アクア aqr-sv27h 冷蔵庫の評価・レビュー・製品情報・価格比較

0
最安値:¥78,000
アクア aqr-sv27h 冷蔵庫の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、アクア aqr-sv27h 冷蔵庫がどんな人におすすめなのかを評価しました。

aqr-sv27hのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

こちらの記事もおすすめ

アクア AQR-SV27Hの商品情報

アクア AQR-SV27Hの基本スペック

アクア 272L 3ドア冷蔵庫(ヴィンテージブラック)【右開き】AQUA SVシリーズ AQR-SV27H-K

価格:89,257円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーアクア(AQUA)株式会社商品名アクア3ドア冷蔵庫(ヴィンテージブラック・アンティークホワイト) AQR-SV27H
寸法・サイズ幅600mm×高さ1419mm×奥行657mm(奥行はハンドル部除く)庫内容量272L
ドアの開き方右開き省エネ性能(★~★★★★★)★★★★★
年間消費電力320/320kWh/年年間消費代8640円
その他機能旬鮮チルド・グリップハンドル・インバーターコンプレッサー

アクア AQR-SV27Hのおすすめポイント

鮮度長持ちの「旬鮮チルド」

SVシリーズ全サイズに搭載されている機能です。食材を素早く冷やし、チルドルーム内の冷気に潤いを与えるHCS2-C フィルターを搭載することで、湿度コントロールが可能になりました。従来にチルド室に比べて、鮮度保持効果がアップしています。

使い勝手のいい「グリップハンドル」

使用頻度の高い冷蔵庫は、使いやすいものを選ぶことが大切です。アクア AQR-SV27Hは、デザイン性に優れたシンプルでスタイリッシュな外観が特徴的です。グリップハンドルを採用したことで、握りやすく冷蔵庫の開け閉めがスムーズです。

省エネ設計の「インバーターコンプレッサー」

電源を入れっぱなしにする冷蔵庫は、省エネ設計であるかどうかも重要です。アクア AQR-SV27Hには、インバーターコンプレッサーを搭載しているので、運転を制御と効率アップを可能にし、2021年度省エネ基準100%を達成しています。

アクア AQR-SV27Hの徹底レビュー(評価・口コミ)

アクア AQR-SV27Hの悪い点をレビュー

冷凍庫がやや手狭に感じる

アクア AQR-SV27Hは中段が冷凍庫になっているタイプです。自動製氷皿が冷凍庫内に設置されている分、冷凍庫内のスペースが若干手狭に感じうてしまう場合があります。冷蔵庫と冷凍庫をフル活用したい人には不向きとなってしまうかもしれません。

一人暮らしには少し大きすぎる

アクア AQR-SV27Hは272Lの容量があります。一人暮らしでも自炊をする人や、冷蔵庫には常に食材を入れておきたいという人なら十分な容量でしょう。しかしあまり冷蔵庫を使わない一人暮らしの人には、少し大きいと感じてしまう場合があります。

野菜室が固定されている

アクア AQR-SV27Hの下段は野菜室になっています。野菜室は固定式のバスケットタイプのため、スライドできません。奥に入れた食材がわかりにくかったり、使いたい時に取り出しにくかったりするのは否めません。

 

使い勝手を良くするためには、仕切りや冷凍保存できるパックなどを活用するなど一工夫が必要です。

アクア AQR-SV27Hの良い点をレビュー

コンパクトサイズなのに自動製氷機が付いている

アクア AQR-SV27Hは272Lとコンパクトサイズで価格も手頃なのに、自動製氷機が付いているのが特徴です。毎回製氷皿で氷を作るよりも手軽ですし、タンクに水を入れておけば自動で氷をストックしておけます。

 

コンパクトサイズの冷蔵庫に、自動製氷機付き機能を求める人には最適です。製氷ユニットは外せますし、氷を平らにした場合は約100個までストックが可能です。

冷蔵庫の上にオーブンレンジを置ける

アクア AQR-SV27Hの上部は天板仕上げになっており、耐熱度100度のテーブルが付いています。キッチンが手狭でスペースを有効活用したい時、アクア AQR-SV27Hなら上にオーブンレンジを置いておけます。

 

ただしオーブンレンジのサイズやタイプによっては、置けない物もあるのでサイズや冷蔵庫の上に置いて使えるかどうかの確認が必要です。可能であれば、手狭なキッチンに冷蔵庫とオーブンレンジを設置できます。

スタイリッシュでおしゃれな冷蔵庫

アクア AQR-SV27Hには、ヴィンテージブラックとアンティークホワイトの2カラーが揃っています。落ち着いた印象に見せたい時や、インテリアに合わせて黒を選びたいという場合、黒い冷蔵庫は価格が高めの傾向があります。

 

ワンルーム等の場合は他のインテリアを黒で統一しているのに、冷蔵庫だけ白というとアンバランスな印象になってしまいがちです。ヴィンテージブラックを選べばインテリアを黒で統一したい時にも安心です。リーズナブルな価格も魅力と言っていいでしょう。

アクア AQR-SV27Hの口コミを集めました

この容量で野菜室と冷蔵、チルドが分かられるのは本当に助かってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

アクア AQR-SV27Hは272Lとコンパクトながら、冷蔵室・冷凍室・野菜室と3つに分かれています。コンパクトサイズの冷蔵庫の多くは、扉が一つで内部が冷凍・冷蔵に分かれている物が多いので、使い勝手という点でも非常に優れています。

値段がまず満足。サイズもちょうど良く、黒色もカッコいいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

冷蔵庫のように頻繁には買い換えないものの、価格が大きくなりがちな家電は予算に合っている事が大切です。家庭によって冷蔵庫を置くスペースも異なり、求める色も違っています。アクア AQR-SV27Hは、値段・サイズ・色ともに手頃というのが魅力です。

チルドの性能が良いと聞き購入。 ドアの取手が飛び出ていて、やぼったい感じが有りますが 開けやすいと思います。 冷蔵庫の上にもレンジやオーブンが乗せれ便利です。

出典:https://www.biccamera.com

アクア AQR-SV27Hのウリの一つである、「旬鮮チルド」は、性能を重視する人にも高く評価されています。デザインについては多少好みの違いはありますが、使い勝手のいいグリップハンドルも魅力です。上にレンジやオーブンを置けるというのもポイントです。

氷も早速使ってみましたが音がうるさいこともありません。高さもちょうどいいし、スペースも問題ありません。

出典:https://www.biccamera.com

アクア AQR-SV27Hは、サイズが小さいのに自動製氷機付きというのも選ばれるポイントになっています。音がうるさいということもないので、ワンルームの一人暮らしの人にも多く選ばれています。

冷凍室は製氷機能がついているため、それ以外の場所のスペースがあまりに狭すぎて収納力がなさすぎるところが難点。

出典:https://www.biccamera.com

アクア AQR-SV27Hは、コンパクトサイズながら製氷機が付いているのがポイントです。ただしコンパクト故に、製氷機がある分スペースが狭くなってしまうのは否めません。冷凍庫のスペースを気にしないなら問題なく使えるでしょう。

この商品の3段の容積配分だと生活スタイルによっては使い勝手の善し悪しが分かれるかもしれません。

出典:https://review.rakuten.co.jp

アクア AQR-SV27Hは、コンパクトサイズで3ドアという特徴があるため使う人によっては、使いにくいと感じたり、狭いと感じたりしてしまう事があるようです。冷蔵庫はライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

一人暮らしだが、冷凍庫がここまで狭いと致命的。野菜室も、野菜は立てておくことはできない。慣れもあるのだろうが、今のところとても使いづらい。

出典:https://www.biccamera.com

一人暮らしでも冷蔵庫の容量に余裕がほしい人には、アクア AQR-SV27Hが少し手狭に感じてしまう事があるようです。サイズ重視でコンパクトな冷蔵庫を求める人にはおすすめですが、容量が欲しい場合は物足りないと感じてしまうようです。

チルドの性能が良いと聞き購入。 ドアの取手が飛び出ていて、やぼったい感じが有りますが 開けやすいと思います。

出典:https://www.biccamera.com

アクア AQR-SV27Hは、取っ手のデザインがスタイリッシュという良い評価もある反面、人によってはあまり好みではない事もあるようです。デザイン性を重視する場合は、取っ手の無い機種を選ぶのもいいでしょう。

アクア AQR-SV27Hの関連商品と比較する

アクア AQR-SV27HとAQR-36HLの違い

AQUA

アクア 355L 4ドア冷蔵庫(ミスティシルバー)【左開き】AQUA AQR-36HL-S

価格:66,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQR-36HLは、AQR-SV27Hよりも半年後に発売されたモデルです。価格帯や見た目のデザインはほぼ同じですが、容量が355Lと大きく左開きの4ドアというのが特徴です。真ん中の2段がフレイーザーになっているので、食材や用途に合わせて使い分けできるのがポイントです。

 

卵皿&チューブスタンドには、玉子12個とチューブが4本まで入るので、使い勝手が良くなっています。冷凍室のスペースはAQR-SV27Hでは50Lですが、AQR-36HLでは89Lとなっており、冷凍庫は広くなっています。

 

容量が増えた分サイズも、幅600mm×高さ1729mm×奥行662mmと大きくなっているので、AQR-SV27Hよりもスペースに余裕が求められます。冷蔵庫を使う上で気になるし「省エネ率」については、2021年省エネ達成率83%と、AQR-SV27Hに比べると若干下がっています。

 

年間電気代はAQR-SV27Hが約8,640円に対し、AQR-36HLは約11,340円です。大型になった分仕方ない部分はありますが、AQR-SV27Hでは手狭でスペースに余裕が欲しい人にはいい選択肢となるでしょう。

アクア AQR-SV27HとAQR-16Hの違い

AQUA

アクア 157L 2ドア冷蔵庫(ミルク)【右開き】AQUA and Smart AQR-16H-W

価格:39,237円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQR-16Hの発売日はAQR-SV27Hの1ヶ月後ですが、コンパクトで使い勝手のいい冷蔵庫が欲しい時の選択肢としておすすめです。AQR-SV27Hとの違いは、2ドアで容量が157Lというところです。サイズは幅525mm×高さ1160mm×奥行576mmとなっており、壁にピッタリ設置できる薄型設計です。

 

壁にピッタリ設置しても、静音設計(約25db)なので音はそれほど気にならないでしょう。庫内灯はLEDライトを採用しているので、明るく見やすい設計となっています。野菜室はなく上段が冷蔵室、下段が冷凍室になっています。

 

2ドアでありながら、冷凍室は54LとAQR-SV27Hよりも少し大きめです。ただし自動製氷機能は付いていません。冷蔵室は103LとAQR-SV27Hより75L少なめとなっています。冷蔵庫本体の価格はAQR-SV27Hよりも安く、約半額とお手頃です。

 

大きさは多少違うものの、2021年省エネ基準達成率100%と、省エネタイプというのもポイントです。年間の電気代は、約8,316円とAQR-SV27Hと比べてもほとんど変わりません。野菜室はありませんが、低温フリーケースで代用する事は可能です。

 

色はミルクとルージュの2色揃っています。冷蔵庫の上にはワイドタイプのオーブンレンジが置けるなど、小さいながらメリットの多い冷蔵庫となっています。

アクア AQR-SV27Hの総合評価

アクア 272L 3ドア冷蔵庫(ヴィンテージブラック)【右開き】AQUA SVシリーズ AQR-SV27H-K

価格:89,257円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクア AQR-SV27H 冷蔵庫の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

アクア AQR-SV27Hの魅力は、旬鮮チルドにより食材が長持ちすることと、インバーターコンプレッサー搭載により省エネ率が高いことです。グリップハンドルは握りやすく、扉の開け閉めがしやすいのでストレスなく開閉できるのもポイントと言っていいでしょう。

 

購入しやすい価格帯には少ない、ヴィンテージブラックという色があるのも人気の理由となっています。スタイリッシュでデザイン性に優れているので、どんな雰囲気のキッチンにもマッチします。

 

冷蔵庫に欲しい機能として多く聞かれる、自動製氷機も付いているので使い勝手の良さという面でもおすすめです。食材を多めにストックしておきたい一人暮らしの家庭はもちろんのこと、二人暮らしの家庭にも十分使えるサイズの冷蔵庫です。

関連する商品

冷蔵庫の人気商品