【徹底比較】フードプロセッサーのメーカー|特徴やおすすめ商品も紹介!

フードプロセッサーを選ぼうと思ってもいろんなメーカーから多くの商品が出ているためどれを選んでいいかわかりませんよね。この記事ではメーカ製品を比較し、目的別におすすめな製品を厳選しました。フードプロセッサー選びに困ってる人のために、製品選びのポイントも書いています。購入時の参考にしてください。

2021/09/16 更新

さまざまな調理がこれ一台で出来るフードプロセッサー。買いたくてもメーカーがたくさんあって、どこの製品を買うべきか迷いますよね?フードプロセッサーはメーカーによって特徴が大きく違います。そのため、自分の目的に合ったメーカーや製品を選ぶことが重要です。

 

今回は、フードプロセッサーのおすすめメーカーを紹介します。数あるメーカーを比較し、7社にしぼりました。パナソニックなどの国内メーカーから、ブラウンなどの海外メーカーまで幅広く、各メーカーの特徴と共に取り上げています。

 

また、家族の人数や目的に合わせた製品を厳選して紹介します。購入前にチェックしておくべき項目も挙げているので、参考にしてください。

今すぐ見る!おすすめメーカーのフードプロセッサー13選

フードプロセッサーには、切り刻む・おろし・千切り・泡立て・こね・クラッシュアイスなどの機能が搭載されており、料理の下ごしらえが簡単にできるのが特徴でもあります。カッターが高速回転するので、時短で食材を調理できるのも魅力です。

 

手間のかかる料理の下ごしらえでなく、離乳食などでも細かく刻んだりすりつぶしたりなどの手間が省けるので、忙しい主婦の方にも人気です。また、手の込んだ料理をよくする方にも、フードプロセッサーはおすすめです。

フードプロセッサーと似たもので、ミキサーやブレンダーなども調理器具として人気がありますが、それぞれ食材の調理方法や用途によって選び方も変わります。以下で、フードプロセッサー・ミキサー・ブレンダーの特徴と違いをわかりやすく表でまとめたので、参考にしてください。

 

  特徴
フードプロセッサー
  • 野菜や果物を、みじん切り・混ぜる・こねるなどができる
  • 食材を個体のまま仕上げるので、料理の下ごしらえに最適
ミキサー
  • 食材をドロドロの液状や粉末に仕上げる
  • スープ・スムージーなどに最適
ブレンダー
  • ミキサーとほぼ同じで、英語圏でのミキサーの呼び方
  • スープやスムージーなどの液体に仕上げる
今すぐ見る!おすすめメーカーのフードプロセッサー13選

国内メーカーから海外メーカーまで、おすすめのメーカーを紹介します。それぞれの特徴を挙げているので、各メーカーを比較してみてください。魅力的なメーカーが見つかるはずです。

 

便利機能満載のパナソニック(Panasonic)

パナソニックのフードプロセッサーは、調理機能が多いことが特徴です。刻む・混ぜるだけでなく、おろしも2種類あり、さまざまな場面で活躍します。他のフードプロセッサーには搭載されてないスライス・千切りが可能な機種もあります。

 

多彩な調理機能に加えて、3段階のスピード調節ができます。食器洗い機には対応しておりませんが、ガラス容器なのでニオイも残りにくく洗いやすいです。さまざまな調理法が搭載されてる万能なフードプロセッサーが欲しい人におすすめのメーカーです。

パワフルで高耐久なクイジナート(Cuisinart)

据え置き型のフードプロセッサーで、コンパクトなサイズのものから大容量のものまであるメーカーです。大容量の製品は、業務用のフードプロセッサーと同じモーターを搭載しているため、パワフルで耐久性が高いです。ただしモーターが強力な分、製品によっては少し重たく感じる人もいます。

 

回転の早さを調整することで、みじん切りや混ぜる機能を使い分けます。そのため、調理法ごとにブレードを変える手間が必要ありません。こねるのが得意な製品が多く、パンやパスタ作りに向いています。

さまざまな食材に対応!山本電気

山本電気のフードプロセッサーは、粘り気のある食材や氷などの硬い食材、また液体の調理など他のメーカーでは対応していない食材にも対応しています。中にはプロの料理人が監修した製品もあり、口コミでも人気の高いメーカーです。

 

山本電気はモーター会社で、モーターのある調理家電を中心に販売しております。そのためフードプロセッサーはパワフルでありながら、動作音は小さい設計になっています。料理が好きな人、レパートリーを増やしたい人におすすめです。

リーズナブルさで人気のテスコム (TESCOM)

テスコムはフードプロセッサーの販売してるメーカーの中でも、比較的安価な商品を出しているメーカーです。高いものでも1万円を超えるものはなく、コスパの高い商品が出ています。最近は、他のメーカーから姿を消したコードレスタイプの商品も販売されています。

 

部品が全て本体にしまえる収納性の高い設計がなされていて、キッチンで余分な場所を取ることはありません。みじん切りや混ぜる機能だけでなく、泡立て機能もあり、自家製のバターやホイップクリームも作れます。

おしゃれ&コンパクトなレコルト(recolte)

レコルトのフードプロセッサーは、コンパクトでデザイン性の高いのが特徴です。赤やピンク、青色などキッチンを彩るカラーバリエーションとなっています。それだけでなく、コンパクトなのにハイパワーなので、氷やドライフルーツを砕くこともできます。

 

本格的に料理したい人向けではなく、ちょっとした野菜の下ごしらえや、デザート作りをしたい人向けに商品を出しているメーカーです。容量もそこまで大きくないため、1人暮らしや2人暮らしに向いています。シンプルで軽く、誰でも扱いやすいです。

丈夫で軽量なものが多いタイガー(TIGER)

タイガーの製品は、下ごしらえが一気にできる大容量サイズです。他の製品よりも大きく、650gもの食材を入れることができます。ハンバーグであれば、少なくとも4人分は作れて、料理の時短をしたい人にはピッタリのメーカーです。

 

またジュースやスープなどの液体調理にも対応しています。軽くて丈夫なステンレス製の容器を使用しており、お手入れが楽で清潔に保てます。安全設計も十分にされており、安心して使える製品ばかりです。

ハンディブレンダーが人気のブラウン(BRAUN)

ブラウンはフードプロセッサーではなく、ハンディブレンダーです。チョッパーのアタッチメントをつけることで、フードプロセッサーとして使用することができます。アタッチメントの付け替え次第で、ジューサーにもミキサーにもなるため万能な調理器具になります。

 

他のメーカーと比べても、ハイパワーです。最新の機種なら、500Wのパワーが出るものもあります。据え置き型とは違うため、本体の重さが負担になる人もいるようです。ただ直感的な操作ができ、誰でも使いやすいのでおすすめしやすいメーカーです。

容量や大きさは「1度に調理できる量」に注意!

はじめに、家族何人分の調理に必要か考えましょう。容量に合ったものを選ばないと、必要以上に重くてお手入れに苦労することや、複数回に分ける手間がかかってしまいます。何人分のものが必要か考えましょう。また、記載してある容量いっぱいに食材を入れるとカッターが回らなくなるので、容量=調理できる量ではないので、注意しましょう。

 

容量だけでなく、収納することも計算しておくのがおすすめです。大まかで良いので、幅・奥行・高さを測っておくべきです。もしキッチンの上に出しっぱなしにしておくなら、コンセントに近い場所を確保しましょう。

容器の材質は特徴を理解して選ぼう

フードプロセッサーの容器には、ガラスやステンレス、プラスチックなどの材質があります。ガラスは耐久性が高く熱にも強いですが、重量があるので、扱いの際に落とさないようになど注意が必要です。

 

ステンレスは、本体が軽く傷やにおいが付きにくいですが、中身が見えにくいので調理中に食材の状態を蓋を開けて見る必要が出てきます。また、プラスチックは軽くて中身が見やすいので扱いやすさはありますが、耐久性が低く熱や傷に弱いのも特徴です。それぞれメリット・デメリットがあるので、用途に合わせて選びましょう。

使用する目的に合った機能・アタッチメントがあるか確認

おかず作り・デザート作り・パン作り、どの調理目的で使用するのか考えて選んでください。フードプロセッサーによって、こねるのが得意な機種があったり、氷など硬い食材に対応する機種があったりします。自分がしたい料理を作るために、必要な機能やアタッチメントが付属で備わってるかを確認しておきましょう。

 

もしジュースやスムージーを作りたいなら、ハンディブレンダータイプや液体調理に対応しているものがおすすめです。フードプロセッサーでは仕上がりが粗くなり、なめらかに仕上がらないケースがあります。あなたの目的に合った製品を選びましょう。

はじめての購入なら回転速度調整機能つきがおすすめ

初めてフードプロセッサーを購入する場合は、回転速度調整機能が搭載されたものがおすすめです。調理方法によっては食材の刻み方や混ぜ方が変わるので、初めてだとどのぐらい調理されるかが加減が分からないこともあります。

 

回転速度調整機能には、低速回転や高速回転など速度が調整できるのが特徴です。初めてでも速度を見ながら調整でき使いやすくなるので、ぜひチェックしてみましょう。

洗いやすさ・手軽さ

お手入れのしやすさは、選ぶ際の重要なポイントです。フードプロセッサーはさまざまな食材を扱うため、清潔に保ち続けることが必要だからです。洗うのが面倒な製品であれば、何度も使うことが家事の負担になってしまいます。

 

フードプロセッサーを選ぶ際は、洗いやすさや手軽に使えるかどうかを重視しましょう。買ってから後悔しないためにも、製品をよくチェックしておいてください。

安全機能があると安心

フードプロセッサーを選ぶ際には、安全機能が搭載されたモデルがおすすめです。調理中に誤作動が起こる場合もあるので、ボタンロック機能や蓋にロックがかかる機能が付いていると安心です。特に初めてフードプロセッサーを選ぶ方は、安全機能の有無はチェックしておきましょう。

フードプロセッサーのおすすめ商品を目的別でご紹介します。用途に合わせてお気に入りの1台を見つけましょう。

 

野菜の下ごしらえや多彩な調理法に

テスコム

フードプロセッサー TK441-W

価格:5,380円 (税込)

おろし調理も素早く下ごしらえ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リバーシブルの「両面おろし刃(細かめ)」を搭載し、150gの大根を約30秒で素早くおろすことができるフードプロセッサーです。すべての付属品を本体に収納できる「オールインワン収納」を採用した一体型モデルになっています。「水切り・パッキン付きフタ」により、ボトルを傾けるだけで調理後の水切りができます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー テスコム 商品名 TK441-W
容量 500g(ハンバーグの場合) 消費電力 170W
定格時間(連続使用時間) 3分 回転数 2500回/分
コード長 1.2 m サイズ 260x215x170 mm
重量 2.7 kg 付属品 -
パナソニック

MK-K81

価格:9,090円 (税込)

多彩な調理機能&3段階のスピード調整

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野菜の下ごしらえを済ませたい方や、多彩な調理機能を求める方におすすめの一台です。容量が大きく、3~4人分の食材は一気に調理できます。スライス・千切りの機能付きなので、どんな調理にも対応できる万能調理器具です。

 

スピードが3段階に変更できるため、お好みに合わせた食材の調理ができます。ガラス製の容器で、透明なため状態を確認しながら使用することが可能です。機能が豊富で、さまざまな調理ができるおすすめの一台です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 フードプロセッサー MK-K81
容量 ハンバーグのたね 500g、玉ねぎ 300g、魚のすりみ 300g 消費電力 120W
定格時間(連続使用時間) 30分 回転数 2,200回/分(低速)、2,900回/分(高速)
コード長 1.0m サイズ 154×225×212mm
重量 2.8kg 付属品 ヘラ付きブラシ、レシピ本
タイガー(TIGER)

SKF-H100

価格:10,772円 (税込)

ハンバーグが一度に4人分作れる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンバーグを作る機会が多い人におすすめの製品です。容器は650gも入るため、4人分の量は十分に作れます。もちろんハンバーグだけでなく、4種類の調理コースがあるため、忙しい毎日の料理の負担が軽減されます。

 

パンをこねる機能やスープなどの液体調理の機能があるため、手軽におかず作りやパン作りができます。一台家庭にあるだけで、献立のバリエーションが増えます。容器も洗いやすくお手入れが簡単で、3,4人以上の家庭におすすめの機種です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー タイガー(TIGER) 商品名 SKF-H100
容量 650g:ハンバーグのたねの場合、600mL:液体の場合 消費電力 160W
定格時間(連続使用時間) 30分 回転数 高速:2800回/分、低速:1600回/分
コード長 1.2 m サイズ 287×179×238mm
重量 2.6kg

野菜の下ごしらえにお勧めのフードプロセッサー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5937030の画像

    テスコム

  • アイテムID:5934228の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5934230の画像

    タイガー(TIGER)

  • 商品名
  • フードプロセッサー TK441-W
  • フードプロセッサー MK-K81
  • SKF-H100
  • 特徴
  • おろし調理も素早く下ごしらえ
  • 多彩な調理機能&3段階のスピード調整
  • ハンバーグが一度に4人分作れる
  • 価格
  • 5380円(税込)
  • 9897円(税込)
  • 10772円(税込)
  • メーカー
  • テスコム
  • パナソニック(Panasonic)
  • タイガー(TIGER)
  • 商品名
  • TK441-W
  • フードプロセッサー MK-K81
  • SKF-H100
  • 容量
  • 500g(ハンバーグの場合)
  • ハンバーグのたね 500g、玉ねぎ 300g、魚のすりみ 300g
  • 650g:ハンバーグのたねの場合、600mL:液体の場合
  • 消費電力
  • 170W
  • 120W
  • 160W
  • 定格時間(連続使用時間)
  • 3分
  • 30分
  • 30分
  • 回転数
  • 2500回/分
  • 2,200回/分(低速)、2,900回/分(高速)
  • 高速:2800回/分、低速:1600回/分
  • コード長
  • 1.2 m
  • 1.0m
  • 1.2 m
  • サイズ
  • 260x215x170 mm
  • 154×225×212mm
  • 287×179×238mm
  • 重量
  • 2.7 kg
  • 2.8kg
  • 2.6kg
  • 付属品
  • -
  • ヘラ付きブラシ、レシピ本

パワフルで氷やコーヒー豆にも対応!

山本電気

マスターカットYE-MM41

価格:13,800円 (税込)

幅広い食材に対応するパワフルな製品

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

氷やコーヒー豆などの硬い食材や、山芋などの粘り気のある食材にも調理できるフードプロセッサーです。高速回転を実現するDCモーターを搭載しており、静音性にも優れています。スピード調節がダイヤルで細かく調整でき、食材に合わせた調理ができます。

 

また8つの調理ができ、野菜の下ごしらえからパンこね機能まで多くの役割をこなします。ブレードを外すことで、調理用のステンレスボウルになり、温かいスープや冷たい液体を入れることも可能です。幅広い食材に対応する製品が欲しい人に、おすすめの一台です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー 山本電気 商品名 マスターカットYE-MM41
容量 500g(ハンバーグ)、500ml(ジュース) 消費電力 140W
定格時間(連続使用時間) フードプロセッサー使用時:20分、液体使用時:1分 回転数 低速約800回/分、高速約3000回/分
コード長 2.0m サイズ 250×210×160mm
重量 約3.4kg
レコルト(recolte)

カプセルカッターボンヌ RCP-3

価格:6,470円 (税込)

コンパクトなのにハイパワー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1人もしくは2人向けのコンパクトなフードプロセッサーです。一度に多くの量は調理できませんが、少ない量ならあっという間に仕上がります。市販の氷やドライフルーツにも対応しており、ハイパワーなため生クリームもきれいな仕上がりになります。

 

アタッチメントが少ないため、調理機能ごとに刃を付け替える手間は少ないです。そのため手軽に使えます。場所を取らないため、キッチンに出しっぱなしでも問題ありません。可愛らしいデザインでインテリアにもなります。1~2人向けのフードプロセッサーをお探しの方におすすめの製品です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー レコルト(recolte) 商品名 カプセルカッターボンヌ RCP-3
容量 500ml 消費電力 260W
定格時間(連続使用時間) 24000回/分 回転数 ブレード使用時:1分、 泡だて・おろしプレート使用時:2分
コード長 約1.0m サイズ 124×117×234mm
重量 1.1kg 付属品 オリジナルスパチュラ(ヘラ)、レシピブック

氷やコーヒー豆におすすめのフードプロセッサー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5934232の画像

    山本電気

  • アイテムID:5934238の画像

    レコルト(recolte)

  • 商品名
  • マスターカットYE-MM41
  • カプセルカッターボンヌ RCP-3
  • 特徴
  • 幅広い食材に対応するパワフルな製品
  • コンパクトなのにハイパワー
  • 価格
  • 13800円(税込)
  • 6470円(税込)
  • メーカー
  • 山本電気
  • レコルト(recolte)
  • 商品名
  • マスターカットYE-MM41
  • カプセルカッターボンヌ RCP-3
  • 容量
  • 500g(ハンバーグ)、500ml(ジュース)
  • 500ml
  • 消費電力
  • 140W
  • 260W
  • 定格時間(連続使用時間)
  • フードプロセッサー使用時:20分、液体使用時:1分
  • 24000回/分
  • 回転数
  • 低速約800回/分、高速約3000回/分
  • ブレード使用時:1分、 泡だて・おろしプレート使用時:2分
  • コード長
  • 2.0m
  • 約1.0m
  • サイズ
  • 250×210×160mm
  • 124×117×234mm
  • 重量
  • 約3.4kg
  • 1.1kg
  • 付属品
  • オリジナルスパチュラ(ヘラ)、レシピブック

一人暮らしや少人数用におすすめ

ティファール(T-fal)

フードプロセッサー MB601GJP

価格:9,755円 (税込)

1台7役のミニフードプロセッサー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「スライス」「せん切り」「泡立てる」「おろす」の1台7役を行えるフードプロセッサーです。重さ215gの軽くて使いやすいプラスチック製クッキングボウルを採用しています。85度まで対応の耐熱性を備えるほか、食器洗い機で洗うこともできるのもポイントです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー ティファール 商品名 MB601GJP
容量 600ml 消費電力 350W
定格時間(連続使用時間) - 回転数 3200
コード長 1.25m サイズ 270×150×255mm
重量 1520g 付属品 -
クイジナート

フードプロセッサー DLC-052J

価格:6,480円 (税込)

離乳食つくりにもおすすめ

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手に乗るコンパクトサイズの1~2人向きフードプロセッサーです。ソースやドレッシング、離乳食作りなど少量の調理に便利です。2種類のアタッチメントを搭載しており、「切る・刻む・混ぜる」のほか、手間のかかる「おろし」も一瞬ででき、毎日の下ごしらえをサポートします。食材のみじん切りは「LOW」でペーストは「HIGH」と、目的によってスピードを選ぶだけのシンプルな操作で行えます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー クイジナート 商品名 DLC-052J
容量 肉のミンチ 100g、玉ねぎのみじん切り 150g (3/4個分) 消費電力 90W
定格時間(連続使用時間) 5分 回転数 LOW:約2800~4200回/分 HIGH:約3900~5600回/分
コード長 1.2 m サイズ 110x200x150 mm
重量 1 kg 付属品 -
パナソニック(Panasonic)

フードプロセッサー MK-K48P-W

価格:6,009円 (税込)

シンプルで使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス製ナイフカッターと、おろし・とろろカッターが付属した、シンプルタイプのフードプロセッサーです。容器には、キズがつきにくいガラスを採用しているので、耐久性が高いのもポイント。「きざむ」「する」「まぜる」「おろす」ことができるほか、入れすぎストッパーや料理集が付属しているので、初めての方にもおすすめです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー パナソニック(Panasonic) 商品名 MK-K48P-W
容量 - 消費電力 ナイフカッター使用時:120W
定格時間(連続使用時間) ナイフカッター使用時:30分 回転数 ナイフカッター使用時:2900回/分(無負荷時)
コード長 1 m サイズ 155x190x225 mm
重量 2.6 kg 付属品 ナイフカッター
Philips(フィリップス)

マルチチョッパー HR2507/05

価格:7,623円 (税込)

1人暮らし向け!食材をきれいな仕上がりに

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先ほど紹介したカプセルカッターよりも、丁寧に食材を調理する一台です。料理へのこだわりがある人や料理が好きな人におすすめのフードプロセッサーです。食材に合わせて自動でスピードを選び、「きざむ・混ぜる」をします。

 

ゆで卵などの崩れやすい食材や、氷やフローズンフルーツにも対応しています。コンパクトな割に500Wのハイパワーなので、素早く下ごしらえを終えることも可能です。食洗機に対応しており、お手入れも簡単です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー フィリップス(PHILIPS) 商品名 マルチチョッパー HR2507/05
容量 1.1 L 消費電力 500 W
定格時間(連続使用時間) 3分 回転数 チョップドロップモード時:1500回/分、フローズンフード・氷クラッシュモード時:1500回/分、フードプロセッサーモード時:5000回/分
コード長 1m サイズ 340x178x177mm
重量 1.79kg

一人暮らしにおすすめのフードプロセッサー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5937169の画像

    ティファール(T-fal)

  • アイテムID:5936875の画像

    クイジナート

  • アイテムID:5936632の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • アイテムID:5934241の画像

    Philips(フィリップス)

  • 商品名
  • フードプロセッサー MB601GJP
  • フードプロセッサー DLC-052J
  • フードプロセッサー MK-K48P-W
  • マルチチョッパー HR2507/05
  • 特徴
  • 1台7役のミニフードプロセッサー
  • 離乳食つくりにもおすすめ
  • シンプルで使いやすい
  • 1人暮らし向け!食材をきれいな仕上がりに
  • 価格
  • 9755円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 6009円(税込)
  • 7623円(税込)
  • メーカー
  • ティファール
  • クイジナート
  • パナソニック(Panasonic)
  • フィリップス(PHILIPS)
  • 商品名
  • MB601GJP
  • DLC-052J
  • MK-K48P-W
  • マルチチョッパー HR2507/05
  • 容量
  • 600ml
  • 肉のミンチ 100g、玉ねぎのみじん切り 150g (3/4個分)
  • -
  • 1.1 L
  • 消費電力
  • 350W
  • 90W
  • ナイフカッター使用時:120W
  • 500 W
  • 定格時間(連続使用時間)
  • -
  • 5分
  • ナイフカッター使用時:30分
  • 3分
  • 回転数
  • 3200
  • LOW:約2800~4200回/分 HIGH:約3900~5600回/分
  • ナイフカッター使用時:2900回/分(無負荷時)
  • チョップドロップモード時:1500回/分、フローズンフード・氷クラッシュモード時:1500回/分、フードプロセッサーモード時:5000回/分
  • コード長
  • 1.25m
  • 1.2 m
  • 1 m
  • 1m
  • サイズ
  • 270×150×255mm
  • 110x200x150 mm
  • 155x190x225 mm
  • 340x178x177mm
  • 重量
  • 1520g
  • 1 kg
  • 2.6 kg
  • 1.79kg
  • 付属品
  • -
  • -
  • ナイフカッター

4人以上の家庭向け

クイジナート

フードプロセッサー DLC-192J

価格:23,877円 (税込)

1台6役の大容量フードプロセッサー

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台6役のフードプロセッサー。「切る・刻む」「こねる・まぜる」「薄切り」「細切り(1.5mmと3mmの2種類)」「おろし」ができ、幅広い調理に対応できます。大容量サイズで、ハンバーグ用3~4個、玉ねぎ2個分、食パン1斤が一度に作れるので、大幅に作業時間をカットできるのがポイント。業務用機種と同じモーターを搭載しており、安心の耐久性を持ち、静音ながら強力なパワーを実現しています。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー クイジナート 商品名 DLC-192J
容量 ハンバーグ用3~4個、玉ねぎ2個分、食パン1斤 消費電力 300W
定格時間(連続使用時間) 10分 回転数 約1500~1800回/分(無負荷時)
コード長 1.5 m サイズ 177x350x248 mm
重量 5.1 kg 付属品 -
クイジナート(Cuisinart)

フードプロセッサー DLC-102J

価格:14,645円 (税込)

2,3人分の食材をスピード調理

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2~3人分の家庭にはぴったりの容量の調理器具です。ハンバーグなら2,3個、パンの生地なら150gまで調理できるサイズです。業務用のモーターを使用しており、力強い回転で食材の素早くカットすることや、生地をしっかりこねることができます。

 

5種類のアタッチメントがあり、薄切りや細切り(3mm) やおろしなど面倒な作業も短時間でできます。刻む・ペーストなら最大30秒、ハンバーグなどは2~3分ほどで仕上がります。料理にかかる時間や手間をカットしたい人におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 フードプロセッサー DLC-102J
容量 肉のミンチ 250g、玉ねぎのみじん切り大1個、生地こね 食パン1/2斤 消費電力 190W
定格時間(連続使用時間) 10分 回転数 約1500〜1800回/分(無負荷時)
コード長 約1.5m サイズ 140×215×325mm
重量 約3.3kg
クイジナート

DLC-191J

価格:19,800円 (税込)

4人家族向けの大容量

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で、1.9L入る4人向けのフードプロセッサーです。本体自体の重さは少し気になるかもしれませんが、その分パワフルで一気に多くの食材が調理できます。さらにプレートが6つあり、千切り・細切り・おろしも可能です。

 

インダクションモーターという静音で強力なモーターを使用するため、使用頻度が高くても長く使い続けられます。投入口は大きいため、食材を細かくカットする手間も不要で大きい食材可能です。食洗機に対応しているので、お手入れも楽なので清潔に保てます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー クイジナート(Cuisinart) 商品名 フードプロセッサー DLC-191J
容量 肉のミンチ 400g 、玉ねぎのみじん切り 大2個、生地こね 300g(食パン1斤分) 消費電力 300W
定格時間(連続使用時間) 10分 回転数 約1500(50Hz)/約1800(60Hz) 回/分
コード長 約1.5m サイズ 177×248×350mm
重量 約5.1kg
ブラウン

MQ9075X

価格:15,817円 (税込)

さまざまな食材にも対応&スムージー・デザート作りも可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通常のフードプロセッサーとは違いハンディブレンダータイプなので、ミキサーやジューサーの役割もこなせます。そのため通常のフードプロセッサーでは、粗い仕上がりになるジュースやスムージーもなめらかに仕上げます。また500Wのハイパワーモーターを搭載しており、硬い食材も一瞬で砕ける製品です。

 

ブラウン独自の技術で、ハンディブレンダーを握る強さによって回転速度の調整ができ操作が楽です。アタッチメントをチョッパーにすることで、千切りや細切りも手軽にできます。お手入れもしやすく、さまざまな料理に対応できるおすすめの商品です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名 マルチクイック9 MQ 9075X
容量 1.5 L 消費電力 500W
定格時間(連続使用時間) ブレンダー・フードプロセッサー使用時:60秒、泡立て器使用時:120秒 回転数 12,800回
コード長 1.2 m サイズ 70×70×410mm
重量 1.0kg

4人以上の家庭向けおすすめのフードプロセッサー比較一覧

  • 商品画像
  • アイテムID:5936784の画像

    クイジナート

  • アイテムID:5934243の画像

    クイジナート(Cuisinart)

  • アイテムID:5934245の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • アイテムID:5934247の画像

    ブラウン(BRAUN)

  • 商品名
  • フードプロセッサー DLC-192J
  • フードプロセッサー DLC-102J
  • フードプロセッサー DLC-191J
  • マルチクイック9 MQ 9075X
  • 特徴
  • 1台6役の大容量フードプロセッサー
  • 2,3人分の食材をスピード調理
  • 4人家族向けの大容量
  • さまざまな食材にも対応&スムージー・デザート作りも可能
  • 価格
  • 23877円(税込)
  • 14645円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 16827円(税込)
  • メーカー
  • クイジナート
  • クイジナート(Cuisinart)
  • クイジナート(Cuisinart)
  • ブラウン(BRAUN)
  • 商品名
  • DLC-192J
  • フードプロセッサー DLC-102J
  • フードプロセッサー DLC-191J
  • マルチクイック9 MQ 9075X
  • 容量
  • ハンバーグ用3~4個、玉ねぎ2個分、食パン1斤
  • 肉のミンチ 250g、玉ねぎのみじん切り大1個、生地こね 食パン1/2斤
  • 肉のミンチ 400g 、玉ねぎのみじん切り 大2個、生地こね 300g(食パン1斤分)
  • 1.5 L
  • 消費電力
  • 300W
  • 190W
  • 300W
  • 500W
  • 定格時間(連続使用時間)
  • 10分
  • 10分
  • 10分
  • ブレンダー・フードプロセッサー使用時:60秒、泡立て器使用時:120秒
  • 回転数
  • 約1500~1800回/分(無負荷時)
  • 約1500〜1800回/分(無負荷時)
  • 約1500(50Hz)/約1800(60Hz) 回/分
  • 12,800回
  • コード長
  • 1.5 m
  • 約1.5m
  • 約1.5m
  • 1.2 m
  • サイズ
  • 177x350x248 mm
  • 140×215×325mm
  • 177×248×350mm
  • 70×70×410mm
  • 重量
  • 5.1 kg
  • 約3.3kg
  • 約5.1kg
  • 1.0kg
  • 付属品
  • -

あなたの目的に合ったフードプロセッサーは見つかりましたか?フードプロセッサー選びをするなら、自分の用途に合ったメーカーを選ぶことが大切です。あなたの家庭に合わせたフードプロセッサーを選び、毎日の料理を楽にしましょう。