ノースイーグルのテントは個性的!おすすめ9選とキャンプグッズもご紹介

ノースイーグルのテントは、個性的な見た目とコスパの良さが両立されているおすすめなギアです。こちらの記事では、ノースイーグルのテントの種類や選び方のコツ・おすすめな商品をタイプ別に紹介しています。設営方法も説明しているので購入の参考にしてくださいね。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

個性的なデザインのテントは、キャンプ場で映えるのでおすすめです。ノースイーグルのテントは、配色がカラフルなデザインやおしゃれなワンポール型など、周りと被りにくく個性的なのがポイントです。

 

ノースイーグルのテントはサイズの種類も豊富で、自分に合ったタイプが選べる魅力もあります。こちらの記事では、テントの種類やそれぞれの魅力・適した用途について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

また、ノースイーグルのおすすめグッズも紹介しています。安い価格でおしゃれなテントやアウトドアグッズを取り入れたい方はぜひご覧ください。

ノースイーグルは株式会社ナニワによって製造された製品を販売しているメーカーです。こちらでは、ノースイーグルのテントならではの魅力や特徴について紹介していきます。

シンプルな設計なので設営の難易度が低く、簡単に設置できる魅力があります。そのため、初めてキャンプをするという方でも扱いやすく、カジュアルな用途に向いているのがポイントです。

 

団体で手分けして設営する必要がないため、2人で協力すればスムーズに設置可能で、素早くテントを立ててからキャンプをのびのびと楽しめます。すぐに自立するため完成形がイメージしやすく、設営の手順を直感的に理解できるのも魅力です。

価格が手頃で予算の範囲内からテントを探せるのが大きな魅力です。また、種類が豊富で設営がしやすいテントや、コスパが高いテント・使用人数に合ったテントも見つかりやすいです。

 

また、ノースイーグルではテント以外に多くのキャンプグッズを取り扱っているため、メーカーを統一してキャンプ用品を揃えられる魅力があります。

見た目を重視している方にもノースイーグルのテントはおすすめです。たくさんの種類のキャンプ用品・ウェアを取り扱っているので統一感のあるアイテムを揃えることもできます。

 

デザイン性の幅も広く、自身が好みの見た目・色味のテントを探せる魅力もあります。個性的なテントを取り入れればキャンプ場で見た目が被る心配も少なく、どこに自身が設営したテントがあるのか判断しやすいです。

ノースイーグルのテントの種類は大きく分けて以下の3つに分かれます。

 

  • ワンポールテント
  • ドームテント
  • ワンタッチテント

 

こちらでは、それぞれの種類の特色や、どんな方に適しているかなどを紹介していきます。

ワンポールテントは、名前の通りメインのポールを1本用いて設営するタイプの製品です。ポールの数が少ないため設営の工程も少なく、直感的にテントを設置しやすいという強みがあります。そのため、初めてテントを扱う方にも向いているのが特徴の1つです。

 

また、ワンポールテントは三角錐のような形状で、見た目にこだわりたい方にもおすすめなタイプです。展開した時の天井が高めなのも特徴的で、テント泊をする場合でものびのびと過ごせます。価格帯は2万円前後のものが多いです。

ドームテントは複数のポールを使ってシートをドーム状に展開・固定するタイプの製品です。ワンポールテントと比べると設営に必要な工程はやや増えますが、その分丈夫なフレーム・生地が採用された製品が多い傾向があります。そのため、強い雨や風に対しても安心して用いやすいのが魅力です。

 

機能性が充実した製品が多いので、用途が広いテントがほしい場合にも適しています。価格帯は性能によって異なりますが、1万円台~3万円くらいのものが多いです。1つでさまざまな場面に対応できる、コスパが高い製品を探しやすいのが強みです。

ワンタッチテントは複雑な工程をこなすことなく、ワンタッチで展開できるのが最大の特徴です。ノースイーグルではかんたんルーム・かんたんドームといった名称で展開されていて、自宅の庭先やなだらかな地形のキャンプ場など、カジュアルな用途に活躍します

 

また、収納時も折りたたむことでかなりコンパクトな形状となり、持ち運びもしやすいのが利点です。複雑な構造ではない分軽量設計のテントも多く、荷物を少なくして身軽な状態で移動したい方にも適しています。5千円~7千円くらいの価格帯のものが多くコスパがいいです。

ノースイーグルのテントを選ぶ際には、

 

  • テントの大きさ
  • 設営のしやすさ
  • ウォールの構造

 

3点に着目すると、自身の用途に合った製品を探しやすいです。こちらではチェックするポイントを説明していきます。

テントの大きさは、使用する人数を予想してテントが対応している人数と照らし合わせましょう。1人用のサイズであれば、ソロキャンプに適したコンパクトさ・軽量さも重視して選ぶのがおすすめです。

 

また、2人用サイズのテントであれば友人や恋人と利用できるだけでなく、1人で広々としたスペースでテント泊することができます。テント内で体を伸ばしたい場合は、設営時の最大の高さもチェックしましょう。

初めてテントを購入する場合は、すぐに展開できるワンタッチテントがおすすめです。また、ワンポールテントはメインポールのみで設営しやすく、ワンタッチテントよりも対応できる場面が多いのが魅力でもあります。

 

また、ドームテントの場合も設営の手順がわかりやすい工夫がされているタイプもあります。購入する前に設営方法をチェックすれば、どのような流れで設置するのかイメージしやすくなります。

テントによって、シングルウォールかダブルウォールか構造の違いがあります。シングルウォールはシート1枚のみで構成されているため耐久性には欠けますが、より軽量な設計なのが強みです。また、ダブルウォールはインナーテントとフライシートの2枚構造となっていて、通気性の良さと防水性を両立させています。

 

なるべく荷物の重量を減らしたい・カジュアルな用途に活用したい場合にはシングルウォールがおすすめです。より丈夫で快適に過ごせるテントを取り入れたい場合にはダブルウォールが適しています。

ノースイーグル

フェザーライト200 NE202

価格:15,800円 (税込)

おしゃれな見た目でメッシュ窓付き

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綿によって柄が違うパッチワークのような見た目がおしゃれで、かわいらしいテントでキャンプを楽しみたい方に向いています。また、通気口にはメッシュを採用した窓もあり、見た目のおしゃれさだけでなく快適に過ごしやすい作りでもあるのが魅力です。ループが付いているため、タープを繋げて使いやすい構造でもあります。

メーカー
ノースイーグル
商品名
フェザーライト200 NE202
重量
3.3kg
サイズ
約260×230×190cm
収納サイズ
約70×17×17cm
収容可能人数
2人
タイプ
ワンポールテント
ノースイーグル

TYPE-A タープテント NE1230

価格:15,500円 (税込)

タープと一体になっていて便利

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タープと一体になった三角錐型のテントで、メインポール・キャノピーポールを使うことでテント内部にポールがない状態で設営できる特色があります。タープは横づけ可能なため、近くに靴や荷物を置いておき、テント内部をより広々と使えるのが魅力です。ベンチレーションが設けられている分通気性が良い作りでもあります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
TYPE-A タープテント NE1230
重量
約7.3kg
サイズ
約470×533×208cm
収納サイズ
約25×25×67cm
収容可能人数
3~5人
タイプ
ワンポールテント
ノースイーグル

アーチ2ルームテント NE1228

価格:21,500円 (税込)

2ルームで空間を仕切って過ごせる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2ルームで空間を仕切って使えるため、リビングと寝室に分けてのびのびと過ごせるのがメリットです。フライシートの耐水圧は1000mmと控えめな性能ですが、コスパが高い価格設定なのでカジュアルなキャンプを団体で楽しみたい場合に適しています。インナーテントは吊り下げ式なので、大きなサイズのテントであっても直感的に組み立てやすいのも利点です。

ノースイーグル

ドームテント270 NE1216

価格:13,800円 (税込)

両側に前室があり靴を配置しやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入り口両側に前室が設けられた構造なので、中に入る前に靴を脱ぎ、荷物を置いてテント内を清潔な状態にしやすいのがメリットです。また、入り口部分の布地は上に丸めて固定できるため、一時的に出入りしやすい状態にもできます。雨天の際には布地を下げて前室部分を広くする、といった使い分けも可能です。

メーカー
ノースイーグル
商品名
ドームテント270 NE1216
重量
約8.15kg
サイズ
幅約350×奥行約270×高さ約180
収納サイズ
約22×22×58cm
収容可能人数
3〜5人用
タイプ
ドームテント
ノースイーグル

シンプルジュラルミンドーム300 NE183

価格:29,800円 (税込)

天井が高く立ち上がっても過ごしやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井の最大高が高めな設計なので、テント内部で立ち上がっても頭をぶつけづらく、家族でも窮屈な思いをせずに過ごせます。メインポールにはジュラルミン素材を活用していて、より風への耐久性が高い設計なのもポイントです。耐水圧は1500mmと他のノースイーグルのテントと比較すると雨天にも強い作りになっています。

メーカー
ノースイーグル
商品名
シンプルジュラルミンドーム300 NE183
重量
約7.3kg
サイズ
約300×480×高さ185cm
収納サイズ
約23×23×63cm
収容可能人数
4~6人
タイプ
ドームテント
ノースイーグル

フロントドームフェザーライト200 NE203

価格:14,800円 (税込)

おしゃれな見た目と丈夫さを両立

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルな布地を用いたデザインなのでおしゃれで、周りと被らないギアとして活用できます。また、ジュラルミン素材のポールを採用し、フロアシートの耐水圧も1500mmなので丈夫で、雨天や風が強い場面にも対応しやすいです。ペグとハンマーがセットになっているため、設営をすぐに行えるのが魅力でもあります。

メーカー
ノースイーグル
商品名
フロントドームフェザーライト200 NE203
重量
約4.3kg
サイズ
約280×200×130cm
収納サイズ
約55×18×18cm
収容可能人数
3人
タイプ
ドームテント
ノースイーグル

かんたんドーム 240 NE1225

価格:13,800円 (税込)

設営・撤収を素早くこなせる構造

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かんたんドームは名前の通り設営・撤収が素早く行いやすいのが強みです。特殊なフレームを採用していて、すぐに自立しやすいよう作られています。出入口が2か所あるのも特徴的で通気性が良い作りでもあり、フルクローズも可能なので雨も凌ぎやすいです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
かんたんドーム 240 NE1225
重量
約5.3kg
サイズ
幅約270×奥行約340×高さ約158cm
収納サイズ
幅約86×奥行約23×高さ約23cm
収容可能人数
3〜4人
タイプ
ドームテント
ノースイーグル

かんたんルーム 200 NE1224

価格:7,980円 (税込)

フレーム構造のおかげで設営が簡単

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フレーム構造に工夫が施されているため、簡単に設営を済ませやすいのが魅力です。通気口は1か所あり、空気がこもりにくい特徴もあります。シンプルな作りですがフライシートの耐水圧は1000mmで、軽い雨であれば凌げるのもポイントです。ペグやハンマーもセットになっている分設営に必要なグッズを買い足さずに済みます。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
かんたんルーム 200 NE1224
重量
約3.2kg
サイズ
幅約210×奥行約170×高さ約136cm
収納サイズ
幅約73×奥行約20×高さ約20cm
収容可能人数
2人
タイプ
ワンタッチテント
ノースイーグル

フルクローズ&メッシュサンシェード NE975

価格:5,570円 (税込)

フルクローズも可能な日除けテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルクローズにも対応しているポップアップ式のテントで、サンシェードとして活用できます。前面・背面どちらにもメッシュ地が採用されていて、通気性は確保しつつ虫が入りにくい構造にできるのが利点です。収納バッグには肩掛け用の紐も付いていて、持ち運びの手間も発生しません。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
フルクローズ&メッシュサンシェード NE975
重量
2.64 kg
サイズ
高さ : 7cm 横幅 : 63cm 奥行 : 65cm
収納サイズ
直径60cm 厚み6cm
収容可能人数
-
タイプ
ワンタッチテント
ノースイーグル

ヘキサタープ440 NE1217

価格:6,980円 (税込)

6角形で好きな形に展開しやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6角形にデザインされているため、好きな形に展開しやすく便利に扱えます。屋根型にタープを張れば、日陰や雨を遮りやすくでき、テントに横付けする形で展開すれば、荷物や靴を外に置きやすくなるため、用途が豊富です。ポールも2本付属しているため、すぐに活用できる状態になっています。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
ヘキサタープ440 NE1217
重量
約3.6kg
サイズ
幅約440×奥行約440×高さ約230cm
収納サイズ
約15×15×70cm
ノースイーグル

フェザーライトタープ400 NE204

価格:8,980円 (税込)

カラビナやロープ付きでテントにつなげやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラビナや自在付きのロープ・ハンマー・収納ケースが付属しているので、テントに簡単につなげやすいのが魅力です。フェザーライトテントと一緒に使えば見た目の統一感もあいまってよりおしゃれな印象になります。家族や友人と明るい雰囲気のキャンプを楽しみたい方におすすめです。

メーカー
ノースイーグル
商品名
フェザーライトタープ400 NE204
重量
約2.5kg
サイズ
約400×400×230cm
収納サイズ
約66×13×13cm
ノースイーグル

バタフライレジャーテーブル NE1383

価格:1,300円 (税込)

コップやトレーと一緒に持ち運べる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段は折りたたんだ薄型のバッグのような形状で持ち運べて、中にはコップやトレーを一緒に収納できるため、キャンプや庭先でピクニックを楽しむ場面で活躍します。ドリンクホルダー以外に袋を掛けるためのフックもあり、地面にものを置かずに清潔に飲食を楽しめるのが強みです。

メーカー
ノースイーグル
商品名
バタフライレジャーテーブル NE1383
重量
約1.13kg
サイズ
60.7×55.1×23cm
収納サイズ
55.1×31×6cm
ノースイーグル

ベリーローチェア NE2312

価格:1,630円 (税込)

シートが一体型で座りやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背もたれと椅子部分のシートが一体になっている作りで、しっかりと体を預けて座りやすいのが特色です。ロータイプなのであぐらをかいてくつろげるのが魅力でもあります。収納時には小さく折りたためるため、使わない時に場所を取らないのも強みです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
ベリーローチェア NE2312
重量
2kg
サイズ
44 x 44 x 49.5 cm
収納サイズ
約14×14×50cm
ノースイーグル

エアベッド W NE265

価格:2,671円 (税込)

Wサイズで汎用性が高い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wサイズの設計なので、2人で使う・1人で寝がえりを打てる広さで使うといった使い道があり、汎用性が高いのが魅力です。空気を入れることで簡単に膨らませられて、付属品としてリペアシールがついてくる分もしもの故障の際には補修も簡単に行えます

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
エアベッド W NE265
重量
約3.3kg
サイズ
約W191×D137×H22cm
収納サイズ
約W29.5×D11×H29cm
ノースイーグル

エアーベッド シングル NE264 NE264

価格:2,980円 (税込)

場所を取らず触り心地も良い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シングルサイズなので場所を取りにくく、荷物を少なくしたい方に適しています。また、表面はベルベットのような触り心地なので、膨らました状態であれば心地よく寝ころべるのも魅力です。ネイビーの落ち着いた色味は人を選ばず使えて、リペアシールが付属する分長く使いやすい製品でもあります。

 

スペック詳細はこちら

メーカー
ノースイーグル
商品名
エアーベッド シングル NE264 NE264
重量
約1.5kg
サイズ
約180×75×20(h)cm
収納サイズ
幅29×奥行7×高さ29cm

ノースイーグルのテントの設営方法の流れを押さえておけば、どのようにテントを設置すればよいかイメージをしやすくなります。こちらでは、ノースイーグルの「ミニドーム」を例に設営方法の紹介をします。

テント本体の生地を広げ、メインポール2本も伸ばします。設置したいスペースに検討を付けて生地を広げておけば、希望の位置にテントを展開しやすくなるのがポイントです。本体にはスリーブが付いているので、メインポールが交差するようにスリーブに通しましょう

 

スリーブにメインポールを通す際に、継ぎ目に引っかかる場合があるため注意が必要になります。ポールを押し込むようにして、スリーブの最後までポールを通すことが大切です。

メインポールがしっかりと押し込まれたら、テントを持ち上げて起こします。出入り口のファスナーを開けた状態で起こすことで、テントの内側に空気が通りやすくなるのがコツです。テントが空気で膨らんだら、メインポールの先端をエンドピンに差し込み固定しましょう。

 

メインポールをピンに差し込む際には手を挟まないように丁寧に作業を進めます。メインポールを押し上げつつ、テントを立ち上げましょう。

テントが立体的に立ち上がったら、フライシートを被せます。フライシートの先端はなるべくテント本体の生地から離してペグを打つことが重要です。ペグを打つ場所を離すことで、フライシートをしっかりと張った状態にできます。

 

フライシートの内側にはテント本体と接続するためのスリーブが付いているため、フックを使ってフライシートとテントをしっかりと固定しましょう。

最後にテントの4隅をペグで固定します。風が吹きつけてくる方向からペグを打ち込んでいくことで、効率良く固定できます。ペグを打ち込む際の角度は、60度から90度を目安にします。90度の角度でペグを打ち込むよう意識すれば、より風に強い状態で設営可能です。

 

さらにしっかりとテントを張りたい場合には、フライシートの天井部分からロープを張り、地面のペグに引っ掛ける形で固定します。

ノースイーグルのテントを使って、手軽におしゃれな雰囲気のキャンプを楽しみましょう。ノースイーグルは数多くのテントを展開しているため、自身の使い道に合った製品を探しやすいです。見た目もかっこいいテントで、のびのびとキャンプを満喫しましょう。

関連する記事

前室のあるテントおすすめ10選|おすすめ2人用テントもご紹介のサムネイル画像

前室のあるテントおすすめ10選|おすすめ2人用テントもご紹介

2021/10/21

【タフで丈夫】ダンロップテントおすすめ10選!シリーズの魅力を紹介のサムネイル画像

【タフで丈夫】ダンロップテントおすすめ10選!シリーズの魅力を紹介

2021/10/21

空気で膨らむエアーテントが人気!おすすめのエアーフレームテント8選のサムネイル画像

空気で膨らむエアーテントが人気!おすすめのエアーフレームテント8選

2021/10/21

ホールアースのテントおすすめ5選|口コミや設営手順をご紹介!のサムネイル画像

ホールアースのテントおすすめ5選|口コミや設営手順をご紹介!

2021/10/21

【2022最新】実力派中華テントのおすすめ10選!キャンプから登山までのサムネイル画像

【2022最新】実力派中華テントのおすすめ10選!キャンプから登山まで

2021/10/21

最強テントおすすめ7選!自分に合った最強テントをみつけようのサムネイル画像

最強テントおすすめ7選!自分に合った最強テントをみつけよう

2021/10/21

デカトロンのテントおすすめ10選!合わせて使えるグッズもご紹介のサムネイル画像

デカトロンのテントおすすめ10選!合わせて使えるグッズもご紹介

2021/10/21

快適で便利なアイディアが満載!ビッグアグネスのテントおすすめ10選のサムネイル画像

快適で便利なアイディアが満載!ビッグアグネスのテントおすすめ10選

2021/10/21

ローベンスのテントおすすめ10選!合わせて使えるタープもご紹介のサムネイル画像

ローベンスのテントおすすめ10選!合わせて使えるタープもご紹介

2021/10/21

おすすめの輸入テント15選!|おしゃれでカブらない海外メーカーは?のサムネイル画像

おすすめの輸入テント15選!|おしゃれでカブらない海外メーカーは?

2021/10/21