【2021年版】テレビ録画におすすめの人気外付けHDDランキング10選

多忙な現代人におすすめなのが、テレビ録画が可能な外付けHDD。平日に放送された番組を沢山撮り溜めて、週末に一気に視聴することも出来る便利なアイテム。今回はテレビ録画で使える人気のおすすめ外付けHDDをランキング形式でご紹介します。

2021/10/21 更新

外付けHDDは、テレビやパソコンにUSB端子を介して接続して、動画データ等の様々なファイルを保存するための記憶装置です。以前はパソコンで使うことが多かった機器ですが、地上デジタル放送が開始されて以降は、テレビに接続して使用する需要が高まっています。

 

外付けHDDをテレビで使用する場合、先ずはテレビにUSB端子が用意されている必要があります。安価なテレビや年式が古いテレビであると、USB端子が用意されていない場合があるので、必ず購入を検討する前に確認をしましょう。

 

そんな外付けHDDですが、現在は数多くの種類が販売されており、どれを選んで良いのか迷っている方も多い筈。ここでは、用途をテレビ録画に絞って、外付けHDDの選び方やおすすめの人気機種について紹介していきます。

外付けHDDの人気機種を確認する前に、先ずは外付けHDDの選び方を確認しましょう。ここでは、外付けHDDを購入する前に覚えておきたいポイントについて、ご紹介します。

容量で選ぶ

 外付けHDDを購入する際に、容量は最も重要なポイントです。容量が大きければ大きい程、録画できる番組の数や時間は増えていきます。ここでは、容量の選び方について確認していきましょう。

何時間分の番組を録画可能か

凡その録画時間の目安としては、『地上デジタル放送:1TB辺り約120時間』、『BSデジタル放送:1TB辺り約90時間』、『新4K放送:1TB辺り約65時間』となります。

 

地上デジタル放送の場合、1TBで約120時間分はたくさん録画可能だと感じるかもしれませんが、好きなドラマを消さずに取って置いたりして、意外とすぐになくなります。

 

ですので、外付けHDDの容量は、予算の範囲内で一番大きなものを選ぶのをおすすめします。

容量の種類

HDDは年々容量が増加しています。2019年現在、最大16TBのHDDが登場していますが、まだまだ価格はかなり高額です。

 

テレビ録画対応の外付けHDDの場合、最大10TBの製品が販売されています。

大きさで選ぶ

外付けHDDには、据え置きタイプと持ち運びもできるポータブルタイプが存在します。価格的には、据え置きタイプのほうが高容量で低価格ですが、シンプルで目立たないデザインがお好みなら、ポータブルタイプもおすすめです。

据え置きタイプ

最もオーソドックスな外付けHDDです。テレビ録画に対応している据え置きタイプの外付けHDDであれば、2019年現在で最大10TBの外付けHDDが販売されています。

 

価格と容量のバランスが良く、長時間録画などのハードな使用を想定されている方には、据え置きタイプをおすすめします。

ポータブルタイプ

据え置きタイプよりも一回り以上小さな大きさが特徴なのが、ポータブルタイプの外付けHDDです。小さな分、容量は据え置きタイプには及ばず、2019年現在、テレビ録画に対応したポータブルタイプの外付けHDDの最大容量は5TBです。

 

部屋のインテリアに凝っている方やスペースに余裕がない方、省エネ重視の方であれば、ポータブルタイプをおすすめします。

付加機能で選ぶ

 外付けHDDはパソコンでも使う機器であるため、多くの製品が販売されています。そこで、そのような多くの製品の中で、よりテレビでの利用に特化した機能をご紹介します。

24時間録画対応

基本的にどの外付けHDDでも24時間録画は機能的には可能です。しかし、いざ24時間連続録画をさせてみると、熱暴走やデータ処理のエラーなどが発生して、録画に失敗することがあります。

 

そのため、外付けHDDを安定的に24時間連続で録画させるには、外付けHDDの中に入っているHDDの安定性が担保されていること、HDDから発生する熱を効率的に排熱する設計がなされていることが重要です。

 

そこで、メーカーが24時間連続録画が可能なように事前にチェックしている製品には、”24時間連続録画対応”などの表示があります。購入時はぜひ確認をしましょう。

静音タイプ

外付けHDDの中のHDDという機器は、プラッタと呼ばれる円盤を高速で回転させ、その円盤に磁気によってデータを記憶させます。そのため、静音化がしっかりとされていない機器は、『フィーーン』というモーター音が聞こえてきます。

 

寝ているときや映画を観ているときに、不快なモーター音や冷却用ファンの音が聞こえてくると気分も台無しです。しっかりと静音化されている製品を選びましょう。

HDD状態診断機能

外付けHDDの中のHDDには寿命があります。HDDは非常に精密な機器であるため、モーターの劣化や磁性体の劣化により、概ね平均寿命は約1万時間といわれています。

 

24時間連続稼働させていれば、1年2か月程度で製品寿命に達します。そのため、HDDは自己診断機能が付加されており、それによりある程度故障の前兆を察知することができます。

 

そして、外付けHDDには、そのHDDの自己診断機能を通じて、故障の前兆をユーザーが確認する機能を有する製品があります。大切なデータが失われる前に故障の前兆を察知して、バックアップや買い替えに役立てましょう。

『SeeQVault』対応

原則として、著作権保護のために外付けHDDに録画した映像は、録画時に接続していたテレビ以外では視聴することができません。そのため、テレビを買い替えたりすると、以前のテレビで外付けHDDに録画した番組は視聴できなくなります。

 

そこで開発されたのが、『SeeQVault』という機能です。この機能が搭載されている外付けHDDであれば、新たにテレビを購入した際にも問題なく視聴できますし、更にはスマホやタブレットでの視聴も可能です。

 

ただし、この機能は外付けHDDだけではなく、テレビ側でも『SeeQVault』に対応している必要があります。同機能に対応しているテレビをお持ちの方であれば、ぜひ『SeeQVault』対応の外付けHDDを選択しましょう。

10位 Seagate Technology

Expansion HDD 8TB

価格:22,020円 (税込)

テレビ録画対応の大容量8TB外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大の売りは大容量の8TBでは最安値級の価格であることです。地上デジタル放送を録画するのであれば、1,000時間近くの番組を録画することが可能で、2時間映画であれば500本保存可能!

 

また、製造しているSeagate Technologyは、HDD製造メーカーとしては世界最大手の米国企業で、エレコムやブッファロー等のパソコン周辺機器メーカーと違い、HDDを自前で製造しているため、最新型のHDDを搭載したモデルを素早く展開しています。

 

反面、HDD自己診断機能などの付加機能が殆どなく、使い勝手の面では劣るものとなっています。

メーカー Seagate Technology 商品名 Expansion HDD
型番 STEB8000301 機能 USB3.0・静音(ファンレス設計)
HDD容量 8TB 寸法/サイズ 120.6×36.6×176mm
重量 948g タイプ 据え置き型
9位 ADATA

HV620S 4TB ホワイト

価格:14,213円 (税込)

大容量4TBのポータブル外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ADATAという会社の名前に馴染みがない方も多いのではないでしょうか。ADATAは台湾の半導体メーカーで、USBメモリやメモリーカードを主に製造している、大手半導体メーカーです。

 

そこから発売されたのが当機ですが、ポータブル外付けHDDとして必要な機能は備えており、特に見た目の美しさに拘った商品です。そのため、外付けHDDとしては珍しい本体色として、ブルーが用意されています。

 

メーカー ADATA 商品名 HV620S
型番 AHV620S-4TU31-CWHEC 機能 USB3.1(Gen1)・静音・SMART TV録画機能
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 78×11.5×115mm
重量 299g タイプ ポータブル
8位 バッファロー

ミニステーション ポータブルHDD 4TB

価格:14,359円 (税込)

設置しても目立たないポータブルタイプの外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブルタイプの外付けHDDとしては、大容量4TBであり、地上デジタル放送であれば、約480時間分の番組を録画可能。大きさも非常にコンパクトです。

 

付加機能もHDD自己診断機能の診断結果が確認できる機能があるため、故障の前兆をユーザーが見極めることも可能です。また、日本メーカー製なので、サポート体制も整っているのが嬉しいところですね。

メーカー バッファロー(BUFFALO) 商品名 ミニステーション ポータブルHDD
型番 HD-PCFS4.0U3-GBA 機能 USB3.1(Gen1)・静音・HDD自己診断機能『みまもり合図』
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 76×14×115mm
重量 200g タイプ ポータブル
7位 東芝

CANVIO BASICS(HD-ACシリーズ)2TB

価格:10,419円 (税込)

レグザに最適なポータブル外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝製テレビといえば”レグザ”ですが、本機も東芝の自社製品ですので、レグザとの相性は抜群です。その他、レグザブルーレイ、レグザサーバーでも動作確認済。

 

レグザを所有している方で、省スペース性を重視している方であれば、本機をおすすめします。

メーカー 東芝(TOSHIBA) 商品名 CANVIO BASICS(HD-ACシリーズ)
型番 HD-AC20TW 機能 USB3.1(Gen1)・静音・HDD自己診断機能・レグザとの動作確認済
HDD容量 2TB 寸法/サイズ 80×15×119mm
重量 322g タイプ ポータブル
6位 ロジテック

LHD-ENA040U3WS 4TB

価格:12,280円 (税込)

唯一の日本国内製造

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中小のパソコン周辺機器メーカーであるLogitecならではとして、当機は長野県で国内製造をしています。

 

機能としては、静音と熱対策に重点を置いた設計をしており、ファンレス設計でも十分な冷却を可能としており、HDDの安定的な動作に寄与しています。

メーカー ロジテック(Logitec) 商品名 LHD-EN
型番 LHD-ENA040U3WS 機能 USB3.1(Gen1)・静音(ファンレス)・
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 120×35×183mm
重量 1,220g タイプ 据え置き型
5位 アイ・オー・データ

HDCZ-UTLシリーズ 4TB

価格:9,678円 (税込)

各家電メーカーのテレビと動作確認済

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコン周辺機器メーカーの老舗、I-O DATAの4TB外付けHDD。テレビでの使用も前提に設計されており、テレビを製造する各家電メーカーと連携して、しっかりと動作確認済

 

また、I-O DATAは静音にも力を入れており、本機は3段階中2番目の『リビングで使っても音が気にならない』というレベル。不快な駆動音を気にせず、録画した番組に集中できます。

メーカー アイ・オー・データ(I-O DATA) 商品名 HDCZ-UTLシリーズ
型番 HDCZ-UTL4KB 機能 USB3.1(Gen1)・静音(ファンレス)・HDD自己診断機能『診断ミレル』・テレビ接続動作確認済
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 116×35×172mm
重量 1,040g タイプ 据え置き型
4位 バッファロー

HD-AD6U3 6TB

価格:16,800円 (税込)

テレビ録画にもしっかり対応の静音設計

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッファローはI-O DATAと双璧をなす、パソコン周辺機器の老舗メーカーで、外付けHDDも長年に渡り多くの機種を設計・販売しており、その信頼性には定評のある企業です。

 

そのバッファローから発売された本機は、テレビとパソコンの双方で使用可能な汎用外付けHDDとしては、静音性と放熱性には力を入れています。

 

全体として、コストと性能のバランスがよく取れている、コストパフォーマンスの良い模範的な外付けHDDです。

メーカー バッファロー(BUFFALO) 商品名 HD-ADU3シリーズ
型番 HD-AD6U3 機能 USB3.1(Gen1)・静音(ファンレス)・HDD自己診断機能『みまもり合図』・テレビ接続動作確認済
HDD容量 6TB 寸法/サイズ 114×33×171mm
重量 898g タイプ 据え置き型
3位 バッファロー

HDV-SAM4.0U3-BKA 4TB

価格:16,104円 (税込)

24時間連続録画にも対応

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ録画に特化した外付けHDDです。”SeeQVault”には対応していないものの、24時間連続録画に対応しています。

 

また、静音設計もランキング4位以下の外付けHDDよりも強化されており、騒音対策も徹底。

 

その他、HDD自己診断機能もパソコンに繋げなくとも確認ができるように、LEDランプの表示にてHDDの状況が確認できるようになっており、テレビ録画に使用するのに最適な設計となっています。

メーカー バッファロー(BUFFALO) 商品名 HDV-SAMU3-Aシリーズ
型番 HDV-SAM4.0U3-BKA 機能 USB3.1(Gen1)・静音(ファンレス)・HDD自己診断機能『みまもり合図』・テレビ接続動作確認済・24時間連続録画対応
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 114×33×171mm
重量 898g タイプ 据え置き型
2位 アイ・オー・データ

AVHD-URSQ4 4TB

価格:21,082円 (税込)

テレビ録画専用のフルスペック外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ録画専用の外付けHDDです。24時間連続録画対応、SeeQVault対応、HDD自己診断機能搭載、静音設計と機能もフルスペックです。

 

また、テレビ録画に最適化されたAVHDコントローラーを搭載しており、パナソニックのビエラやブルーレイディーガと接続することにより、録画エラーを防止する機能を使用することもできます。

 

このようにテレビ録画専用に設計されていますので、他の汎用型の外付けHDDより高額ではありますが、高機能な外付けHDDをお求めの方にはおすすめです。

メーカー アイ・オー・データ(I-O DATA) 商品名 AVHD-URSQシリーズ
型番 AVHD-URSQ4 機能 USB3.1(Gen1)・静音・HDD自己診断機能『診断ミレル』・テレビ接続動作確認済・24時間連続録画対応・SeeQVault対応
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 187×35.5×215mm
重量 1,400g タイプ 据え置き型
1位 バッファロー

HDV-SQ4.0U3/VC 4TB

価格:21,655円 (税込)

BUFFALOのテレビ録画専用フルスペック外付けHDD

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビ録画で使用する外付けHDDで最もおすすめなのが、こちらの機種です。テレビ録画専用機であるので、24時間連続録画対応、SeeQVault対応、HDD自己診断機能、静音設計とフルスペックです。

 

静音性については、ファンレス・防振・エアフロー設計により、寝室での使用も可能な静音性を実現しています。

 

こちらの機種であれば、外付けHDDでのテレビ録画を安心して行うことができる、最もおすすめなテレビ録画用外付けHDDです。

メーカー ブッファロー(BUFFALO) 商品名 HDV-SQU3/VCシリーズ
型番 HDV-SQ4.0U3/VC 機能 USB3.1(Gen1)・静音(ファンレス)・HDD自己診断機能・テレビ接続動作確認済・24時間連続録画対応・SeeQVault対応
HDD容量 4TB 寸法/サイズ 123×40.5×207mm
重量 898g タイプ 据え置き型

ここまでテレビ録画対応の外付けHDDおすすめランキング10選を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。外付けHDDは多数の種類が存在しているので、どれを選んで良いのか、お困りの方も多いと思います。ここに紹介されていたことを活用して、満足のいく買い物をされて下さればと思います。