ロゴスの人気テントおすすめ13選|有名なロゴスのテントを徹底解説!比較や特徴も

アウトドアブランドとして有名なロゴスは、キャンプの必需品でもあるテントのラインナップが豊富です。初心者にも簡単に設営できるワンタッチテントやワンポールテントから、ファミリー向けテントまであります。この記事では、ロゴスのテントの特徴とおすすめ商品をご紹介。他メーカーとの比較や評価も取り上げます。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

キャンプ初心者にとって、テントの設営や撤収は想像以上に苦労するものです。簡単そうに見えても実際にやってみると、どこから手を付けていいかわからず、設営までに何時間もかかってしまうことも!さらにキャンプが終わったら撤収もしなければならず、また時間を取られてしまいます。

 

ロゴスのテントは初心者でも簡単に設営・撤収ができるワンタッチテントやロゴス独自のQ-TOPシステムを採用したワンポールテントが充実しています。テント泊では重要となる居住性を考えて設計された前室付きや2ルームまで、キャンプスタイル合わせて選べるのもポイントです。

 

この記事ではロゴスのテントを選ぶ際のポイントやおすすめ商品の紹介、記事の最後にはテントの張り方やあると便利な商品も紹介します。ぜひ最後まで読んでキャンプに役立ててください。

ロゴスのテントは設営・撤収のしやすさ以外に、さまざまな魅力を備えています。口コミをもとにした評価もあわせてご紹介していきます。

ロゴスのテントは他メーカーと比較して手に入りやすい価格帯です。2~3万円台のテントが充実していて、中には1万円台のテントもあります。有名メーカーでありながら、この価格帯は嬉しいですね。

 

またロゴスのテントの魅力を語る上で外せないのが「おしゃれなデザイン性」。特にナバホシリーズはメイプルのマークがアクセントとしてあしらわれていてポップな雰囲気も兼ね備えています。女性からの人気も高く、アウトドアの雰囲気を一層盛り上げてくれること間違いなしです。

テントを設営するには、テント本体以外にテントを固定するためのペグ、テントの底を保護するグランドシート、地面からの湿気をブロックする防水マットなどが必要です。ペグはマットに付属していますが、グランドシートや防水マットは基本別売り

 

しかし、ロゴスのチャレンジセットはテントにグランドシート・防水マットが付属しています。セットで購入することでお得なのはもちろん、サイズがテントにぴったりなのでストレスフリーで使える点もポイントです。

ロゴスのテントはAmazonや楽天などのネットショップはもちろん、ホームセンターやコストコでも購入できます。コストコはテント以外に寝袋や屋外用のテーブル・チェア、クーラーボックスや野外で使うキッチンツールなど、アウトドア用品が充実。その上、キャンプ飯にぴったりな食材が豊富なので、コストコでアウトドアに必要なものを一式揃えるのもおすすめです。

重さも10キロ程で設営のやり易さなど総合的に見て満足しています。 この値段でこの大きさのテントを作ってくれた事が嬉しいですね。 層としては初心者やファミリー向けに作られていると思います。構造のシンプルさや使い勝手は申し分ないです。 ドーム型テントは大体同じ構造なので最初のテントとしてもおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

テント初購入のキャンプデビューしたての4人家族の我が家にはとっても素敵なテントでした!! 組み立てやすい!畳みやすい! タープとして良し!夜露から荷物を守れる!

出典: https://www.amazon.co.jp

ファミリー向け2ルームテント「ROSY ドゥーブルXL-BJ」の口コミです。初心者でも組み立てやすい上に2万円台ということでコスパの良さを感じる人が多いようですね。

通りすがりのキャンパーの方に「すてきなテントですね」と誉めていただけました~。 とてもかわいいです。

出典: https://www.amazon.co.jp

何より、デザインが目立ちます。通りかかる人たちから声をかけていただくこともあります。

出典: https://www.amazon.co.jp

「ナバホ Tepee」の口コミです。おしゃれで可愛いデザインに惹かれて購入する人が多く、実際に使ってみた感想として満足する声が目立ちました。通りすがりの人に声を掛けられるほど、アウトドアで存在感を発揮できるようです。

テントを販売するブランドは数多くありますが、その中でもロゴスと並んで人気の「コールマン」「DOD」との比較を表にまとめました。

 

ブランド 価格帯 どんな人におすすめ? 特徴
ロゴス 中価格帯 初心者 デザインの可愛さや女性人気は断トツ
コールマン 中価格帯 初心者~中級者 品揃えが豊富で初心者の登竜門的な存在
DOD 低価格帯 初心者~中級者 広告費を抑えたコストカットにより低価格を実現

 

3ブランドとも主要なアウトドアブランドのため、品質や耐久性には一定の信頼があります。価格帯とブランドごとの個性を踏まえて選ぶことが大切。ロゴスの可愛らしいデザインは圧倒的な人気のため、おしゃれなキャンプを楽しみたい人にはロゴスがイチオシです。

ロゴスのテントには、ナバホ・ROSY・neos・グランベーシック・プレミアムといった人気シリーズがあります。それぞれのシリーズの特徴や魅力をご紹介します。

 

ナバホシリーズは、ネイティブアメリカン・ナバホ族の伝統的織物の柄を使用したテントです。前室付きの「リビング400-AI」・組み立てが簡単なワンポールの「Tepee 300」・「Tepee400」の3種類が展開されています。

 

ナバホシリーズのテントポールには、航空機にも使用されている軽くて丈夫な7075超々ジュラルミンを使用しています。個性的な柄は、おしゃれなテントを選びたい方におすすめです。

ROSYシリーズは、初心者向けに設計されたシリーズのテントです。現在5種類が展開しており、ツーリングキャンプに最適な「ツーリングドーム」や、寝室とリビングがある2ルームテントの「ドゥーブルXL」などキャンプスタイルに合わせて選べます。

 

テント設営・撤収ともに簡単ですし、耐水圧が低めの素材を使用することで手頃な価格で購入できるのもポイントです。耐水圧が低めといっても、耐水圧は1000mmはあるので傘と同じレベルの防水性があります。

neosシリーズは、ロゴス独自のPANEL SYSTEMにより、シートの1面をポールで支えてタープとして使用できるのがポイントです。「PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ」は、1996年の登場からロゴスを代表するテントとして根強い人気があります。

 

ツーリングに最適な「ツーリングドゥーブル・DUO-BJ」は、2人まで使用可能なテントです。ポールを使ってテント前面をタープとして使用すれば前室も確保できます。前室はバイクの駐車スペースとしても使用可能です。

グランベーシックシリーズは、ラグジュアリーな印象で大人のキャンプにおすすめのテントです。「エアマジックリビングハウス WXL-AI」は、大型テントでありながら、専用ポンプを使って空気を入れるだけで設営が完了するため、1人でも楽々と設営できます。

 

フレームを組み立てる手間がかからないので、初めてでも設営しやすい点は魅力的です。2ルームや3ルームなど居住性を重視したテントを探している人におすすめです。

プレミアムシリーズは、その名前からもわかるように機能性に優れたテントシリーズです。「3ルームドゥーブル XL-BJ」は、コンパクトながら3つの居住空間があり、耐久性にも優れています。

 

テント自体の耐水性も高く、フレームのクロス部分を起点として湾曲させることで、雨水が溜まりにくい構造となっています。車とのリンクができるよう、専用ジョイントも標準装備されています。贅沢なキャンプからオートキャンプまで、幅広い用途におすすめのテントです。

ロゴス(LOGOS)

neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ

ロゴスのテントはペグや収納バッグなどは付属していますが、マットやグランドシートは別売りです。こちらは人気のneos PANELスクリーンドゥーブル XLに、防水マットとグランドシートがセットになっています。個別に揃える必要がないので、すぐにキャンプしたいときにおすすめです。6人まで収納できる大型サイズはファミリーに最適ですし、車にリンクすることもできます。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
2ルームテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
6人
サイズ
W300×D520×H205cm/収納時W63×D23×H54cm
重量
17.4kg
ロゴス(LOGOS)

チャレンジセットtrad ティピータープ350-bj

こちらもテントとタープがセットの商品です。6人まで収容可能なワンポールテントは設営・撤収が簡単なので、初心者でも扱いやすいでしょう。タープをプラスすれば、リビングスペースを確保できるのでより空間を広く使えます。タープのみで日除けにも使えますし、ヘキサタープは使い勝手がいいので幅広いシーンに活用できるのが嬉しいところです。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
ワンポールテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
6人
サイズ
W350×D300×H180cm/収納時W67×D23×H23cm
重量
9.2kg
ロゴス(LOGOS)

neos ツーリングドゥーブル・DUO-BJ

価格:36,300円 (税込)

前室にバイクを置けるゆったりサイズ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツーリングキャンプにおすすめのテントです。前面部が大きく張り出すよう設計されており、タープのように使えるのでリビングスペースを確保できます。さらにバイクを置く余裕もあるので駐輪スペースとしても活用できます。急な雨でもバイクが濡れる心配がありません。上部にはベンチレーション(通気孔)があり、室内に湿気がこもることを防ぎます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ツーリングテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
1人~2人
サイズ
W385×D220×H140cm/収納時W67×D20×H20cm
重量
4.9kg
ロゴス(LOGOS)

SOLOドーム(カモフラ)

価格:16,480円 (税込)

キャンプやフェスにおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプやフェスに便利なドームテントです。カモフラージュ柄は、他のキャンパーとかぶりたくないという方にもおすすめ。設営・撤収も簡単ですし、同じ柄のタープとリンクも可能です。コンパクトで軽いので荷物を最小限に抑えたいときにも重宝します。ソロキャンプはもちろんのこと、フェスにもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
ドームテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
1人
サイズ
W210×D170×H100cm/収納時W37×D18×H18cm
重量
2.5kg
ロゴス(LOGOS)

Tradcanvas Tepee 2ルーム 300

価格:35,970円 (税込)

ソロキャンプにおすすめの2021年新作テント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプにおすすめなワンポールテントです。ワンポールタイプでありながら寝室とリビングスペースを確保しているため、テント内でも快適に過ごせます。インナーテントを外せばタープとしても使用可能。軽量&コンパクトでツーリングにもおすすめです。

タイプ
ワンポールテント
素材
[フライシート]難燃性バルキーポリタフタ[インナーシート]ポリタフタ
収容人数
-
サイズ
W300/155×D130×H160cm/収納時W70×D25×H25cm
重量
4.6kg

ソロキャンプにおすすめなテントの比較一覧

商品画像
メーカー
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
商品名
neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ
チャレンジセットtrad ティピータープ350-bj
neos ツーリングドゥーブル・DUO-BJ
SOLOドーム(カモフラ)
Tradcanvas Tepee 2ルーム 300
説明
お得なチャレンジセット
広々としたリビングスペースを確保
前室にバイクを置けるゆったりサイズ
キャンプやフェスにおすすめ
ソロキャンプにおすすめの2021年新作テント
価格 60,500円 (税込) 52,800円 (税込) 36,300円 (税込) 16,480円 (税込) 35,970円 (税込)
リンク
タイプ
2ルームテント
ワンポールテント
ツーリングテント
ドームテント
ワンポールテント
素材
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
[フライシート]難燃性バルキーポリタフタ[インナーシート]ポリタフタ
収容人数
6人
6人
1人~2人
1人
-
サイズ
W300×D520×H205cm/収納時W63×D23×H54cm
W350×D300×H180cm/収納時W67×D23×H23cm
W385×D220×H140cm/収納時W67×D20×H20cm
W210×D170×H100cm/収納時W37×D18×H18cm
W300/155×D130×H160cm/収納時W70×D25×H25cm
重量
17.4kg
9.2kg
4.9kg
2.5kg
4.6kg
ロゴス(LOGOS)

ナバホEX Tepeeリビング400

個性的なナバホ柄がおしゃれなナバホ400は、設置しやすいワンポールテントに前室をプラスしています。別売りのポールを2本プラスすれば、くつろぐスペースを確保できるのが嬉しいところ。下部は雨が入りにくい構造で、雨の日も安心です。インナーテントは取り外せるので、フライシートだけで大型タープとしても使用できます。シーンに合わせて使い分けたいときに便利です。

タイプ
ワンポールテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
2人~3人
サイズ
W465×D400×H235cm/収納時W68×D23×H23cm
重量
8.6kg
ロゴス(LOGOS)

Tepee ナバホ300

ワンポールテントは設営・撤収がしやすいので初心者にもおすすめです。三角形のテントはキャンプ場でも目立ちますし、おしゃれなナバホ柄はスタイルにこだわりたい方に大変人気があります。フライシートには開閉可能なベンチレーションを設置しているので、換気もスムーズです。中央のポールにはランタンフックがあり、テント内で明かりが欲しいときにランタンを吊るすことができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ワンタッチテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
2人~3人
サイズ
W300×D250×H180cm/収納時W52×D18×H18cm
重量
4.46kg

かわいい&おしゃれなデザインのテントの比較一覧

商品画像
メーカー
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
商品名
neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ
チャレンジセットtrad ティピータープ350-bj
neos ツーリングドゥーブル・DUO-BJ
SOLOドーム(カモフラ)
Tradcanvas Tepee 2ルーム 300
ナバホEX Tepeeリビング400
Tepee ナバホ300
説明
お得なチャレンジセット
広々としたリビングスペースを確保
前室にバイクを置けるゆったりサイズ
キャンプやフェスにおすすめ
ソロキャンプにおすすめの2021年新作テント
シーンに合わせた使い分けが可能
価格 60,500円 (税込) 52,800円 (税込) 36,300円 (税込) 16,480円 (税込) 35,970円 (税込) 51,700円 (税込) 29,700円 (税込)
リンク
タイプ
2ルームテント
ワンポールテント
ツーリングテント
ドームテント
ワンポールテント
ワンポールテント
ワンタッチテント
素材
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
[フライシート]難燃性バルキーポリタフタ[インナーシート]ポリタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
収容人数
6人
6人
1人~2人
1人
-
2人~3人
2人~3人
サイズ
W300×D520×H205cm/収納時W63×D23×H54cm
W350×D300×H180cm/収納時W67×D23×H23cm
W385×D220×H140cm/収納時W67×D20×H20cm
W210×D170×H100cm/収納時W37×D18×H18cm
W300/155×D130×H160cm/収納時W70×D25×H25cm
W465×D400×H235cm/収納時W68×D23×H23cm
W300×D250×H180cm/収納時W52×D18×H18cm
重量
17.4kg
9.2kg
4.9kg
2.5kg
4.6kg
8.6kg
4.46kg
ロゴス(LOGOS)

ROSY Q-TOP ドーム DUO-BJ

価格:19,580円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約3分で設営が完了するので、設営・撤収のしやすさを重視して選びたい方におすすめです。インナーとフレームを一体化させているため、フレームを伸ばしてロックすればOK。パーツを紛失するリスクも減り安心です。入り口上部にリッジポールを配置したことで、前室も確保できます。3人まで収容可能ですが、2人でゆったりしたいときにもおすすめです。

素材
ポリエステルタフタ
収容人数
2人~3人
サイズ
W210×D276×H127cm/収納時W19×H74cm
重量
3.9kg
ロゴス(LOGOS)

ROSY ドゥーブルXL-BJ

価格:24,980円 (税込)

スクリーンタープも使える2ルームテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリーにおすすめの2ルームテントです。前面スクリーンをポールとロープで上げて使えばタープ代わりになります。テント内にはリビングと寝室を確保できるのもポイントです。インナーテントは着脱ができるため、夏は取り外して大型のスクリーンタープとして使うのもおすすめ。使わないときは収納バッグに入れてコンパクトにまとまります。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
2ルームテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
5人
サイズ
W290×D440×H190cm/収納時W70×D23×H23cm
重量
10.5kg
ロゴス(LOGOS)

ROSY i-Link サンドーム XL

価格:13,800円 (税込)

風通しがよく換気がスムーズ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テント全面を覆わないので風通しがよく、テント内に湿気がこもることを防ぎます。また入り口の下部には耐水性シートを設置しているので、雨の日も水が入り込む心配もありません。フレームを2本組み立てるだけなので、初めてでも設営・撤収が簡単です。テント内でゆったりくつろぎたい4人家族におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ドームテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
4人~5人
サイズ
W270×D270×H150cm/収納時W68×D17×H17cm
重量
5.5kg
ロゴス(LOGOS)

トラッドソーラー ジオデシックドーム-BA 71805572

価格:108,900円 (税込)

5人で広々使えるテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐風性に優れたジオデシック構造なので、急な天候の変化にも対応できるテントです。テントとしてオーソドックスなドーム型をしており、大人5人がゆったり寛げる広々とした空間が魅力です。フライシートにはUVカット加工も施されているので、夏場でも安心して使用できます。また、インナーシートは着脱式なので、フライシート単品をスクリーンとして使用することも可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ドームテント
素材
アルミ
収容人数
5人
サイズ
W410×D455×H200cm/収納時W75×D33×H33cm
重量
15㎏
ロゴス(LOGOS)

Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ

価格:78,210円 (税込)

約100秒で設営完了できるテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エア注入構造を採用しており、なんと約100秒で設営が完了するテントです。誰でも簡単に設置できるので、アウトドア初心者の方でも安心して使用できます。また、6人で広々と使えるのでご家族でのキャンプにも最適です。さらに専用ポンプが付いており、適量になると空気の注入を自動でストップしてくれる優れものです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ドームテント
素材
ポリタフタ
収容人数
6人
サイズ
W310×D405×H190cm/収納時W75×D32×H32cm
重量
9.0kg
ロゴス(LOGOS)

neos ALカーサイドオーニング-AI

価格:30,800円 (税込)

車中泊を快適にする

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車中泊を快適にしたい方におすすめの、車にリンクできるテントです。出入り口が3方向にあるので、場所に合わせた使い分けが可能。車の外で過ごすときに雨が降っても安心です。出入り口はクローズすればプライバシーを保てます。下部にはマッドスカートが付いており、水や虫の侵入を防げる点も嬉しいですね。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
ワンポールテント
素材
ポリエステルタフタ
収容人数
-
サイズ
W320×D250×H190cm/収納時W63×D20×H20cm
重量
3.9kg

ファミリーにおすすめなテントの比較一覧

商品画像
メーカー
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)
商品名
neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BJ
チャレンジセットtrad ティピータープ350-bj
neos ツーリングドゥーブル・DUO-BJ
SOLOドーム(カモフラ)
Tradcanvas Tepee 2ルーム 300
ナバホEX Tepeeリビング400
Tepee ナバホ300
ROSY Q-TOP ドーム DUO-BJ
ROSY ドゥーブルXL-BJ
ROSY i-Link サンドーム XL
トラッドソーラー ジオデシックドーム-BA 71805572
Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ
neos ALカーサイドオーニング-AI
説明
お得なチャレンジセット
広々としたリビングスペースを確保
前室にバイクを置けるゆったりサイズ
キャンプやフェスにおすすめ
ソロキャンプにおすすめの2021年新作テント
シーンに合わせた使い分けが可能
スクリーンタープも使える2ルームテント
風通しがよく換気がスムーズ
5人で広々使えるテント
約100秒で設営完了できるテント
車中泊を快適にする
価格 60,500円 (税込) 52,800円 (税込) 36,300円 (税込) 16,480円 (税込) 35,970円 (税込) 51,700円 (税込) 29,700円 (税込) 19,580円 (税込) 24,980円 (税込) 13,800円 (税込) 108,900円 (税込) 78,210円 (税込) 30,800円 (税込)
リンク
タイプ
2ルームテント
ワンポールテント
ツーリングテント
ドームテント
ワンポールテント
ワンポールテント
ワンタッチテント
2ルームテント
ドームテント
ドームテント
ドームテント
ワンポールテント
素材
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
[フライシート]難燃性バルキーポリタフタ[インナーシート]ポリタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
ポリエステルタフタ
アルミ
ポリタフタ
ポリエステルタフタ
収容人数
6人
6人
1人~2人
1人
-
2人~3人
2人~3人
2人~3人
5人
4人~5人
5人
6人
-
サイズ
W300×D520×H205cm/収納時W63×D23×H54cm
W350×D300×H180cm/収納時W67×D23×H23cm
W385×D220×H140cm/収納時W67×D20×H20cm
W210×D170×H100cm/収納時W37×D18×H18cm
W300/155×D130×H160cm/収納時W70×D25×H25cm
W465×D400×H235cm/収納時W68×D23×H23cm
W300×D250×H180cm/収納時W52×D18×H18cm
W210×D276×H127cm/収納時W19×H74cm
W290×D440×H190cm/収納時W70×D23×H23cm
W270×D270×H150cm/収納時W68×D17×H17cm
W410×D455×H200cm/収納時W75×D33×H33cm
W310×D405×H190cm/収納時W75×D32×H32cm
W320×D250×H190cm/収納時W63×D20×H20cm
重量
17.4kg
9.2kg
4.9kg
2.5kg
4.6kg
8.6kg
4.46kg
3.9kg
10.5kg
5.5kg
15㎏
9.0kg
3.9kg

ロゴスのテントは設営がや撤収が簡単というのも魅力ですが、初心者にとっては難しく感じてしまうこともあります。ワンタッチテントであれば広げるだけで設営が完了しますし、撤収の際も折りたたむだけでOKです。

 

ワンタッチ以外での基本的な流れは、フレームを組み立てたらフライトシートにフレームを通していくだけです。あとはフレームとフライトシートやインナーテントを固定して、最後にペグダウン(ペグを地面に打ち付けること)すれば完了です。

 

とはいえ慣れるまではよくわからないことも多いでしょう、ロゴスはユーチューブに公式チャンネルがあり動画でもテントの設営方法を紹介しています。さらに公式サイトから各テントの取扱説明書をダウンロードできるので、是非活用してください。

テントを撤収する際は、設営したときと逆をたどるイメージで進めていきましょう。グランドシートを敷いている場合は、最初にグランドシートをたたみます。次にペグを外して、フレームに固定しているインナーテントやフライシートを外しましょう。

 

取り外したフレームは分解して、テントを小さくたためば撤収は完了です。撤収時にテントが結露や雨で湿っている場合は、可能であればたたむ前に風通しのいいところに干して乾燥させます。時間がない場合はタオルで拭き取り、家に帰ってからテントを広げて乾燥させてください。

 

湿ったまま保管するとカビが生えます。テントの素材による多少の違いはありますが、カビが生えると落とすのが難しいので注意が必要。保管する際はたたむ前にしっかりと乾燥させることが大切です。高温多湿の場所を避けて保管しましょう。

ロゴス(LOGOS)

ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE

価格:26,800円 (税込)

ナバホシリーズと連結できる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナバホテントを購入するのであれば、こちらのタープがおすすめです。ナバホシリーズにリンクするよう設計されていますので、テントの天井部分をタープのグロメットにはめるだけで簡単に連結できます。あとは好きな形にロープを張ってペグダウンするだけです。2つのナバホテントを連結することもできるので、デザインを統一しておしゃれにキャンプを楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

素材
ポリエステルタフタ
サイズ
W570×D330×H230cm/収納時W66×D16×H16cm
重量
4.3kg
ロゴス(LOGOS)

ぴったりグランドシート

価格:1,220円 (税込)

テントサイズに合わせて選べるジャストサイズ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テント泊を快適にするにはグランドシートをおすすめします。ロゴスのテントにピッタリ合うよう設計されているので、サイズをしっかりと確認して購入すれば失敗がないのが嬉しいところ。四隅の紐をテントフレームに結びつけるだけなので、簡単にセッティングできます。

 

スペック詳細はこちら

素材
PEラミネートクロス
サイズ
W250×D190cm/収納時W29×D19×H6cm
重量
600g
ロゴス(LOGOS)

プッシュアップポール

価格:2,750円 (税込)

長さを調節して使える

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テントの前室を作りたいときや、タープとテントをリンクさせたいときにあると便利なポールです。長さを105cm~250cmまで調節できるので、シーンに合わせて高さを変えたり段差があったりする場所でも対応できます。前面シートをタープとして使えるテントにはポールが必要なので、テントと一緒に購入しておくといいでしょう。

 

スペック詳細はこちら

素材
アルミ
サイズ
105cm~250cm
重量
670g

ロゴスはテント以外に寝袋やキッチンツール、保冷グッズなどのアウトドアグッズが充実しています。その中でもおすすめのタープ・ランタン・焚き火台の特徴は以下のとおりです。

 

アウトドアグッズ 特徴
タープ
  • テントと同様に求めやすい価格帯
  • おしゃれなデザインの「ナバホ」シリーズもあり
ランタン
  • ほとんどのランタンがLEDライト搭載
  • 木目調の温かみのあるデザインが人気
焚き火台
  • 組み立てやすく初心者でも安心
  • 安全性にも配慮

 

以下の記事では、ロゴスのタープ・ランタン・焚き火台について、さらに詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

ロゴスのテントは設営や撤収が簡単というだけでなく、デザイン性に優れているのもポイントです。おしゃれにキャンプを楽しみたい方にうってつけのブランドなので、今回ご紹介した中に気になる商品があれば、ぜひチェックしてください。

関連する記事

キャンプ初心者がはじめに買うべきおすすめ定番テントは?後悔しない選び方を紹介します!のサムネイル画像

キャンプ初心者がはじめに買うべきおすすめ定番テントは?後悔しない選び方を紹介します!

2021/10/21

4人用テントのおすすめ商品5選|購入ポイントや人気メーカーを紹介のサムネイル画像

4人用テントのおすすめ商品5選|購入ポイントや人気メーカーを紹介

2021/10/21

女性におすすめのテント8選|テントの種類やおすすめブランドも紹介のサムネイル画像

女性におすすめのテント8選|テントの種類やおすすめブランドも紹介

2021/10/21

【2022最新】かわいいテントおすすめ16選|女性にも!のサムネイル画像

【2022最新】かわいいテントおすすめ16選|女性にも!

2021/10/21

オートキャンプにおすすめのテント5選!選び方のポイントも解説のサムネイル画像

オートキャンプにおすすめのテント5選!選び方のポイントも解説

2021/10/21

TC素材を採用!チャムスのポップで楽しいデザインおすすめテント6選のサムネイル画像

TC素材を採用!チャムスのポップで楽しいデザインおすすめテント6選

2021/10/21

デイキャンプにおすすめのテント5選!ワンタッチテントの特徴をご紹介!のサムネイル画像

デイキャンプにおすすめのテント5選!ワンタッチテントの特徴をご紹介!

2021/10/21

【高品質でお手軽な値段】エントリーモデルのテントおすすめ5選のサムネイル画像

【高品質でお手軽な値段】エントリーモデルのテントおすすめ5選

2021/10/21

【おすすめ10選】夏に涼しいテント|快適に過ごせる工夫もご紹介のサムネイル画像

【おすすめ10選】夏に涼しいテント|快適に過ごせる工夫もご紹介

2021/10/21

おすすめの日本製テント10選|マニアックなテントメーカーもチェック!のサムネイル画像

おすすめの日本製テント10選|マニアックなテントメーカーもチェック!

2021/10/21