おすすめ冬テント10選!寒い季節でも快適に使えるテントを一挙ご紹介!

冬キャンプにおすすめのテントを紹介しています。またテントの選び方や雪上に設営する際のコツについても解説しています。本格的なテントから設置が簡単で安いワンポールテントなどおすすめの冬キャンプ向けテントを厳選して紹介しているので、是非最後までご覧下さい。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

近年、冬キャンプの人気が高まっているのをご存知でしたか?冬の寒さの中で自営する充実感はグリーンシーズンよりも大きいでしょう。また、他のキャンパーが少なくのびのびとできたり、冬ならではの澄んだ星空を眺められるのも魅力的ですね。

 

冬キャンプを始めるなら、まずは冬にも対応できるテントを選ぶことが推奨されます。テントは数多くの製品がありますが、中には隙間風を防いでくれたり、ストーブを使えるテントや安くて設置が簡単なワンポールテントもあります。テントは冬キャンプを暖かく快適に過ごすためのキーアイテムと言えますね。

 

この記事では、冬キャンプにおすすめのテントを紹介しています。初心者の方が冬キャンプを始める際に気をつけたいことに触れ、さらにテントの選び方のポイントについても解説していくので是非参考にしてください。

熟練したキャンパーの中には夏用テントで冬キャンプをする人もいますが、暖房器具や寝具などその他の装備品が充実している場合が多いです。初めての方は冬用テントも含め、充実した装備で冬キャンプに臨みましょう。下に具体的な注意点をまとめます。

 

  • いきなり-4℃未満の過酷な環境にトライしない。温度条件・地形・天候などを実際に体験して慣れていくことが大切。
  • 冬テント以外にもマット・寝具・防寒グッズなども要チェック。
  • 思わぬハプニングに備えて冬キャンプを断念することも考慮して計画する。
  • ロッジのある通年キャンプ場を利用するなど、いざという時に逃げられる場所に目星をつけておく。
  • 火を使う暖房器具を使用する際は、テントやストーブの取扱説明書や注意書きをよく読む。
  • テントの幕内で暖房器具が使用可能でも、一酸化炭素中毒防止のため、「一酸化炭素チェッカー」を使用する。

ここでは、冬キャンプ向けのテントの選び方のポイントについて解説しています。ただしキャンプをする場所の気候条件などによって、何が最適かは異なってきます。身近な経験者の意見なども取り入れながら、自分に合ったテントを選ぶようにしましょう。

テントの中には、スカート(=テントと地面の間にひらひらとした布)付きのものがあります。これは、テントと地面の隙間から雨風の吹込みを抑える役割を持っています。隙間を埋めることで気密性を高めるので、保温効果を得られます。

 

ただし、スカートによる保温効果は寒さが厳しくなるほど実感しにくくなり、スカートが凍ってしまうなど、かえってデメリットになるケースもあります。冬キャンプに慣れてきて、より厳しい環境にトライする時には、スカートの有無を見直してみるといいでしょう。

冬キャンプに使用するテントでは換気機能が備わっているかも重要なポイントです。テント内で暖房器具を使用した際に、空気の汚染から身を守るために上下に開放できるベンチレーションを備えたものがおすすめです。

 

暖房器具を使用するとテント内と外気の温度差が大きくなり、結露が発生するリスクが大きくなります。テント内が結露で濡れたり、厳しい冷え込みで凍りつくのを防ぐため、ベンチレーションで温度差を緩和することも大切です。

冬キャンプでインナーテントを使用する場合はフルクローズできる構造の方が冷気を防ぐことができます。通気性重視の全面メッシュのインナーテントは基本的に冬キャンプには不向きですが、使用する際には寝具やその他の装備品で寒さをしのぐようにしましょう。

 

また、インナーテントの有無に関わらず就寝時の底冷え対策は重要です。グランドシートを敷き、銀マットやブランケットなどで床の冷たさをカバーできるようにすることを推奨します。電気毛布などがあるとさらに心強いですね。

テントに使用される素材はさまざまありますが、冬キャンプにおすすめなのがコットンやコットン混紡のTC(テクニカルコットン)素材です。通気性に優れているので結露の発生を抑えることができ、夏場は外気の暑さを遮断できるのでオールシーズン活用できます。

 

また、ナイロンやポリエステルの化学繊維より難燃性が高く、暖房器具の使用とも相性がいいです。耐久性が高い素材で長く使用できるのも利点と言えます。一方で重量があり、お手入れを怠るとカビが発生するなどのデメリットもあります。

冬キャンプに慣れてきて、より厳しい環境にトライしていく中で雪中キャンプを行うこともあるかもしれません。ここでは、雪上にテント設営をする方法について解説していきます。是非参考にしてください。

雪上では、テント設営の前にテントが安定するように地ならしをする必要があります。できるだけ簡単に地ならしするためには、平坦な場所を選ぶようにしましょう。スコップやショベルなどを使うと早く地ならしを済ませることができます。

 

スコップやショベルは、就寝中の積雪によって翌朝にはテントが雪に埋もれてしまうこともあるので必ず携帯したいアイテムです。持ち運びに便利な折りたたみ式のアイテムもあるので、雪中キャンプにトライする方はチェックしておきましょう。

地ならしさえしっかり行えば、テントの立て方自体は通常時と同様です。ただし注意点が1つあり、設営時にポールの淵に雪がつかないようにします。淵に入った雪が溶けて再び凍ると、片付けの際にたたみづらくなってしまいます。

 

キャンプ中の積雪によってテントやポールに雪がついた場合は、スノーブラシで雪を落とすようにするといいでしょう。スノーブラシは車に積もった雪を落とす際にも活躍するアイテムなので、雪中キャンプ時には持ち歩くようにしたいですね。

テント設営の仕上げとしてのペグダウン(ペグ打ち)には、通常のペグではなく雪用のペグを使用するようにしましょう。雪へのペグダウンは通常のペグだとすぐに抜けてしまいます。下のような雪用ペグがおすすめです。

EX'PERT OF JAPAN(エキスパートオブジャパン)

クロスペグ C10

価格:746円 (税込)

携帯に便利な雪用ペグ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用時に十字に開く雪用ペグです。十字に開いたペグを雪に埋めることで、雪の重みでテントを固定します。回収時は張り綱を横に引くと少ない抵抗で抜くことができるでしょう。厚みが4.6mmなので、数枚重ねてもかさばらず持ち運びに便利で、携帯性を重視する方におすすめ。アルミを含むジュラルミン素材なので、軽量で強度が高いのも魅力的ですね。出発前にテントの張り綱に予め結んでおくと設営の時短にもなります。

 

スペック詳細はこちら

サイズ/重量
長さ150×幅20×厚さ4.6mm / 17.5g
素材
ジュラルミン
ローベンス(Robens)

クロンダイク・グランデ(Klondike Grande) 9P

価格:232,826円 (税込)

設営の簡単さと居心地の良さが人気のAフレーム型テント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設営がシンプルで居住性の高いAフレーム型テントです。薪ストーブの煙突用のポートを上部に備えているため、厳寒の環境でも暖かくして過ごせるのが魅力的ですね。収容人数も9~10人と広く、冬キャンプを家族や複数人で楽しむのにおすすめです。コットン35%・ポリエステル65%の混紡コットンは、雨雪に強く通気性と難燃性にも優れています。別売のインナーテントはフルクローズ可能です。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
92×35cm / 21.1kg
最大収容人数
9~10人
テントタイプ
ティピー(アウター)
生地の素材
ハイドロテックスポリコットン
フレーム
アルミセンターポール・Aフレーム
ウォール
ダブル
ヘルスポート(HELSPORT)

バルホール アウターテント

価格:200,100円 (税込)

薪ストーブの煙突穴付きのトンネル型テント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薪ストーブの設置が可能なトンネル型テントです。テント素材はポリエステルですが、難燃性コーティングを施しているので安心して使用することができます。テント内の高さは180cmと広々と快適に過ごせる点も嬉しいですね。換気窓もついているので空気循環と結露対策の点でも優れています。人気の高いトンネル型テントは冬キャンプ向けの製品が少ないため、トンネル型のおしゃれさと快適さを求める方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
32×52 cm / 10.73kg
最大収容人数
6~8人
テントタイプ
トンネル型
生地の素材
ポリエステル
フレーム
アルミ製ポール
ウォール
ダブル(アウター)
スノーピーク(snow peak)

ランドロック TP-671R

価格:166,000円 (税込)

冬キャンプにもグリーンシーズンにも活用可能な大型シェルター

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外気の侵入を防ぐ全方位スカート付きで大型ベンチレーションを備えた大型シェルターです。本体も付属のインナールームもメッシュパネルが多く夏場でも快適に使用することができます。冬キャンプでは寝室とリビングの2ルームに分かれているため、食事から睡眠までをシェルター内でぬくぬくと過ごすことができます。インナールームを使わず、カンガルースタイルでより暖かい寝床にカスタムしたい方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

収納サイズ/重量
75×33×36(h)cm / 22kg
最大収容人数
6名
テントタイプ
2ルームシェルター
生地の素材
ポリエステル
フレーム
-
ウォール
- ※インナールーム付属
NORDISK(ノルディスク)

アウトドアテント アスガルド19.6

価格:122,997円 (税込)

おしゃれで楽ちんなお座敷スタイルにもおすすめのベル型テント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベル型の形状・テクニカルコットンの素材感・アイボリーカラーなど見た目がおしゃれなテントです。夜には幕内の灯りが透けて、テント全体が夜の中で光っているような幻想的な光景が写真映えします。テクニカルコットンなので通気性や難燃性にも優れ、天井部にベンチレーションなど機能性も優秀です。ベル型でデッドスペースのない広々とした空間も魅力で、お座敷スタイルでくつろぎの冬キャンプを楽しむのにもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
116x42cm / 20kg
最大収容人数
3~8人
テントタイプ
ベル
生地の素材
テクニカルコットン
フレーム
スチールポール
ウォール
ダブル
NORDISK(ノルディスク)

アウトドアテント アルヘイム12.6

価格:115,500円 (税込)

薪ストーブ対応のおしゃれなティピー型テント

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井部分にベンチレーションが設けられていて、薪ストーブの使用も可能なテントです。結露しにくいテクニカルコットン素材なので、テント内が濡れたり凍り付く心配もありません。窓と天井がメッシュで通気性に優れているため、気温の高いシーズンでも快適に使用することができます。ノルディスクならではのおしゃれなデザイン性も人気。設営もシンプルで簡単なため快適で楽しい冬キャンプをしたい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
99x32cm / 18kg
最大収容人数
2~5人
テントタイプ
ティピー
生地の素材
テクニカルコットン
フレーム
スチール製ポール
ウォール
ダブル(アウター)
テンティピ(Tentipi)

ジルコン 7 CP

価格:170,500円 (税込)

簡単設営・結露抑制・薪ストーブ対応のティピー型テント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センターポール1本のみのシンプル構造なティピー型テントです。比較的大型ながら設営は数分程度で済ませることができます。またコットンとポリエステルの混紡素材で通気性に優れ、インナーテントが必要ないほど結露を最小に抑えることが可能です。また、煙突用の開閉穴があり薪ストーブにも対応しています。8角錐形状で風圧や積雪を分散し、倒壊リスクが低い点も魅力的ですね。本格的な冬キャンプにトライした方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
L62 xφ27cm / 11.7kg
最大収容人数
6~8人
テントタイプ
ティピー
生地の素材
コットン+ポリエステル
フレーム
アルミ製ポール
ウォール
-
テンマクデザイン

サーカスTC

価格:37,998円 (税込)

冬キャンプに十分な性能をもつコスパに優れたテント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テント生地にテクニカルコットンを採用し、通気性優れたテントです。夏は涼しく冬は暖気を逃さずオールシーズン使いやすいのが魅力的ですね。難燃性に優れた素材でもあるため、幕内での石油ストーブも比較的に安全に使用できます。また、ペグの数は10本でガイドを使用すれば初めての方でも短時間で設営することが可能。価格も手頃で初めての冬キャンプにおすすめのテントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

収納サイズ/重量
670×250(直径)mm / 10.8kg
最大収容人数
1~2人
テントタイプ
ティピー
生地の素材
テクニカルコットン
フレーム
スチール製ポール(5本継)
ウォール
ダブル(アウター)
アライテント

エアライズ1(AIR RAIZ1)

価格:42,120円 (税込)

別売の外張と組み合わせて冬山のソロキャンプを快適にするテント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納時のコンパクトさと1.36kgという軽量性を備えており、持ち運びに便利な登山テントです。切れ目のないフレームスリーブで素早くフレームをセットすることができます。さらにクイックリリースバックル搭載でフライシートやオプションパーツの取り付けが簡単。人力移動と設営を楽にしたい方におすすめです。別売品の外張(ウィンターカバー)で冬キャンプにも対応可能になります。外張も570gと軽量なのが嬉しいですね。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
本体29×14φcm / 1.36kg
最大収容人数
1人
テントタイプ
ドーム
生地の素材
ナイロン
フレーム
-
ウォール
ダブル
モンベル(mont-bell)

ステラリッジテント1型

価格:37,800円 (税込)

過酷な環境にも耐え得る剛性と軽量さが魅力のインナーテント

\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンベル独自素材を採用し、世界最高レベルの軽量さと剛性を実現したテントです。本製品はインナーテントであり、冬キャンプや冬山登山には別売品のスノーフライと組み合わせて使用してください。スノーフライについては前方向にスカートが設けられ気密性を高めています。出入り口は巾着のようにひもで絞ったり緩めたりして開閉するため、凍結による破損の心配がありません。有名メーカーの信頼できるテントを求める方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
29×Φ13.5cm / 1.14kg
最大収容人数
1人
テントタイプ
ドーム
生地の素材
強力ポリエステル
フレーム
アルミ合金製ポール
ウォール
ダブル(インナー)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

エクスギアソロテント UA-19

価格:12,931円 (税込)

クイック設営を重視する方におすすめのソロテント

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迷いにくい色分けされたポールと石突グロメット方式で素早い設営が可能なソロテントです。付属のインナーテントは全面メッシュのため、冬場の防寒対策は他の装備品で対応する必要があります。それでも冬場のソロキャンプの場合、寒い屋外でいかに手早くテントを設営できるかも重要で、設営の早さ重視の方におすすめです。湯たんぽやコンパクトヒーターなど、その他の防寒グッズを充実させましょう。

 

スペック詳細はこちら

収納サイズ/重量
- / 2.18kg
最大収容人数
1人
テントタイプ
ドーム
生地の素材
ポリエステル
フレーム
ジェラルミン製ポール
ウォール
ダブル

冬向けのテントを入手できたら、テント内で暖かく過ごすための暖房器具もチェックしましょう。テント内で使用可能なストーブや、冬テントに対応した専用ストーブなどがあります。

 

火を使用する暖房器具では、一酸化炭素中毒防止のために一酸化炭素チェッカーを使用しましょう。また、テントによってはストーブが使用できない場合もあるので注意です。下に冬キャンプにおすすめのストーブの例を紹介します。

sotosotodays -ソトソトデイズ-

テンティピ Tentipi エルドフェル ストーブ Pro9 [テント ワンポール 焚火]

価格:121,000円 (税込)

テンティピテント専用の純正薪ストーブ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンティピテントに合わせて作られた純正の薪ストーブです。煙突を通じて煙をテント外に効率的に排出することができ安全に使用できます。重心が低く設計されているため雪上でも安定させることが可能なのも使いやすいですね。濡れたものを乾かしたり、鍋を乗せて調理することもでき、テント内の居住性を高めたい方におすすめです。なお、サイズの違いは煙突の本数の違いであり、本体サイズは変わりません。

 

スペック詳細はこちら

タイプ
薪ストーブ
タンク容量
-
暖房出力
-
サイズ
幅63cm・奥行き31cm・高さ37cm
重量
14.9kg
トヨトミ

石油ストーブ RS-H290

価格:15,469円 (税込)

コンパクトで持ち運びに優れスタミナのある石油ストーブ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的な家庭用の反射式ストーブの中でもコンパクトなモデルで、持ち運びに優れたタイプの製品です。灯油タンクの容量が3.6Lと比較的小容量ながら、連続燃焼時間は12.9時間と長時間使用できるスタミナが魅力です。反射式ストーブで前方向から暖める特性により、換気中も暖かさをキープできるメリットがあります。キャリブレーションを充実していても薪ストーブ非対応のテントの場合の暖房器具としておすすめです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

タイプ
反射式石油ストーブ
タンク容量
3.6L
暖房出力
2.87kW
サイズ
312x460x356 mm
重量
7.5kg

冬キャンプにおすすめのテント選びでは、素材や機能は妥協せずにしっかりしたものを選ぶことでより安全で快適に過ごすことができます。またこの記事だけではなく、身近な経験者のアドバイスも聞き、あなたに合った充実した冬キャンプを楽しんでくださいね。

関連する記事

冬におすすめのタープを紹介|寒い冬でもキャンプを楽しもう!のサムネイル画像

冬におすすめのタープを紹介|寒い冬でもキャンプを楽しもう!

2021/10/21

1年中アウトドアを楽しもう!おすすめのオールシーズンテント10選のサムネイル画像

1年中アウトドアを楽しもう!おすすめのオールシーズンテント10選

2021/10/21

キャンプ初心者がはじめに買うべきおすすめ定番テントは?後悔しない選び方を紹介します!のサムネイル画像

キャンプ初心者がはじめに買うべきおすすめ定番テントは?後悔しない選び方を紹介します!

2021/10/21

【おすすめ10選】夏に涼しいテント|快適に過ごせる工夫もご紹介のサムネイル画像

【おすすめ10選】夏に涼しいテント|快適に過ごせる工夫もご紹介

2021/10/21

【2022最新】かわいいテントおすすめ16選|女性にも!のサムネイル画像

【2022最新】かわいいテントおすすめ16選|女性にも!

2021/10/21

女性におすすめのテント8選|テントの種類やおすすめブランドも紹介のサムネイル画像

女性におすすめのテント8選|テントの種類やおすすめブランドも紹介

2021/10/21

【高品質でお手軽な値段】エントリーモデルのテントおすすめ5選のサムネイル画像

【高品質でお手軽な値段】エントリーモデルのテントおすすめ5選

2021/10/21

おすすめの日本製テント10選|マニアックなテントメーカーもチェック!のサムネイル画像

おすすめの日本製テント10選|マニアックなテントメーカーもチェック!

2021/10/21