【ソニー(SONY)のテレビリモコン】効かないときの正しい設定方法を解説

ソニーのテレビリモコンが効かないとき故障ではないかと心配になりますよね?この記事ではソニーのテレビリモコンが反応しないときの対処方法やリセット方法を解説。また他社のテレビにも使えるソニー純正リモコンからスマホをリモコンとして使えるアプリまで紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

テレビは日々の生活に欠かせません。起床後・帰宅後にはとりあえずテレビをつける、という方が多いでしょう。ソニー(SONY)のテレビ「ブラビア(BRAVIA)」は映像も音もきれいなので、テレビを見るのがさらに楽しくなります。

 

そんなテレビを見るときに欠かせないのがリモコンです。チャンネルや音量を変更するだけでなく、最近は番組表を見ながら録画予約をしたり、データ放送を楽しんだりと大活躍してくれます。そんな大事なリモコンが効かないとたいへん困りますよね。

 

そこで、本記事ではソニーのテレビリモコンが反応しないときの対処法を解説します。また、買い替えにおすすめのソニー純正テレビリモコン、ソニーのテレビリモコンで他のメーカーのテレビを見るときの設定方法、リモコン代わりになるアプリまでご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

今すぐ見る!ソニーの純正テレビリモコン

ソニーのテレビリモコンを何度押しても反応しない・反応が遅い・動かないときは、リモコンの故障を疑いますよね。しかし、壊れたと判断して無理に分解する前に試すべきことがいくつかあります。リモコンが効かない原因と対処方法を解説するので確認してみましょう。

テレビの受光部に障害物がないか確認

テレビにはリモコンか送られた信号を受ける「受光部」という場所があります。ソニーのテレビの受光部は前面の中央LED部分か、左/右側の「R」マーク部分に位置しています。

 

受光部の周りに物が置いてあったり、受光部に強い光が当たったりしていると、それらが障害となるためリモコンからの信号がテレビに届きません。障害物を取り除き再度操作してください。

リモコンの電池切れの場合は電池交換をしよう

リモコンの電池切れが原因で、リモコンが効かないことも考えられます。ソニーのテレビリモコンの電池持続時間は約1年です。1年以上続けて使用している場合は、電池交換してください。なおリモコンが何かの下敷きになってリモコンの操作ボタンが押され続けることで電池の消耗が早まるケースもあります。リモコンの置き場所には気をつけましょう。

 

ソニーのテレビリモコン電池カバーには以下の2種類があります。

  • 背面の下側部分のみをスライドするもの
  • 背面カバー全体をスライドするもの

 

電池を2つ以上使用する場合は、同じメーカー・種類の電池を使用しましょう。また、Bluetoothを使用するテレビの場合は、比較的寿命の長いアルカリ電池の使用がおすすめです。

リモコンの送信部をカメラで確認する

「IR」マークのついた赤外線方式のリモコンを対象とした送信部の確認方法です。リモコンが機能しているかどうか「携帯電話のカメラ」を使って確認できます。手順は以下のとおりです。

 

  1. 携帯電話のカメラを起動する
  2. リモコンの送信部をカメラに向けて正しく動作しないボタンを押す
  3. 携帯電話の画面から送信部が光って見える→リモコンは正常/送信部が光って見えない→電池切れ、故障の可能性

 

一部のスマートフォンでは赤外線が映らないものがあるようです。その場合は自分撮りモードで試してみましょう。CCDが用いられているデジタルカメラやビデオカメラなどでも確認可能です。

リモコンをリセットする

電池交換をして間もないのにリモコンが効かない場合は、リモコンをリセットして様子をみてください。リモコンを落とすなど、外部からの刺激によって電池が接触不良を起こしているのかもしれません。静電気で一時的に反応しなくなることもあります。

 

リモコンのリセット手順は以下のとおりです。

  1. リモコンから電池を抜く
  2. 電源ボタンを3秒間押す
  3. 電池を入れ直す

テレビ本体を再起動する

リモコンではなくテレビ本体の不具合が原因の可能性もあります。上の3つの方法を試してみてもリモコンが反応しないときは、テレビ本体を再起動してください。本体の再起動はテレビが映らないときなど、リモコン以外のトラブルにも有効です。

 

Android TVの場合はリモコンの電源ボタンを長押しすると再起動できます。それ以外のテレビは電源コードを抜き差しすることで再起動します。電源コードを抜いて、2分ほど経ってから再度コードを差してください。

ソニーのテレビを使っているなら、リモコンもソニー製がおすすめです。ソニーのテレビリモコンには3つのシリーズ、計6品の現行品があります。ここでは、それぞれの商品を詳しくご紹介します。買い替えの際の参考にしてください。

AV機器以外も操作できる「学習マルチリモコン」

まずご紹介するのは、学習マルチリモコンです。ソニーのテレビリモコンの中で最も多機能なリモコンで、1つのリモコンで様々な操作がしたい方におすすめです。学習マルチリモコンの特長と、現行モデル2品の詳細を解説します。

特長

学習マルチリモコンはテレビだけでなく、複数のAV機器の操作ができます。ソニー製はもちろん、他社のAV機器メーカーの信号も記憶されているので、簡単な設定で他社の機器にも使用可能です。

 

最も大きな特長は「かんたん学習」機能が付いていることです。AV機器以外のリモコン信号も記憶できるので、エアコンや照明器具など赤外線リモコンを使う家電を、学習マルチリモコン1つで操作できます。

学習マルチリモコン2品をご紹介

ソニー(SONY)

学習リモコン RM-PLZ530D

価格:3,300円 (税込)

8台のAV機器+家電の操作ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学習リモコン「RM-PLZ530D」は最大で8台までのAV機器の操作ができます。録画機器だけでなく、CDプレーヤーやビデオカメラなどにも対応しています。自宅のAV機器の操作がすべて1つのリモコンで済みますね。3Dボタンやアクトビラボタンなど、様々な機能に対応したボタンもついています。他社のテレビのリンク機能も操作できますよ。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PLZ530D S・L・R
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 54×210×27mm 重量 165g
ソニー(SONY)

学習リモコン RM-PLZ430D

価格:2,073円 (税込)

5台のAV機器の操作ができる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学習リモコン「RM-PLZ430D」は最大で5台のAV機器の操作が可能です。上でご紹介した「RM-PLZ530D」との大きな違いは、操作できるAV機器の台数と、「かんたん学習」機能で記憶できるリモコン信号の数。どちらも本機種の方が少ないです。しかしその他の機能はほぼ同じ。高機能でリーズナブルなリモコンをお探しの方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PLZ430D
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 52×210×27mm 重量 167g

複数のAV機器の操作が可能!「マルチリモコン」

ソニー(SONY)

マルチリモコン RM-PZ210D

価格:1,960円 (税込)

3台のAV機器の操作が可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

次にご紹介するのは「マルチリモコン」。現行モデルは1品のみとなっています。「RM-PZ210D」はテレビを含め最大3台までのAV機器の操作が可能です。レコーダーやチューナー、ケーブルテレビホームターミナルの操作もできますよ。学習マルチリモコンと異なるのは、家電の操作ができないことです。また、データ放送や番組表には対応していますが、アクトビラなどインターネット接続のボタンはありません。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PZ210D W・S
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 52×210×27mm 重量 167g

テレビメインで使うなら「かんたんリモコン」

最後にご紹介するのは「かんたんリモコン」です。「テレビの操作ができればいい」という方におすすめのシリーズです。現行モデル3品それぞれの特長を解説します。

特長

かんたんリモコンの特長は、テレビの操作に特化していることです。ボタンが大きく押しやすかったり、機能が少なめでわかりやすかったりと、子どもからお年寄りまで家族みんなが使いやすいデザインです。

 

また「ズバとびっ!」というソニー独自の機能を搭載しています。リモコンの信号を幅広い角度から送ることができるので、低い位置に置かれたテレビも操作しやすいと好評です。

かんたんリモコン3品をご紹介

ソニー(SONY)

マルチリモコン RM-PZ130D

価格:2,020円 (税込)

録画機器の操作もできる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「マルチリモコン RM-PZ130D」は、BDレコーダーなど録画機器の操作もできるボタンを搭載しています。テレビ内蔵のレコーダーはもちろん、外付けでも操作可能です。上でご紹介したマルチリモコンとの違いは、録画機器以外のAV機器の操作ができないこと。チューナーやアンプなどの操作には対応していません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PZ130D B・S・W
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 52×210×27mm 重量 175g
ソニー(SONY)

ソニー テレビリモコン RM-PZ110D

価格:1,800円 (税込)

ホールド機能で誤作動を防ぐ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビリモコン「RM-PZ110D」には、「ホールド機能」が付いています。ボタンを押しても操作ができないように設定できるので、子どもやペットのいる家庭におすすめです。カラーは全5色展開。リモコンには珍しいピンク色もありますよ。リーズナブルで気軽に購入しやすい価格なのも魅力的です。操作できるのはテレビのみとなっています。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PZ110D B・S・W・L・P
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 52×210×27mm 重量 167m
ソニー(SONY)

ソニー テレビリモコン RM-PZ3D : 防滴対応 ホワイト

価格:1,670円 (税込)

大きなボタン&防滴仕様で使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ用リモコン「RM-PZ3D」は大きなボタンが特徴的。機能もシンプルでボタンの配置もわかりやすいため、ボタンの押し間違いも防げます。さらに防滴仕様になっているのも嬉しいポイントです。サイドにはすべり止めが付いているので、手が濡れていてもしっかり持つことができます。操作できるのはテレビのみです。カラーは他にブラック・シルバーがあります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 RM-PZ3D S・B・W
電源 単3形乾電池2本 動作距離 約11m
サイズ 63×149×30mm 重量 130g

ソニー純正のリモコンをご紹介しましたが、リモコンの買い替えを安く済ませたい方や予備としてリモコンを購入したい方には、低価格な純正以外のリモコンもおすすめです。すでに生産終了となっていますが、今ならまだ購入可能なエレコムのブラビア用リモコンをご紹介します。

エレコム

エレコム テレビリモコンソニー ブラビア用 ERC-TV01BK-SO

価格:1,470円 (税込)

設定不要ですぐに使えるかんたんリモコン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 難しい設定不要で、そのまますぐに使えるソニー・ブラビア用のかんたんTV用リモコンです。ブラビアの2012年以降発売機種であれば基本的に対応していますが、購入前に公式サイトで確認したり、メーカーに問い合わせたりすることをおすすめします。

 

Netflixなどのリモコンボタンにも対応し、ボタン数は充実。手の小さな人でも操作しやすい長さ205mmサイズを採用しているため操作性に優れています。しかしレコーダーに対応していない点は注意が必要です。

メーカー ELECOM(エレコム) 商品名 ERC-TV01BK-SO
電源 DC3V 単四形乾電池 2本(別売) 動作距離 -
サイズ 幅約49mm x 高さ約205mm x 厚さ約25mm 重量 162 g

ソニーのテレビリモコンは基本的に他社テレビとの互換性があります。日立やパナソニックのテレビでも、ソニーのテレビリモコンで操作できます。学習マルチリモコン・マルチリモコンなら他社のAV機器の操作も可能です。

 

設定方法はシリーズによって異なります。学習マルチリモコンには他社の機器の信号が記憶されているので、以下の2ステップのみで設定できます。

 

  • ソニーのリモコンのSETボタンとTV/チューナーなどの機器切替ボタンを長押し
  • 登録したい機器のリモコンの電源ボタンを押す

 

他のリモコンの場合は、リモコンの 「テレビ電源」ボタンを押しながら2桁のメーカー番号を押すことで設定できます。対応しているメーカーや詳しい設定方法については、取扱説明書や公式サイトでご確認ください。

ソニーの「Video & TV SideView」は、スマホやタブレットをリモコン代わりに使うことができる便利なアプリです。一般的なテレビリモコンのように赤外線を使わないので、角度や場所など条件に左右されずテレビを操作できます

 

アプリならではの便利機能もたくさん搭載しています。アプリから番組表を確認して録画予約したり、見たい番組を登録して放送開始時に合わせて通知を送ったりすることも可能です。対応機器については公式サイトで確認できます。

 

Video & TV SideView|Apple Storeはこちら

 

Video & TV SideView|Google Playストアはこちら

ソニーのテレビリモコンが効かないときは、焦らずに本記事で紹介した対処方法を試してください。リモコンを買い換えるときは「テレビ以外の機器の操作もしたい」「テレビだけ操作できればいい」など使い方を考えて選べば後悔しません。テレビリモコンを使いこなして快適にテレビを楽しみましょう。