【テントの定番おすすめ10選】選び方や人気メーカーを紹介します!

アウトドアやキャンプがブームになっている今、テントも様々なメーカーから多様なモデルが発売されています。この記事ではテントの種類やおすすめの選び方、人気メーカーの特徴からおすすめのモデルまでをまとめてご紹介。購入を考えている人は参考にしてくださいね。

2021/10/21 更新

アウトドアを楽しむためには、持っていくアイテムにもこだわりたいですよね。アウトドアに利用するアイテムで最も快適さや楽しさを左右するのはテントです。しかし、テントはさまざまなタイプがリリースされておりどれを選べば良いのかわからない初心者も多いはず。

 

そんな初心者向けに、テントの賢い選び方を解説します。自分の用途に最適なテントを見つければ、アウトドアも一段と楽しくなるはずです。加えて定番でおすすめの、人気テントも紹介します。

「2020年定番のおすすめテント10選」を今すぐ見る

テントには形状の違いや設営の仕方によって、いくつかの種類に分類されます。ここではまず、テントにはどのような種類があるのかをしっかり押さえて、最適なテントがどれなのかを絞り込んでいきましょう。

テントの形状による種類

まずは、テントの形状による種類から紹介していきます。ベーシックなモデルから玄人向けのものまで幅広くラインナップされているので、それぞれの特徴や違いをしっかり把握していきましょう。

ドーム型テント

定番のドーム型テントは、建てやすさと広さのバランスが良いベーシックなモデルです。サイズも豊富で選択肢が多いので、初心者からベテランまで使いやすいテントといえます。基本構造は同じでもメーカーごとに特色があるので、比較するのも楽しいですよ。

 

多くのモデルがポールを交差させて強度を出す構造になっており、女性でも簡単に組み立てられることも特徴です。テントといえばこの形を思い浮かべる人も多いモデルなので、何を用意すればいいか悩んだときはドーム型テントにしてみましょう。

2ルーム型/トンネル型テント

テントは居住空間が1つだという印象がありますが、2ルーム型/トンネル型のテントは、空間が仕切られているのが大きなポイントです。テントの中でリビングと寝室を分けることができるので収納力も高く、テントの中が乱雑になることを防ぐことが可能です。

 

ドーム型と比較してもテントそのものが大きくなるので設営時間がかかることも多いですが、人気の高まりと共にモデルが増え、より多くの選択肢から選べるようになりました。インナーテントを外せば別の使い方もできるので、キャンプへ行くことが多い人におすすめです。

ティピー(モノポールテント)型テント

三角形が特徴的なティピー型は、中心にポールを立てて固定することからワンポールテントとも呼ばれています。底を固定してポールで支えるシンプルな構造なので、初心者でも扱いやすいタイプです。

 

スペースが1つしかないので、1人でキャンプをすることが多い人におすすめです。ひさしがあるタイプであれば雨天時にも使いやすくなりますので、予算が許すのであればひさし付きのモデルがおすすめです。

ロッジ型テント

ロッジ型と呼ばれているテントは、どっしりした佇まいと広い居住空間で、90年代に高い評価を獲得していたテントです。コンパクトなテントの人気におされていましたが、近年はグランピングブーム等の影響もあり、快適に過ごせるロッジ型テントが再評価されています。

 

テントの壁を垂直にちかい形で建てることができて、実際の家に近いような形状で使うことができるので、空間を無駄なく使うことが可能です。購入時の価格はどうしても高くなってしまいますが、快適性を求める人には強くおすすめしたいテントです。

特殊タイプのテント

特殊タイプは、これまでに紹介した形式にとらわれない斬新な形状のテントです。例えば、ハンモックのようにぶら下げて使う「Sky Nest」や、遊牧民が使う住居をモデルにした「アルタイ」など、個性的なテントがラインナップされています。

 

他にもシェルター系のテントや特徴的なフォルムのテントがありますが、得られる空間の広さや組み立て方法が独特な場合があります。インターネットの画面で見るだけでなく、一度現物を確認してから購入することをおすすめします。

テントの設営の仕方による種類

次にご紹介するのは、テントの組み立て方による分類です。多くのテントは先に紹介した形での分類になりますが、組み立て方の違いを知っておくと、選ぶ際にアイテムを絞り込みやすくなります。ぜひ、参考にしてください。

ワンタッチテント

ワンタッチテントはその名の通り、ワンタッチで設営と撤収ができるテントです。傘のようにワンタッチで開くことができるので、初心者でも使いやすくなっています。キャンプだけでなく、海水浴やフェス会場でも使われることが多くなっています。

 

そのほとんどがドーム型なのでデザイン性に乏しい面はあるかもしれませんが、設営がとにかく簡単なので女性でも気兼ねなく使うことが可能です。ストレスなくアウトドアを楽しみたい人、アウトドアに慣れていない人におすすめです。

ポップアップテント

ポップアップテントは収納バックを開いて飛び出すタイプのテントです。設置がとにかく簡単であることから、宿泊を伴うキャンプよりも海水浴や運動会で使われることも多くなっています。

 

収納バックから出せば設置が完了しますが、片付ける時には手順を踏んで折りたたむ必要があり、慣れるまでは難しいかもしれません。また、テントの素材が薄い場合は宿泊に向かないこともありますので、大きさや材質などを購入前に確認しておくことをおすすめします。

エアフレームテント

エアフレームテントは、テントのフレーム部分がチューブになっており、そこに空気を入れることでテントを組み立てることができるようになっています。他のテントよりも設営時間がかかりますが、デザイン性の高いテントが多いことから選ぶ楽しさがあります。

 

設営時間がかかるといっても、10分程度で設営できるモデルが多くなっています。自転車のタイヤに空気を入れる時のような動作で設営できるので、仲間や家族と交代しながら設営することもできます。撤収時には空気を抜けばいいので、初心者にもおすすめです。

テントには形状や設営方法から色々な種類がありますが、それらの中から自分に最適なものを選ぶためには、どんなポイントに着目すればいいのでしょうか。この項目では選ぶ際に重要なポイントをいくつかピックアップしてご紹介します。

テントのデザイン

テント、と言っても、その形状は様々です。ドーム型や三角形、2ルームなど、外側にも内側にもメーカーそれぞれの特徴やこだわりがあります。アウトドア人気が高まっていることもあり、以前よりも選択肢は増えました。

 

テントはキャンプ場で自分の家として過ごす場所になりますので、デザインが気に入らないものを選んでしまうと、テントで過ごす時間が憂鬱になってしまうかもしれません。

 

高価な買い物になりますので予算との兼ね合いもありますが、デザインが気に入ったものは自分でも気に入って長く使いたくなるはず。迷った時には直感を信じてみることもおすすめです。

設営の簡単さ

テントを自分達で設営するとなると、設営や撤収に時間がかかってしまうと、以降の予定にも大きな影響を与えてしまいます。特にキャンプやアウトドアに慣れていない時は、設営・撤収が簡単なテントがおすすめです。

 

今は初心者でも設営が簡単なモデルが増えていますが、設置は簡単でも撤収に時間がかかる可能性もありますので、迷ったときは店頭で店員さんからレクチャーを受けることをおすすめします。屋外での設営を短時間で終わらせることで、他のことをじっくり楽しめますよ。

テントの機能性

テントには通気性に優れているモデルや耐水性、保温性に優れているものなど、素材や構造によって様々な特徴があります。テントを使う時期や設置する場所の気候・気温を事前に確認して、どんなタイプのテントを用意すればいいのかを考えましょう。

 

例えば真夏のキャンプに保温性の高い素材のテントを選んでしまうと、快適に過ごすことが難しくなります。価格のやすさだけで選んで後悔する前に、目的地での設置に適しているかどうかをしっかり確認しておきましょう。

テント内の快適さ

現行で発売されているテントは、1人用から多人数用まで様々な種類があります。テントでも快適な居住性を獲得したい場合は、どういったキャンプ用品を何人で使うのかをより具体的に考えて、テントの大きさを選びましょう。

 

例えば今は、石油ストーブを設置するための通気口がついているモデルもあります。冬場にテントを使うことが多い人は、そういった機能を考慮して選ぶと、アウトドアをより快適に過ごすことができます。細かな機能を確認・比較してから最適なモデルを探しましょう。

テントの価格

テントを購入する際は、そのテントを何回使うのかをざっくりでもいいので考えてみてください。仮に高額なテントを購入した場合、いくら機能性が抜群でも1度しか使わないということになれば、結果として無駄使いになってしまうかもしれません。

 

今はアウトドア用品のレンタルも充実していますので、一度レンタルをしてから購入を検討するのもおすすめです。今は安さと機能性を両立させたモデルも多いので、実際にテントを購入する場合は、予算をしっかり決めてからその範囲内で最適なモデルを探すようにしましょう。

「2020年定番のおすすめテント10選」を今すぐ見る

ここからは、テントを販売している主なメーカーの特徴を簡単に紹介していきます。今は国内メーカーのみならず、海外メーカーのテントも手に取りやすくなっていますので、それぞれの特徴をしっかりおさえていきましょう。

日本のテントメーカー

ロゴス

ロゴスはテントのみならず、様々なアウトドア用品を販売しているメーカーです。「水辺5メートルから標高800メートルまで」というブランドポリシーに則った高品質のアイテムは、多くのキャンパーから支持されています。

 

高性能を突き詰めた「プレミアムシリーズ」や、デザイン性の高い「ナバホシリーズ」など、ラインナップの多さもロゴスの特徴の一つ。自分の目的や予算、レベルに応じたアイテムを選ぶことが可能です。

 

機能性とデザイン性を両立させたテントも多く、リーズナブルな価格設定とも相まって初心者にもおすすめ。30年以上の長い期間日本のアウトドアを支えてきた、信頼できるブランドです。

スノーピーク

スノーピークは新潟で生まれたアウトドアメーカーです。オートキャンプを世界に先駆けて確立したことでも知られており、高品質なアウトドアグッズを長年にわたって開発・販売してきました。

 

テントの定番商品となった「アメニティドーム」は、他社製品よりも低い設計になっていることで強風に強く、耐久性が高いことが特徴です。リニューアルを繰り返しながら現在も販売を続けており、スノーピークの主力商品に成長しています。

 

加えてアフターサービスも充実しており、製品上の欠陥が原因で故障した場合は、購入から何年経過していても無償修理(もしくは交換)対応となっています。良いものを長く使い付けたい人におすすめです。

モンベル

1975年に創業したモンベルは、日本特有の温暖湿潤気候に対応できるアイテムを多く開発・販売しているブランドです。登山家が創業者ということもあってなのか、品質とデザイン性の高さを両立している、使い勝手の良いアイテムが揃っています。

 

例えば、モンベルのテントとして主力商品でもある「クロノスドーム」は、ポールを直角に交差させて広い空間を確保しています。他にもコンパクト性が高い「ステラリッジテント」は、ソロキャンパーから高い支持を獲得しています。

 

モンベルのテントは、トレッキングなど山のレジャーを楽しむ人におすすめ。実際に登山をすることで感じたことがアイテムに反映されているので、かゆいところに手が届くグッズを揃えたメーカーです。

キャンパルジャパン

キャンパルジャパン(小川キャンパル)は、国内でも有数のテント専門のメーカーです。その歴史は100年以上と古く、長く使える高い品質のテントの販売を続けています。特に素材の防水性と耐久性が高く、ビギナーからベテランまで高い支持を獲得しています。

 

テントで特に人気が高い「スクートDX6」は、ベーシックなドーム型で設営も簡単なので、アウトドア初心者でも簡単に使うことができます。他にもロッジ型の「ロッジシェルター」は、グランピングを楽しみたい人におすすめです。

 

他のメーカーと比べると価格が少し高くなることも多いですが、しっかり長く使うことが可能です。イベント用や防災用のテントも開発しているので、様々な用途のテントを探している人におすすめのメーカーです。

DOD

「普通のモノは作らない」と明言しているDODのテントは、1人用のワンポールテントから複数人で使えるきのこテント、カマボコテントなど、他のメーカーが作らないような個性の強いテントを数多く販売しています。

 

また、販売はネットが主流となっており、全国どこにいてもテントを購入することが可能です。店頭で確認できないぶん、紹介用のウェブページが充実しているので、様々なテントを自宅で比較・検討することができます。

 

テント用のオプションも充実しているので、テントの中でより快適に過ごすことができます。カラーリングやデザインも可愛いので、女性同士でのキャンプにもおすすめです。

海外のテントメーカー

次に、海外発のメーカーをいくつかピックアップしてご紹介していきます。一度はロゴを見たことがあるメーカーでも、実際の特徴までは把握していない方もいらっしゃるかと思いますので、是非参考にしてください。

コールマン

世界中のアウトドアファンから高い支持を獲得しているコールマンは、1900年頃にアメリカで生まれたアウトドアメーカーです。ロゴの付いたテントやアウトドア用品を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

コールマンのテントにおける定番商品「タフドーム」は、紫外線に強い生地を使っており、4人家族にちょうどよいサイズで販売されています。シンプルな見た目と確かな機能性から、初心者から玄人まで高い支持を獲得しています。

 

他にもオールドアメリカンを連想させる「ヴィンテージシリーズ」や、高性能の「マスターシリーズ」など、様々なアイテムを展開しています。店頭でも手に取りやすく、とっつきやすい海外メーカーです。

ノルディスク

シロクマのマークが可愛いノルディスクは、1901年にデンマークで生まれたメーカーです。元々は羽毛の会社でしたが、その後、寝袋などのアウトドア用品を販売するようになって今に至ります。余談ですが「ノルディスク」には「北欧」という意味合いがあります。

 

2010年に日本上陸を果たすと、洗練されたデザインと機能性を両立しているアイテムで人気を獲得しています。特にベル型テントの「アスガルド」はおしゃれな見た目と広い空間で、1人でも簡単に設営・撤収ができると評判です。

 

他のメーカーのテントと比べると価格が高いものも多いですが、製品のクオリティを考えると納得の価格です。北欧デザインのおしゃれなキャンプ製品で揃えたい人におすすめです。

MSR

アメリカ発祥のMSR(マウンテンセーフティリサーチ)は、主にテントやストーブ、携行缶、浄水器などを販売しているメーカーです。特に1973年に発売した「マウンテンテント」は、救助活動にも使われているほど信頼されています。

 

登山家によるブランドなので、実際の使い勝手の良さは勿論のこと、山の景色に映えるデザイン性の高さにも定評があります。極寒の地や高地で使うことを想定しているモデルもあるので、本格的なテントを揃えたい人におすすめです。

ケシュア

フランス生まれの『ケシュア』は、高品質のアイテムを手に取りやすい価格で販売しています。「革新的であること」というブランドポリシーを掲げ、設計から開発、販売といった一連の工程を自社で行っています。

 

ケシュアのテントでも人気が高い「2 SECONDシリーズ」は、2秒あれば設営できるポップアップテントです。ケースから出して広げるだけでOKなので、初心者でも簡単に使うことが可能です。

 

アウトドアのイロハを知らなくても使うことができる手軽さとおしゃれなデザインは、初めてのテントで迷っている人におすすめです。

コールマン サンドーム2テント

Coleman(コールマン)

Coleman(コールマン) サンドーム2テント

価格:13,339円 (税込)

初心者やソロキャンパーにおすすめのコンパクトなテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマン製の2人用テントとして販売されている本製品は、手に取りやすい価格と扱いやすい機能性を両立させた、初心者におすすめのテントです。小物を入れておくメッシュポケットや電気コードの引き込み口がついているので、テントの中をスッキリさせることが可能です。雨風からもしっかり守ってくれるので、多少の悪天候でも快適に過ごすことができます。コンパクトなので庭でちょっとしたキャンプ気分を楽しみたいときにもおすすめです。

サイズ 約213.3cm×152.4cm×高さ122cm 重量
人数 2人用

ロゴス ロージー 2ルームテント

ロゴス

ロゴス ロージー 2ルームテント

価格:26,800円 (税込)

大人5人が余裕で過ごせる2ルームテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラスファイバー製のフレームを採用しているこのテントは、軽さと丈夫さを両立させています。2ルーム製になっているので寝室とリビングを分けることができますし、付属のポールを使うことでキャノピーを張り出し、活動範囲を広げることが可能です。大人5人が余裕を持って眠ることが出来る広さが確保されているので、仲間と屋外でワイワイ過ごしたい人におすすめです。

サイズ (約)幅290cm×奥行440cm×高さ190cm 重量 総重量は約10.8kg
人数 大人5人

スノーピーク アメニティドーム

スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム SDE-003RH

価格:51,480円 (税込)

防水・撥水加工に優れ、家族が快適に過ごすことができるテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークのテントの中でも特に人気がある『アメニティドーム』には、防水と撥水に優れた生地が使われています。雨や夜露から荷物や我々をしっかり守ってくれるので、安心して過ごすことが可能です。また、テントフレームや接合のテープ部分が色分けされているので、初心者でも間違えずに組み立てることができます。3人~6人用までラインナップされているので、家族や仲間の人数に応じて選ぶことが可能です。

サイズ 540×310×165(h)cm 重量 9.8kg
人数 6人用(3人用、5人用もあり)

モンベル クロノスドーム

モンベル(mont-bell)

モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型

価格:28,000円 (税込)

驚異的な軽さを実現した3シーズン対応のテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポールを直角に交差させて組み立てる独自の「バーティカル・クロス・システム」が採用されたテントです。設営と撤収が簡単に出来ることと高い通気性を備えているテントなので、冬以外のシーズンであれば、初心者でも色々な場所で快適に過ごすことができます。本体がとても軽くて持ち運びしやすくなっていることから、ツーリングやトレッキングをしている人におすすめです。

サイズ 長さ約230cm×幅130cm×高さ105cm 重量 約2.18kg
人数 2人用

ogawa ロッジドーム型 ティエラ

ogawa(オガワ)

ogawa(オガワ) テント ロッジドーム型 ティエラ リンド

価格:94,844円 (税込)

カップルや核家族など少人数におすすめの最軽量モデル

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ogawaのテントで人気の高いロッジドーム型「ティエラ」シリーズの中でも、最小で最軽量のモデルです。設営も簡単で空間を無駄なく使うことができるので、恋人や家族のみといった少人数のキャンパーにおすすめです。通気性の良いメッシュパネルが装備されているので、中で空気がこもることを防ぐことが可能です。前面のフラップを張り出すことで空間を更に広げることができるので、自然の中でより伸び伸びと過ごすことができるテントです。

サイズ 収納サイズ/70×28×28cm 重量 総重量は9.4kg
人数 3人用

DOD ライダーズワンタッチテント

DOD(ディーオーディー)

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテント

価格:16,709円 (税込)

紐を引くだけで設営が完了するワンタッチテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設営がワンタッチで終わるテントなので、移動やアクティビティ等で疲れている時も、袋から取り出してパッと設営することが可能です。二重構造になっているので雨にも強く、同時に結露も防いでくれます。撤収後はコンパクトになるので、バイクに積んで手軽に持ち運ぶことができます。加えて前室も備えているので、靴や荷物を寝室とは別の空間においておくことも可能です。価格も安いので、初心者でも手に取りやすいテントとなっています。

サイズ (約)W243×D235×H133cm 重量 約4.3kg
人数 大人1~2名

ノルディスク アスガルド

NORDISK(ノルディスク)

NORDISK(ノルディスク) テント レガシーシリーズ アスガルド7.1(3人用)

価格:90,980円 (税込)

可愛い見た目と機能性を兼ね備えた女性におすすめのテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノルディスクのテントは、洗練されたデザインが特徴です。この「レガシーシリーズ アスガルド」も三角屋根が特徴的で優しい色合いの見た目なので、可愛いキャンプ用品を探している女性におすすめです。機能面では高い耐水性を備えているので、テントの中のものを悪天候からもしっかり守ってくれます。他のテントよりも価格が高く設定されていますがオールシーズンで使えますし、価格分以上の安心感を得られる堅実なテントです。

サイズ 300x265x200cm 重量 15.5kg
サイズ 3人用(6人用、8~10人用もある)

MSR バックパッキングテント

エムエスアール(MSR)

エムエスアール(MSR) バックパッキングテント

価格:56,200円 (税込)

厚手の生地によって耐久性が向上したテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設営から撤収までの作業が簡単で、軽くて耐久性も高いことから、MSRのテントの中でもとっつきやすいテントとなっています。前室がついているので靴や汚れたものを寝室に入れることなく収納できるのも魅力です。1人用から4人用までラインナップされているので、使う人数に応じて最適なモデルを選ぶことが可能です。

サイズ 重量 約2.16kg
人数 1名(2名~4名用もある)

ケシュア SECONDS EASY 3

Quechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 3

価格:29,999円 (税込)

設営がとにかく簡単なポップアップテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで設営が出来るポップアップテントなので、準備の時間を最低限度にしておきたい人におすすめです。撤収には少しコツが必要な様子ですが、動画などを見れば詳しく確認することが可能です。耐久性も高いので、天候が少し悪くても中で快適に過ごすことかできます。白い色と無駄のないスタイリッシュなデザインで、他の人と差をつけたい時におすすめのテントです。

サイズ (内寸) 幅 180 cm × 長さ 210 cm/最大上部空間: 101 cm 重量 4.02kg
人数 3人用

Moon Lence ワンタッチテント

Moon Lence

Moon Lence ワンタッチテント

価格:8,999円 (税込)

家族が快適に過ごす空間を提供してくれるリーズナブルなテント

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで設営出来る手軽さと、2つの大型ドアによる通気性の良さで、夏場でも快適に過ごすことが可能です。本体も軽くてコンパクトに収納できるので、フェス会場など、人が多い場所でも気兼ねなく持ち運ぶことができます。内部にランタンフックがついているので夜も快適に過ごせますし、価格も安いので初心者におすすめしたいテントです。

サイズ 外部:270cm×220cm×高さ145cm 重量 4.9kg
人数 3~4人

テントを購入するときには、地面に敷くグランドシートも購入しましょう。テントや地形によっては底が硬すぎて安眠できない、という可能性もあります。また、地面に1枚敷いておくと、地面からの水分や浸水を防ぐことも可能です。

 

ビニールシートを1枚でも購入しておけば、シートの上にテントを設営することでより快適に過ごすことが可能です。快適さを追求してテント内部に更に敷く場合は、テント底面のサイズを確認してから購入しましょう。

以前までは高価で大きなサイズが主流だったテントも、今は軽量化とリーズナブルな価格設定で、より多くの人が手にとるようになってきました。密集の回避が叫ばされている今、パーソナルスペースを確保出来るテントにはより多くの需要が集まることも予測できます。

 

この機会にテントを購入し、大自然の中で思いっきり羽根を伸ばしてみましょう。