【軽くて快適】登山用テントのおすすめ10選!確認すべきポイントとは?

この記事では快適に過ごす事ができる登山用テントのおすすめを紹介していきます。登山にはどのテントを使用すれば良いかが分かり、実際にテントを購入する時に役に立ちます。登山用テントの種類や代表的な形状、選び方も解説するため、登山初心者も必見です。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

登山は初心者の山登りから本格的なものまで、さまざまな人が楽しめる趣味の一つです。山から見る美しい景色に、心を打たれる経験をするとやみつきになると言います。登山は日帰りも可能ですが、野営も楽しみ方の一つです。

 

登山用のテントとキャンプ用のテントは、用途が異なるので選び方も異なります。キャンプ用のテントだと、登山で思わぬトラブルに陥ることも。そんなことにならないために登山と野営を楽しむためのテントをどのように選べば良いのか解説します。

 

また登山用のテントをリリースしている知名度と信頼性の高いメーカーや、定番のおすすめ登山用テントも紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。

1つ目の違いは重量です。キャンプ用テントは重量がありますが、キャンプ場まで車で移動する事がほとんどで、それほど問題ではないです。一方で登山用テントは自分で登山道具を背負う必要があるため、コンパクトな上に軽量なモデルになっています。

 

2つ目の違いは形状です。キャンプ用テントは移住空間が広く確保されていて、ゆったりと過ごす事ができます。登山用テントは高さがあまり無く、丸みを帯びた形状のモデルが多いです。その理由は山特有の風に対応するためであり、安心感があります。

登山用テントには、シングルウォールテントとダブルウォールテントの2つの種類があります。それぞれどのような特徴を持っているかを解説していきます。どちらにしようか迷っている方は必見です!

シングルウォールテントは、1枚の生地だけでできているテントです。フライシートがない分軽量な上に、収納もコンパクトにできます。持ち運びやすく、登山をする際には魅力的です。

 

設営・撤収もより手軽にでき、ダブルウォールテントと比較すると手間がかかりません。風が強く吹いている時でも生地が音を立てにくく、静かな所も良いポイントです。ストレスを感じにくく、ゆったりとテント内で身体を休める事ができます。

ダブルウォールテントは、インナーテントとフライシートの2重構造になっているテントです。シングルウォールテントと比較すると高い耐久性と耐風性を持っていて、安全性が高いのが特徴です。天候が悪い日でも安心して過ごすことができ、登山初心者にもおすすめできます。

 

インナーテントとフライシートの間には隙間があり、蒸気を上手く逃す事ができるので、結露が発生しにくくなっています。そのためテント内の環境を良い状態でキープでき、いつでも快適に過ごすことができます。

登山用テントを購入する際に、どんな形状があるかを理解しておく事も大事です。しっかりと理解しておけば自分に合っている物を見つけやすく、登山をする際にも役に立ちます。ここでは登山用テントの代表的な形状を解説していきます。

ドームタイプはスタンダードなモデルで、登山初心者から上級者まで誰でも使いやすいのが特徴です。また、ドームタイプのテントは2本のフレームを交差させたクロス構造をしていて、自立します。他のタイプと比較すると設営が簡単であるため便利です。

 

テント内は広い上に、耐久性や耐風性など機能性にも優れています。ゆったりと寝転がる事ができ、たくさん歩き疲れた身体を身体を休めることができます。風や雨にもしっかりと耐えられるため、天候が悪い時でも安心です。

ワンポールタイプは非自立式で、ペグや1本のポール、ガイラインなどを使い設営します。ドームタイプと比較すると設営に手間がかかるため、登山中級者・上級者向けです。しっかりと設営できれば、テント内は快適で過ごしやすいのもポイントです。

 

軽量のモデルが多い所もメリットの一つです。軽量だと荷物を少なくでき、より持ち運びやすくなります。登山をする際にかかる身体への負担も軽減でき、より自分のペースで前に進めます。

超軽量ULタイプは軽量・コンパクトに重点を置いたテントです。他のタイプと比較すると、重量が軽い上にサイズもコンパクトに収まっています。荷物を軽量化でき、持ち運びやすいです。ファストパッキングとの相性が良く、おすすめです。

 

居住性は確保されていて、ゆったりと休む事ができ、疲れた身体を癒せます。中には対候性に優れているモデルや、高さが無く丸みを帯びていて耐風性に優れているモデルもあり、安全にも配慮できます。

現在登山用テントは、機能性に優れている物や設営を簡単にできる物など、さまざまなモデルが出ています。特に登山初心者は、たくさんのモデルの中から自分の用途に合っている物を選ぶのは難しいでしょう。そこで、ここではどういう選び方があるかを解説していきます。登山初心者はぜひ参考にしてみて下さい!

まず使用人数に着目してみましょう。1人で登山をする際には、自分の身長を20cmプラスした長さで、90cm以上の幅があるテントが丁度良いです。ゆったりと寝転がる事ができ、疲れが溜まっている身体でも窮屈をあまり感じずに休むことができます。

 

2人~3人など複数人の時には、長さ200cm~210cm、幅130cm~200cmのテントが良いでしょう。1人の時とは違い、ある程度の大きさが必要になります。人数の分荷物も多いため、荷物の置き場所の確保も大事になります。

登山用テントを選ぶ際には、重量を確認する事も大事です。特に登山では登山道具をたくさん背負いながら目的とする場所まで歩いて行くため、重いと負担が多く体力の消耗も激しくなります。しかし軽量な登山用テントを選べば、持ち運ぶ物の重量を軽減でき、負担も減ります。

 

登山用テントの重量の具体的な数字としては、1人~2人用が1.5㎏前後、3人~4人用が4㎏~5㎏前後となっています。購入する際には、重量も意識して見てみましょう。

登山初心者の観点からすると、設営の簡単さも大きなポイントです。設営が簡単だと、短時間ですぐにテントを完成させる事ができ、安心感も高いです。特に山は急に天候が悪化する時もあり、そういう時にも役に立ちます。

 

登山初心者におすすめなのは、吊り下げ式の登山用テントです。テントをポールに吊り下げて、10数ヵ所留めるだけで良く、非常に簡単です。すぐにやり方も覚える事ができ、おすすめです。

どれだけ耐久性が高いかについても、登山用テントを選ぶ時には重要なポイントです。どの素材を採用しているかにより、登山用テントの耐久性は違ってきます。主にポリエステルとナイロンが採用されています。

 

ポリエステルは防水性が高いのがポイントです。雨が降っても、しっかりと水滴のテント内部への侵入を防ぐ事ができるので安心です。一方でナイロンは耐火性と摩耗性が高いことが特徴です。燃えにくく、テントの表面のダメージを減らせます。軽量な所も魅力で、持ち運びやすいです。

ここでは登山用テントのおすすめのメーカーを紹介していきます。それぞれのメーカーで特徴は異なっており、さまざまなタイプの登山用テントに出会えます。メーカーの事をよく知らない人や、どのメーカーの物を購入しようか迷っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

モンベルは非常に人気が高い日本のアウトドア総合メーカーです。登山用品の品揃えは豊富で、特に登山用テントはたくさんのユーザーから高い支持を得ています。軽量ですが、強度が高い素材を使用していて高い耐久性を持っています。メーカー独自のシステムを採用していて、設営を簡単にできる所もポイントで、登山初心者にもおすすめです。

ヘリテイジは1981年に創業した日本のアウトドアメーカーです。キャンプギアを多く取り扱っており、登山をしている人達からの人気や信頼があります。登山用テントはシンプルな造りをしていますが、機能性は高い物があり、快適に過ごす事ができます。登山をする時の強い味方になり、登山を楽しみやすいです。

アライテントは1965年に創業した日本のアウトドアブランドです。登山用品を主に取り扱っていて、登山用テントには「エアライズ」や「ゴアライズ」と言った代表的な物があります。特に登山用テントの品揃えは豊富で、軽量でコンパクトな物から大型の物まで揃っています。登山初心者にもおすすめで、それぞれの人に合っている物を見つけやすいのもポイントです。

MSRは1969年にアメリカで設立された登山用品メーカーです。世界中の登山家から愛されていて、信頼も厚いのが特徴です。MSRの登山用テントの特徴は「軽量」、「機能性が高い」、「デザイン性に優れている」と言う所です。簡単に持ち運びやすく、過酷な環境でも安心して休む事ができます。見た目にこだわりがある人にはかなりおすすめです。

ニーモは2002年にアメリオで創業したアウトドアメーカーです。他のアウトドアメーカーと比べると年数はまだ浅いですが、たくさんの登山家から信頼を獲得していて人気も高いです。ニーモの登山用テントはデザイン性が魅力で、おしゃれな物が多いです。使っていると自然とテンションがあり、登山をより楽しむ事ができます。

oxtos(オクトス)

ULシングルウォールテント1人用 OX-031

価格:36,300円 (税込)

1人用のコンパクトで軽量なテント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズは幅209cm×奥行95cm×高さ100cm、重量は約972gとコンパクトで軽量なテントです。設営・撤収をしやすい上に簡単に持ち運ぶ事もでき、1人で登山をする際にはおすすめです。

 

素材には、PUコーティングが施された40Dナイロンが採用されています。紫外線だけではなく、水滴の侵入もしっかりとガードできます。テントの底部であるグランドシートにはゴムシートを使用していて、耐久性を上げています。より破れにくくなり、安心です。

最大収容人数
1人
重量
972g
ウォール
シングル
カラー
1種類
プロモンテ(PuroMonte)

超軽量シングルウォールアルパインテント VB-20

価格:57,200円 (税込)

テント内の環境を良い状態に保ちやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材に20Dナイロンリップストップや70Dナイロントリコット高通気エントラント3レイヤーを採用していて、防水性や透湿性、通気性など高い機能性を持っています。テント内の環境を良い状態に保ちやすく、快適に過ごす事ができます。

 

重量は約1180gと軽量な上に、付属品にはテントとポールの収納袋があり、手軽に持ち運べる所もポイントです。登山をする際の負担を減らす事ができ、おすすめです。

最大収容人数
2人
重量
1140g
ウォール
シングル
カラー
グリーン
Naturehike

2人用 自立式テントCloudUp2

価格:17,900円 (税込)

強度が高く、カラーのバリエーションも豊富

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メインポールにアルミニウム合金の素材を採用しています。軽量ですが、高い強度を持っていて、しっかりとテントを支える事ができます。強風が吹いても耐えられて、安心感が高いです。生地には撥水・防水加工も施されていて、水にも強いです

 

カラーはグリーンやオレンジ、グレーなど複数あり、バリエーション豊富な所もポイントです。選び甲斐がある上に自分の好きな色の物だと、登山で使用する際にテンションも上げる事ができ、より楽しめます。

最大収容人数
2人
重量
1730g
ウォール
シングル
カラー
グリーン、オレンジ、グレー、松葉色
mont bell

ステラリッジテント2 1122649

価格:42,800円 (税込)

設営が簡単で、登山初心者にもおすすめ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー独自の吊り下げ式構造を採用しているため、強風が吹いている時でも短時間で設営できます。登山初心者にもおすすめで、使用する際の安心感が高いです。

 

テントの上部にはベンチレーションが装備してあり、高い通気性を持っています。空気をスムーズに循環させる事ができ、テント内の環境を快適に保てます。底部にはシームテープ処理がなされていて、水の侵入を未然に防げます。雨が降っていてもテント内は濡れにくく、身体や登山用品を雨から守れます。

最大収容人数
1人
重量
1230g
ウォール
シングル
カラー
ホワイト
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)

ハイライト2P BD80076

価格:60,457円 (税込)

湿度や気温が高い日でも快適に過ごしやすい

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

換気を促進させるフローマニフォールドを装備していて、天井部にはベンチレーターも採用しています。空気の入れ替えをよりスムーズに行えて、湿度や気温が高い日でも快適に過ごしやすいです。

 

出入口は大きく作られていて、解放感に溢れています。出入りも簡単にしやすく、便利です。天井部にある短いポールは外に突き出し、小さい庇を作る事もできます。雨がテント内に入る事を防げて、より濡れにくくなります。

最大収容人数
2人
重量
3.75 ポンド
ウォール
-
カラー
-
HEWOLF

ツーリングテント

価格:7,680円 (税込)

通気性に優れていて、収納ポケットやランタンフックも便利

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュ素材のインナーテントを採用していて、通気性に優れています。テントの中と外の空気をスムーズに入れ替えやすく、快適に過ごす事ができます。耐久性が高く、破れにくくなっている所もポイントです。虫などの侵入も未然に防げて、虫が苦手な人も安心です。

 

テント内には収納ポケットやランタンフックが付いています。スマートフォンやデジタルカメラなどを簡単に収納できる上に、ランタンも手軽にかけられて便利です。

最大収容人数
2人
重量
2400g
ウォール
ダブル
カラー
オレンジ、グリーン、ブルー、青色
Weanas

2層テント

価格:7,050円 (税込)

天気が悪い日も安心して過ごせる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フライシートに防水ナイロン+シリコン生地を採用していて、4000mmの耐水圧があります。大雨に打たれてもテント内に水滴が侵入しにくく、天気が悪い日も安心して過ごす事ができます。UVカットの機能を持っている所もポイントです。紫外線にも対応可能です。

 

展開時は長さ215cm×幅135cm×高さ15cmですが、収納時は長さ約40cm×幅17cm×高さ15cmにまでコンパクトになります。バックパックにも入れやすく、手軽に持ち運ぶ事ができ、登山をする際には便利です。

最大収容人数
3人
重量
2100g
ウォール
ダブル
カラー
オレンジ
Naturehike

CloudUp1

価格:10,900円 (税込)

山の過酷な環境でも安心して過ごせる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材には20Dシリコンコーティングナイロンが採用してあり、高い防水性と防風性を持っています山の過酷な環境にもしっかりと耐える事ができ、頼れる存在です。ポールにはアルミ合金製の物を使っていて、強度も高いです。

 

インナーテントには、スマートフォンや財布などを簡単に収納できるポケットが付いています。安心して保管できる上に、必要な時に手元にすぐに準備も可能で便利です。

最大収容人数
1人
重量
1620g
ウォール
ダブル
カラー
グレー、オレンジ、グリーン
アライテント(ARAITENT)

エアライズ1(AIR RAIZ1)

価格:42,120円 (税込)

防水性が高く、雨が降っている時も安心

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生地にはシームシーリング加工が施されていて、隙間から水が浸入できないようにしてあります。そのため雨が降っている時も安心してテント内で過ごす事ができ、持ってきた登山用品もしっかりと守れます。

 

重量は約1360gで、他の登山用テントと比較すると軽量です。登山をする際に簡単に持ち運びやすく、身体にかかる負担も軽減できます。簡単に設営できるようにフレームスリーブやクイックリリースバックルなどが採用されている所もポイントです。登山初心者も扱いやすく、短時間で設営できます。

最大収容人数
1人
重量
1360g
ウォール
ダブル
カラー
オレンジ、グリーン
エムエスアール(MSR)

ハバ NX 37004

価格:56,200円 (税込)

設営をスムーズでき、撥水性も高い

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズは長さ2.16m×幅1.52m×高さ0.91m、重量は1290gの1人用テントです。スイベルとハブで連結した一体型のポールを使用しているため、設営をスムーズにしやすいです。登山初心者も扱いやすく、すぐにテントで休む事ができます。

 

素材にはDWRコーティングが施されていて、撥水性に優れています。テントの表面に水滴がたくさん付着しても弾く事ができ、より浸み込みにくくなります。身体や登山道具が濡れる事を未然に防げて安心です。

最大収容人数
1人
重量
1290g
ウォール
ダブル
カラー
ホワイト

登山をする際には、テント以外にも必要なものはさまざまあります。ここではどんなものが登山に必要かを解説していきます。特に登山初心者は参考にしてみて下さい。

ペグは、テントを設営する際に必要不可欠なアイテムです。しっかりと打ち込む事ができればテントを固定でき、強風が吹いたとしても影響を受けにくくなります。キャンプ用だけではなく登山用のペグも多くあり、購入する時は注意深く見てみて下さい

コールマン(Coleman)

アルミピンペグ 21cm 170TA0024

価格:1,068円 (税込)

強度が高いピンペグ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

21cmのアルミ合金製のピンペグです。軽量ですが、強度は高い物があり、テントをしっかりと固定できます。固い地面だけではなく、芝生や砂浜などの柔らかい場所でも使用できる所もポイントです。

サイズ
21cm
カラー
ピンク

テントで寝袋に入り寝る時には、下に敷くマットがある方が良いです。睡眠の質を変える事ができ、疲れを取りやすいです。最近では厚みがある物や程良い硬さがある物など、さまざまなモデルが販売されています。それぞれの人に合っているマットを見つけやすいです。

DTOETKD

エア-マット

価格:3,680円 (税込)

快適に眠る事ができる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハチの巣の設計になっている寝袋です。体圧をバランス良く全体に分散させる事ができ、快適な寝心地を提供してくれます。ふかふかの枕が付いている所も良く、寝ている時に首にも負担をかけにくいです。

サイズ
長さ200cm×幅68~70cm×高さ7cm
重量
650g
カラー
グリーン、オレンジ、ブルー、ターコイズブルー

ずっと登山靴を履いていて疲れた時に、登山用サンダルがあると便利です。登山用サンダルに履き替えるとホッと一息つけて、足も休める事ができます。コンパクトで軽量なモデルもたくさん販売されていて、手軽に持ち運べる所もポイントです。

BIRKENSTOCK

Madrid/マドリッド

価格:3,010円 (税込)

履き心地は良く、丸ごと洗う事もできる

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EVA素材を採用しているサンダルで、軽量な上に弾力性も持ち合わせています。履き心地は良く、ずっと履いていても足に負担がかかりにくいです。丸ごと洗える所もポイントで、汚れたとしてもすぐに綺麗にできます。

サイズ
23cm~28cm
カラー
ホワイト、ラベンダー、カーキ、ブラック、メタリックコッパー

テント泊をする際に欠かせないアイテムが寝袋です。現在では夏用や冬用、3シーズン対応している物などたくさんのモデルが出ています。性能も高いため安心して眠りやすく、身体をゆったりと休める事ができます

JPDeal

寝袋 JPDeal-sleepingbag1.0-gray

価格:2,680円 (税込)

保温性が高く肌触りも抜群

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

封筒型の寝袋です。素材にはマイクロファイバーやコットンを使用していて保温性が高いため冬も暖かく、ゆったりと寝る事ができます。肌触りも抜群で、非常に気持ちよく、長時間寝袋の中に入っていても負担になりにくいです。

サイズ
長さ220cm×幅73cm
重量
950g
カラー
グリーン、グレー、ブラック、ネイビー

登山用テントにはさまざまな種類があり、性能もそれぞれ異なるため選ぶのが難しいと思う人が多いかもしれません。しかし、どんな種類や選び方があるかを知っていると、それぞれのスタンスに合っている登山用テントを見つけられます。用途に合わせて登山用テントを選び、登山をぜひ楽しんでみて下さい!

関連する記事

【テントの定番おすすめ10選】選び方や人気メーカーを紹介します!のサムネイル画像

【テントの定番おすすめ10選】選び方や人気メーカーを紹介します!

2021/10/21

2人用テントのおすすめ11選を紹介!サイズはどれくらい?【キャンプ・登山・ツーリングに!】のサムネイル画像

2人用テントのおすすめ11選を紹介!サイズはどれくらい?【キャンプ・登山・ツーリングに!】

2021/10/21

コットンテントはオールシーズン?おすすめ12選と注意点を解説!のサムネイル画像

コットンテントはオールシーズン?おすすめ12選と注意点を解説!

2021/10/21

【快適さとコスパの両立】2ルームテントのおすすめ10選!初心者でもあり?のサムネイル画像

【快適さとコスパの両立】2ルームテントのおすすめ10選!初心者でもあり?

2021/10/21

かっこよさを求めるならこれ!おすすめテント10選とメーカーを紹介!のサムネイル画像

かっこよさを求めるならこれ!おすすめテント10選とメーカーを紹介!

2021/10/21

初心者からベテランまでにおすすめできるモンベルのテント10選を紹介!のサムネイル画像

初心者からベテランまでにおすすめできるモンベルのテント10選を紹介!

2021/10/21

【2022最新】ファミリーテントのおすすめ13選|アウトドア初心者必見!高コスパ・おしゃれのサムネイル画像

【2022最新】ファミリーテントのおすすめ13選|アウトドア初心者必見!高コスパ・おしゃれ

2021/10/21

【ツーリングテントのおすすめ10選】選び方とプラスワンアイテムも紹介!のサムネイル画像

【ツーリングテントのおすすめ10選】選び方とプラスワンアイテムも紹介!

2021/10/21

【テントマットおすすめ15選】断熱効果?シュラフとの違いも解説!のサムネイル画像

【テントマットおすすめ15選】断熱効果?シュラフとの違いも解説!

2021/10/21

サンシェードのおすすめ15選【テント・タープ・車用も解説!】のサムネイル画像

サンシェードのおすすめ15選【テント・タープ・車用も解説!】

2021/10/21