞬冷凍」についてですが、岩のように凍ってしまい、切れないという声がありました。室温で15分ほど解凍すれば、包丁で切れるようになるはずが、全く歯が立たないことがあるようです。

     

    メーカーによれば、この機能で有効なのは、ブロック肉よりひき肉であるらしいですが、ひき肉でも切れないこともあるとか。この機能を目当てに購入すると、あてが外れてしまうかも。

    ドアポケットが使いにくい

    ドアポケットが大きめであるにもかかわらず、中の仕切りが細かくスペースを活用できない、という声がありました。ブリタを入れようとした購入者が、仕切りが邪魔でドアポケットに入らないため、本体の奥へ入れ直すはめになってしまい、不便を感じているようです。

     

    せっかく大容量の冷蔵庫を購入しても、中の仕切りにより、縦に入れることができないものがあると、がっかりしてしまいますね。

    庫内のスペースバランスがいまいち

    購入者の中には、製氷室が無駄に大きくスペースが余るのに対し、右側のチルド室が狭く使いにくいという声もありました。せめて製氷室とチルド室の大きさを同じぐらいにしてほしい、との要望でした。また、冷凍室もやや狭くて使い勝手がいまいちなど、庫内スペースのバランスについてやや不満があるようです。

    うまく使いこなせない

    MR-B46Dには、「氷点下ストッカーD」をはじめとするさまざまな機能があり、また、用途に応じていくつもの温度帯の部屋があって便利なのですが、反面、慣れないと使いこなせないようです。冷やしすぎたり、逆に冷やし足りないために食材をだめにしてはもったいないですよね。

     

    例えば、三菱の同系統の機種から上位機種として買い替えするのであれば、共通した機能やスペース配置などにより、比較的使い勝手も良いでしょう。しかし、MR-B46Dが三菱の初めての機種であった場合は、使いこなすのに苦労するかもしれません。

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの良い点をレビュー

    便利な機能がたくさん

    MR-46Dの機能が多いことを歓迎している声もあります。製氷機について、部品を取り外して洗えたり、冷凍庫と完全に分離していて、氷に臭いが付かない点がまず一つ。また冷蔵庫の照明が明るいことや、野菜室の光合成用ライトなどの便利な機能、その他盛りだくさんです。

    狭い部屋にもちゃんと入る

    幅が60cmでコンパクトサイズのため、賃貸の狭い部屋にもしっかり設置できることも人気です。奥深な設計のため、庫内の容量はちゃんと確保できているので、多くの食材を入れておくことができ、かなり余裕を持って収納できる点が高評価を得ています。

    同じ三菱の製品買い替えにも満足

    三菱製品の冷蔵庫を使用していて、新しくMR-46Dに買い替えたユーザーも満足しているようです。例えば、新居へ引っ越した際、それまで使用していた三菱の冷蔵庫ではスペースが足りなかったために買い替えた場合でも、スリムでスペースをとらないにもかかわらず、中身は大容量を確保している点。

     

    また、とても静音な冷蔵庫は、新居付近の静かな地域でもなじむ点など、満足度はかなり高いようです。

    静音設計でかつ電気代が安い

    三菱電機製の冷蔵庫はとても静かで、他社よりも際立っています。MR-46Dも例外ではなく、例えば他の会社の同ランク程度の冷蔵庫と比較しても、三菱製は15dBであるのに対し、シャープやパナソニック、日立などは20dB前後と、他社をしのぐ静音設計です。

     

    リビングでも静かに過ごすことができ、また睡眠を妨げることもないでしょう。電気代の節約にも一役買っており、年間の電気代は、50Hz、60Hzともに6,615円と、とてもお得です。

    保存状態が良く長持ち

    三菱製品を初めて購入した人にも好評のようです。氷点下ストッカーでの保存は、生魚や生肉を長持ちさせ、1週間保存しても変色はほとんどない、と喜びの声が上がっています。野菜室も同様に、新鮮さを長持ちさせることができ、満足感を得ているようです。

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの口コミを集めました

    切れちゃう冷凍 ★ナシ 残念ながら、切れたことが一度もありません。岩のように凍ります。説明書通り15分ほど室温に置いただけでは解凍できるレベルではないです。

    出典:https://bbs.kakaku.com

    MR-B46Dに標準装備されている機能「切れちゃう瞬冷凍」に対する評価ですね。冷凍した食材が、名称の通り切れるわけではなかったようで、がっかりでしたね。

    ドアポケット★ 大きい割に中の仕切りが邪魔でブリタが入りません。仕方がないのでブリタは本体の棚板を奥に折りたたんで入れていますが、スペースの無駄遣いだなと感じます。

    出典:https://bbs.kakaku.com

    冷蔵庫を開けたドアのポケット部分についての評価ですが、きちんと仕切りをしてあったのがかえってアダとなってしまったケースですね。ブリタのような横幅があるものも入れられるようなスペースの余裕が欲しいところです。

    三菱のメーカーにも、アンケート有ったので似たように答えときました。 14年前の同サイズ 460Lと比べて、幅を狭く奥行き広くと書いてありましたが、やはり狭いです。 真ん中なった冷凍室も全部入らず少し捨てました。 1番 嫁さんからクレーム来たのは、製氷室が無駄に大きく、右側のチルド?室が狭いです。 右側チルド室を昔の割合に製氷室と幅を合わせてほしいとの事です。 同じサイズの460Lを購入したけど、かなり 入らない物がでて、もったいないけど捨てました。 そこが、同じと思って購入したのにショックでした。 他は大体OKです。色も大丈夫。 全面扉にマグネットが着かないと嫁さん言ってましたが、あまりベタベタ貼るのも汚いので これで良いかなと思います。

    出典:https://www.premoa.co.jp

    こちらは、以前に購入した三菱の同サイズの冷蔵庫と比較していますね。購入者のご家庭に対しては、予想していた以上にサイズが足りず、食材が入りきらなくなってしまったようです。また製氷室を必要以上に広くしたために、使い勝手が悪くなったのもマイナス評価でしたね。

    機能が豊富で温度帯が異なる部屋がいくつもあるのが魅力なのですが、その反面使い方をある程度覚えないといけないですね。”空いているところにとりあえず入れる”ような使い方だとせっかくの良さが発揮されにくくなってしまいます。

    出典:https://siromonoblog.com

    多機能で、温度別に何か所にも分けて収納できるMR-B46Dですが、三菱の冷蔵庫を初めて使う人にとっては、使い方を覚える必要があり、大変なのかもしれません。

    10年ぶりに冷蔵庫を買い換え。 製氷機の部品が取り外して洗えること、冷凍庫と完全分離していて氷に臭いが付かない点が気に入ってます。 冷蔵庫の照明も明るく、切れちゃう冷凍、野菜室の光合成用ライトなど便利な機能が沢山付いていて非情に良い製品だと思います。

    出典:https://www.yodobashi.com

    製氷機部分が取り外しできて、洗える点と氷に臭いがつかない点はうれしいですね。また、冷蔵庫の照明は明るくて中を見やすく、その他にもさまざまな便利な機能があることなどもあわせ、満足感を感じているようですね。

    安さに惹かれて購入しましたが、お店の対応も良く大変満足です。 コンパクトで大容量なので手狭な賃貸にもぴったりです!

    出典:https://product.rakuten.co.jp

    賃貸の部屋の場合は、場所を取るのにもひと苦労なので、なかなか大容量の冷蔵庫を購入するのは難しいでしょう。その点、MR-B46Dの場合は、コンパクトでありながら大容量を実現しているので、部屋が広くなくても置くことができるのですね。

    新居への引っ越し間際、キッチンの収納が先に入りました。 冷蔵庫は、10年選手『これまた三菱電機製』をキャリーオーバーする予定でした。 収納を組み立てている職人さんが「冷蔵庫の巾って何センチ?」としきりに気にしていました。計算上はきちんと収まるはず・・・。 収まるものの、扉の開閉が厳しいと判明、急遽購入となりました。技術の進歩はさすがです、巾が8.5センチ狭くなっても容量はそんなに減らず、白い外装も周りの調度と綺麗にマッチしています。 新築の家で、家の周りも静かな地域、冷蔵庫の音が気になるところですが、これも静かです。 本当に良い買い物でした。大満足です。 お店の方々の対応も丁寧で親切でした。

    出典:https://www.biccamera.com

    三菱電機MR-B46D 455Lで横幅60cmジャストです。数年前の三菱電機製の冷蔵庫を使っていますが、稼働音静かで使いやすく気に入っています。  三菱はとにかく静かなんすよ。動作音一覧三菱 約15dB シャープ 約20dB パナソニック 約18dB日立 約18dB ダントツで静音設計なのです。リビングに静寂を求める方や、音が気になる方には三菱がおすすめです。

    出典:https://total-myhouse.com

    三菱の静音設計は、他社と比較しても、ワンランク上の静かさのようですね。20dBが、木が葉の触れ合う程度の音なので、三菱の冷蔵庫の15dBはそれよりもさらに静かであるということです。赤ちゃんが居るご家庭でも、寝ている時も全く気にならないほどでしょう。

    スリムなのに中のスペースが広く使い勝手が良いです。 氷点下ストッカーは生魚、生肉の保存が思ったよりも長持ちし大変良いです。 1週間程度保存しても変色はほとんど見られず新鮮さが変わりませんでした。 野菜室も新鮮度が長持ちして良いです。 三菱製の冷蔵庫は初めて購入しましたが大変満足しています。

    出典:https://www.biccamera.com

    こちらの口コミも、スリムで大容量である点を評価しています。また、MR-B46Dの機能の一つである「氷点下ストッカーD」についても評価していますね。1週間保存していても鮮度が保たれているとは、驚きの性能です。

    MITSUBISHI

    三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】MITSUBISHI 置けるスマート大容量シリーズ MR-B46D-W

    価格:160,811円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機 (MITSUBISHI)商品名MR-B46D-W・MR-B46D-F
    サイズ幅600×奥行699×高さ1821mm庫内容量455L
    ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
    その他機能氷点下ストッカーD・切れちゃう瞬冷凍・クリーン朝どれ野菜室・置けるスマート大容量

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの関連商品と比較する

    MR-B46D MR-WX47LD 違い

    三菱

    三菱 470L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)MITSUBISHI 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX47LD-W

    価格:207,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MR-B46DとMR-WX47LDとでは、どんな違いがあるのでしょうか。まず色合いですが、MR-WX47LDは、MR-B46Dの2色にクリスタルブラウンが加わって3色あり、選択肢が増えました。そして容量は、MR-B46Dが455Lであるのに対し、MR-WX47LDでは470Lとやや増えています。

     

    それに伴い、横幅も、MR-B46Dの60㎝から65㎝へと大きくなりました。MR-B46Dは、スリムで大容量と、狭い部屋でもスペースをとれる点が売りでありましたが、MR-WX47LDの方は、スペース的にやや余裕があり、より多く収納したいご家庭向きであると言えましょう。

     

    その他、各種機能でみていくと、「氷点下ストッカーD」や「クリーン朝どれ野菜室」などの主な機能は変わりませんが、MR-WX47LDの方に追加された機能があります。まず、フリータマゴケースは、たまごを収納する取っ手付きのケースで、棚の好きな位置に設置でき、出し入れも簡単で便利です。

     

    もう一つが、冷蔵室のオートクローザーです。これは、扉が半開き状態のままである時に、自動的に閉まるという便利なもので、電気の無駄遣いや、冷蔵庫内の温度上昇を防ぐことができるという、ワンランク上の機能です。

     

    このようにみていくと、MR-WX47LDはMR-B46Dよりややグレードが上がっておりますが、その分、金額も高めです。部屋の広さや金銭的に余裕がある場合は、MR-WX47LDを選択する考えもありでしょう。

    MR-B46DとMR-B46Aの違い

    MITSUBISHI

    三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】MITSUBISHI 置けるスマート大容量シリーズ MR-B46D-W

    価格:169,800円(税込)

    ビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    三菱製の冷蔵庫のMR-B46Dと同シリーズのMR-B46Aとで、主に三菱電機のメーカーサイトを参考に、相違点を比較してみました。まず色合いですが、クリスタルピュアホワイトはどちらにも共通の色です。もう一つの色は、MR-B46Dの方はクリスタルフローラル、MR-B46Aではクリスタルロゼがあります。

     

    ただ、こちらも見た目の色合いは似ており、色合いの点では、大きな差はありません。次に仕様を比較してみたところ、外形寸法や重量は同じで、また容量も455Lと共通しています。一方、消費電力を比較したところ、MR-B46Dは年間で245kwh、MR-B46Aの方は年間で255kwhでした。

     

    つまり、後継機であるMR-B46Dの方が、大きさはそのままで消費電力を抑えることができているという結果でした。その他では、付属品にやや差があるようです。MR-B46Aに付属しているものはタマゴトレイや製氷皿、瞬冷凍用アルミトレイですが、MR-B46Dには、さらに多くの付属品がいくつも付いています。

     

    例えば冷蔵室では氷点下ストッカーケース、製氷室では貯氷箱や防音マット、冷凍室ではフリージングケース、野菜室ではスライドケース、など豊富にあります。全体的に2つの商品の機能性などに大きな差はありませんが、付属品サービスと消費電力の点で、MR-B46Dの方が改善されていると言えます。

     

    あとは双方の値段を見比べ、それでもMR-B46Dの方が値段が安ければ、MR-B46Dの方を買いで問題ないでしょう。

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dの総合評価

    MITSUBISHI

    三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】MITSUBISHI 置けるスマート大容量シリーズ MR-B46D-W

    価格:160,811円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカー三菱電機 (MITSUBISHI)商品名MR-B46D-W・MR-B46D-F
    サイズ幅600×奥行699×高さ1821mm庫内容量455L
    ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
    その他機能氷点下ストッカーD・切れちゃう瞬冷凍・クリーン朝どれ野菜室・置けるスマート大容量

    三菱 冷蔵庫 MR-B46Dについて、商品概要やおすすめポイント、口コミ、レビューと同社の関連商品との比較結果などについて紹介してきました。MR-B46Dには、「氷点下ストッカーD」をはじめとして「クリーン朝どれ野菜室」など多機能であることが特徴でした。

     

    また、狭いスペースでも設置できるスリム設計でかつ大容量である点や、温度帯別に部屋が分かれていて使い分けができ省エネ、静音設計で夜も静かなど、おすすめポイントをいくつもあげられます。

     

    しかし、これが逆に、多機能に慣れない人にはあだとなり、うまく使いこなせずに収納する場所を間違えたりした結果、食材を痛めるなどして捨ててしまうなど、結果、省エネもできなくなってしまうケースもみられます。

     

    使いこなさなければならないというハードルはありますが、あらかじめこれらの機能を知ったうえで、承知して購入するのであれば、日々のキッチン作業において多くの恩恵を受けることができるでしょう。うまく使いこなせた時は、この商品のポテンシャルを余すことなく引き出すことができ、省エネにも一役買うこともできるかもしれません。

    関連する商品

    冷蔵庫の人気商品